CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
仕事で大切にすべきことって
0
    言葉だけでは伝わらないことがある。
    でも、言葉でチカラになれることもある。

    キャリアカウンセラーとしてクライアントと向き合っているといつも感じている。それは、ライターとして文章を書いているときも同じ。

    しかし、大切にすべきことはカウンセラーとライターではかなり違うと思う。ライターはなによりも「言葉」を大事にすべきだが、カウンセラーはどういう「言葉」を投げかけるかよりも、相手をわかろうとする気持ちを優先すべきである。それができるようになれば、クライアントにかける言葉も見えてくる。

    JUGEMテーマ:ビジネス



    続きを読む >>
    | - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
    4年ぶりの再会
    0
      前職のリクルート時代の新人2年目の頃に、お世話になった先輩が上京されたので、久しぶりに飲みました。再会したのは4,5年ぶりですが、一緒に仕事をしていたのは25年前。月日が経つのは、ほんとに早いです。

      いま思えば、できの悪い新人でした。制作としてその事業部に配属になった新人は、当時6人だったと思います。その中で、一番できない人間でした。今もあまり変わりませんが・・・。そのせいなのか、社会人1年目の頃は、誰も仕事について教えてくれず、インターネットのような便利なものもなかったので、怒られ、怒鳴られながら、仕事をしていました。

      もう辞めようかと思っていた頃に異動になり、教育担当として面倒をみてもらったのが、この先輩でした。社歴でいえば1年ほどしか変わらなかったのですが、僕の数十倍仕事ができ、広告づくりのイロハはこの人に教えてもらいました。

      JUGEMテーマ:ビジネス


      続きを読む >>
      | ビジネス | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
      為末大さんに取材しました
      0
        元オリンピック選手で、現在はコメンテーターや起業家として活躍されている為末大さんに、先月取材した記事が公開となりました。

        テーマは、アスリートのセカンドキャリア。

        アスリートのセカンドキャリアはとても難しいと聞きますが、なぜそうなるのか。また、どのようにすればその壁を乗り越えられるのか。為末さんの話を聞き、よく理解できました。

        為末大さんにインタビュー

        為末大に聞く「アスリートのセカンドキャリア」のつくり方


        JUGEMテーマ:ビジネス


        続きを読む >>
        | WORK | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
        2019年にやりたいこと
        0
          気がつけば、2019年も2週間近くが過ぎてしまいました。もっと早くブログを更新しようと思っていましたが、年末年始も12月中に終えられなかった仕事を持ち越し、ただただよくある日常のように過ごしてしまいました。

          それが、ようやく今ちょっとひと息がつけるようになって、この記事を書いている次第です。

          昨年は、いろいろと新しいことに取り組んだ年になりました。それによって、自分に足りないものや、自分のポジションが明確になり、今後目指していきたいことが定められたと思います。

          特にライターとして仕事の幅を拡げるために、入塾した「上阪徹のブックライター塾 第5期」では多くのことが得られました。

          JUGEMテーマ:日記・一般



          続きを読む >>
          | 日常 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
          Jリーグチェアマン村井満氏の特別セミナー<第2弾>
          0
            Jリーグチェアマン村井満氏が登壇するセミナーに行ってきた。2回シリーズでお届けする、今回は第2弾である。第1弾は、おもに人材育成をテーマにした内容だったが、今回はJリーグの組織改革やビジネス改革についての話である。

            JUGEMテーマ:ビジネス





            ◎なりわいの肝を社員と共有し、意識を改革
             村井チェアマンは前職のリクルート時代から考え、取り組んでいたこと。それは、組織として、なりわいがもっている本質を育てていけるような環境や社風をつくっていくこと。例えば、金融でいえば「秩序」ということにコンフォタブル(心地よさ)を感じられることが大切だし、他部署などとの連携なしでは商品が生まれないメーカーでは「協働」がキーワードになる。こんなふうにそれぞれの業界にあったキーワードを抽出して、それに合った職場環境づくりに貢献してきたという。

            リクルートで最後に社長を務めたリクルートエイブリックは人材紹介業。このなりわいは、企業はもちろん求職者との「対話」が大切。そこで、社内でもじっくりお互いが話せるような場の提供を優先させたという。たとえば、古いしきたりである飲み会なども復活させた。

            そしてJリーグ。サッカーの生業(なりわい)の本質は何かと考えて導き出したのが「ミスのスポーツ」というもの。オウンゴールやパスミス、決定的な場面でのシュートミス、監督による選手交代のミスなど、あげだせばキリがない。そこで業務では「Plan→Do→Check→Action」の間にMiss(ミス)を入れて、「Plan→Do→MISS→Check→Action」というのを掲げ、それを認識した上で、どんどん新しいことに挑戦していく風土をつくっていった。評価についても、今までのやり方で成功するだけなら加点0点だが、やり方を変えて挑戦し、失敗しても50点、成功すれば100点が加点される。ミスを含めた挑戦を奨励していった。

            続きを読む >>
            | 研修・セミナー | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
            Jリーグチェアマン村井満氏の特別セミナー<第1弾>
            0
              Jリーグチェアマン村井満氏の講演会に行ってきた。就任以来、さまざまな改革を行い、Jリーグ年間総入場者数合計は3年連続で1000万人の大台を超え、2017年は過去最高を記録した。DAZN(ダゾーン)の契約により10年間で2100億円の放映権契約を結べたのも単なる偶然ではなく、村井チェアマンの手腕によるところが大きいようだ。

              重要そうなポイントを下記にまとめてみた。面白い話が満載だったので、2回に分けてお伝えする。今回は、その第1弾である。

              JUGEMテーマ:ビジネス





              ◎新人Jリーガーにシビアな現実を話す
              Jリーグでは、ルヴァンカップや天皇杯を入れると年間約50試合が行われる。Jリーガーの平均在籍年数は6.4年。2005年に入っているJリーガーで、10年間の足跡をたどってみると、試合に出場している平均回数はなんと50試合未満。ほとんどの選手が生涯をかけてプロに挑んでも1年間分の試合数すら経験できない。過酷な世界である。村井チェアマンは、新人Jリーガーに、最初の研修でこのシビアな現実を伝えるという。

              続きを読む >>
              | 研修・セミナー | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
              まさかの話
              0
                孫に会うために、奈良から上京してくれた79歳と77歳。

                11時に東京駅へ一人で迎えに行き、東京大丸の12階にある
                いつものうなぎ屋で、二人が楽しみにしているランチを食べた。

                二人とも基本的には元気なのだが、年齢を重ねると、あちらこちらにガタがきていて
                ご飯のおともは毎度病気の話になる。

                大腸ポリープはどんなのが見つかったか、腎臓は元気か。
                人工膝関節の調子はいいのか。動脈瘤はどうなっている。胃がん手術の経過はどうだ・・・


                JUGEMテーマ:家庭



                続きを読む >>
                | 人物 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
                一歩踏み出した人が実現できるのが『パラレルキャリア』
                0
                  厚生労働省の発表では、副業を解禁している(容認も含む)企業は全体の約14%。大手企業のなかでもごく一部である。なかなか浸透していると言い難い状況ではあるが、複職 副業 パラレルキャリアなど……将来を考え、本業とは違うキャリアを手に入れようと考えている人は確実に増えているようだ。

                  どのようなプロセスを経て、パラレルキャリアを手に入れることができたのか。あるいは最初の一歩として、どういうところから始めればいいのか。そんなヒントを得るために、9月28日19:30からスタートした『パラキャリ酒場Vol.2 〜複業時代をパラレルキャリアで切り拓け!〜』に参加してきた。

                  パラキャリ酒場 複業解禁
                  こちらの写真は、当日のディスカッションの様子をイラストにして記録する「グラフィックレポーティング」という技法でまとめられたもの。これをつくったのはグラフィックコミュニケーター本園大介さん。彼ももちろんパラレルキャリアの実践者で、普段はIT系の会社に勤めている。このグラレポを見れば、当日の様子はかなり理解できるはず。

                  JUGEMテーマ:ビジネス


                  続きを読む >>
                  | 研修・セミナー | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  書籍【 笑いの科学株式社 】京大卒の元吉本芸人のビジネスノウハウがつまった小説
                  0
                    今やその面影もないですが、学生時代は「お笑い」サークルに入って「お笑い」を半分本気で取り組んでいました。でもお恥ずかしいくらい才能がない。ネタはそれなりにできても、他ができない。

                    とくに、アドリブがきかない。

                    ほんとに致命的です。当時、夏祭りやイベントなどでMCを頼まれたりしたのですが、2度と呼ばれることはありませんでした。でもなんだかんだ言ってもサークルですから、酒を飲んで、麻雀して、女子と一緒に時間を過ごせれば、それでよし。だから、サークル内にお笑いを真剣にやっている人なんて、ほとんどいません。そのなかで、面白さと上手さで群を抜いていた人がいました。『夏川立也』。僕の一つの上の先輩で、【 笑いの科学株式社 】の著者でもあります。
                    bible of comedians

                    続きを読む >>
                    | | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    朝型生活がホントにいいの?
                    0
                      睡眠負債ってご存知ですか?

                      日々の睡眠不足が身体に借金のように蓄積されて、日々の生活の質はもちろん、仕事のパフォーマンスも低下させてしまう状態のことです。この負債が続くと、生活習慣病につながります。

                      僕も睡眠負債まではいかないものの、睡眠時間が少ないと、自律神経のバランスが見事に乱れ、「アトピーの悪化」「下痢」などの症状が出てきます。昨日は、老いに近い症状が現れ、ひとり落ち込みました。

                      JUGEMテーマ:ビジネス


                      続きを読む >>
                      | ビジネス | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      << | 2/117PAGES | >>