アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
勝って奢らず、負けて腐らず
0
    オンオフをすぱっと切り替えられる人がうらやましい。
    プライベートで調子が悪いと、それは間違いなくビジネスにも悪影響が出てしまう。特に、プライベートも仕事も区別のないフリーランスは尚更です。
    続きを読む >>
    | 映画レビュー | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
    魅力の誘惑
    0
      最近、なにかと話題の経歴詐称の経営コンサルタントさん。
      以前、声優の仕事をしていて、あの「インテル、入ってる」の彼の声だとか。

      モテ男の魅力のひとつに、低音の声っていうのがあるけど、
      あの声も、彼を狂わせた一つだったんじゃないかなと
      つい思ってしまうくらい、色気のある声を持っている。

      賢い人ではあったと思う。だからこそ週刊誌に暴かれるまで
      虚構とは見破られずに ここまでウソを突き通せたんだろう。
      続きを読む >>
      | 人物 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      明日があるさ、明日がある。
      0
        「目の付けどころがシャープでしょ。」


        ボクが、広告の仕事を始めた頃のこのキャッチフレーズを、
        ポスターやTVCMでよく目にしていた。

        あれから26、7年経つ。
        とうとう、あの会社も外資系になってしまう。
        当時はそんなことは予想もしなかった。
        諸行無常とはなんとも切なく、恐ろしい。

        JUGEMテーマ:ビジネス

        続きを読む >>
        | つぶやき | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
        【スターウォーズ エピソード1/2/3 】アナキン、素直になれなくて
        0
          アナキンを演じたヘイデン・クリステンセン。かっこいい。日本でいえば見た目はチャラ男。昭和風にいえば大沢樹生です。この風貌が、プライド高く、素直になれないアナキンにピッタリなんでしょうね。

          【スターウォーズ エピソード1 ファントムメナス】
          【スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃】
          【スターウォーズ エピソード3 シスの復讐】
          JUGEMテーマ:映画

          続きを読む >>
          | 映画レビュー | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
          なるほど、そういうことですね。
          0
            このブログをスタートして気づけば10年以上経ってしまった。当時アロハシャツに、坊主という風貌だったので、この「アロハ坊主の日がな一日」というタイトルにしたのだが、今では坊主でもなけりゃ、アロハシャツも着ていない。名前に偽りありだなって思いながらも、他にいい名前が思い浮かばず、変わらず同じタイトルを続けている。服装もスタイルもコロコロ変わる飽きっぽい性格なんです。

            そんな中でも、ウクレレだけではなぜか続いている。だが気が向いたら弾くくらいなので、ちっとも上達しない。昨年、もうちょっと上手くなりたいと思うようになって、マンツーマンで教えてくれる教室を探し、昨年5月から月3〜4回通っている。簡単なものだと「ハッピバースディ」や「なだそうそう」、ちょっと難しくなれば「峠の我が家」など・・・まだ1年経たないがソロウクレレを15曲ぐらいは弾けるようになった。

            面白いもので、1つのことを長く続けていると、新しい発見や気づきを得る機会がある。
            JUGEMテーマ:日記・一般
            続きを読む >>
            | ウクレレ | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
            映画【 DENKI GROOVE THE MOVIE? ー石野卓球とピエール瀧ー】自然体で、変わらぬ2人
            0
              バルト新宿で2週間限定公開だったのが、ラッキーなことにシネマート新宿でレイトショーを上映してくれた。このおかげで久しぶりの休みをとても充実できた。

              卓球さんと瀧さんのオールナイトニッポンをたまに聴いていたので、2人のキョーレツなキャラはわかっていた。しかし彼らの音楽シーンでの優れた才能は全く知らずにいた。だからこの映画で、電気が先鋭的な音楽表現にこだわり続けているのを初めて知り、驚きを通り越して、畏敬の念さえ感じた。 石野卓球 ピエール瀧
              続きを読む >>
              | 映画(ドキュメンタリー) | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
              仕事について
              0
                今年でフリーで仕事をするようになって丸10年。 いろいろあった。 もともとフリーなんてなる気がなかったので、 どうやって仕事を広げていけばわからない中 いろんな人に誘われるままにここまでやってきた。 その中でも一番大変なのが、リーマン・ショック後だ。 毎月収入が10万円にも満たない状態で、 楽観的なぼくもかなりの悲壮感を感じていた。
                続きを読む >>
                | つぶやき | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
                人が伝えたいことを把握するには
                0
                  正確には、人が言いたかったことを把握することのは、ほんとに難しい。 最近、カウンセラーの資格を取るために勉強をはじめ、そのことが痛いほどわかるようになってきた。

                  続きを読む >>
                  | つぶやき | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  年始めの恒例(年賀状)について
                  0
                    友人や知人、仕事関係の人たちとは、メールでのやりとりが主ではあります。でも年始の挨拶だけでは、年賀状を送るようにしています。

                    毎年の干支にちなんだゆるーい感じのネタを友人のイラストレーターと、デザイナーにお願いして形にしてもらいます。
                    2015 年賀状サンプル へびどし
                    これは昨年の年賀状。かれこれ、4年前の巳年(へびどし)から続けています。
                    続きを読む >>
                    | 日常 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    赤めだか
                    0
                      疾風のごとく、過ぎ去った年末年始。初詣こそ行きはしたが、
                      その他といえば実家から頂戴した餅を食ったぐらいか。

                      正月らしいことはほとんどやっていない。いつもなら、
                      しばしの長期休暇は読書や映画も楽しむのだがそれもほぼ皆無。

                      唯一ゆっくり楽しんだのがTBSの年末ドラマの『赤めだか』である。
                      立川談志師匠の弟子・談春さんの同名エッセイのドラマ化だ。



                      続きを読む >>
                      | TV | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      << | 2/114PAGES | >>