映画[ 十三人の刺客 ]おのおの方のいのち、使い捨てに致す! | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< サッカー日本代表 VS韓国戦 | main | 映画[ ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 ] >>
映画[ 十三人の刺客 ]おのおの方のいのち、使い捨てに致す!
0
    映画[ 十三人の刺客 ]を吉祥寺で鑑賞。
    [ オーディション ]の脚本天願大介と監督三池崇史が、アメリカ資本で作ったホラー映画[ インプリント ぼっけえ、きょうてえ ]に続き、みたびコンビを組み、挑んだのが名作として呼び声高い1963年のリメイク版の本作だ。リメイク版とはいえオリジナルを大幅に改変している。

    吾郎ちゃんのサイコキラーな暴君の演技に注目が集まるが、僕は参謀役の松方弘樹が相手をバッサ、バッサと切り倒していく時の目ぢからとドヤ顔に萌えでした。
    thirteen assassins 13人の
    (あらすじ)将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府の老中は、こ の暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで大義を果たすこと を決意。信頼が置けて腕の立つ刺客を集め、斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙うことに。わずかな手勢で300人を超える軍勢を迎え討つた め、新左衛門たちは落合宿を買収。大掛かりな罠を仕掛け、斉韶ら明石藩の一行を待ち受けるが…!?(gooより)

    映画の前半は、明石藩主、松平斉韶の残忍ぶりがさまざまな形で描かれていて、そりゃもう、えげつない、えげつない。参勤交代の折に立ち寄った尾張藩士・牧野靭負(松本幸四郎)宅で、息子の嫁を手込めにして自害させ、それを見咎めた靭負の息子、采女(斉藤工)を惨殺。次の場面では、女や子どもを弓で射殺。さらに斉韶に両腕、両足、さらに舌まで切り落とされた女子(おなご)が出てきて、涙ながらに「みなごろし」の文字。インパクト大である。じつはもともと脚本にはなかった、この両手両足を切り落とされた女性のシーンを監督があえてインサートしたという。しかし、このシーンが島田新左衛門(役所広司)に斉韶の暗殺を決意させたターニングポイントであることは間違いない。

    十三人の刺客のリーダーである新左衛門のバックグラウンドは、ほとんどわからない。他の十二人についても、どういった素性の者かも皆目描かれていない。背景がわかるのは山田孝之演じる新六郎と、古田新太演じる槍の名手、平蔵ぐらいだろうか。そんな状況でも、彼らは新左衛門を信じて付いていく。それゆえ、リーダーには「斉韶への怒り」という人間くささが必要だったように思われる。

    しかし今回は三池監督らしからぬ統制された演出で、大御所の風格さえ感じられるほどだ。刺客おのおのキャラクターの見せ場にもなった、ラストの300人対13人の壮絶な戦いは圧巻のシーン。十三人のうち随一であろう、参謀・倉永を演じた松方兄キの殺陣さばき。オリジナルは敵数50人ぐらいだったのが、松方兄キひとりでそれぐらい斬ってしまうという理由で、300人に増員されたという。あらゆる場所に刺さってある剣を取っては捨て、取っては捨てて相手を斬っていく。弟子・小倉庄次郎(窪田正孝)が意識を失っていくなか見届ける、剣豪浪人・平山を演じた伊原が息絶えそうになるなか、近くにある石を取って敵を殴り殺すシーンは感動すら覚える。そういえば、300人の斉韶ご一行の登場のさまは[ クローズZEROII ]での集団劇のカット割りや演出を彷彿とさせる。丸刈りに白のブレザーといういでたちで登場した、鳳仙学園の生徒たちの異様なさまに酷似していた。

    これは太平の世だった頃に、侍としての美学を貫いた男たちを賞賛した映画ではない。良識や規範が通用しない山の民・小弥太(伊勢谷友介)がみれば「侍って、面白くねえ!」という言葉で集約されるように、それはどこか愚かで浅はかな美学なのだ。
    登場シーンは籠から出て立ちションで、最後の命尽きるシーンは厠(かわや)のそばという、下まみれな暴君が、一番哀れな存在だった。どんな時も、遊び心を忘れない三池監督に拍手!!

    凡庸な時代劇では物足りない人には、このくらい血なまぐさい時代劇がピッタリなのでは。女子にはお勧めしないが、草食系男子には、ぜひ観てほしい。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです
    | 映画(日本) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(12) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/992063
    トラックバック
    十三人の刺客(感想212作品目)
    十三人の刺客はケーブルTVで鑑賞したけど
    | 別館ヒガシ日記 | 2012/01/22 1:49 PM |
    別館の予備(感想212作目 十三人の刺客)
    1月22日 十三人の刺客(感想212作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11141788705/7980161b 宇宙戦艦ヤマト ...
    | スポーツ瓦版 | 2012/01/22 1:49 PM |
    『十三人の刺客』 映画レビュー
    『 十三人の刺客 』 (2010)  監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...
    | さも観たかのような映画レビュー | 2011/05/20 2:27 AM |
    【映画】十三人の刺客
    『十三人の刺客』(2010年・監督:三池崇) 1963年に制作された工藤栄一監督による同名作(ワタシは未見)のリメイク。 冒頭から何だが、評価の高い本作が海外の主要な映画賞を逃したの
    | 【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog | 2011/01/17 10:44 PM |
    十三人の刺客
     ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)
    | 映画的・絵画的・音楽的 | 2010/10/30 11:42 AM |
    十三人の刺客
    痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!  
    | Akira's VOICE | 2010/10/30 10:15 AM |
    映画『十三人の刺客』
    【10月3日特記】 映画『十三人の刺客』を観てきた。三池崇史監督。 僕は基本的に現代劇が好きで時代劇にはあまり手を出さない。しかし、この映画は辛気くさい時代劇なんぞと言うよりもむしろ「チャンバラ」であ
    | trivialities | 2010/10/18 12:51 PM |
    十三人の刺客
    贅沢三昧!このくらいしちゃってもらっていい!!
    | 迷宮映画館 | 2010/10/17 8:44 AM |
    『十三人の刺客』
      □作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、
    | 京の昼寝〜♪ | 2010/10/16 11:27 PM |
    十三人の刺客
    原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」? 幕末に命を燃やした男たちのイキザマを、三池崇史監督が圧倒的なスケールとリアリティを追求した本格時代劇エンターテインメント大作「十三人の刺客」が、この秋、スクリーンに放たれます。島田新左衛門役には役所広司、将軍の弟・
    | やっぱり邦画好き… | 2010/10/16 11:01 PM |
    十三人の刺客
    江戸時代末期。 将軍の弟で、翌年には老中への就任が決定している明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)は、残虐な性質で不条理な殺戮を繰り返していた。 幕府老中・土井は斉韶暗殺を決断し、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。 新左衛門は刺客を集め準備を進めるが、明
    | 象のロケット | 2010/10/16 7:44 PM |
    「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ〜!
    [十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。
    | シネマ親父の“日々是妄言” | 2010/10/16 3:58 PM |