映画[ ミレニアム2 火と戯れる女 ]史上最強のパンクギャル | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 東京島 ]何がハッピーエンドかは、自分で決めるわ | main | サッカー日本代表ザック初陣 VSアルゼンチン戦 >>
映画[ ミレニアム2 火と戯れる女 ]史上最強のパンクギャル
0
    映画[ ミレニアム2 火と戯れる女 ]をシネマライズで鑑賞。

    シリーズもののクオリティは全体的に向上しているとはいえ、「待ってました!」と切望できる作品は、やはり数えるほどしかない。孤島に封印された、少女失踪事件の謎を追う、ミカエルとそれを強力にサポートする史上最強のヒロイン、リスベットの活躍で幕をあけた[ ミレニアム ]シリーズは、そんな稀少な一作。

    ●[ ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 ]
    ●[ ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 ]
    [ ミレニアム2 火と戯れる女 ]ではリスベットは、ある事件の殺人の嫌疑をかけられ、警察に追われることになる。その事件とは、ミカエルが発行人である「ミレニアム」の若き記者とその彼女が殺されるというもの。彼らは少女強制売春&人身売買に関する記事をすすめており、それを阻止するために命を狙われてしまったのだ。なぜリスベットが巻き込まれることになったのか?真相を解き明かすため、ミカエルとリスベットは捜査に乗り出す。

    第1弾では雑誌「ミレニアム」の発行責任者・記者のミカエルをリスベットが陰ながら助けるという役回りだったが、今回そして第3弾はリスベットを中心にすえ、それをミカエルそして彼の妹や仲間たちが協力・サポートするという構成に。この真打ち登場って感じがゾクゾクさせる。

    今回リスベットは逃亡などにより変装シーンも多く、前作のようなどぎついメイクに、鼻ピアスというようなパンクスタイルは鳴りをひそめ、抑えめメイクでこれがまたなかなか色っぽい。ウェイトも絞り込んだようで、顔つきも引き締まっていて、そのストイックさが、彼女の孤独をより際立たせていた。

    個人的には、ミカエルとリスベットの恋のゆくえが気になるところで、ミカエルがリスベットの居場所(住まい)をつきとめ、勝手に自宅に侵入。それに気づいたリスベットが遠隔操作でセキュリティを解除するというのが、必要以上にコミュニケーションをとらないリスベットらしい愛情表現で、とてもいじらしく微笑ましい。一方でミカエルと愛人関係にある「ミレニアム」の編集長エリカの、ミカエルが事件に巻き込まれないかいつも心配している姿も、コミカルに見えて楽しみなシーンでもある。

    障害者として立場を隠れ蓑にして、悪事の数々を働くリスベットの父、ザラ。リスベットを性の奴隷にしようとした、彼女の後見人、ニルス・ビュルマン。さらにリスベットの女友だちに瀕死の重傷を負わせる金髪の巨人、ロナルド・ニーダーマン。福祉や権力の保護の下で、女性への暴力、蔑視、虐待をつくす男たち。今回もスウェーデンの闇ともいうべき暗部が、より一層噴出している。

    登場人物が多いせいか、内容は散漫とした感じになっており、第2弾・第3弾が同時期に上映しているのは、たんにストーリーが密接につながっているというだけでなく、この欠点を補うためのようにも思えてくる。しかし、ずば抜けた頭脳と人間離れした映像記憶力、それと裏腹なパンクロックな風貌。必要以上に言葉を発せず、150センチという華奢な身体からは想像できないくらいのみなぎる反骨精神をもったリスベット。彼女のキャラクターをもってすれば、そんなことはたいした問題ではないのかもしれない。

    さあ、次は裁判編。予告では、ふたたび彼女はとさかヘアに、耳鼻ピアス、厚底ブーツに、ワニ皮プリントのボディースーツというどぎついいでたちで登場する。第2弾の事件は結局謎のままで、なにひとつ解決されていない。その真相と、多くを語らないリスベットが、悪しき敵とどう戦うのか?次回への期待が膨らむばかりだ。
    | 映画レビュー | 15:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/990791
    トラックバック
    ミレニアム2 火と戯れる女
    スウェーデンのベスオセラー小説「ミレニアム」の映画化第2弾です。 前作から1年後のリスベットとミカエルを中心に連続殺人事件を追っていくと聞いて、 怖いけれど観たいなあと思っていました。 リスベットらしいハードな展開に最後までドキドキでした〜
    | とりあえず、コメントです | 2010/10/10 10:11 PM |
    ミレニアム2 火と戯れる女
    ジャーナリストのミカエルと天才ハッカーのリスベットがヴァンゲル家の事件を解決してから1年。 少女売春組織を追っていた雑誌「ミレニアム」のジャーナリストが殺害され、現場には消息不明だったリスベットの指紋がついた銃が残されていた。 指名手配されたリスベッ
    | 象のロケット | 2010/10/09 12:17 AM |