映画[ ちょんまげぷりん ]奥向きのご用は、拙者がお引き受けいたす | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< やりすぎはよくない | main | 映画[ どんてん生活 ]山下敦弘監督長編処女作 >>
映画[ ちょんまげぷりん ]奥向きのご用は、拙者がお引き受けいたす
0
    映画[ ちょんまげぷりん ]を池袋で鑑賞。

    女子高生や女子大生ばっかりだろうな、と思っていたら、意外や意外、娘と母という親子カップルが多かった。主演の錦戸くんには、どことなく(男前だが)おっさんのような落ち着きがあるから、二極化したファン層もうなづける。今回彼の役どころは、常に背筋をのばし、礼儀を重んじる、江戸時代に生きる骨太な侍で、彼の特長が存分に活かされている。

    監督は[ ルート225 ][ ジャージの二人 ]など味のある小品づくり定評のある中村義洋氏。もともと「ふしぎな国の安兵衛門」というタイトルだったのが、文庫化にともない、「ちょんまげぷりん」に改変したとのこと。このおふざけなタイトルには、一本とられた感じだ。
    (あらすじ)シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)は、息子の友也(鈴木福)と二人暮らし。ある日、二人は侍の恰好をした木島安兵衛(錦戸亮)と名乗る男と出 会う。安兵衛はどこに帰ればいいのかわからないと言い、しばらくひろ子の家に居候することになる。安兵衛は、居候のお礼として家事を全部引き受けると言い 出し、料理や掃除を完璧にこなしてくれた。ある日、病気になった友也のために、安兵衛はプリンを作ってくれた。それをきっかけに、安兵衛はお菓子作りに目覚め…。(gooより)

    「ちょんまげぷりん」。なんともふざけたタイトルだ。180年前の江戸から現代へタイムリープしてきた骨太な侍、木島安兵衛の落ち着きの中にも見え隠れする戸惑いや、謎の侍に遭遇したひろ子・友也親子の仰天ぶりがコミカルに描かれており、タイトルそのままに序盤はとにかく面白い。安兵衛が発する武士言葉のギャップもいいが、息子・友也の驚くシーンや号泣するシーン、ちょんまげが動くのがちらりと見えたりするシーンなどのアクション場面がくすりと笑える。

    主人公の安兵衛を演じた錦戸の老成したたたずまいは、「武士の一分」でキムタクよりも本物っぽく、ひろ子を演じたともさかりえは、シングルマザーとしての切実さとたくましさ、そして女性としての可愛さを見事に表現していた。さらに今回掘り出し物とも呼べる、息子を演じた鈴木福は昨今人気の子役の中でも、群を抜いた演技力で注目に価する。ひとつの映画で3回も泣くシーンがあるというのは、大人の役者であろうと難のあることなのに、それを苦もなくこなしてしまう。おそるべしだ。

    映画は、中盤から予想以上に深みのあるヒューマンドラマへと転調していく。それも決して無理がなく、見応えさえ感じるほどだ。
    序盤は、ひろ子・友也親子の他者からの視点で東京に迷い込んだ侍・安兵衛を描くことでコメディタッチになり、その後は安兵衛にフィーチャーしていくことで、侍としての矜持をもった彼の生き様にふれ、感動的なストーリーへと昇華されているのだ。

    予定調和な結末ではあるが、口にした約束は必ず守るという男気あふれる侍スピリットが表れているとみれば、まんざらでもない。しかし、できれば「江戸阜凛」は「ちょんまげぷりん」であってほしかった。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです


    P.S.今回、中村監督が率いるスタッフ陣の略歴をみると、意外にもほとんどが、今まで中村監督と組んだことがない人ばかりで驚いた。撮影の小林元氏、照明の堀直之氏、編集の森下博昭氏・・・。
    記憶に残るシーンが多いので、てっきり慣れ親しんだ中村組のスタッフさんばかりと思っていたのに。初めてのスタッフで、この安定感のクオリティは、さすが中村監督だ。
    | 映画(日本) | 16:39 | comments(0) | trackbacks(15) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/988188
    トラックバック
    ちょんまげぷりん
    気楽に見られる楽しいオハナシ、だと思ってたら、しっかり原作があったのですね。 江戸時代のお侍さんがタイムスリップしてきて、シングル・マザー宅に居候。天賦のお菓子作りの才を開花させる、って発想自体が斬新です。 突っ込みどころは満載だけど、ハートウォ
    | のほほん便り | 2016/05/10 4:45 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2011/10/28 10:57 AM |
    ちょんまげゾンビ
    「ゾンビランド」 「ちょんまげぷりん」 
    | Akira's VOICE | 2011/02/15 11:38 AM |
    ちょんまげぷりん(映画/DVD)
    [ちょんまげぷりん] ブログ村キーワード人生はケーキほど甘くないでござる。ちょんまげぷりん製作国:日本製作年:2010年製作会社:ジェイ・ストーム配給会社:ジェイ・ストームジャ...
    | 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 | 2011/02/11 10:37 PM |
    『ちょんまげぷりん』 映画レビュー
    『 ちょんまげぷりん 』 (2010)  監  督 :中村義洋キャスト :錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、今野浩喜、堀部圭亮、佐藤仁美、忽那汐里、中村有志、井上順 荒木源著作小説を原作をもとに『ゴール...
    | さも観たかのような映画レビュー | 2011/02/01 11:12 AM |
    ちょんまげぷりん
    『ちょんまげぷりん』が描くのは、一見奇抜な設定から始まる人と人との出会いが、思いがけないドラマを生む新しいカタチのエンターテインメント。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』と、高い演出力で着々とファンを増やす中村義洋。その最新
    | やっぱり邦画好き… | 2010/10/17 8:49 AM |
    ちょんまげぷりん
    33歳のシングルマザー遊佐ひろ子の前に、ちょんまげ姿の木島安兵衛と名乗る男が現れた。 彼は何と、180年前の江戸時代からやって来た25歳の侍だった! 行くあてもなく遊佐家に居候することになった安兵衛は、家事一切を引き受けると宣言。 ひろ子の一人息子で保育園
    | 象のロケット | 2010/10/10 2:14 AM |
    ちょんまげぷりん
    ★★★★  原作は荒木源の『ふしぎの国の安兵衛』であり、『ちょんまげぷりん』は映画用のタイトルである。タイムトラべルファンなので、だいぶ前に原作は読んでいるが、原作同様映画のほうもかなり出来が良かったと思う。 昔これと良く似た映画で、原田康子の原作で
    | ケントのたそがれ劇場 | 2010/10/09 11:19 AM |
    ちょんまげぷりん
    ある日、仕事と家事に追われ忙しい毎日を送る、シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)とその息子・友也(鈴木福)の前に、ちょんまげ姿の...
    | 単館系 | 2010/10/07 10:28 PM |
    『ちょんまげぷりん』の仕事術
     【ネタバレ注意】  『ちょんまげぷりん』では、仕事が上手くいって、職場で評価されるにはどうすれば良いかが、判りやすく示される。 ...
    | 映画のブログ | 2010/10/07 6:52 PM |
    ちょんまげぷりん
    2010/07/31公開 日本 108分監督:中村義洋出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、中村有志、井上順人生はケーキほど甘くないでござる。江戸時代からやってきた侍、木島安兵衛をひょんなことから居候させることになった母親のひろ子と息子の友也。あ
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2010/10/07 4:53 PM |
    ちょんまげぷりん
    ちょんまげぷりん’10:日本◆監督・脚本: 中村義洋「ゴールデンスランバー」「ジェネラルルージュの凱旋」◆出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順◆STORY◆シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二
    | C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2010/10/07 2:52 PM |
    ちょんまげぷりん
    朝から何事が起ったのでござるか!!
    | 迷宮映画館 | 2010/10/07 2:46 PM |
    『ちょんまげぷりん』
      □作品オフィシャルサイト 「ちょんまげぷりん」□監督・脚本 中村義洋□原作 荒木 源□キャスト 錦戸 亮、ともさかりえ、鈴木 福、今野浩喜、佐藤仁美、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上 順 ■鑑賞日 8月1日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足
    | 京の昼寝〜♪ | 2010/09/30 8:17 AM |
    映画『ちょんまげぷりん』
    【8月13日特記】 映画『ちょんまげぷりん』を観てきた。予告編を初めて見た瞬間からもう観ようと決めていた。これで中村義洋監督作品は『ルート225』以来8本連続して観ている。 しかし、それにしてもジャニ
    | trivialities | 2010/09/21 9:56 AM |