映画[ エアベンダー ]100年の眠りから覚めたアバター | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ ベスト・キッド ]カンフーなのにカラテキッドとは | main | やりすぎはよくない >>
映画[ エアベンダー ]100年の眠りから覚めたアバター
0
    映画[ エアベンダー ]を吉祥寺バウスシアターで鑑賞。
    M・ナイト・シャマラン監督の最新作。三部作の第一部。

    いまはやりの3Dで観たんだが、[ アバター ]以来これで4回目になる。3Dってどうよ?料金が高いわりに快適じゃないんだよね。映像も立体に見えても見えなくても迫力はさほど変わらないし。いつもメガネをかけているもんで、3Dでみるとメガネon メガネになり観づらいうえに、耳が痛くなってくる。うっとうしいからメガネをはずして観ていたら、二重に見えて焦点が定まらない。そりゃそうだ。おまけに見えにくいので細めた目で隣りをみると、同じようにメガネを外してみているおばさまがいて、その人とばったり視線が合って、気まずい雰囲気に。思わず会釈なんかしちゃったりして。だから、3Dは嫌なんだってーば。


    DMM.com CD通販
    ファンタジー版国盗り物語かと思っていたら、話は意外と複雑だった。

    かつて世界には、4つの王国――気、水、土、火――があった。
    各国には、それぞれいる“ベンダー”という強者たちがいて、彼らはそれぞれの国のエレメントを操れる。水の国のベンダーである兄妹、サカ(ジャクソン・ラスボーン)とカタラ(ニコラ・ベルツ)は水と氷を、火の国のベンダー、ズーコ王子(デヴ・パテル)はファイアーを使いこなす。その中でも、すべてのエレメントを操ることができる選ばれし者は“アバター”と呼ばれ、世界の平和を保つためには、なくてはならない存在だった。

    そのアバターは4つの王国から順番に選ばれることになっており、100年前に、将来のアバターとして気の王国“エアベンダー”の当時、12歳の少年アン(ノア・リンガー)が選ばれた。しかし、まだほんの子供であるアンにとって世界の運命を背負うことは、あまりにも重荷であり、彼は修行中に逃げ出してしまう。

    それから100年後。この映画はここから始まる。アバターを失った世界は、戦場と化し、火の王国が世界を支配しようと、気の国を滅亡させ、さらに水の王国へと攻め入ってきたのだ。世界を救うには、次のアバターを探すしかない。平和のために立ち上がった水の国のベンダー、サカとカタラが、ある日、狩りをしていると、氷の下に不思議なパワーを感じ、そこから謎めいた少年が姿を現したのだ。そう、彼こそ100年前に疾走した少年アンだったのだ。

    ここまでの説明だと、気、水、土のベンダー対火のベンダーという構図だが、火の王国の内幕にも、またひと騒動あって、火の国の王子で、若きベンダーのズーコは、父であるオザイ王(クリフ・カーティス)に勘当されており、国に戻る条件として、行方不明になっていたアバター・アンの行方をつきとめることを命ぜられていた。

    ほんとややこしいでしょ。そのため本作は、個々のキャラクターがフューチャーされることなく、あくまで主要な人物の説明といった
    序幕的な内容であった。

    今までのハリウッドやイギリスが描くファンタジー映画と違うのは、アジア色が満載であるというところ。インド生まれのナイト・シャマラン監督らしい演出である。そのこだわりがVFX映像と合体したテコンドー、マーシャルアーツなどのアクションシーンで見応えのある見せ場になっている。

    残念なのが、ナイト・シャマラン監督のストーリーテラーとしての良さが第一幕ではあまりみられなかったところだろうか。どちらかというと、アクション映画色が強かった。シリーズとしては、これだけで判断するのはナンセンスかもしれないが、もう少しアクション以外の見どころが欲しかった気がする。

    第二部では少年アンとズーコ王子の変容が、間違いなく見どころとなるだろう。できれば3D版はなくしてもらえないだろうか。それだけは切に願う。
    DMM.com CD通販
    | 映画レビュー | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/987644
    トラックバック