映画[ ビューティフル アイランズ ]なくなって気づく。豊かな島の暮らし | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 ]人間にはミスはつきものさ | main | まつりだ!まつりだ! >>
映画[ ビューティフル アイランズ ]なくなって気づく。豊かな島の暮らし
0
    映画[ ビューティフル アイランズ ]を恵比寿ガーデンシネマで鑑賞。

    BGMも、ナレーションもない映像は、新鮮でまるでその場にいるような錯覚さえ起こしてしまう。これは、南太平洋に浮かぶ小さな楽園島ツバルを中心とした、気候変動に揺れる3つの島の日常の暮らしを通じて「変わりつつある地球」を感じ、考えるドキュメンタリー映画である。

    3年という歳月をかけてこの作品を撮ったのは、実は海南友子という日本人の監督さん。プロデューサーとして、[ 空気人形 ]の是枝裕和監督も参加している。
    [ アース ]や[ オーシャンズ ]のような自然ドキュメンタリーを観ると、生きることの美しさや自然の儚さは存分に伝わってくるが、あまりに壮大すぎて、自分の暮らしとはかけ離れた世界にみえて、現実感がなかなかわかなかった。しかしこの映画は、そうした今までの自然ドキュメンタリーとは異なりあくまでも島民の暮らしを真ん中に据えた、等身大の映像になっていて、リアリティがある。

    素材は人々の暮らしと、そこに暮らす島民たちのインタビューというきわめてオーソドックスな構成だが、妙に引きつけられてしまうのは、今まで目にしたことがない貴重なシーンの連続だからだろう。

    映画祭でも有名な、水の都ヴェネチアが最近の日本での集中豪雨のようにショップや格式のあるホテルなど街中が床下浸水になったり、アラスカ最西端のシシマレフ島では永久凍土の土壌が溶けて家屋が崩落し、島民は次々と移住せざるをえない状況に陥ったり。
    いつそれらの島が沈んでもおかしくない厳しい現実が次から次へと映し出される。

    その中でも、特に目を引くのが今世紀にも沈んでしまうかもと言われている小さな島スバルでのシーンだ。シシマレフ島、スバル、ベネチアと3つの島を取り上げているが、その中でも監督が特にフューチャーしたかったのは、やはりこのスバルだろう。高潮などで床下浸水などの状況にあっても、とにかく島民たちはみんな楽天的で、子どもから大人まで(教師や大臣などの知識人をのぞいて)ほとんど全ての人が、この島は神様が助けてくれると信じて疑わない。人々は集い美しい歌や踊りに興じる。

    海水に抵抗がない分雨が降ろうが、床下浸水になろうが、子どもたちは時間があれば、雨の中、海の中で遊びまくる。彼ら彼女らの姿に、将来への憂いや悲観を感じない。そんな中、子どもたちの遊び場となっていたヤシの木が、海底に沈んでいる。というシーンが波音だけが聞こえる中で映し出される。それは廃墟のように、無惨な形となって沈んでいる。そう遠くない楽園・スバル島を象徴しているようで哀れで切ない。

    文化遺産や文化財は、歴史的価値から必然的に保存への努力がなされるがスバルという島も、そうした観点で考えるべきではなかろうか。長い間の年月を通して培われたものには、知と美と技がかね備わっている。それをむざむざと見過ごしてしまうほど、人間とは愚かな生き物なのか−−。いまこそ人間の知性、感性が問われる時なのだ。

    静謐だが、ひじょうに力強い映画である。エコに興味のある人はもちろん、旅行好きにもぜひ観てほしい一作である。
    ・・・といいながら、スバルの人は、あれだけ日常に海水が入ってきてかび対策や錆対策はどうしているのか。そんな下世話なことが気になってしまうオデ。やはり庶民派心が抜けません。
    | 映画(ドキュメンタリー) | 22:38 | comments(0) | trackbacks(3) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/978938
    トラックバック
    ビューティフルアイランズ
    南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島。これらの島は今世紀中に海没するだろうといわれている。  本作は、”喪われゆく世界”をテーマに、この3つの島の現状を3年間かけて映像化。気候変動がもたらす地球環境への影響の大きさを問題提起
    | マダム・クニコの映画解体新書 | 2010/08/25 12:04 AM |
    『ビューティフル アイランズ』
      □作品オフィシャルサイト 「ビューティフル アイランズ」□監督 海南友子 □エグゼクティブプロデューサー 是枝裕和 □撮影 南 幸男■鑑賞日 8月16日(月)■劇場 恵比寿ガーデンシネマ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 
    | 京の昼寝〜♪ | 2010/08/22 10:24 AM |
    『ビューティフル アイランズ』 巧さとズルさは紙一重?
     2000年代に、地球温暖化ブームがあった。  ピークは、2008年の洞爺湖サミットの頃だったろうか。サミットでは、G8の首脳が地球温暖化の対策...
    | 映画のブログ | 2010/07/30 2:13 AM |