映画[ アウトレイジ ]下克上礼讃 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 ]もっともチープな合体 | main | 映画[ ダイアリーオブザデッド ]POVによるゾンビ映画 >>
映画[ アウトレイジ ]下克上礼讃
0
    映画[ アウトレイジ ]を吉祥寺バウスシアターを鑑賞。

    公開から3日目、さらにメンズデイで男性1000円ということもあり劇場は男性で大入り満員。北野武監督って、こんなに人気だったっけ。たぶん人気の要因は、ジャパニーズムービーといわれる“やくざ映画”だからだろうが、そこはキタノ映画である。

    任侠映画とは異なるバイオレンス・エンターテイメント。ついつい感情移入したくなるような義理人情で生きるキャラクターは、一人として出てこない。“全員悪人”というキャッチフレーズのまま、生き残るために悪知恵絞ってずる賢い輩ばかりで気が滅入りそうになるが、プロットが面白い。ちょっとした痴話げんかが、組の世代交代まで発展する破滅型ストーリーは展開が読めるのに関わらず、その予想を上回るキャラクター像と、彼らの入り乱れた騙し合いの構図が凡庸さを回避している。
    アウトレイジ
    いまにして思えば北野武監督のバイオレンス作品の前作は[ BROTHER ]で、今回は[ アウトレイジ ]。「OUTRAGE(アウトレイジ)」は「極悪非道(ごくあくひどう)」の意からもわかるように、なんと対照的な映画だこと。

    タイトル通りに義理・人情のかけらもない極道ばかりが登場し、欲望の限りを尽くす本作は、今までにない異質をはなったやくざ映画になっている。横に流れた漆黒の車が、次には縦に流れ、その車体の上に「アウトレイジ」のタイトルがインサートされる冒頭は、今までにないタイトルバックで印象深い。またこの後の争乱模様を暗示しているようだ。

    アクションも少なければ猥雑なエネルギーも全く漂ってこないが、
    繰り返されるやくざたちの果てしない殺し合いを見ると、あの名作[ 仁義なき戦い ]を思い出さずにはいられない。でも「仁義なき〜」は、あれで結構ウェットな作品で、それを意識はしているもののキタノ監督は対局に置いて、本作を描いたように思える。というのも、[ アウトレイジ ]は作り手が登場人物から一定の距離をもって撮っており、人間関係がとてもドライだからである。

    ドンパチの銃撃戦よりも、心理戦や頭脳戦の傾向が強く、男たちは地位に関係なく権力や保身のために、人によってころころと態度を変える。一本筋の通った生き方をしているようにみえる大友(ビートたけし)や、若頭の水野(椎名桔平)でさえ、力のあるものには頭があがらない。これだけ悪党が並ぶと、通常なら嫌悪感も出てくるのだが、それが楽しめてしまうのは、登場人物とのほどよい距離感があるからではと、思えてくる・・・。

    フィルムノワールが色濃く出ている本作だが、ノワール特有の寡黙さとか、オトコの美学とかが一切ないのがこの映画の特徴で、そう考えればフランスをかなり意識して作られたように思われる。

    このワルどもの中で、一番ずるいのか誰だったのかーー。個人的には北野演じる大友ではないだろうか。「最後まで、見届けるやつがいねえとな」とかなんとかいいながら、諦観したようなそぶりをみせて、最後は生に執着しムショに入るあたりが、したたかである。

    大友組の金庫番・石原(加瀬亮)や、無言で会長に服従している若頭の加藤(三浦友和)たち悪党をみると、じつはまじめなくらい欲望を純粋に貫いたものだけが生き残っている。

    キタノ監督は、「この映画は政治の世界にもなぞられることができる」といったが、いやいやそれどころかお役所や企業などの普通の組織でも当てはまりそうだよ。じつは本当の面白さは、こんな所だったのかもしれないなあ。ということでサラリーマンにとっては、とても楽しめる映画ではないだろうか。
    | - | 20:14 | comments(0) | trackbacks(2) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/974442
    トラックバック
    アウトレイジ
    カンヌ映画祭でも話題になった北野武監督の最新作です。 実は北野監督作品は『Dolls ドールズ』と『座頭市』しか観たことがありません。 バイオレンスが苦手なのでスルーしていたのですけど、今回はチャレンジしてみました(^^ゞ
    | とりあえず、コメントです | 2010/07/04 11:55 AM |
    『アウトレイジ』完成披露試写会
    【4月6日特記】 映画『アウトレイジ』の完成披露試写会に行ってきた。何を隠そう、僕は北野武映画の大ファンなのである。 ただし、決して初期のバイオレンス映画のファンだと言うのではない。例を挙げるなら最近
    | trivialities | 2010/07/01 11:39 AM |