映画[ 空気人形 ] | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< オークションにはまる | main | 観なきゃソンだよ、2009年の映画 >>
映画[ 空気人形 ]
0
    映画[ 空気人形 ]を渋谷シネマライズで鑑賞。

    2009年第62回カンヌ国際映画祭、日本から唯一の公式出品作として「ある視点」部門に選出され、ワールドプレミアムをはたした是枝裕和監督の最新作。原作は2000年に発表された業田良家の短編集「ゴーダ哲学堂 空気人形」の表題作である。いまや実力派女優としてますます注目の高まる韓国女優ペ・ドゥナを主演に迎え、監督は「ワンダフルライフ」とは違う、新たな虚構世界を魅せてくれる。
    くうき人形
    古びたアパートで持ち主の秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「心」を持ってしまう。彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街へと歩き出す。メイド服を着て、おぼつかない足取りで街に出た彼女は、いろいろな人に出会っていく。ある日、レンタルビデオ店で働く純一(ARATA)と知り合い、そこでアルバイトをすることになる。ひそかに純一に思いを寄せる彼女だったが……(gooより)。

    琴線にふれるセリフ(言葉選び)に、可憐さや艶かしさを感じるほどの繊細な描写に、思わずため息がもれることもあれば、ちょっと呆れてしまうくらい凡庸なキャスティングやシーンがあり、今ひとつストーリーにのりきれないのが残念である。

    性欲処理の代用品だった人形がある朝心を持ち、女性へと生まれ変わる。そして様々な人たちと交流をもつわけだが、まず驚かされたのが「ラブドール」の精巧さだ。むかし「ダッチワイフ」といって呼んで面白がっていた頃のものとは、明らか顔の表情や容姿が違う。「寝てみたい」と思う男性諸君が多いのもわかる。

    是枝監督の演出や、美術監督の種田陽平のアイデア(空気人形の持ち主、秀雄の家を奥まった路地裏にある設定し、日常とは異なる世界を作り出した)、そしてリー・ピンビンのカメラワークによる所が大きいだろうが、その中でもこの「ラブドール」のクオリティが、虚構世界から現実世界への違和感ない移行をより可能にしたように思う。

    ある日、突然ラブドールが心を持った。部屋でひとりっきりになった人形が、ベットから抜け出して、窓に近寄っていく目覚めの朝のシーンには目を見張るものがある。人形の艶かしさを失わず、さらには人としての初々しさをも伝わってくる。

    この映画は、さまざまな対比のなかで、「人間とは何か」、「人が生きる意味とは何か?」を問うている。

    影に透けてうつるほどに、中身が空洞のラブドール。しかし、それ以上に登場人物たちは、心が空虚な人間たちなのである。

    男たちは、どこか屈折していて、
    女たちは、なにかが欠落している。

    彼女は、生きることに喜びを見出せずにいる人たちとのふれ合いの中でも、
    哀しみそして、喜びという人間の生きがいをみつけていく。

    老いることに、どうしようもない嫌悪を感じていた受付嬢・佳子(余貴美子)に、ベンチで「わたしも年をとるの」とうれしそうに話す人形が、この対比の象徴的なシーン。心をなくした彼らの空しさや孤独が、より鮮明に浮きあがってくる。

    川を隔てた向こうにタワーマンションが見え、こちら側は、昔は栄えていたであろう下町というロケーション。空虚な人々は、この街とともに、世の中から取り残されたかのようにみえる。ゆるやかな時間の流れを感じさせるカメラワークが、より一層彼らの哀切さを際立たせている。

    ここまでは完璧だった。なのに後半が、しりすぼみで失速していく。

    まずはARATAが演じた純一のキャラクターだ。最後までよくわからず、正常なのか、おかしいのか。このご時世なので、その境界線のないキャラこそが、
    リアルなんだろうけれど。微妙なさじ加減だと思うが、もう少し屈折したキャラが表れていたら・・・・よかったのに。そうしたら、官能的にもとれた空気人形に息を吹き込むシーンは、無理なく観ることができたのに。あのシーンが、唐突すぎて失笑してしまった。

    さらにはオダギリジョー演じた人形師。彼しかいない役どころだろうが、ある意味その一点の曇りもないキャスティングが、意外性や面白味にかけて、
    彼のセリフがメッセージとして伝わってこなかったのだ。

    “肝”のようなシークエンスが、ボクの“芯”にはまったく当たらなかったので作品としての評価も高くない。

    寓話的なエピソードによるストーリーは嫌いではないんだが。
    「ワンダフルライフ」はよかったのに。是枝裕和監督とボクとの相性がよくないんだろうな。といいながら、次回も観るだろうけれど。ペ・ドゥナは、今までの彼女の作品の中で、一番マッチしていると思う。成長したような。
    裸体のシーンは、ちょっとぞくっとした。
    | 映画(日本) | 11:12 | comments(0) | trackbacks(4) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/931281
    トラックバック
    空気人形(99点)評価:◎
    総論:みんなが心に感じる”欠如”こそが、他者へとつながる可能性。「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形 ...
    | 映画批評OX | 2010/11/27 5:59 PM |
    mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆
    『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『
    | サーカスな日々 | 2010/07/19 3:06 AM |
    『空気人形』 
    □作品オフィシャルサイト 「空気人形」□監督・脚本 是枝裕和 □原作 業田良家(「ゴーダ哲学堂 空気人形」) □キャスト ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子■
    | 京の昼寝〜♪ | 2009/12/13 8:23 AM |
    映画『空気人形』(お薦め度★★)
    監督・脚本・編集、是枝裕和。原作、業田良家『ゴーダ哲学堂 空気人形』。2009年
    | erabu | 2009/12/11 11:00 PM |