映画[  THIS IS IT ]今宵は、MJのダンスに酔いしれよう | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ パンドラの匣 ]そこには、幽かに「希望」という文字が書かれていた | main | 霜月シネマ(2009) >>
映画[  THIS IS IT ]今宵は、MJのダンスに酔いしれよう
0
    映画[  THIS IS IT ]を渋谷で鑑賞。

    映画の日でもないのに、館内は満員である。おっさんひとりというのは他にはいない。会社帰りのカップルや女性の2人組がほとんど。もっと盛り上がるかと思ったが、意外と皆は冷静。ざんねんだ。

    高校生や大学生の頃、MTVでMJ(マイケルジャクソン)をよく見ていたが、あれから何十年もたっているのに、その当時と変わらない、スタイルと切れ味あるダンスでびっくり。MJはやっぱりすげえよ。
    thisisit ディスイズイット
    マドンナのコンサートには行ったことはあるが、MJのは行ったことがない。
    そのくらいの関心度だと自分では思っていたのに、この映画を観て、思いだした。

    多感な時期はMJをよく見ていたのだ。実は、高校時代に「スリラー」を修学旅行で踊ったことがあった。大学時代は、芝居を演っていたので、これまたダンスもお遊び程度にやっていた。だから「BAD」をMTVでよく見ていたような記憶がある。

    たんに、コンサートのリハーサル風景をドキュメンタリーに撮ったというだけではなく、リハーサルシーンをコンサートでのビデオ映像などの一部、あるいは舞台の演出として、映画は編集されており、次々と登場してくるミュージックナンバーはMJのコンサートを観ているかのような、錯覚さえおこさせる。「スリラー」「BEAT IT」など懐かしのメロディが流れてくると、思わず身体が反応してしまう。

    ジャクソン5のナンバーのとき、高音を出すのが苦しそうだった姿は、年齢的な衰えを感じさせないでもないが、それ以外はまったく遜色のないキレのよさ。彼は怪物というか、化け物ですな。

    この映画では、彼のTVでは観たことがない一面をたくさん垣間見れる。スタッフに映像演出や音楽の出だし、間奏中など、細かく指示を出して、秀でたプロデュース能力をあますところなく発揮。「マイケルジャクソンと一緒に舞台に立てるなら・・・」とダンサーやミュージシャンから羨望の眼差しで受けながらも、決して驕らず、謙虚と配慮をもってリハーサルに臨んでいたMJの姿勢が、この映画をより心地よいものにしてくれたと思う。

    メディアには、MJの奇異な行動をよく取り上げられていたが、これだけ魅力的な人物なら、そういった部分をフォーカスしたくのもわかる。非の打ちどころがなさそうだもの。なにはともあれ最後まで、MJの魅力に圧倒された映画だった。

    今は亡き、偉大なるミュージシャン、「King of POP」の貴重なドキュメンタリー映像である。同じ時代に生まれたあなた、これは観なきゃソンだよ。

    <追伸>
    先日、上映中止という事件に遭遇し、一度は断念したがようやく観れることになった。席の予約の際、「このたびは、申し訳ございませんでした」とスタッフの方から深々とお詫びの言葉と支配人の方からのお手紙を頂戴した。スタッフの誠意は伝わってきた。でも、その時の熱がかなり静まっているので、こんなに丁重な扱いを受けても、今さらながらちょっと気恥ずかしい気もしてしまう。このような貴重な映画鑑賞で、こんなことに出会えたのはある意味、ラッキーなのかもしれない。きっと、そうだ。人間、こういった思い込みが大切だよね。
    | 映画(ドキュメンタリー) | 23:33 | comments(2) | trackbacks(1) |
    コメント
    yama_eighさんへ
    お久しぶりです。

    最近お付き合いがなくなって、寂しい思いをしていた所なんですよ。なんだ、そういうことでしたか・・・。lolipopに文句をいっておきます。

    | アロハ坊主 | 2009/12/04 7:46 PM |
    なぜだかTBできねえっす。
    | yama_eigh | 2009/12/02 9:10 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/929171
    トラックバック
    映画『THIS IS IT』
    【11月9日特記】 映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきた。 いつも書いていることだが、僕は主に監督で映画を選んでいるし、映画は基本的に監督のものであると思っている。 それは音楽
    | trivialities | 2009/12/10 3:22 PM |