映画[ ディア・ドクター ]伊野でございます | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 路上の漫画朗読パフォーマー、その名は「東方力丸」 | main | 映画[ カイジ 人生逆転ゲーム ]金は命より重い >>
映画[ ディア・ドクター ]伊野でございます
0
    映画[ ディア・ドクター ]を渋谷ヒューマントラストで鑑賞。

    ニセ医師を笑福亭鶴瓶が演じるときいて、わかりやすい組み合わせだなと思って、それほど期待していなかった。しかし、それは間違いだった。

    前作以上に人の不可解さが濃厚に描かれており、メッセージ性も強い。
    ズバッと、明解な答えを期待して映画を楽しむ人にとっては、面白味の薄い作品かもしれないが、なによりも、人によって全く異なる解釈ができるという、映画の醍醐味が味わえる作品なのだ。

    ボクは、この映画を2回観たが、どちらも観て受ける印象が異なるものだったのだ。期待を裏切る面白さ。[ ディア・ドクター ]は今年ナンバーワンの作品かもしれない。
    ディアドクター  つるべ テレビにらめっこ もう笑えない
    過疎化がすすむ村で、ただひとりの医者として村人から全幅の信頼を寄せられていた医師・伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪した。やがて刑事が二人やってきての身辺を洗い始める――。そして次第に伊野という人間の正体がうかびあがってくる。彼は、経歴を詐称していたようだ。

    人間のグレーな部分を描いた秀作[ ゆれる ]に続き西川美和監督が今回[ ディア・ドクター ]で挑むのも、正体がつかめない伊野という男の物語だ。そして映画はまさに、彼の失踪後、彼という人間を探る物語としてと綴られている。

    “無免許”という揺るぎない事実がありながらも、医師・伊野は“免許”を持つホンモノの医師以上に患者のそばで、患者やその家族を見守り続ける。

    偶然が偶然をよび、患者は伊野の治療で一命を取り留める、村人たちは、いつしか彼を名医として誉めたたえられるようになる。次第に伊野は、その重荷に耐えかねて、この村から逃げ出したい衝動にかられる。しかし、その機会を失い、彼は治療に励むのだ。

    患者に対して献身的につとめ、患者からも慕われる伊野を尊敬していた若手研修医・相馬(瑛太)や、伊野に感謝していた曽根村長(笹野高史)らは、彼が失踪し正体がわかると、彼を弁護する言葉を一切口にはしない。さらに、伊野医師を支えた女性看護師の大竹(余貴美子)や、薬品の営業マン斎門(香川照之)も、彼の正体を知りながらも、警察の尋問に対してのらりくらりと交わすだけである。

    監督は、映画の中で明確な答えを提示しない。だから何が正解で、何が誤りなのか。何がホンモノで、何がニセモノなのか。ストーリーが進むにしたがって、観ている僕たちは、よくわからなくなってくるのだ。

    しかしこの三面記事やニュースのネタでしかないような事件が、次第に誰も想像しえないような展開へと、ストーリーが動き出し、ある一つの道筋がみえてくる。それは、ひとりの老婆との出会いからだ。

    長い看病の末、夫を看取った老婆・鳥飼かづ子(八千草薫)は、自分が娘たちに同じ負担をかけたくないという想いから、“先生、一緒に嘘をついください”と伊野に懇願する。伊野はその要望に応え、真摯に彼女と向き合っていく。

    前作[ ゆれる ]は、“橋”が映画のモチーフだったが、
    今回はライト(明かり)が、それにあたるであろう。

    伊野にとって命の次に大切な、父のペンライト。夜になれば電灯ひとつない過疎化のすすむ村で、微かに輝く伊野のカブのライト。ライト(明かり)とは、人にとっての支えであり、(心の)拠り所としてのメタファーとなる。
    ペンライトは伊野にとって、カブのライトは大竹や斎門、そして研修医の相馬を含めた村人にとっての、拠り所なのだ。

    そし、賛否両論あるこの映画の結末に・・・、ひとつの意味が読み取れてくる。

    患者の傍で、患者の要望に添って治療をすすめることが、医療の本当の姿という、ニセ医者の伊野からのメッセージとも読み取れるがボクは違う解釈をした。

    伊野は、ようやくニセ医者という呪縛から解放され、心を偽らずに向き合える鳥飼かづ子という拠り所を見つけたのではないだろうか。

    大竹や斎門は、自らの心を欺いてでも、守るべき家族や子どものために、伊野無き後も今まで通りのことをこなさなければならず、研修医の相馬は、心の支えである伊野を失い意気消沈。村長は、村人のために、伊野の代わる医者を探し出すのに、頭を悩まさねばならないのだ。

    一見、“ニセ医者”である伊野がひとり貧乏くじをひいたかにみえるが、実は・・・。この映画で、最後に“明かり”という幸せを手にしたのは誰なのか。ラストの鳥飼かづ子に語りかける伊野の優しい眼差しが、それを教えてくれている。

    事件と呼ばれるものには、この映画のように新聞(三面記事)の字面だけを読んでいても、判断できないような世界がきっとある。この伊野と鳥飼かづ子の間にも、他者には入り込めない、あるいは理解できない絆があり、それによって深くつながっているのだ。それは決して、ホンモノ、ニセモノという二分法など常識では結論づけられないもの。だからこそ、賛否両論の池ガンが出てくるのかも。人間の不可解さを描いた本作には、ふさわしいエンディングといえるのではないでしょうか。
    | 映画(日本) | 00:27 | comments(0) | trackbacks(8) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/925579
    トラックバック
    別館の予備(感想208作目 ディア・ドクター)
    9月28日 ディア・ドクター TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11027357876/209a30b5 LIMIT OF LOVE 海猿&ベスト・キッド& 死刑台のエレベーター&十三人の ...
    | スポーツ瓦版 | 2011/09/29 12:01 PM |
    『ディア・ドクター』'09・日
    あらすじ東京の医大を卒業した相馬は、過疎の進んだ山あいの小さな村に、研修医として赴任してきた。そこで、村人から絶大な信頼を寄せられている伊野という勤務医と出会うが・・・...
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/05/25 11:08 PM |
    mini review 10432「ディア・ドクター」★★★★★★★★☆☆
    『蛇イチゴ』『ゆれる』の西川美和監督が、へき地医療や高齢化など現代の世相に鋭く切り込む人間ドラマ。本作で映画初主演を務める笑福亭鶴瓶が無医村に赴任した医師を演じ、その医師の失踪(しっそう)をきっかけに浮かび上がる彼の人物像を軸にした心理劇が展開される
    | サーカスな日々 | 2010/01/20 12:58 AM |
    『ディア・ドクター』
      □作品オフィシャルサイト 「ディア・ドクター」□監督・原案・脚本 西川美和□原作 西川美和(「きのうの神さま」ポプラ社刊)□キャスト 笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、八千草薫、香川照之、松重豊、岩松了、中村勘三郎、笹野高史■鑑賞日 6月
    | 京の昼寝〜♪ | 2009/12/13 8:28 AM |
    【映画】ディア・ドクター
    ▼動機 待ってました!今年一番の期待作。 ▼感想 絶対的な別格扱い ▼満足度 ★★★★★★★ べっかく ▼あらすじ 村でただ一人の医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪する。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、弟子の相馬(瑛太)や、看護師の大
    | 新!やさぐれ日記 | 2009/11/17 10:10 PM |
    ディア・ドクター
    山あいの小さな村から一人の医師が失踪し「神様、仏様より先生の方が頼り」の村人たちは大騒ぎ。 村に嫌気が差したんだろうと思いつつ、刑事たちは消えた伊野医師の身辺を洗いはじめる。 失踪する少し前、伊野は患者から病気を家族には内緒にして欲しいと頼まれ協力す
    | 象のロケット | 2009/11/15 10:11 PM |
    ディア・ドクター
    主演は、映画出演も相次ぐ日本最高のエンターテイナー、笑福亭鶴瓶。棚田が広がるのどかな田園風景を舞台にひとりの男の突拍子もない人生を演じ、圧倒的な存在感をもって観客を一気...
    | やっぱり邦画好き… | 2009/11/14 3:09 PM |
    ディア・ドクター
     『その嘘は、罪ですか。』  コチラの「ディア・ドクター」は、「蛇イチゴ」、「ゆれる」の西川美和監督が、自らの著書「きのうの神さま」を脚本も手掛け映画化した、6/27公開の長編3作目となるヒューマン・ドラマなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪  無
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/11/13 1:51 AM |