映画[ ミルク ]ミルクに相談だ! | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ チェイサー ]追っているのは、闇や光か | main | 映画[ ハゲタカ ]おれは、あんただ!! >>
映画[ ミルク ]ミルクに相談だ!
0
    映画[ ミルク ]を吉祥寺バウスシアターで鑑賞。

    ゲイを公言して、アメリカで初の公職についたハーヴェイ・ミルクの劇的な半生を描いた作品。アカデミー主演男優賞に輝いた、ショーン・ペンの演技もさることながら、とぎすまされた映像美で、その時代と社会を表現し続けるガン・ヴァン・サント監督の演出も注目です。
    牛乳に相談だ!
    ガン・ヴァン・サント監督、さすがにうまいなぁ。
    そう感嘆してしまうオープニングとエンディング。

    オープンニングではたんにセットで、70年代という時代を作り出すだけではなく、ゲイやレズビアンがいかに弱者であったかがわかる、衝撃的な記録写真でインサートされている。アメリカ人が、ここまであからさまにカメラに顔を出すことを嫌がる写真を、今までお目にかかったことがない。このような背景がわかってはじめて、ミルクの志がいかに偉大なものかが見えてくる。

    エンディングの、ミルクがオペラ劇場を最後に目にして凶弾に倒れていく姿も、切なさよりも、志半ばで夢を果たせなかった無念さが感じられる印象的なシーンだった。少し前に描かれている、元・恋人のスミス(ジェームス・ブランコ)との電話での約束がはたせないのだ。
    ダン・ホワイト(ジョシュ・ブローリン)が寝ている部屋に差し込む朝日や、ミルクの部屋へ向かう彼の後ろ姿のショットには、監督独特の映像美がある。

    光あれば影があり、善あれば悪があり。ミルクはもちろん、彼を射殺したダン・ホワイト(ジョシュ・ブローリン)にもあてはまる多面的な造形が、奥行きのある人間ドラマにと作り上げているのだ。

    あやうさと切なさの中に、一瞬の輝き。
    ガン・ヴァン・サント監督らしい、フィルムである。
    | 映画レビュー | 23:53 | comments(0) | trackbacks(8) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/882304
    トラックバック
    「ミルク」
    やはり実在の人物を描いた作品って、とても興味深く見ることが出来ますね〜
    | 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/10/30 11:21 AM |
    mini review 09414「ミルク」★★★★★★★☆☆☆
    1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴェイ・ミルクの生き様を描く伝記ドラマ。監督は『エレファント』のガス・ヴァン・サント。個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクをオスカー俳優ショーン・ペンが演じ
    | サーカスな日々 | 2009/10/28 2:11 AM |
    ミルク
    「ミルク」は、 希望のはじまりだった。 【関連記事】 ミルク(ジェームズ・フランコ) 壁紙 発売予定日は2009年10月21日
    | Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/08 9:40 PM |
    『ミルク』 (2008)/アメリカ
    原題:MILK監督:ガス・ヴァン・サント出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Story>1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(シ
    | NiceOne!! | 2009/08/19 8:01 AM |
    ミルク / MILK
    「私の名前はハーヴィー・ミルク。 皆さんを、民主主義を守る戦いに勧誘したい。」 今年のアカデミー賞で、作品/監督/主演男優/助演男優/脚本/編集/衣装デザイン/作曲と8部門でノミネート{/ee_3/} (うち、脚本と主演男優賞で受賞!) 1977年11月8日、カリフォルニ
    | 我想一個人映画美的女人blog | 2009/08/18 9:06 PM |
    ミルク■これもまたヒーローの映画である
    自らゲイを公表して公職についたアメリカ初めての政治家ハーヴェイ・ミルクの半生を描いた作品。決して過度にドラマティックになるわけでもなく、またゲイの正当性を声高に主張しているわけでもない、どちらかというと淡々とした演出であることに非常な説得力がある。19
    | 映画と出会う・世界が変わる | 2009/08/18 2:24 PM |
    ミルク☆ショーン・ペン、アカデミー賞主演男優賞!
     「ミルク」は、希望のはじまりだった。  ショーン・ペンアカデミー賞主演男優賞、おめでとう!  ダスティン・ランス・ブラックアカデミー賞脚本賞受賞おめでとう! 本年度アカデミー賞8部門にノミネートされたのですが、「スラムドッグ$ミリオネア」に持ってい
    | 銅版画制作の日々 | 2009/08/18 10:48 AM |
    ミルク
     『1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家 ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間 「ミルク」は、 希望のはじまりだった。』  コチラの「ミルク」は、アメリカ史上初のゲイと公表した公職者ハーヴィー・ミルクの48年間の生涯の最後の8年間をガス
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/07/23 6:48 AM |