映画[ チェイサー ]追っているのは、闇や光か | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 京都散策 | main | 映画[ ミルク ]ミルクに相談だ! >>
映画[ チェイサー ]追っているのは、闇や光か
0
    映画[ チェイサー ]をとうきゅうシネマで鑑賞。

    レオナルド・ディカプリオ&ワーナー・ブラザースが
    本作のリメイク権を獲得するなど、世界からの注目度も高い作品。
    一見凡庸に見えるシナリオが、ストーリーが進むにつれて、
    次第に見事な人間ドラマへと仕上がっている。快作である。
    ちぇいさー


    街では連続猟奇殺人事件が起こっている頃、元刑事でデリヘル嬢の斡旋を生業としているジュンホ(キム・ユンソク)は、彼の元から行方をくらませた2人の女の行方を探っていた。その手がかりを握る男を見つけるも、探りを入れさせたデリヘル嬢ミジンも失踪。だが偶然ジュンホは疑惑の人物ヨンミン(ハ・ジョンウ)を見つけ、捕獲する。すると警察でヨンミンはとんでもない告白を始めた。「女たちは自分が殺した。そして最後の女はまだ生きている」と――



    犯人ヨンミンがジュンホにあっけなく見つかり、監禁されている女性ミジン(ソ・ヨンヒ)が、もう解放されるのは時間の問題と思ったら、ここからが地獄のはじまりだった。

    すごい!こんな早くに犯人がつかまってもなお、最後まで飽きることなく、
    ぐいぐいと観客を引き込んでいく。力技とも思える演出力。


    しかし、それは手に届く距離にあるのに、決してつかめない闇のような・・・。犯人のヨンミンは、鬱屈した世間の象徴なのかもしれない。犯罪現場である、狭い坂道が迷路のように入り組んだ街。異臭をはなつ、都市の澱がたまったような、汚濁な場所がとても不気味だ。ここでのジュンホによる追走劇も、鬱屈したムードを一瞬解き放したようにみえるが、ただやみくもに、暗闇の中でもがいているだけだった。

    ヨンミンが連続殺人を繰り返す、動機がみえないのも怖さを増大させる。
    恐怖が高まっていくつれこの映画は、次第に憎しみも満ちていくことになる。その憎しみは、まさしくジュンホの人間性の目覚めとリンクする。彼は最初、泥くさい仕事をこつこつとこなす、時代遅れなオトコのようで少し興味はそそられるが、悪事に手を染めており、それほどのシンパシーを感じない。しかし途中から、幼き少女と伴走し始めることで、彼には、それまでとは異なる思いが生まれはじめ、観客も次第に彼へと共感していくのだ。

    恐怖から憎しみへ転換が、違和感なく自然で生まれるようなストーリーの運び方が、秀逸である。

    落ちぶれた中年男を演じさせたら、チェ・ミンシクか、このキム・ユンソクかというくらい、今回もハマリ役である。[ ヨコヅナ♡マドンナ ]の主人公の父役が記憶には新しい。 狂気で破壊的な殺人犯ヨンミンを演じたハ・ジョンウも、身の毛もよだつほどの雰囲気がある。

    本作は、規格外の監督ナ・ホンジンの才能と、役者たちのキャスティングが
    うまくハマった映画である。
    | 映画レビュー | 00:06 | comments(2) | trackbacks(3) |
    コメント
    みちしるべ さんへ
    コメントありがとーございます。

    韓国映画としては、久しぶりの傑作ですね。監督は、終盤の二人の格闘シーンを撮るのに36時間もぶっ通しで撮影したらしい。このこだわりがこの独特の世界を作りあげたんでしょうね。

    こんなものを作っちゃうと次回作への期待もさぞや大きいでしょう。いやあ楽しみだ。

    松ヶ根乱射事件。コーエン監督を彷彿させる山下監督の傑作ですね。最近、彼の作品とんと見ないので、早く観たいものです。
    | アロハ坊主 | 2009/07/25 12:05 AM |
    いやはや、この映画は凄いですね!雨・いりくんだ迷路のような坂道・ネオン・蒸し暑さ・よどんだ湿りまくった空気感、猥雑なビルや部屋 ・・恐れ入りましたって感じです。観てる間中、息苦しいくてたまりませんでしたね。感情を揺さぶらせる力量は実にレベルが高いです。この新人監督は、よう知ってますね、ツボってやつを。お隣の韓国は、興行的にも成功をおさめているところも凄い!。おそるべし韓国。(日本なら、これ作るの無理だよなあ・・スポンサーいないやろうなあ)。
    これハリウッドでリメイク?絶対成功せんね、このどんより空気はガイジンには無理でしょうね。
    ※ 山下監督の、松が根乱射事件っていう映画ありますが、これかなりお勧めですよ。ブラックユーモア満載ですから。(ガラリーナさんのブログで紹介されて観たら、ハマリました!)
    | みちしるべ | 2009/07/24 11:12 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/879599
    トラックバック
    チェイサー(56点)評価:△
    総論:観客をサスペンスに陥れる巧妙な手腕。でも犯人像に致命的な蛇足がナ・ホンジン監督の長編デビュー作品。韓国で実際に起きたヘルス嬢連続殺人事件を題材にしたクライムサスペ....
    | 映画批評OX | 2010/10/29 6:34 PM |
    チェイサー
    チェイサー ’08:韓国 ◆原題:THE CHASER ◆監督・脚本:ナ・ホンジン ◆出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ、キム・ユジ...
    | C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2009/08/07 8:41 PM |
    チェイサー
    デリヘル嬢の斡旋をしている元刑事・ジュンホの元から女が相次いで失踪する。 最初は逃げただけだと思っていたが、街では連続猟奇殺人事件が勃発していた。 捕えられた男はあっけなく自供する。 「女たちを呼んで殺した。 最後の女はまだ生きている。」 彼が犯人な
    | 象のロケット | 2009/07/18 5:47 PM |