テレビ[ 誰も守れない ] | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 青い鳥 ]本気を伝えた映画 | main | 映画[ K-20 怪人二十面相・伝 ]邦画として、見ごたえのあるアクション・エンターテイメント >>
テレビ[ 誰も守れない ]
0
    映画[ 誰も守ってくれない ]のプロローグ的ドラマ作品。
    結末が実にあっけない。「映画のプロローグですから」と、
    言い訳としてお断り文句も簡単に使えるのが、いやらしい。
    さすがフジテレビだね。(といっても他局もよく似た手法でやってはいる)

    で、今回は「家族」や「孤独」などのキーワードもあるが、その中でも「言葉」というのが大きくクローズアップされているようにみえる。言うなれば「言葉によるコミュニケーション」。この場合は、発する側というよりも、受け手が、どう捉えるかというのがちょっと新鮮だった。

    はたして映画になった時に、その「言葉によるコミュニケーション」がどう表わされるのか。ちょっと楽しみである。
    | TV | 23:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/810187
    トラックバック
    ドラマ「誰も守れない」(お薦め度★★★)
    監督、杉山泰一。脚本、君塚良一。社会派ドラマ。出演、佐藤浩市(勝浦卓美・東豊島署
    | erabu | 2009/01/25 12:00 AM |