映画[ 落下の王国 ]落ちて想像した映像美 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< 住まい | main | 僕の小規模な生活1・2/著者・福満しげゆき >>
映画[ 落下の王国 ]落ちて想像した映像美
0
    映画[ 落下の王国 ]を渋谷CQNで鑑賞。

    構想26年、撮影期間4年。
    [ ザ・セル ]を手がけたインド出身のターセム監督が、
    今回CGによる特殊効果をほぼ封印し、
    リアルな映像美にとことんこだわったアンチ・ハリウッドな作品。
    映像美もよかですが、個人的にはタイトルが、好きです。

    時は1915年。映画の撮影中、橋から落ちて大けがを負い、病室のベッドに横たわるスタントマンのロイは、追い討ちをかけるように、私生活でも恋人を主演俳優に奪われ、自暴自棄になっていた。そこに現れたのが、オレンジの樹から落ち、腕を骨折して入院していた5歳の少女、アレクサンドリアだった。ロイは、自殺するための痛み止め薬(モルヒネ)を薬剤室から盗んでこさせるべく、彼女を利用することを計画する。アレクサンドリアの気を引くため、ロイが思いつきで語り始めた冒険物語、それは6人の勇者が世界を駆け巡り、悪に立ち向かう「愛と復讐の叙事詩だった??−。(パンフレットより)


    傷ついた青年と純粋無垢な少女の物語。男のような名のついた主人公の少女、アレクサンドリア。ぽちゃとした彼女の造形と、愛くるしい笑顔がチャーミング。

    正直、本作の骨子であろうロイがアレクサンドリアに語る夢物語は、内容をギュウギュウにつめこみすぎて今ひとつ意味がわからなかった。それでも、画面から伝わるパワー、特に世界遺産を含む絶景のロケーションの映像美に肉薄した大胆な色彩&構図がすごい。シンメトリーと、迷路のような幾何学模様など・・・、精緻に考えられた映像は、魅惑的である。

    ドン底で見る景色は、必ずしも闇ではない。
    子供の想像力、人の生への渇望・・・。
    生きる勇気を与えてくる作品とも読み取れる。
    でも、やっぱりみんなが心ひかれるのは、
    あの迫力ある映像美なんでしょうね。

    映像美だけが評される作品だが、実はストーリーとしてもよく練られている。その一編がタイトルである。
    彼女は、最初ロイが語る夢物語におちいる時に、窓の外に移る馬車と逆光が目に入る。しかし、次第にアレクサンドリアが夢物語に入る瞬間のシークエンスはなくなり、例えば、レントゲン室に入る鉄仮面の男や、手術で亡くなった娘に対して何度も語りかける母の姿など・・・、恐ろしい現実を目の当たりにするシークエンスがインサートされる。アレクサンドリアのなかでは、ロイの夢物語が次第に現実との境目を失いつつあるのだ。実は、彼女の中にも深層心理でロイ同様に認めたくない過去、「父のトラウマ」があったのだ。[ The Fall ]という原題には、橋から落ちたスタントマンのロイと、オレンジの樹から転落したアレクサンドリアというだけでなく、「失墜」という共通点も含まれている。
    | 映画レビュー | 00:24 | comments(0) | trackbacks(14) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/792153
    トラックバック
    【落下の王国】落下の国に至る美しいお伽噺の行方
    落下の王国〜THE FALL〜 監督: ターセム・シン    出演: リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、     ダニ...
    | 映画@見取り八段 | 2010/01/14 11:49 PM |
    落下の王国
    2007 アメリカ 洋画 ファンタジー ドラマ 作品のイメージ:癒される、おしゃれ、スゴイ 出演:リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、ダニエル・カルタジローン とにかく映像が美しい作品(これは、劇場で鑑賞したかったです)。CGを使わず
    | あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/05/29 4:57 PM |
    mini review 09366「落下の王国」★★★★★★★★★☆
    『ザ・セル』のターセム監督が製作した、美しい美術品のような感動巨編。自殺願望のあるスタントマンが幼い少女を操るために始めた虚構の物語が、やがて夢と希望を紡いでいく様子を丹念に映し出す。傷ついた青年役に『グッド・シェパード』のリー・ペイス。彼を慕う少女
    | サーカスな日々 | 2009/05/28 3:40 AM |
    【映画】落下の王国−The Fall…なんか良い映画だったので何時になく真面目な記事に。
    {/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/} さて、ゴールデン・ウィークも残りは明日1日{/ase/} 本当にどこにもレジャーに出かけなかった我が家。娘は不満そうです{/face_ase2/} 明日もどこにも行く予定は無いんだけどね{/face_nika/}…来週か再来週にはちょびっと遠出でもしましょ
    | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/05/06 10:17 AM |
    ザ・フォール/落下の王国
    原題:THE FALL公開:2008/09/06製作国・年度:インド/イギリス/アメリカ、2006年上映時間:118分レンタル開始日:監督:ターセム出演: リー・ペイス             ロイ・ウォーカー/黒山賊 カティンカ・ウンタルー       アレクサンドリア 
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/02/27 12:57 PM |
    「落下の王国/The Fall」
    圧倒される映像美と構図でした。こういうところがこの地球上にあるということにも感動。
    | 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/02/21 10:21 AM |
    [もう一つの、映画『落下の王国』評]
    ☆ネット上での友人、おってプライベートでも友人のMUTIさんが、私個人に『落下の王国』評を送ってくれたので、ここに転載する。  ちなみに、私は、[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)](クリック!)として書き残しているので、併せて読んで欲しい。   
    | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 | 2008/12/10 8:33 PM |
    「落下の王国」
    「みんなを殺さないで!」「ボクの物語だ」「二人のよ!」監督・製作・脚本:ターセム出演:リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、ダニエル・カルタジローン、レオ・ビル『ザ・セル』のターセム監督が構想26年、撮影に4年の歳月を費やして完成
    | 再出発日記 | 2008/12/01 11:03 PM |
    【映画】落下の王国
    ▼動機 ポスターがきれいだった ▼感想 なんだかしっくりこなかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出
    | 新!やさぐれ日記 | 2008/11/16 11:26 PM |
    落下の王国
    スタントマンのロイは映画撮影中に橋から落下し入院。 恋人を主演俳優に奪われ自暴自棄になっていたがケガで動けず自殺もできない。 入院患者の5歳の少女を自殺に利用しようと、彼女の気を惹くために思いつきの冒険物語をかたり始める。 それは6人の勇者が世界を駆け
    | 象のロケット | 2008/11/04 10:36 AM |
    落下の王国
    構想26年、撮影期間4年!__映像の魔術師ターセムが、魂を込めて作り上げた生きる力を喚起させるファンタスティック&リリカルな心の旅。 傷ついた青年と純真無垢な少女、それは、落ちて始る物語。 物語:1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、
    | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/11/03 8:41 PM |
    落下の王国/リー・ペイス、カティンカ・ウンタルー
    シャンテシネで見た予告編に一目惚れした映画です。絵本のような映像の美しさと現実と幻想が入り交じるような寓話の世界観が魅力的。てっきりシャンテシネでの単館上映かと思ってたらTOHOシネマズで上映されてラッキーでした。 出演はその他に、ジャスティン・ワデル
    | カノンな日々 | 2008/11/03 10:23 AM |
    映画『落下の王国』
    【10月11日特記】 映画『落下の王国』を観てきた。 なんか、これ、とってもすっげー映画でした。途中何度か寝そうになったのも事実ですが、でも、なんだか圧倒的な印象のある映画です。 昔々(サイレント映画
    | trivialities | 2008/11/02 8:15 PM |
    落下の王国
     『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャ
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/11/02 8:43 AM |