TOP RUNNER (トップランナー)が面白い | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ R246 STORY ]R246は、映画監督への道 | main | 映画[ ひゃくはち ]愛すべき補欠たちに贈る青春映画 >>
TOP RUNNER (トップランナー)が面白い
0
    昨日、NHKのトップランナーという番組に千原ジュニアが出ていたので観た。
    若き日のささくれだった性格をした顔つきとちがって、今は柔和さがある。
    生きることへのゆとり(のびしろ)があるからなんだろうな。

    芸人が書いた本も読んでおかないと思い
    ジュニアの『3月30日』を買ったがまだ読んでいない。
    別に、ジュニアのことを書きたかったわけではなく、いつのまにか代わっていた箭内道彦、SHIHOの司会が、今までにない理想的なコンビだなと気になったから。山本太郎と本上まなみの、台本棒読みで、ホスピタリティのかけらもないコンビとは桁違い。

    トップランナーのMCって、今まであれば仕切るのは女性で、男性は女性をアシストするってのが典型的なスタイルだった。しかし今回は、進行はSHIHO(女性)ではあるが、ちょっと天然パーソナリティで場の盛り上げ役。ちょっと空回りしている所は多々見受けられる。
    一方の箭内さんは、普段はでんと構えてうなずきも、質問も少ないが、視聴者が「聞きたいこと」(本質的なこと)を絶妙なタイミングでトップランナーに切り込んでいく。司会者二人のキャラが対照的で、SHIHOは感覚派の右脳タイプで、箭内さんは緻密に計算して行動する左脳型。SHIHOは台本を見ながら質問をしているが、箭内さんは台本なしで感じたままで聞いている。細かい表情やしぐさをみても、面白い。
    久しぶりに面白い番組にあたりました。ということで、来週もまた見てみます。

    | TV | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/782954
    トラックバック