映画[ たみおのしあわせ ]結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 葉月シネマ(2008) | main | 映画[ ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 ]世界の巨匠が、日本を最後に救う >>
映画[ たみおのしあわせ ]結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる
0
    映画[ たみおのしあわせ ]をシネスイッチ銀座で鑑賞。

    久しぶりに大爆笑した!でもそれは劇場でオイラだけだった。

    “結婚”という二文字に、盲目的にこだわる息子とオトンの男たち親子の姿が、新鮮でこっけいだ。オダギリジョーと原田芳雄という今昔のイケメンが演じているのが、少々鼻につくが、「・・・なのに結婚できない」とくれば、男性もしくは人間的な欠点を逆に感じさせ、途中からなかなかのキャスティングではないかと思えてきた。そして、まさにダメ親子そのものだった。



    父・伸男と2人暮らしの神埼民男はオクテで恋愛下手だが、最近お見合いした瞳とはうまくいき、結婚を目前に控えていた。一方伸男は部下の宮地と交際中。しかし民男の目を気にして、関係を秘匿していた。そんな中神埼家の天井裏に、ニューヨークから逃げ帰った親戚の透が居着く。透は偶然宮地に発見されてしまうものの、なんと2人は恋に落ちてしまい……。(gooより)


    冒頭のデパートの屋上。伸男と民男の親子関係だけでなくちゃんと各々のキャラまで的確に表現されていた、なかなか興味深いシークエンス。他の子供が蹴ったボールを拾う父・伸男と、「化粧、濃くない?」と非難する息子・民男。女性に甘い父と、手厳しい息子。父がそれでも結婚しないのは、息子の存在があるからで。親子二人で、お見合い用の民男の服や靴を買いにデパートへやってくるというのが、ふつうの父と息子以上の親子の結びつきを感じるのである。息子を思いすぎる父の妄想と、民男の気持ち悪いくらいのセンシティブさが、エンディングにはあらぬ方向へ、突っ走ってしまう結果になる。今考えれば、そんな予兆を感じさせるオープニングであった。


    監督は、[ 時効警察 ]のぐうたら課長・熊本でおなじみの岩松了。劇作家としていつも舞台でタクトをふるう監督は、本作ではあえて映画としての作品作りにこだわり、それが本作のテーマであり、面白さにもなっている。

    それはオープニングでの俯瞰アングル。民男と伸男が屋上から街ゆく人を眺め、(たしか)「人ってちっちゃいな。」とつぶやくあのシークエンス。それが、のちに家での天井裏から居室を眺めるアングルへとつながる。実は他人のことをああだ、こうだと言いながら見ていた二人(父子)が、“結婚”という二文字に腐心するあまり、いつしか他者(家の天井裏に住む透(小林薫))からのぞかれていたという構図を表している。なんともバカバカしい、かつ本質的を突いたアングルである。

    正直、民男と伸男のやりとりを見ているだけだと、仲のいい親子と思えるが、傍からみれば、話のネタになりそうな奇妙な親子像ではある。岩松監督は、そのさじ加減が絶妙で・・・、観客にはその奇妙さをラストぎりぎりまで、感じさせない。(でも民男が熟年カップルが勝手に病室を使っているのを見つけてキレるシークエンスで、ようやくその一端をみせる。)だからオチはちょっと驚くが、妙におさまる感じがある。

    石田えりといい、大竹しのぶといい、富士真奈美といい、ひょっとしたら、麻生久美子もかもしれないが、岩松監督は、豪快な女性が好きなのかも。
    結婚式に出席した民男の父・信男の以前の交際相手、石田えりが、たばこのけむりを鼻からいきおいよく吐き出したシーンは、本作で一番笑えた。(三木聡のライブ支配人もよかったけど・・。)ひとり劇場で大爆笑。もちろん顰蹙を買ったのはいうまでもない。
    | - | 01:27 | comments(2) | trackbacks(11) |
    コメント
    yama_eighさんへ
    コメント&TBありがとうございます。

    なるほど、そういう見方もできますねえ。
    でも、僕は神の視点ではありますが、フェンスが入ったほうが親子の視点として意識されるので、いいんじゃないかという評価です。

    それよりも、屋上からと家の天井裏からとでは、距離があまりに違いすぎて、(観客に)意識されないのではという危惧のほうが大きかったですね。
    | アロハ坊主 | 2008/09/04 12:05 AM |
    あのオープニングでの俯瞰ね、あの後、民男と伸男の背景にデパートの屋上のフェンスが映ったでしょう? あのフェンスがあるということは、つまり、あのフェンスが邪魔をしてあの親子はあのオープニングと同じ画を見降ろすことはできないということなんですよ。だから、あのフェンスが映った瞬間に僕は「あ、画が繋がってない」とげっそりしてしまいました。
    そういう気遣いって映画作りの上ではとても大事なことだと思うんですけど、神経質すぎますかね?
    | yama_eigh | 2008/09/02 9:23 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/777695
    トラックバック
    「たみおのしあわせ」 DVD
    「時効警察」主演のオダジョーと麻生久美子が主演で、「時効警察」に出演の岩松了が監督の作品で、「時効警察」を作った三木聡や他の出演者も更に若干名出ていて、「時効警察」目くらましがかかっているが、やっぱり岩松了は一筋縄ではいかない。 もっとも変な映画と分
    | しぇんて的風来坊ブログ | 2009/12/12 11:04 PM |
    たみおのしあわせ
    原田芳雄とオダギリジョーが卒業(違) たみおのしあわせ [DVD]posted with amazlet at 09.03.08メディアファクトリー (2009-02-06)売り上げランキング: 1180おす...
    | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2009/03/10 5:17 PM |
    「たみおのしあわせ」
    ほんの一ヶ月ちょっとの出来事・・そして夏がきた・・
    | 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/02/21 10:55 AM |
    たみおのしあわせ:こんな終わりかたアリ? シネスィッチ銀座
    オダギリジョーもださい格好をさせると、そこらへんにいるだだの兄ちゃんに見えた。 タイトル:たみおのしあわせ 監督・脚本:岩松了 出演:オダギリジョー/麻生久美子/原田芳雄/小林薫/大竹しのぶ 製作:2007年日本 デパートの屋上で父(原田芳雄)と息子(オダギ
    | 気ままに映画日記☆ | 2008/09/25 12:32 AM |
    「たみおのしあわせ」を観る
    今、日本人の若手俳優さんで気になる(好き嫌いに関わらず)人っていったら、女子=蒼井優ちゃん・男子=オダギリジョーさん。オダ・ジョーさんなんて、昨年も一昨年もコヤツ(失敬)が邦画の主演を総なめしちゃってるじゃん、といっても(私見)過言ではないと思ってい
    | 紫@試写会マニア | 2008/09/08 2:18 AM |
    「たみおのしあわせ」 「自分空間」への侵入
    予告と作品の印象がけっこう違っていました。 結婚を題材にしたコメディかと思ってい
    | はらやんの映画徒然草 | 2008/09/07 7:04 AM |
    たみおのしあわせ
    たみおのしあわせ 219本目 2008-25 上映時間 1時間58分 監督 岩松了 出演 オダギリジョー 麻生久美子 原田芳雄 大竹しのぶ 小林薫 忌野清志郎 石田えり 会場 シネスイッチ銀座 評価6点(10点満点)  オダギリジョーさん、麻生久美子さん、岩松
    | メルブロ | 2008/09/06 11:22 PM |
    たみおのしあわせ/オダギリジョー
    最近、友人との間でちょっとしたブームになってるのが岩松了さんだったりします(笑)。あまり深い意味はないんだけど、とにかく彼が出てくるとツボにハマって面白いんですよね。で、岩松了さんは演出や作家してるよりも役者をやってるのが一番いいよねってことで意見がま
    | カノンな日々 | 2008/09/04 9:42 AM |
    『たみおのしあわせ』
    □作品オフィシャルサイト 「たみおのしあわせ」□監督・脚本 岩松了 □キャスト オダギリジョー、原田芳雄、麻生久美子、小林薫、大竹しのぶ、富士眞奈美、川辺久造、石田えり、忌野清志郎■鑑賞日 7月24日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5
    | 京の昼寝〜♪ | 2008/09/04 8:55 AM |
    【2008-191】たみおのしあわせ
    人気ブログランキングの順位は? オクテのたみお。 今、人生最大のエンターテイメント ”結婚”へ向けてスタートを切る── 結婚しても、しなくても、 どのみち君は後悔することになる ──ソクラテス プチに哲学、なのにユーモラス。 それぞれの幸
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/09/03 12:12 AM |
    映画『たみおのしあわせ』
    【8月3日特記】 映画『たみおのしあわせ』を観てきた。 実は観る前に2つのことを懸念していた。 1つは、なんか軽薄にワハハと笑ってそれで終わりの映画なんじゃないかな、という不安。僕は岩松了という劇作家
    | trivialities | 2008/09/02 9:07 PM |