映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]女性は決して、振り返らない | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 長い長い殺人 ] | main | 良質なマンションを手に入れる >>
映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]女性は決して、振り返らない
0
    映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]をユーロスペースで鑑賞。

    2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞している本作は、前向きに生きた、ひとりの女性の物語。個人の自由が圧倒的に制限されていた社会で、彼女は人として生きるためにある決断をする。

    リアリズムに徹した映像は、余計なものをそぎ落としていて、とても力強く、衝撃的だ。(あの中絶でおろした幼児の死体が生々しい。)
    本作を観て、どこか釈然としないものを感じるのは、たぶん、それがこの時代で生きる(現実)ってことなんだろう。
    このタイトルは、胎児が母体の中で生きた日数を示している。4LUNI,3SAPTAMINI SI 2 ZILE
    1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)は寮のルームメイトのガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)とせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わりにある男に会う事に。実はガビツァは妊娠しており、オティリアはその違法中絶の手助けをしていたのだ。しかし思うように事は進まず、オティリアの苛立ちはつのっていく。(gooより)

    背景がわからない・・・と、この手の映画は面白くない。と思いながらも、息づまるような緊張感のあるシーンの連続には、目を見張るものがある。

    金の工面から、違法な中絶処置をうけるだんどりまで、
    自分勝手な友人ガビツァのために、奔走する主人公オティリア。
    あんな友人なら、避妊も考えずに、やっちまうのも当然かも・・・。

    指定したホテルもとれず、友人は妊娠期間をごまかして伝えていたこともあり、堕胎医師は「中絶は、危険だ」といって帰ろうとする。それを思い留めてもらうよう、働きかけるオティリア。料金の折り合いもつかいなか、オティリアは自分の身体と交換条件で話をつける・・・。
    なぜ、そこまで友達のために?そもそも、ガビツァはなぜ妊娠することになったのか?本作は、決して過去をかえりみず、たんたんと話はすすんでいく。まるで、それは前に進むのが私のポリシーといわんばかりの、オティリアの姿勢と呼応するかのようだ。

    女性監督が、[ さくらん ][ マリー・アントワネット ]のようにあえてカメラ目線になった主人公の映像をインサートとし、世界と対峙する女性っを描くように、本作のクリスティアン・ムンジウ監督は、オティリアが歩く後ろ姿を、幾度となくインサートするのが、印象的だ。

    日々、理不尽な毎日がやってくるなら、自分が納得できる道を選ぶしかない。この時代には、現代の倫理観やモラルなんて、意味をなさないということか。そうしてオティリアは自らの道を進む。ん〜、なんだかやりきれない。

    この世で一番、心を許せるはずの彼にも、決して胸の内を明かさない、いや明かせない(というのが正しいか)彼女を観ていると、この時代の女性の不遇さがひしひしと伝わってくる。

    最後に、(オティリアが探す中)ガビツァがひとり勝手きままに食事をしているシーンが映る。そのテーブルにオティリアが座り、ふたりは見つめあう。やっぱり、気になる。オティリアがなぜそんな行動をとったのか。そこで、たどり着いたのが、オティリアはガビツァを愛していたんだという結論。
    そうであるなら、この時代、中絶と同じように隠さねばならぬこと。しかし、それは語られることなく幕が閉じる。はたしてどうだったのか。現実は、謎にみちている。
    | 映画レビュー | 20:31 | comments(2) | trackbacks(11) |
    コメント
    Biancaさんへ
    コメントありがございます。
    どーも、お久しぶりです。

    歴史的背景がわからないので、
    最初はどうかと思ってましたが、
    緊張感みなぎる展開で、見ごたえのある映画でした。

    >オティリアはガビツァを愛していた・・・
    たぶん、同性愛者にも厳しい世の中だったと思われるので・・・、あえてわかりやすく描かなかったのかもしれませんね。

    | アロハ坊主 | 2008/10/13 2:47 PM |
    お久し振りですね、しづのをだまき気付Biancaです。
    >オティリアはガビツァを愛していたんだ・・・
    このことを言っているブロガーはいないみたいですが、アロハ坊主さんと同意見です。
    | Bianca | 2008/10/12 11:39 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/762813
    トラックバック
    産み分け,出産,妊娠,結婚,夫婦,夫婦生活,子供,育児,家庭
    産み分けって本当!出産は妊娠すれば誰でも男の子、女の子心配ですね。結婚して夫婦生活を営むとき,子供は何人ぐらい?,そして産み分けが出来るって、本当!
    | 産み分け | 2009/08/02 9:47 AM |
    4ヶ月、3週と2日
    2007 ルーマニア 洋画 ドラマ 出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ 果てしなく訳のわからない作品。当時のルーマニアでは中絶手術は違法という状況下で、オティリアがルームメイトのガビツァの中絶手術を
    | あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/19 9:59 PM |
    『4ヶ月、3週と2日』'07・ルーマニア
    あらすじ1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/02/03 8:12 PM |
    「4ヶ月、3週と2日」 DVD
    「3、1、2とノックせよ」という小説があるが、全く関係ないです。 ★以下、ネタバレあります。メインとなる事は妊娠中絶です。このこと自体が映画自体では序盤には伏せている進め方なので、こう触れた文章でもってしてネタバレです。予期せぬというか望んでいない妊娠
    | しぇんて的風来坊ブログ | 2009/01/21 12:10 AM |
    『4ヶ月、3週と2日』
    ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したマイク・リー監督の『ヴェラ・ドレイク』は、50年前の時代事情。同じように望まぬ妊娠をしてしまった1987年の女性の一日を描いて、2007年カンヌ国際映画祭でパルムドール賞をルーマニアとして初めて受賞したのが『4
    | 千の天使がバスケットボールする | 2008/12/21 9:48 PM |
    「4ヶ月、3週と2日」
    1987年。チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)は、 望まない妊娠をした寮のルームメイト、ガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)から、違法中絶の手助けを 頼まれる。手術当日、オティリアは恋人からお金を借りると、ガビツァ
    | 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/10/05 10:56 PM |
    4ヶ月、3週と2日
    4 Months, 3 Weeks, and 2 Days(2007/ルーマニア)【DVD】 監督・脚本・製作: クリスチャン・ムンギウ 出演:アナマリア・マリンカ/ローラ・ヴァシリウ/アレックス・ポトシアン/ルミニツァ・ゲオルジウ/アディ・カラウレアヌ これは二人だけの秘密―。 2007
    | 小部屋日記 | 2008/09/18 12:43 PM |
    4ヶ月、3週と2日
    トンデモなかったあの時代を振り返るのは大事なことだ。
    | 迷宮映画館 | 2008/07/30 11:06 AM |
    4ヶ月、3週と2日 独裁政権下のルーマニアの現状を描いた作品
     これは二人だけの秘密・・・・・。貴方ならどうしますか? 6月に入りました。梅雨ですね。この映画は5月2日に鑑賞したのですが・・・。レビューせず、ほったらかしにしていました。もう1ヶ月経ってしまったのですが。かなり印象深い作品でしたね。 ルーマニアの
    | 銅版画制作の日々 | 2008/07/29 7:43 AM |
    【2008-103】4ヶ月、3週と2日(4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE)
    人気ブログランキングの順位は? 1987年 ルーマニア・・・ 独裁政権下の自由を奪われた社会 ルームメイトを助けるために 彼女の長い一日が始まる> これは、二人だけの秘密──。
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/07/23 11:24 PM |
    4ヶ月、3週と2日
     『これは 二人だけ の秘密──。』  コチラの「4ヶ月、3週と2日」は、1987年独裁政権下のルーマニアを舞台に法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインを描いたPG-12指定のサスペンスで、3/1公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  60回
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/07/03 12:28 AM |