映画[ ファーストフード・ネイション/FAST FOOD NATION ]やめられない、止まらない | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ ヒトラーの贋札 ]贋札造りは命を救うが、魂は救えない | main | 映画[ バンテージ・ポイント ]ドラマ、アクション、サスペンス。何でもありあり。 >>
映画[ ファーストフード・ネイション/FAST FOOD NATION ]やめられない、止まらない
0
    映画[ ファーストフード・ネイション/FAST FOOD NATION ]をユーロスペースで鑑賞。

    世界が誇るあの大手ハンバーガー・チェーンのハンバーグに、牛の糞便が混じっていたら?それって、まじ?
    本作は「ファストフードが世界を食いつくす」(草思社刊)を元にファースト業界の実態を暴いた問題作。日本にも同じ食品がきていると思ったらぞっとする。・・・というか、これはどこまで現実なのか。と疑いたくなるほどの食品の不衛生ぶり。食品がどこから来ているのか、どんなふうに作られているのかは真剣に考えたほうがいいかもしれない。そんな気を起こさせる。




    舞台は、利潤追求に腐心するアメリカに本社のある架空のハンバーガー・チェーン“ミッキーズ”。マーケティング部長のドンが、主力商品のハンバーガー“ビックワン”の新コピー案をプレゼンしていた。好調な売上げに、幹部たちも上機嫌だ。そんな折、ドンは社長に呼ばれ、「テキサスの大学の院生たちが、ファーストフード各社の肉パテを分析した。わが社のパテから多量の糞便性大腸菌が検出されたそうだ。公になったらまずいことになる。コロラドの工場に調査に行ってくれないか」と命ぜられ、コロラドへ飛び立つ。そこで、彼は、資本主義社会が生み出す、“食の安全性”“格差社会”などの様々な病巣・・を、目の当たりする。(パンフレットより)


    食のグローバル化は、様々な問題を引き起こしている。

    この話は、アメリカだけにかぎったことでも、ハンバーガーだけの問題でもない。
    常日頃食べている白身魚のフライも、実はハンバーガーと同様の問題をアフリカで引き起こしている。(詳しくは映画[ ダーウィンの悪夢 ]をご覧あれ)。白身魚の原材料はタンザニアから輸入されるナイルパーチという魚。今まで何の輸出品も持たなかったタンザニアにとっては外貨を得られ、村や町、国が潤う、願ってもない機会のようだったが・・・・。結局、お金を手に出来たのは本作のハンバーガー・チェーン“ミッキーズ”のような大企業などの一部ものだけ・・。貧しいながらも成り立っていた村は崩壊し人々の貧富の差は広がるばかり。あげくにお金を求めて女たちは身体を売り、エイズまで蔓延する始末。

    この映画もそんな悲惨な状況が描かれている。・・・密入国しているメキシコ人たちは食肉工場で過酷な状況のもと低賃金で働かされ、ミッキーズの店舗ではやる気のない店員が下に落ちたハンバークを平気で焼き、気にいらない客がいれば自分の唾を入れて販売し、企業は、原料を変えずに香料だけを開発して、あたかも新たに作りました風を装い、新商品を売り出そうとする。

    被支配者である下層社会の人たちは、搾取されていても、おかしいのがわかっていても決して声高に訴えることはない。なぜなら、彼らは間違いなく一種の諦観のまなざしで変わらないとわかっているから。もし事件になって・・・一時的には変わっても、たぶん元に戻ると理解しているから。

    それを見透かしているのかどうかわからないが・・・・、監督はとても冷ややかだ。お涙頂戴のような感情へ訴えるでもなく、シニカルな笑いに転ずるでもなく、これを淡々と描いている。それが象徴的なのが、ミッキーズのバーガー店で働いてアンバーが昔学生運動家だった叔父のピートや、偶然知り合った環境保護グループのアリスやパコたちに感化されバイトを辞め、仲間たちとともに巨大農場の牛を柵から解放する計画の顛末だ。解放したにもかかわらず、牛は一向に動こうとしないのだ。この状況は悲惨にみえて、案外居心地がいいものとなっている彼ら人々を表しているかのようだ。

    この映画は様々な人物が登場するため、2時間という枠の中でその関係性を理解するのが観客からすると正直、大変な作業である。それを今売り出し中の女優から、“えっ、こんな有名な人も”という大物俳優まで、多彩な顔ぶれが出演し、わかりやすく紐解いている。たとえば、主演のドン役を[ リトル・ミス・サンシャイン ]のグレッグ・キニア。メキシコからの不法入国者のシルビア役には[ そして、ひと粒のひかり ]で主演だったカタリーナ・サンディノ・モレノが演じる。他にもチョイ役でイーサン・ホークやブルース・ウィルス、歌手のアヴリル・ラヴィーンが出演。マイナーっぽい作品にもかかわらず、このビックネームが揃うのはつねに野心的な作品 [ テープ ](01) [ ウェイキング・ライフ ](01) を手掛けるリチャード・リンクレイター監督だからだろう。

    個人的な感想だが、身体によくないとはわかっていてもハンバーガーってなかなかやめられず、ついつい手が伸びてしまう。だって安いし、手軽だし、おいしいもん。まさに中毒。仕組み(システム)から抜け出せないもの、結局はそういうことだろう。
    | 映画レビュー | 00:23 | comments(0) | trackbacks(9) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/741494
    トラックバック
    ど素人アフィリエイターが初月から稼げる無料レポートのアフィリエイトリンク書き換えについて
    ブログの右上に無料レポート(ド素人アフィリエイターでも初月からいきなり稼ぐ!TOPアフィリエイターのみぞ知るマル秘テクニク!!)にあるアフィリエイトリンク5箇所を書き換える為のブログパーツを用意しました。手順は、メールアドレス、名前を入力して アフィリリ
    | 無料商材情報局 | 2010/03/10 1:10 PM |
    ファーストフード・ネイション
    ファーストフード・ネイション デラックス版 日本でも連日食品安全の問題がメディアを賑わせているが、こちらは米国ハンバーガー業界の恐るべき実態が描かれている。毒餃子も事故米もメラミン入り菓子も、そして糞便が混入したハンバーガーの問題も、すべて問題の
    | しんいちろう茶屋BLOG | 2008/09/24 10:36 AM |
    ファーストフード・ネイション
     『世の中には 知らないほうが幸せなことが たくさんあるんだよ』  コチラの「ファーストフード・ネイション」は、エリック・シュローサーのベストセラーで、ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」にも大きな影響を与えたらしいノンフィクション「ファー
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/09/19 8:20 PM |
    ファーストフード・ネイション
    【FAST FOOD NATION】2008/02/16公開製作国:イギリス/アメリカ監督:リチャード・リンクレイター出演:グレッグ・キニア、イーサン・ホーク、パトリシア・アークエット、アヴリル・ラヴィーン、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ブルース・ウィリス 世の中には、知
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/09/18 12:54 PM |
    ファーストフード・ネイション
    Fast Food Nation(2006/アメリカ=イギリス)【DVD】 監督・脚本: リチャード・リンクレイター 出演:グレッグ・キニア/ポール・ダノ/クリス・クリストファーソン/パトリシア・アークエット/ウィルマー・バルデラマ/イーサン・ホーク/カタリーナ・サンディノ・
    | 小部屋日記 | 2008/09/07 8:44 AM |
    ようこそ、アメリカへ
    62「ファーストフード・ネイション」(アメリカ・イギリス)  アメリカの大手ハンバーガー・チェーン?ミッキーズ?では主力商品のビッグ・ワンの売行きも好調であった。しかし、自社の肉パテから糞便性大腸菌が検出され、事実が公になる前に原因を突き止めるため、マ
    | CINECHANの映画感想 | 2008/05/01 1:08 PM |
    【2008-78】ファーストフード・ネイション(FAST FOOD NATION)
    人気ブログランキングの順位は? 世の中には、 知らないほうが幸せなことが たくさんあるんだよ。
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/04/24 10:26 PM |
    『ファーストフード・ネイション』
    早い、ウマい、安い、を追求し続けた罪。 アメリカの大手ハンバーガー・チェーン「ミッキーズ」では、主力商品ビッグ・ワンの売れ行きが好調の中で、自社の肉パテに糞便性大腸菌が混入していたことが発覚・・・。ルポルタージュの「ファーストフードが世界を食い尽く
    | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2008/04/24 7:59 AM |
    28●ファーストフード・ネイション
    以前、こんな記事まで書いて楽しみにしていた、大好きな監督のリチャード・リンクレイター。東京ではレイトショー扱い。こんな秀作に対して、酷くありませんか〜。オーイ!
    | レザボアCATs | 2008/04/17 3:58 PM |