映画[ earthアース ]大変なのは地球だけ? | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 陰日向に咲く ]後悔が育くむ優しさ | main | 映画[ リアル鬼ごっこ ] >>
映画[ earthアース ]大変なのは地球だけ?
0
    映画[ アースearth ]を新宿オデヲン座で鑑賞。

    さぞや、オカンが観たら泣いて喜ぶだろう。
    大自然を扱ったドキュメンタリーは、ほんと好きですから。
    僕が子供の頃、テレビで野生動物や生物が登場する[ 野生の王国 ]というのをやっていた。それが放送される時は、彼女は決してわが子にもチャンネルを譲らなかった親ですから。しかし、本作のように一娯楽として観ていられないほど、地球の自然は様変わりしつつある。もちろん、最悪な状況に。


    米アカデミー賞俳優である渡辺謙のナレーションで本作はスタートする。
    舞台は、北極。生き物がほとんどいない白銀の地に、冬を雪の下で過ごしたホッキョクグマの親子が目覚め、顔を出す。親の足元でじゃれあうコグマというなんとものどかな風景が・・・・・、しばらくすると解けてゆく氷に往生しつつ餌をもとめさまようという過酷なシーンへと変容していく。1980年以来、25年間でホッキョクグマの聖地に足を踏み入れた人間はいない中、これは撮影に成功した。

    ・・・そして場面は、カナダの大地を走る300万頭のトナカイの群れの映像へとかわる。牧草を求めて約3200キロの旅をする彼らを餌食にすべしと、ホッキョクオオカミが群れへと忍び寄る・・・。超望遠レンズにより世界ではじめてホッキョクオオカミの狩りの一部始終がおさめられたシーンだ。しかし、これもまた途中で、場面が切り替わり北極点から2900キロの「地球の樹木限界線」といわれる地球上の3分の1の樹木を有するタイガというエリアが映しだされる。この樹木のおかげで春、雪解けの後、世界中の酸素濃度が一挙に上昇する貴重な自然だ。もしこの樹木がなくなってしまったら・・・われわれは一体どうなるのか。そんなことも考えてしまうシークエンスだ。

    北極からスタートしたこの物語は、地球上で、今まで決して撮れなかったであろう映像を連綿して南極まで縦断し、生命の神秘や奇跡を我々に見せてくれる。そこには、楽園の鳥たちのように快適な環境のもと、優雅で楽しい暮らしを送っているものがいたり、変わりつつある環境に適応できずに死を余儀なくされたものまで、登場する。

    壮大なスケール感はもちろん、それを命がけで撮り続けていたカメラマンたちの勇気ある行動と、そこまでして伝えねばならないという深刻な現状には、いい意味だけでなく悪い意味でも心を揺さぶらざるをえない。

    特に衝撃的なのは、冒頭とエンディングで1つのストーリーとして繋がるホッキョクグマが息絶えるシークエンスだ。食糧であるセイウチを目の前にしながら、体力が持たずに捕まえことができずに、ひとり餓死してしまう。ホッキョクグマの死は、天災ではなくまさに人災である。氷さえ解けなければ、もっと楽に狩りができていたものを。これを観た多くの人は、今すぐの深刻さは感じないものの安穏と暮らせる時代ではないと思うはずだ。

    そして僕は、ホッキョクグマが自分(日本人)とだぶってみえてしかたがなかった。やれ増税だの、原油高騰だの、自己責任という名のもとで加速する自由競争、個性重視教育という名のエリート教育などなど。格差社会は広がり、力なきものは死するのみ。すべては悲観的に考えずともいいだろうが、いまや動物も人も、生きづらい世の中なのは確かです。この映画を観ると、気持ちがどんより落ち込むかもしれませんのでご注意を。
    | 映画(ドキュメンタリー) | 01:28 | comments(0) | trackbacks(12) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/728638
    トラックバック
    『アース』を観たぞ〜!
    『アース』を観ました英国BBCが5年の歳月を掛けて撮り溜めてきた貴重な映像で綴るネイチャードキュメンタリーです>>『アース』関連原題: EARTHジャンル: ドキュメンタリー製作年・製作国: 2003年・ドイツ/イギリス上映時間: 96分監督・脚本: アラステア・フ
    | おきらく楽天 映画生活 | 2009/04/16 8:19 AM |
    「アース」
    アース プレミアム・エディション(2枚組)ギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 海洋ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」を大ヒットさせた英国BBCが、今度は対象を 地球全体に広げ、再び徹底的に映像重視のコンセプトで大自然の驚異を捉えた
    | 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/07/07 7:17 AM |
    『アース』
    ネイチャー・ドキュメンタリー『アース』。NHKでやってたという話の「プラネットアース」という番組を知らない状態で観に行った自分にとっては大自然の映像を大きなスクリーンで楽しめたってことだけで十分魅力的な時間でした。 砂漠の景色の自然的な美しさ、砂漠を多
    | cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/05/13 11:47 PM |
    北極から南極まで旅しよう
    27「アース earth」(ドイツ・イギリス)  50万年前、地球に巨大な隕石が衝突した。その影響で地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。しかし、この傾きによって地球には四季の移ろい、寒暖の差、そして生命が生み出されることとなる。  この地球を、北極
    | CINECHANの映画感想 | 2008/03/22 1:24 PM |
    「アース」を観てきました
    2007年、ドイツ・イギリス、2008年1月公開 監督:アラステア・フォザーギル
    | 銀の森のゴブリン | 2008/03/03 6:27 PM |
    【2008-9】アース(earth)
    人気ブログランキングの順位は? 地球──46億歳。 神秘と美しさに溢れる 未体験のスペクタクル 地球、公開。
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/03/02 11:12 PM |
    アース
    生物にあふれた美しい地球の姿を捉えたドキュメンタリー。 50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突しました。そのために、地球の地軸は23.5度傾き、そのために、地球には四季のうつろい、寒暖の差が生まれ、多様な生命が生み出されることになったのです。現在の地
    | 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2008/02/28 11:56 PM |
    アース EARTH/46億歳の地球とその子供たち
    何でも近年はドキュメンタリー映画が興行的に当たるようになったんだそうで、この「アース」もドキュメンタリー作品としては今までに例がないくらいの大々的な宣伝をしていて、情報番組でちょくちょく取り上げられ紹介されてましたね。さらには保護者同伴の子供は料金50
    | カノンな日々 | 2008/02/28 11:30 AM |
    アース Earth
    「観たい」というよりも「観ておくべき」だろうな、という感じで「アース 」を選択。 「UCとしまえん 」は、かなり人は多い感じ。 「アース 」も、大きめのスクリーンで3〜4割。 子供が500円で観られるせいか、子供づれが多い。 【スト
    | いい加減社長の日記 | 2008/02/28 11:10 AM |
    アース
    地球が大好きだ!!
    | Akira's VOICE | 2008/02/28 10:56 AM |
    アース
     『主演:46億歳、地球。 奇跡の星の、見たこともないドラマを体感する究極のノンフィクション。』  コチラの「アース」は、1/12公開となった"「ディープ・ブルー」「プラネットアース」のBBCが贈るかつてない命の旅"なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/02/28 10:37 AM |
    アース
    ナヌーは助けにこないのか?
    | ネタバレ映画館 | 2008/02/28 9:36 AM |