映画[ 全然大丈夫 ]人生には、憩いが必要だ | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ やわらかい手 ]おばあちゃんの冒険譚 | main | 映画[ 陰日向に咲く ]後悔が育くむ優しさ >>
映画[ 全然大丈夫 ]人生には、憩いが必要だ
0
    映画[ 全然大丈夫 ]を渋谷シネマクイントで鑑賞。

    たたずんでいるだけで、キョーレツな存在感がある超個性派俳優、荒川良々、初主演の本作。いつも脇役ばかりで、物足りなさを感じていた僕にとっては何はともあれ、観るっきゃないということで、渋谷へ行って参りました。

    本作は、脇を固めるキャストも岡田義徳、木村佳乃、ココリコの田中直樹、白石加代子、きたろう、杉村蝉之介、江口のりこなど良々に負けずおとらず個性的な俳優ぞろい。ただならぬゆるさと、情けなき滑稽さと、そこはかとない哀しみ・・・、でも最後には心がほっこりとする映画になっております。

    人を怖がらせることが三度の飯より好きな古本屋の長男、照男(荒川良々)と、清掃会社に勤めるお人好しのサラリーマン、久信(岡田義徳)は、気ごころの知れた幼なじみ同士。休日にはたわいのないホラーごっこに興じたり気ままに過ごしてきた彼らは、最近何となく人生の壁にぶつかっているような気がして、自分たちのゆるい現状にちょっぴり不安を抱き始めている。もうすぐ30歳だというのに大人になりきれない彼らのまえに、あかり(木村佳乃)という胸ときめく女性がひょっこりと現れて・・・・(パンフレットより)


    何が面白いって、主要な登場人物たちのキャラがとてつもなく変なのだ。
    荒川良々演じる照男は、人を怖がらせることが三度の飯より好きで、自身の顔をしたエイリアンやゴジラ系のフィギィアが部屋の中に所狭しと置かれている。友達の久信も度が過ぎるほどのお人好し。会社では上の立場でスタッフのマネジメントを任されているにもかかわらず、厳しいことが言えず、ついつい許してしまう。きわめつけが、ヒロインのあかり。日課がホームレスのヌーさん(白石加代子)の日常を描くことで、チクワが主食。そして衝撃的なまでに手先が不器用。そのうえ、古本屋を営む照男のオトン英太郎(蟹江敬三)は、ふらりといずこへと旅に出てしまうし・・・。

    変キャラの彼らがいるだけで、たいしたことも起きないのに、観ている僕らは非日常な毎日を観ているような錯覚に陥ってしまう。一方ではいざ事件か!話が展開するか!と思えるようなシーンがあっても、ストーリーは思ったような転がり方をせず、平平凡凡な日常が描かれるだけ。
    例えば・・・お化け屋敷計画を立ち上げようと本腰を入れた照男は、初の企画書を作ってまで資金提供を申し込んだ大富豪の叔父(小倉一郎) に“熱いものが伝わってこない”と一蹴されてしまう。よおし、ここからふんばって一から取り組今までにない新たな彼の一面が垣間見られるのかと思いきや・・・意外にも変わらぬ彼の姿が続くだけ。なんだか肩透かしをくらったような、オフ・ビートな展開である。本作は、このように突拍子もないキャラクターと、変化のないプロットが相互に補完しあいながらストーリーがすすんでいくのだ。

    だからといって照男や久信は、決してノー天気に過ごしているわけではなく、そこには、このままでいいのかという焦燥感や、友人同士でケンカをすることで生まれる苛立ち、そして好きな人に彼氏ができて感じる寂しさや切なさなど、僕たちが日常感じているようなことが・・・あり、そしてそれらをチャラにしてくれるようなことも、決しておきない。まさに僕たちの日常がそうであるように、主人公の二人もそれらと折り合いをつけながらいきているのだ。

    最後に、照男や久信があかりと、彼女の恋人の湯原(田中直樹)の家へ訪れて興じる、絵でつなぐしりとりが、ほのぼのとして、心あったまる。
    そう、僕たちはそんな一時にシアワセを実感しているように。
    たぶん日々、時間に追われるような多忙な方には、ひじょーに物足りない映画だろう。
    でも終わったことには、なぜか主人公たちにキョーカンしている自分に気付くはず。
    それが憩いなんでしょうね。
    人生には、力を抜く時期が必要なんですよ。やっぱり。
    ぜひ本作で憩(いこ)いまくっちゃってください。
    | - | 00:55 | comments(2) | trackbacks(8) |
    コメント
    Agehaさんへ
    毎度毎度、すみません。
    僕からはTBできるのに。

    ところで、本作みんな愛すべきキャラでしたね。
    ほんとにほっこりしちゃいますね。これ。
    | アロハ坊主 | 2008/03/06 10:20 AM |
    思い通りには物事は進まず、
    一応あせりやちっちゃな憤りはあるものの
    そのわりには話は淡々とすすんでいく。
    盛り上がりはない。
    どうかすると自分たちの日常がそこにあるかのようなデジャヴにとりつかれて
    時折眠くなる(わわわわわ)

    でもなんていうのかな〜、
    よくこれだけ変キャラ集めたよな〜と(笑)
    もう登場人物のどうしようもない個性に
    笑っちゃうのな、きっと。

    救いようのない不器用さも
    そこまでせんでもええお人よしも
    「コメのうた」も
    とにかく細かい笑いがちりばめられた
    みんなで憩っちゃおう作品でした。(え)

    http://cyberdoll.seesaa.net/article/87113200.html
    PS:どーしてTBが入らないんでしょ〜〜〜(泣)
    | Ageha | 2008/03/05 1:21 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/727709
    トラックバック
    『全然大丈夫』'08・日
    あらすじ古本屋の長男で植木職人の照男は人を怖がらせることが好きな29歳。照男の幼馴染みの久信は、30歳を目前にして自分の仕事に自信を持てずに悩んでいた。ある時、久信の職場にアルバイトの女性あかりが入ってくるが、あまりの不器用さに・・・。感想全然大丈夫
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/04/27 7:39 AM |
    DVD『全然大丈夫』  
    全然大丈夫 [DVD] (2007/日本) 29歳の植木職人照男の趣味は、人を脅かして楽しむこと。だが幼なじみでサラリーマンの久信に、いい年をして悪趣味だと非難されケンカになる。そんな折、久信は仕事の面接であかりという女性を採用するが、あまりの不器用さですぐに
    | みかんのReading Diary♪ | 2009/01/11 1:05 AM |
    「全然大丈夫」 バカとゴッホ!!
    “好きなもの”に囲まれて、“好きなこと”で生計たてて、“好きなもん”趣味のあう伴侶と巡り合う。 これって理想的なオタクの半生ですな。 その“好きなもの”の世間の認知度が低かったり浸透度が低かったりすると、その同士に出会う確立は低くなってしまうわけで、さ
    | 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 | 2008/03/05 8:18 PM |
    【2008-49】全然大丈夫
    人気ブログランキングの順位は? 憩いまくりたい人々に贈る、 恋のユル騒ぎムービー 勝たないでシアワセになる方法、教えます
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/03/04 11:18 PM |
    全然大丈夫
    まったくもって 丈夫じゃないから 大丈夫  たまたま全然大丈夫って、そう思いたいこともあり、この「全然大丈夫」の言葉に引きずられ、映画館へ。正直言って、全然大丈夫なわけないんだけれど、全然大丈夫じゃなければならないことって、あるもんだ。もちろん、
    | 空想俳人日記 | 2008/03/01 11:09 PM |
    『全然大丈夫』
    □作品オフィシャルサイト 「全然大丈夫」□監督・脚本 藤田容介 □キャスト 荒川良々、木村佳乃、岡田義徳、田中直樹、蟹江敬三、きたろう ■鑑賞日 2月9日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> エレベーターの
    | 京の昼寝〜♪ | 2008/02/27 8:08 AM |
    全然大丈夫:お前ら本当に大丈夫か? シネクイント
    出演が荒川良々と岡田義徳だから笑えると思っていたが、予想以上に笑えた。 木村佳乃はいい女だったなあ。まさかあいつに持って行かれるとは、くやしい思いをしたよ。 タイトル:全然大丈夫 監督・脚本:藤田容介 出演:荒川良々/木村佳乃/岡田義徳/田中直樹/江口の
    | 気ままに映画日記☆ | 2008/02/26 2:05 PM |
    映画『全然大丈夫』
    【2月23日特記】 映画『全然大丈夫』を観てきた。 映画館に置いてあったチラシでこの映画を知って以来ずっと待ち焦がれていたのだが、関西でも漸く本日初日である。 僕としては珍しく割と間際に映画館に行って
    | trivialities | 2008/02/24 11:32 AM |