CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< コミック[ 日本の実話 ] | main | 映画[ エコール ]無遠慮で、好奇な視線にさらされる少女たち >>
映画[ ALWAYS 続・三丁目の夕日 ]3人で見る夕日だから、美しいんだ
0
    映画[ ALWAYS 続・三丁目の夕日 ]を新宿で鑑賞。

    日本アカデミー賞を総ナメにした前作[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]。
    思えばレビューで、この作品を絶賛していたんだっけ。・・・ということでシリーズ2作目もやっぱり観ました。泣かせどころは、ある程度予測はついていたし、そこに至るまでの展開(パターン)も前回とさほど変わらぬだろうと思っていた。にもかかわず、やっぱり泣けちゃうんだよな。これが。それに加えて、今回は監督と脚本家のしたたなメッセージがかいまみられた。監督×脚本は前作に引き続き山崎貴と古沢良太が担当している。
    続三丁目の夕陽 続3丁目の
    本作は、ロングランヒットになった[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]から4か月後、昭和34年春からの三丁目に住む人々の物語。東京オリンピックの開催決定と同時に、高度経済成長へ日本が足を踏み入れようとした時代。世の中は景気がよくなり世の人々も潤い出しても、ココに住む人々は変わらない。

    前作では、高度経済成長期に入って、無くなり変わりつつあるものと
    時代が変わっても無くならないもの。この対比によって、
    利便性や裕福さよりも大事なものがあることを訴えていた。

    親が事業を失敗したことで一平(小清水一揮 )のはとこ、鈴木美加(小池彩夢)が鈴木オートにやってきたり、古行淳之介(須賀健太)と一緒に暮らすために、売れない小説家・茶川竜之介(吉岡秀隆)が、一念発起で芥川賞を目指すことになるなど、今回は“お金(収入)”というシビアな現実が話の中心となっている。住む世界が違うということで、自らの身を退こうとするヒロミ(小雪)の姿にもまた、同様の切実な理由があったりするのだ・・。

    またこの対比以外にも、[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]シリーズには竜之介は古行淳之介とヒロミ、さらに鈴木オートには六ちゃん(堀北真希)そして新たに加わった鈴木美加という、つねに疑似家族が描かれているのも、血のつながった家族以上の、お金ではかえない“幸せ”(大切な何か)がそこには生まれ、存在する。親や子、そして兄弟を殺すようなこの時代だからこそ、強いメッセージとなるのかもしれない。

    そして大団円、茶川の作品が芥川賞の最終選考まで残り、結果発表を四丁目の人々らと待つシーンは、それまでの点が線となり、一気に爽快なカタルシスを感じさせてくれる。

    鈴木則文(堤真一)らがいった「泣ける物語で何が悪い!」で・・・・僕は不覚にも涙してしまった。と同時に、これは製作者が本作を肯定するための、いやもっといえば、確信犯として“本作こそが邦画でナンバーワンだ”というのを観客へ声高に叫んでいるように見えたのだ。

    最近、邦画はこの手のノスタルジーを全面に出した“泣かせる映画”が主流となりつつある。観客は、正直またかという思いが強い。そんな時流の中で、創られた第2弾。脚本家は[ キサラギ ]の古沢良太だし・・・。これで前作[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]が、無冠であればいうことなしだったが。本作ほどこの川渕康成(小日向文世)の言葉が当てはまる作品もないだろう。「実に君らしい。でも人生は決してハッピーエンドで終わる訳じゃない」と。

    冒頭の東京タワーをぶっ壊すゴジラの足元を猛スピードで爆走する鈴木が運転する三輪モーターや、羽田空港で、大空に飛び立つ飛行機を見上げる光景など、VFXによる映像のスケール感がグレードアップしているのもさることながら、本作は道路からゆっくり茶川の家に入っていき、茶川がちゃぶ台で小説の執筆活動に勤しんでいるシーンをカメラが捉えるなど、前作に比べ長まわしを多く用いたもの、第2弾としてはよろしかったのでは。邪推を抱かせつつも、感涙させるんだから、やっぱたいしたもんだ。

    観ようと思う人は、ぜひ前作を観てからお臨みくだされ。
    | - | 00:17 | comments(0) | trackbacks(10) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    【ALWAYS 続・三丁目の夕日】
    ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督: 山崎貴 出演: 吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希、須賀健太 公開: 2007年11月 2年前に公...
    | 映画@見取り八段 | 2009/10/03 11:18 PM |
    【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感?
    そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃん
    | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2008/12/02 8:51 PM |
    ALWAYS 続・三丁目の夕日−(映画:2008年43本目)−
    監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた泣いた。 一人で自室にこもって鼻をグスグズ言わせながら。 前作終了時点から4ヵ月後の昭和34年(1
    | デコ親父はいつも減量中 | 2008/06/14 7:54 AM |
    【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日
    人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/01/19 3:36 PM |
    ★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
    今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし
    | ひらりん的映画ブログ | 2008/01/10 11:35 PM |
    ALWAYS 続・三丁目の夕日 観てきました
     みなさんの映画ブログの中で、2005年観て良かったランキング(自分調べ)でベスト5以内に入れている人がほとんどだった「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。
    | よしなしごと | 2008/01/10 7:10 PM |
    『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
    監督:山崎貴  CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかり...
    | Sweet*Days** | 2008/01/10 11:09 AM |
    ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館)
    昭和34年、日本の空は広かった。
    | ひるめし。 | 2008/01/10 10:59 AM |
    ALWAYS 続・三丁目の夕日
    良い話やけど,印象は大味。
    | Akira's VOICE | 2008/01/10 10:19 AM |
    夕日が目に沁みるぜ
    315「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(日本)  昭和34年春。オリンピック開催も決定し、高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた日本。  夕日町三丁目の鈴木オートも取引先が増え、軌道に乗ってきていた。そんな鈴木家に則文の親戚の娘、美加がやって
    | CINECHANの映画感想 | 2008/01/10 1:18 AM |