アニメ[ ストレンヂア 無皇刃譚 ]時代劇アニメ、男たちの絆 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 神無月シネマ(2007) | main | 映画[ M ]・・・日常は何事もなかったかのように、過ぎていく >>
アニメ[ ストレンヂア 無皇刃譚 ]時代劇アニメ、男たちの絆
0
    アニメ[ ストレンヂア 無皇刃譚 ]をテアトル新宿で鑑賞。

    今までは「血の通わんものに、何をそんなに感動するものが・・・あるというのか」という、喰わず嫌い特有の偏見により、ピンク映画は観てもアニメはほとんど観ていませんでした・・・。それを反省して、今年は今までになくアニメ映画を精力的に観ている。 [ ベクシル 2077日本鎖国 ] [ 河童のクゥと夏休み ] [ エヴァンゲリコヲン新劇場版・序 ]そして本作の[ ストレンヂア 無皇刃譚 ]。
    SWORD OF THE STRANGER ストレンジア 名なし

    ときは、戦国時代。
    少年・仔太郎は禅僧の祥庵に連れられ、中国より日本へやってきた。しかしなぜか明国の謎の武装集団に襲われて祥庵と離ればなれとなり、愛犬の飛丸と共に旅をしていた。そんなある日、ねぐらの廃寺で、仔太郎は自らの刀を封印した不思議な浪人・名無しと出会う。そして出会いの直後に再びやってきた明の刺客の襲撃を、名無しが撃退。これをきっかけに、仔太郎と名無しは旅の道中を共にすることになるのだが……。(gooより)


    ガキの時は、[ サスケ ] [ カムイ伝 ]などの忍者アニメをよく観ていたが、「時代劇アニメ」なんて、これまた観たことも聞いたこともなかったのでいささか不安。いくらかの荒唐無稽ぶりはあるもののサスペンスのような複雑で、重層的なプロットではなく、シンプルなものだろう。それゆえ見所は実写ではできないアニメだから可能な、疾走感をいかに表現できているかだな―――なんて、勝手に見どころを想定して、鑑賞に臨みました。

    ―――期待していたスピード感、ありましたねえ。特に、剣戟アクションといわれるチャンバラシーン。でも意外とスピードだけでなく、実写ではできない臨場感や空気感を出すための工夫がいたるところでなされているようだ。

    主人公、名無し(声:長瀬智也)と明の刺客、羅狼(声:山寺宏一)との1R目の戦いは、橋の上でスタートするが、今から死ぬか生きるかの戦いの時に、橋の下では男がのんびり釣り糸を垂れている。これは、決闘シーンとしてとても画になる。見所と思われる場面では、こんなふうに前後(左右)の空間だけでなく、上下での空間(動き)を効果的に活用して、広さのある画を作り出している。クライマックスの殺陣シーンも、平屋の広大な武家屋敷(平面移動)での剣戟アクションから巨大な祭儀場での戦い(上下移動)へ変化していく。

    臨場感でいえば、主観的なカメラワークを用いたアニメ作画はちょっと驚きである。(パンフレットに解説がのっていた)羅狼とのタイマン勝負で、主人公、名無しが腹を蹴られて一瞬だけ姿勢を崩し、後ずさりするシーンがある。その時、踏みしめた雪が画面いっぱいに拡散して、名無しが下がると同時に、視点も一緒に後退するというカメラワークで描かれているのだ。他にもカメラの中心を1コマ単位でずらして、手ぶれカメラ風の映像を表現したりと・・・。

    “錯覚を利用したリアリティ”とでもいうのだろうか。
    こうして知ると、なるほど、アニメの奥深さを痛感してしまう。



    立身出世をもくろむ武士や宦官、不老不死という大いなる欲望を抱く皇帝。
    その一方で、自分の信じるもののために生きている名無しや少年・仔太郎、羅狼。羅狼にとっては“剣の力”であり、名無しや少年・仔太郎らにとっては“友情”なのだろう。

    副題の「無皇刃譚」(むこうはだん)とは、国を統一する“皇”なき時代(戦国時代)のこと。何を信じて生きていけばよいかわからぬ時だからこそ、社会からはみ出した男たち、羅狼や名無しのようなシンプルな生き方こそが大事だったりする。組織で生きるもの、それ以外のものという見方をすれば、現代社会で生きる者たちにも意外と通ずるのではないだろうか・・。

    声優、初挑戦のTOKIOの長瀬智也。ドラマではつねに過剰なキャラが彼の魅力となっていて、ある時は熱血派、またあるときは感情派の馬鹿キャラにもなれる、役者としては稀有な存在である。しかし声優では、その過剰さが一変。かなり抑制を効かせて、主人公・名無しの影のある流れ者を見事に作り上げていた。

    男だらけで、非常にむさ苦しい物語だった。しかし、それが西部劇テイストと交じり合って時代劇という枠におさまらない荒唐無稽な世界が表現されてよかったんじゃないでしょうか。アニメというイリュージョン、なかなか楽しめます。ちとハマりそうです。
    | 映画(アニメ) | 23:22 | comments(0) | trackbacks(6) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/693512
    トラックバック
    ストレンヂア
    試写会に行ってきました。 天下を統べる者を失い、 力ある者も野盗に堕して無法が横行する戦乱の時代。 身寄りを亡くした天涯孤独な少年・仔太郎は、 はるか中国大陸から海を渡ってきた謎の武装集団に追われていた。 一味の中でも異彩を放つ金髪碧眼の剣士・羅狼
    | 映画、言いたい放題! | 2007/11/04 11:02 PM |
    【2007-140】ストレンヂア −無皇刃譚−(SWORD OF THE STRANGER)
    人気ブログランキングの順位は? 刀を封じた男 最強を求める剣士 選ばれし少年 誰がために斬るのか。 男たちは、斬るために生きる 理由<わけ>は要らぬ お前との絆さえあれば!
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/11/04 4:03 PM |
    『ストレンヂア -無皇刃譚-』
    感動度[:ハート:]         2007/09/29公開  (公式サイト) 映像度[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】安藤真裕 【脚本】高山文彦 【原作】BONES 【映倫】PG-12 【時間】102分 【出演】 長瀬智也/知念侑李/
    | アンディの日記 シネマ版 | 2007/11/03 12:56 PM |
    ストレンヂア
    ★★★☆  平安時代か鎌倉時代か、しかし鉄砲があるところをみると、もっとあとの時代なのか。余り時代考証にはこだわりがなさそうだが、とにかく戦乱の時代劇というところか。 はじめ少年仔太郎は、もしかして女の子ではと思った。だが入浴シーンで、男の子であるこ
    | ケントのたそがれ劇場 | 2007/11/02 2:40 PM |
    『ストレンヂア 無皇刃譚』
    ----あれれ、またアニメだ。 ん?これって時代劇みたいだニャあ。 「うん。時代は乱世。 しかも中国の明朝まで絡むと言うから、 あまり最近では見かけないタイプだね」 ----でも、売りはアクションなんでしょ? 「そう。斬って斬って斬りまくる日本刀アクション。 この
    | ラムの大通り | 2007/11/02 9:30 AM |
    歌姫
    「熱い男の魂の唄!甦る一片の記憶」ドラマ「歌姫」長瀬智也 主演
    | 歌姫 | 2007/11/02 12:57 AM |