CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 百年恋歌 ]孤独ではなく愛 | main | 映画[ そんな無茶な! ]無茶こそ、映画の面白さであり醍醐味なのだ! >>
映画[ 選挙 ]切手コイン商から市議会議員へ、大転身
1
映画[ 選挙 ]をシアター・イメージフォーラムで鑑賞。

今年のドキュメンタリー映画の中では、一番注目していた作品だ。
川崎市市議会議員の補欠選挙で、今回初出馬する主人公・山内さんと相田監督が観た、日本の選挙の裏側が克明に描かれている。

日本国民としては最低だが、僕は政治なんて、くそくらえと思っている人なので“選挙”なんてものには、ほとんど興味がない。しかしこんな僕にでも、本作は“面白く”最後まで釘づけだった。それは、間違いなく主人公である山内和彦さんの人間性によるところが大きいだろう。ほとんど縁もゆかりもないこの選挙区で、そして旧態依然とした日本型組織構造の“自民党”の中で、(ある意味で)孤軍奮闘している彼の姿を見れば応援せずには、いられないのだ。

主人公の山内和彦氏が出馬したのは、2005年秋。小泉劇場まっただなか。通称“山さん”と呼ばれる彼の経歴は面白い。気象大学校、信州大学を中退して東大に入り、卒業後は切手コイン商を営んで生計を立てていた。自由奔放な性格で、鉄道と旅と猫が大好き。座右の銘は、「明日は明日の風が吹く」「たいていの無理は何とかなる」「他力本願」だという。彼のバックグラウンドを知れば知るほど、政治家になろうとする彼の真意がますますわからなくなってくる。インタビュー記事を読むと、彼は小泉首相の大ファンだったようだ。ある時、自民党から突然「川崎市議会選挙の公募に応募しないか」という誘いを受け、応募した。

しかし、いざやってみると選挙とは過酷な仕事だ。政治家になれるかどうかわからないのに、毎日毎日おじぎをし、しまいには電柱にまで。そして幾多の人たちと握手をかわし、いつの間にかケンタのカーネルサンダースにまで手を差し伸べている。党の関係者からは「何をやっても、何をやらなくても怒られ」っぱなし。「敵は、民主党や社会党ではなく、自民党にあり」って感じ。でも、山さんは意外とタフなのだ。怒られてもムーディ勝山なみに“右から左へ受け流し”、たんたんと対処していく。彼には妻がいて、選挙運動途中から彼女も参加する。この奥さんが献身的で、よくできた人なのだ。山さんががんばれるのも、彼女がいるからこそだろう。

選挙日が近づくにつれ、支援者や関係者が増え、彼らに対する苦言ばかりの毎日。支援者や関係者は、“俺らがいてお前は当選できるんや”としか思っていない。でも事実、そうだからしかたがないが・・・。自民党は保守政党だけあって、体育会より上下関係に厳しく硬直した組織のようだ。その代り、逆に統率力があるので、選挙活動には適している。山さんのような考えの人が、はたしてこんな組織でやっていけるのか。途中から当選よりも、そんなことが気がかりになってしまう。

すると劇中、山さんの慰労会のようなものが大学時代の旧友が集まりで、彼の本音がいろいろと飛び出すのだが、これが意外にも普段とは違う彼の一面が垣間見られる。なぜ政治家を目指そうと思ったのか?自民党組織をどう思うかなど。日常の政治一年生のアホな役回りとは異なる、実にしたたかな考えを持っているのだ。今までに修羅場も数多く体験してきたかような山さんの物言いを聞くと、安心する。

観終わって山さんは政治家としてやっていけることを確信した。なぜなら、したたかさだけでなく彼にはどんな逆境も乗り越えていける楽天性を持っているのだ。

僕にとっては本作は政治映画としては観れなかった。
やっぱり相田監督がフォーカスした人にどうしても目がいってしまう。
途中から、主人公に感情移入したのも原因だとは思う。でも、それでいいんだろうな。この映画は。相田監督自身もいっていた「本作は観察映画であると・・・」。だからこそ、客におもねるような音楽やTVに使うテロップは一切排除し、そしてナレーションもない。すべての解釈は、観客に。

なので、政治なんて・・・俺には関係ねえ・・と、海パン1枚でこぶしを振り下ろしているあなたには、ぜひ観てほしい。そんな1作です。
| - | 00:54 | comments(2) | trackbacks(2) |
コメント
Biancaさんへ
コメントありがとうございます。

年金は、将来のためちょっとはあてにしているので、くそくらえなんて思ってませんよ。
国民の不安が払拭されるように、早く制度を
整えてほしいとウォッチをしている次第です。

>LINKしていらっしゃる映画館の半分以上に私、見覚えがありません。
東京を出て10年になろうとしているのだから当たり前でしょうか。

僕も東京に出てきたのが、8年前。
そのときには、LINKしている映画館はあったので
名前が変わっただけかもしれません。
ちなみに、その当時なかったのが、
・渋谷Q-AXシネマ
・渋谷アミューズCQN/シネアミューズ
・新宿ガーデンシネマです。

あと、3年もすればガラリと映画館のラインナップも
変わっているでしょうね。
| アロハ坊主 | 2007/12/07 11:02 AM |
アロハさん、こんにちわ。
選挙なんぞクソ食らえ。そういうあなたは年金制度なんぞクソッ食らえでもあるのでしょうか?それはさておき、LINKしていらっしゃる映画館の半分以上に私、見覚えがありません。東京を出て10年になろうとしているのだから当たり前でしょうか。
| Bianca | 2007/12/06 11:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
【映画】選挙
2007年 日・米 監督 想田和弘 出演 山内和彦 小泉純一郎 鑑賞@第七芸術劇場 120分 身近な風景も、映画を通して見ると、新たな発見がある。客観化ということだろうか。山内和彦さん(当時40歳)は2005年川崎市議補欠選挙に応募し、自民党公認で立候補した。居住
| しづのをだまき | 2007/11/03 3:28 PM |
【2007-96】選挙(Campaign)
人気ブログランキングの順位は? ニッポンの民主主義を大解剖 これを観ずに選挙に行けるか?!
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/10/04 11:35 PM |