映画[ HERO ]変わらぬ思い | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< おとうさん、おめでとさん! | main | 映画[ 酔いどれ詩人になるまえに ]ろくでなしだよ、マット・ディロン >>
映画[ HERO ]変わらぬ思い
0
    映画[ HERO ]を吉祥寺で鑑賞。

    先日、犬童一心監督が、ある映画のトークショーで
    「映画の制作委員会の面々は、お客様に払っていただいたお金に対して、
    わかりやすいカタチで応えようと考える。それが、感動であったり、
    泣けるコンテンツであったりするのだ。現在の映画では、至極まっとうなやり方かもしれない」

    まさに本作は、そんな考えを地でいく典型的な作品である。
    フジテレビらしい、熱くて泣ける映画なのです。
    キムタク演じる「中卒」の「スーツを着ない」型破りな検事、久利生公平が
    6年ぶりに東京地検城西支部に戻ってくるところがこのストーリーは始まる。

    理想と現実。この言葉を身にしみるほど痛感するのは、やはり仕事を始め出した時だろう。こんな世の中にできるなら、自分にこんなことができるなら・・・、そんな想いを携えて、若者たちは、会社を、そして仕事を選ぶわけですよ。でも、いざ職に就くと、想像を絶するような、理不尽な環境だったり、泥臭い仕事だったり、上司のご機嫌うかがいことが日課になったりと、入社前の意気込みとは180度違うことに気づくわけだ。

    現実の検察官や弁護士も、(たぶん)自分の給料分を稼ぐために、検察官でもよっぽどの売れっ子でもない限り5つも6つも裁判をかけもって仕事をこなしていくのが普通だろう。「被告人に、罪の重さを知ってもらうために時間をかけて、本人が悔いるまでつきあう」というのが検察官としてはある意味正しい姿だと思う。でも、1つの事件にかかりっきりになるなんて、そんなことは現実ではできっこない。
    蒲生弁護士(松本幸四郎)が証拠をつきつけ、裁判官が「検察官はいかがですか?」と言ったときに、久利生検事は「・・・特にありません」と答えるが、これも現実なら例え、心の中で納得していても、反論をするはずである。

    本作で、描かれていることは皆が思い描いている理想である。でも、この理想を求めてきた人にとっては、心の琴線にふれるかもしれないという気がした。何十年と、思い続けてきた夢。現実では到底叶えられないないからこそ・・・。現実には得られないものを憂い、悔恨し涙する。

    6年という、子馬が種馬になっちゃうほどの年月<by雨宮(松たか子)>を通して、昔と変わらぬ思いを持ち続けていたのは、久利生公平と雨宮舞子(松たか子)だけだった。雨宮の変わらぬ思いとは、もちろん久利生公平への一途な愛。オイラは久利生より、本当は雨宮の一途ぶりに遠い昔の甘酸っぱい記憶を思い出しちまったなあ。
    | - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(4) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/684156
    トラックバック
    【2007-128】HERO
    人気ブログランキングの順位は? 証言を覆された小さな事件 国家を揺るがす大きな事件 揺るぎない1つの真実 久利生公平 最大の危機
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/10/02 1:11 AM |
    あんぱんち出演・映画『HERO』の舞台挨拶には行けなかったので、ゴールドクラスで見てきた(爆)
    「ないよっ!」舞台挨拶チケットが取れなかった (;>_<;)ビェェン徹夜でチケぴに並ぶ予定が体調不良で断念。電話を片手に朝10時前からPC前でスタンバイするも、つながらずw10万とか6万もポンと出せる富裕層のキムタクファン。最低でも3万って・・・手も足も出
    | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2007/10/01 11:49 PM |
    ジャスティスが手にする秤
    241「HERO」(日本)  東京地検、城西支部の検事・久利生公平は、同僚の芝山検事が起訴した事件の裁判を任される。それはある傷害致死事件。容疑者が犯行を認めている簡単な事件のはずだったが、初公判で一転無罪を主張する。被告・梅林の弁護には刑事事件無罪
    | CINECHANの映画感想 | 2007/09/29 11:59 PM |
    『 HERO 』
    映画 『  HERO 』 [劇場鑑賞] 2007年:日本【2007年9月8日公開】[ 上映劇場  ] 監督:鈴木雅之 脚本:福田靖 【キャスト】 木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛 勝村政信 小日向文世 八嶋智人 角野卓造 児玉清 森田一義 中井貴一 イ・
    | やっぱり邦画好き… | 2007/09/29 7:26 PM |