映画[ ワルボロ ]ワルくて、ボロい、ツッパリたち | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< 映画[ リトル・チルドレン ]オトナになりきれない大人たち | main | おとうさん、おめでとさん! >>
映画[ ワルボロ ]ワルくて、ボロい、ツッパリたち
0
    映画[ ワルボロ ]を新宿エイトで鑑賞。

    喧嘩上等、硬派礼讃、愛羅武勇だあ、馬鹿野郎!本作に続き三池監督の[ クローズ ZERO ]も公開される今年。まさにヤンキー映画が注目の年。ということで、まずは[ ワルボロ ]を観ることに。


    昭和50年代の東京郊外にあるピストルの形をした町、立川。
    勉強一筋だった中学3年生のコーちゃん(松田翔太)は、授業中に幼馴染みのヤンキー・ヤッコ(福士誠治)と大喧嘩!鼻血は出るし恥ずかしいのに、不思議な解放感を得たコーちゃんは、この日から突然ヤンキーに転身。喧嘩三昧の日々に突入していく。


    ゲッツ板谷氏の半自伝小説の映画化である本作。正直、こんなに面白いとは思わなかった。
    (中学生という設定はいささか、無理があるが・・・)本作は、ヤンキー映画の火付け役である東映が手掛けている。つまりは[ ビー・バップ・ハイスクール ]の系譜。タイマン勝負や集団での対決(モブシーン)の見せどころはもちろん、身体を張ったスラップスティック映画として描かれているのは、そのためだ。特に、モブシーンはまさに[ パッチギ ]のそれを観ているようで、なかなかの迫力である。疾風怒濤な、飽きさせないストーリー展開も小気味いい。

    殴り殴られヤンキー映画であり、青春映画でもある本作は、主人公コーちゃんの成長譚としての一面も併せ持っている。これがあったからこそ、映画に奥行きでて面白くなったのだ。オカン(戸田恵子)のいうこと聞かずに、不良の仲間になったコーちゃん。友達のヤッコ、コーちゃんの憧れ、優等生の山田(新垣結衣)、そして錦組の仲間たちのふれあいを通じて、中途半端な生き方にけじめをつけ、新たな自分を見出していく。このプロセスには、さぞや山田との恋バナなんてのもあるとお思いでしょうが・・・。ドライな扱いでいい意味で期待を裏切ってくれています。映画は、鑑別所帰りのパーポン(弓削智久)の登場で、いきなり転調するのだが、これで作品が一気に引き締まった。大切なものを見つけたコーちゃんは、その思いへの強さを逃げない姿勢(仲間のために屋上からダイビングなど)で表現するのだが、これがまた若者らしい熱さがあってハートフルなのだ。いつも気取った役が多い松田翔太がここまで熱い役を演じられるとは、ちょっとびっくり。彼の硬派な走りも注目です。

    途中で、身体を鍛えるシーンが出てくるのだが、お父ちゃんの松田優作も[ 殺人遊戯 ]で筋トレシーンがありましたが、これはオマージュなのだろうか。ちなみに、与太者役で仲村トオルが出演しています。

    隅田監督と木田紀生氏のヤンキー映画、ぜひまた観てみたいですね。
    本作は、お勧めですよ。

    ■映画[ ワルボロ ]の公式サイト
    | 映画(日本) | 20:54 | comments(0) | trackbacks(8) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/683039
    トラックバック
    『ワルボロ』'07・日
    あらすじ中学3年生のコーちゃん(松田翔太)は、ある日授業中に幼なじみでヤンキーのヤッコ(福士誠治)の挑発に乗り、キレて大暴れする。その日から彼は優等生であることをやめ他校との抗争に飛び込んで行く。コーちゃんが密かに思いを寄せる同級生の山田(新垣結衣)
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/01/19 11:01 PM |
    ワルボロ
    15年くらいジブンはあとですが モロ地元です 。。。駅前の第一デパートが懐かしい 当時、行きました。買いました。 裏地が原色のやたら龍とか虎とか日の丸ついてるヤツ(笑) ワルボロ 特
    | Screen saver☆ | 2008/04/02 1:11 PM |
    ワルボロ/松田翔太、新垣結衣
    80年代の東京・立川市を舞台にしたツッパリ不良少年たちの青春グラフィティってとこかな。「ビーバップハイスクール」と同じような時代?どっちが古いんだろ? 私は周囲でこの手のツッパリスタイルの学生って実際には見た記憶ないんですよね。TVの中でのファッションと
    | カノンな日々 | 2007/09/29 9:37 AM |
    ヤンキーなりの美学。『ワルボロ』
    ゲッツ板谷の小説を映画化した作品。1980年代の立川市を舞台に繰り広げられる不良中学生たちの物語です。
    | 水曜日のシネマ日記 | 2007/09/29 8:25 AM |
    ワルボロ(映画館)
    疾走!暴走!キズだらけ。逃げない、メゲない、ハンパしない!
    | ひるめし。 | 2007/09/28 12:22 PM |
    【2007-129】ワルボロ
    人気ブログランキングの順位は? ピストルの形をした立川の街。 中でも一番シミッタレていたのは我が町・「錦町」。 これはそこで生まれ、共に育った俺たち6人・「錦組」の物語だ。 <喧嘩暴走、ときどき恋>の<ワルくてボロい>青春グラフィティー、誕生
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/09/27 12:58 AM |
    ワルボロ
    ミミ萩原は好きです。
    | ネタバレ映画館 | 2007/09/26 2:02 AM |
    クローズとは
    人気コミック『クローズ』とは、高橋ヒロシによる漫画作品 「月刊少年チャンピオン」に連載されてました。
    | クローズ ワースト=高橋ヒロシすべてを語る | 2007/09/25 2:31 AM |