映画[ リトル・チルドレン ]オトナになりきれない大人たち | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 伝染歌 ]ストロベリー・パフェ食べに行く? | main | 映画[ ワルボロ ]ワルくて、ボロい、ツッパリたち >>
映画[ リトル・チルドレン ]オトナになりきれない大人たち
0
    映画[ リトル・チルドレン ]を日比谷で鑑賞。

    大人になりきれない大人たちの物語。
    こうやって書くと、特別な存在に思えるかも知れないが、意外と多くのアダルトたちが同じような悩みを抱えていることなのでは・・・・・
    本作を観れば、そんなことを痛感するはずだ。

    監督は、2001年の長編デビュー作[ イン・ザ・ベットルーム ]で
    アカデミー賞作品賞、脚色賞を含む5部門でノミネートされ、注目の人となったトッド・フィールド。俳優としては、ウディ・アレンの[ ラジオ・デイズ ](87)でデビューを果たし、スタンリー・キューブリック監督の遺作となった[ アイズ ワイド シャット ](99)では怪しい男ニック役で印象を残した。本作では、監督以外にも製作・脚本までを手掛けている。



    ボストン郊外の街に住む主婦サラ(ケイト・ウィンスレット)は、いつも娘を遊ばせに来る公園での主婦付き合いに飽き飽きしていた。そんなある日、司法試験勉強中の“主夫”ブラッド(パトリック・ウィルソン)が息子と公園にやってくる。互いの存在に興味を抱いた2人は、子供をダシにして市民プールで毎日会うようになる。そんな中、子供への性犯罪で服役していたロニー(ジャッキー・アール・ヘイリー)が釈放され、街に帰ってくる。ブラッドの友人で元警官のラリー(ノア・エメリッヒ)はこれに過敏に反応、ロニーと老母(フィリス・サマーヴィル)への執拗な嫌がらせを開始するが…。



    そこそこの経済力や学歴があり、とりたてて不自由のない暮らしをしているサラとブラッド。彼らは現状に満足できず、心のどこかで別の幸せを渇望しているのだ。そんな思いが、次第に二人を近づけていく。

    主婦たちのコミュニティや家族という集団に属しながらも、自分が浮いていたり、また自分の存在が希薄であることから、彼らはここと違う、別の場所こそが幸せになれるユートピアと考えるのだろう。でも、よく考えるとなんでオレ(私)あんなことやってたんだろうって。あとで思う。浮気なんてのも、その類でしょ。

    現実逃避の彼ら。ブラッドとの悦楽(セックス)にはまるサラ。罪悪感を持ちながらも、彼もまたサラとの情事に・・・。

    そして、性犯罪の前科があるロニーやある重大事件を起こして警官を辞めたラニーは、サラとブラットとの関係に対比するようにコミュや集団から孤立した存在として登場する。主人公たちの新たな一歩も、これまた非常に対照的なエンディングとして描かれている。一人で解決できる者、人に受け入れられることで道を見つける者など・・・。地震もおきなけりゃ、空からカエルが落ちてくることもないが、なかなかいいっすよ。特にロニーを敵視していたラニーと、ロニーのエピソードは、非常に感動的。

    でも本作は、やっぱりケイト・ウィンスレットの体当たりの演技しかり(ちょっと前は、かなり豊満なボディだったのが、えらく引き締まった身体にシェイプアップしました)、性犯罪者役を演じたジャッキー・アール・ヘンリーしかり、役者が特に注目です。この人しか、この役はできないというようなベストなキャスティング。ジャッキー・アール・ヘンリーは“キモっ!”と思わず叫びたくなるオーラがあふれ出していた。はまり役です。でも[ がんばれ!ベアーズ ](76)の時の比べると、ほんと老けましたね。

    唯一気になったのは、ナレーション。前半のあのナレーションは、正直いらなかった。なかったほうが、もっと引き締まったと思うね。

    サラやブラッドのような感情、思い当たる人意外といるはず。自分の照らし合わせながら見ても、面白いんじゃないでしょうか。

    | 映画レビュー | 01:28 | comments(2) | trackbacks(8) |
    コメント
    zebraさん
    コメントありがとうございます。

    お子さんがいて、アノ体型はさすがプロですね。この映画を観たのが、3年前なのであんまり思い出せないんですよね。

    寝技の闘いを、再度観てみます。
    | アロハ坊主 | 2011/05/17 9:33 AM |
    はじめまして アロハ坊主さん

    >やっぱりケイト・ウィンスレットの体当たりの演技しかり(ちょっと前は、かなり豊満なボディだったのが、えらく引き締まった身体にシェイプアップしました)

    いいからだでしたよ〜 ケイトは実生活でも、お子さんが いるんです。

    それで あの 大胆な悦楽(もとい、肉体の寝技勝負←ここ重要) するとは〜女優魂です。

    でも・・・やっぱり、演じてるだけとはいえ お子さんには お母さんが 俳優と(寝技勝負)してるところ 見られないようにしないとね〜
    | zebra | 2011/05/16 12:38 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/682818
    トラックバック
    『リトル・チルドレン』を観たぞ〜!
    『リトル・チルドレン』を観ましたトム・ペロッタの全米ベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した悲喜劇メロドラマです>>『リトル・チルドレン』関連原題: LITTLECHILDRENジャンル: ドラマ/サスペンス/コメディ製作年・
    | おきらく楽天 映画生活 | 2009/03/29 12:28 AM |
    「リトル・チルドレン」
    リトル・チルドレンNIKKATSU CORPORATION(NK)(D)このアイテムの詳細を見る ボストン郊外の住宅街。成功したビジネスマンの夫リチャード(グレッグ・エデルマン)と3歳の娘と 共に引っ越してきた主婦のサラ(ケイト・ウィンスレット)。娘を連れて公園デビューに挑むが
    | 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/04/01 2:59 PM |
    リトル・チルドレン−(映画:2007年133本目)−
    監督:トッド・フィールド    出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー 評価:83点 公式サイト (ネタバレあります) リトル・チルドレン=大人になりきれない大人達、の物語。
    | デコ親父はいつも減量中 | 2007/11/29 1:26 AM |
    リトル・チルドレン“大人になれない大人たち”
      ケイト・ウィンスレットが脱いだ!なんていうのはちょっと大げさなのかも・・・・・。 彼女がこういう役を演じるのは「えぇ〜〜!」って感じだった。私個人の印象は上品なイメージだったし・・・・。かなり濡れ場も多いです。結構かな?でも体当たりに演じているケ
    | 銅版画制作の日々 | 2007/10/10 12:40 AM |
    愛を求める大人たち、情に気付く子供たち●リトル・チルドレン
    ビールと恋愛は、最初が一番美味しい。 ただし、飲み干した旨さと、一緒に過ごした味わいは、何物にも変え難い。 『Little Children』 アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。 成功したビジネ
    | Prism Viewpoints | 2007/10/01 12:17 PM |
    リトル・チルドレン
    《リトル・チルドレン》 2006年 アメリカ映画 − 原題 − LITTLE
    | Diarydiary! | 2007/09/30 7:51 PM |
    大人になりきれない大人
    205「リトル・チルドレン」(アメリカ)  かつて情熱的なフェミニストだったサラは夫リチャードとの結婚生活に息詰まりを感じていた。そんな頃ハンサムで主夫をしているブラッドと出会う。ブラッドの妻ジェシーは良きパパであるよりも仕事に熱中する夫を求めており
    | CINECHANの映画感想 | 2007/09/25 1:03 AM |
    リトル・チルドレン
     『今の自分を愛せたら、 未来はきっと変えられる 心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語』  コチラの「リトル・チルドレン」は、トム・ペロッタのベストセラー小説を自ら脚色した脚本を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/09/24 11:32 PM |