映画[ 伝染歌 ]ストロベリー・パフェ食べに行く? | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< 映画[ あるスキャンダルの覚え書き ]孤独が引き寄せる欲望 | main | 映画[ リトル・チルドレン ]オトナになりきれない大人たち >>
映画[ 伝染歌 ]ストロベリー・パフェ食べに行く?
0
    映画[ 伝染歌 ]を新宿トーアで鑑賞。

    たしか本作と同じように秋元康が企画・原作を手掛けたホラー映画[ 着信アリ ]は三池崇史監督だった。三池監督だから観に行ったようなもので、怖かったのと、柴咲コウが出演していたのは、覚えているがそれ以外は忘れちまった。

    本作も、原田眞人監督だから観たようなものだ。秋元康がプロデュースするアイドルユニットAKB48のメンバーが主演であるが、最近注目している松田龍平や伊勢谷友介らも出演しているので、楽しみにしていた。しかし・・・。
    でんせんうた
    残念なことに、この作品の撮影と並行して、原田監督には京極夏彦原作の[ 魍魎の匣 ](07)が動いていたのだ。本作の完成度から察するに、[ 魍魎の匣 ](07)は期待できるんじゃないでしょうか。(一度、本作の監督を断ったらしいが、秋元氏がどうしても原田監督のホラーを観たいというたっての希望で実現したらしい。)



    ある昼下がりの学校のカフェテラスで、女子高生の香奈(前田敦子)が突然自殺した。偶然その場に居合わせたあんず(大島優子)は、香奈が死の直前に不気味な歌を口ずさんでいたのを聞く。一方、三流風俗誌の編集者・陸(松田龍平)は、歌うと死んでしまう“伝染歌”の噂を耳にし、記事にすべく調査を開始。香奈の告別式であんずや香奈の親友・朱里(秋元才加)たちに接触した陸は、早速伝染歌について取材を行う。しかしあんずはそれをすげなく断ると、独自に香奈の死の真相を調べ始めた…。(パンフより)



    前作の[ 着信アリ ]は、携帯。今回は、カラオケ。女子高生たちのマストアイテムですな。若かりし頃、誰もが経験する通過儀礼“都市伝説”を原田監督らしいこだわり(たんなるホラーだけではなく、現代日本の病理を反映)をちりばめ、エンターテイメントで仕上げる。脚本は、[ パッチギ ](05) [ フラガール ](06) [ テニスの王子様 ](06)の羽原大介
    だが、原田監督テイスト満載なのは第一稿を大きく加筆したように見受けられる。

    監督が得意とするスタイリッシュというべきか、独特のスピーディな細かいカットは本作でも顕在。特に、集団でのシーン(女子高のクラス)では、不安定さやまとまりのなさを高める効果を発揮している。スタンリー・キューブリック監督作品や、邦画、小林正樹監督の[ 切腹 ]へのオーマジュも映画評論家の監督らしい趣向である。

    人はいかにして恐怖を感じるのか、そんな問いに対する答えでもある本作なのだが、いかんせん今まで述べたように、いろんな要素を盛り込んだがために、カオス状態に陥っていて、観ている方は、統一性を感じぬまま、なままあれよあれよという間に、映画が終わってしまう。そんな印象を感じる。箇所箇所では、ぞっくとくるものはあっただけにもったいない。

    AKB48の大島優子、秋元才加、小嶋陽菜は雰囲気があってよかっただけに、残念。本作で一番怖かったのは先生役の矢柴俊博でしょうね。原田監督の息子、遊人も意外と重要な役で出演。彼はモーション・アクターとして
    [ アップルシード ](04)、[ ベクシル ](07)などにも参加していて、なかなかの売れっ子さん。重宝がられてます。雰囲気ありますからね。

    ■映画[ 伝染歌 ]の公式サイト
    | 映画(日本) | 00:19 | comments(0) | trackbacks(2) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/682040
    トラックバック
    伝染歌
    【伝染歌】PG-122007/08/18年公開製作国:日本 監督:原田眞人企画・原作:秋元康出演:松田龍平、伊勢谷友介、阿部寛、木村佳乃、大島優子、秋元才加、小嶋陽菜、前田敦子、AKB48電線歌。スズメが3羽とまっちゃうかも。
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/03/16 6:21 PM |
    なんだか、やるせなくなる
    216「伝染歌」(日本)  昼下がりの学校で一人の女子高生、香奈が自殺する。その場に居合わせたあんずは、その瞬間香奈が不気味な歌を口ずさんいるのを聞く。白昼に起こった自殺劇にマスコミは騒ぎ出す。  一方三流風俗雑誌「月刊MASAKA」の編集部員の陸は
    | CINECHANの映画感想 | 2007/09/22 11:29 AM |