[ バベル ]愚かさの向こうに・・・ | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< [ パリ・ルーヴル美術館の秘密 ]実物が見たくなりますねえ〜 | main | オスソワケ >>
[ バベル ]愚かさの向こうに・・・
0
    [ バベル ]を吉祥寺で鑑賞。

    きくりんこと菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞ノミネートで俄然注目を浴び、今なおロングランで劇場上映されている[ バベル ]。
    監督は、これがまだ長編3作目のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。1作目[ アモーレス・ペロス ]から2000年のカンヌ国際映画祭批評家週間でいきなりグランプリを獲得し、ここまで作品に外れなし。
    [ アモーレス・ペロス ]を最初に観たのは、東京国際映画祭でのグランプリ上映の時。今でこそ、複数の物語を交差・シンクロさせていく手法は目新しさはないが、当時はメッセージとあわせてとても斬新でショッキングな映像だったので、日本で正式上映になった時には2度も観に行った。
    なにせ、アレハンドロ監督作品には、監督以外にも世界が注目する名だたるスタッフが関わっている。面白くないわけがない。
    BABEL ばべる 混乱
    本作で脚本・原案を務めたギジェルモ・アリアガは、トミー・リー・ジョーンズ監督の[ メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 ](05)の脚本を、撮影監督のロドリコ・プリエトは[ ブロークバック・マウンテン ](05)などを手がけ、それぞれカンヌ国際映画祭脚本賞、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。

    こうみると彼らもまた、アレハンドロ監督のように、[ アモーレス・ペロス ]でみられたプロットや繊細な視覚効果が各々の作品にも見事に表現されている。脚本家ギジェルモ・アリアガは、[ メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 ]でも時間をパズルのように交差させて、複数のストーリーを紡ぎ、ロドリコ・プリエトは[ ブロークバック・マウンテン ] [ 8マイル ]などほとんどの作品で車内などの狭い空間が登場し、その場所への外光やフィルムのトーンを利用して、主人公たちの意識を繊細に表現しているのだ。

    ハリウッド映画だけに、ブラッド・ピットやアカデミー賞女優、ケイト・ブランシェット、そして今注目のガエル・ガルシア・ベルナルや、日本からも役所広司や菊池凛子などが出演し、俳優陣にどうしても目が奪われがちだが、この作品の魅力はスタッフ陣によるところが大きいのだ。ギジュルモ・アリアガとロドリコ・プリエトは要チェックです。

    では、そろそろ本作について。1作目ではメキシコのみが舞台であったが、3作目となると、モロッコ、メキシコ、日本と3カ国をまたにかけての展開です。

    はるか遠い昔、言葉は一つだった。人間たちは神に近づこうと、天まで届く塔を建てようとした。怒った神は言葉を乱し、世界はバラバラに・・。

    まるでこの旧約聖書の物語をなぞるように、本作に登場するバベルの末裔たちは、愚かな行動をとる。

    モロッコの山羊飼いの少年たちは、大変なことになることが予想できたにもかかわらず、意地の張り合いにより、バスにめがけて発砲する。妻の肩を撃たれた夫リチャード(ブラッド・ピット)は、必要以上に騒ぎたててツアーの同行者に迷惑をかける。
    アメリカ人夫婦の子ども2人を面倒みている乳母アメリア(アドリアナ・パラッサ)とその甥サンチャゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は不法移民、見つかれば即刻強制送還という身でありながらも、慎重さにかけ、あげくに助けを求めるために砂漠に子どもたちを置き去りにする。発砲事件の発端となった銃の所有者ヤスジローも、問題こそ起こさぬものの、犯罪の道具になりかねない銃を他人へ渡してしまうとは、これまた軽率ともとれる行動に。

    それらは、もう少し考えれば、違う対処ができたはずではと思えてしまうような、せつない気持ちになる振舞いだったりする。

    天まで届く塔を建てようとする人間の傲慢さは、子どもたちがライフルでバスを狙った高台やヤスジロー親子が暮らす高層マンション、クルマを覗き込む職質をするメキシコの警官の態度(人を見下ろしている)という画にあらわれている。

    そして神が怒って乱した言葉は、聾唖の少女、国家の国交断絶、山羊飼いの親子と警察官など・・・。(通訳を介しての成り立たぬ会話もあったが)その他は国家間のこと、身体的な違い、あるいは偏見と、あえて言葉以外のものを抽出し表現している。監督は現世界のコミュニケーション不全なしくみ(構造)を憂いているようでもある。

    しかし居なくなってこそ、はじめてその人のありがたみがわかるように、ある時にふと気づかされる。愚かさは、人間が生きているうえでは必ずやつきまとうもの。気づくきっかけは、人間の意識の中にこそあるのでは。意識が変われば、傲慢さは実は寂しさの表れであり、聞き分けられぬ言葉も、聞き手のエゴからそう聞こえてくる。

    象徴的なのが、エロスなシーン。
    モロッコの兄弟は、弟ユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)が姉の裸をのぞいているのを兄アフメッド(サイード・タルカーニ)が許せないのが原因で、兄弟は憎しみあっていた。またリチャードは、銃弾を受けた身体で妻スーザンがおこなう小便を手伝うことで、離れたはずの気持ちがつながっていく。同じエロスでも、かたや憎しみを、一方は慈しみを生むのだ。

    聾唖のチエコは、好意や欲望、あるいは寂しさを埋めるために言葉が話せない分、コミュニケーションのひとつの手段として、裸になる。彼女にとってはぬくもりであり、コミュニケーションの一手段
    なのだ。

    チエコの全く音のない世界は、僕にはわからない。
    アレハンドロ監督には珍しく、喧騒のある東京・渋谷という都会、それもディスコを舞台にし、ディスコという爆音の中に、一瞬静寂した空間をインサートして彼女の世界を観客にも体験させようと試みる。びっくりするような彼女の行動も彼女が生きている世界や心の闇にふれれば、僕たちの変わらないのが次第にわかってくる。
    日本、メキシコ、モロッコと、最終的には話す言葉や生活が違えども、同じような悩みを抱えているんだ。同じような愚かさも持ち合わせている。その愚かさも、人から見れば一目瞭然だが、自分じゃなかなかわからない。これもまた神が仕組んだカルマかもしれません。

    あいかわらず刺激的なシーンが多く、この映画はR指定(本当はPG指定)に相当するきわどい作品です。だから子どもは、一人で見ちゃいけませんよ。良識ある大人と観なくっちゃ。最後に、この過激さばかり目を奪われ、本質的なことが伝わらないという最悪なパターンにならないことを切に、願います。

    ■映画バベルの公式サイト
    | 映画レビュー | 10:45 | comments(0) | trackbacks(25) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/657380
    トラックバック
    映画『バベル』(お薦め度★★)
    監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
    | erabu | 2009/02/20 1:37 PM |
    バベル&ガンバは東京Vに勝ち今季の初勝利
    バベルはWOWOWで先月の中旬に録画していたのを鑑賞したけども 全体的に悪くは無いし理解は出来るが微妙な感じでスッキリしないね 内容はモロッコ&&の3カ国オムニバスをが繋ぐ感じだけど モロッコは兄弟&被害者の夫婦では被害者夫婦の子供達だったけど は
    | 別館ヒガシ日記 | 2008/03/31 9:04 PM |
    『バベル』'06・米
    あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされ
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/01/03 10:13 PM |
    【映画】バベル…普通評価。ポケモンショックには注意ね
    {/kaeru_fine/} ブログのトップページを全文表示から概要表示に変更してみたのですが、 その場合「概要文」ってのを本文と別に書けるようなんですよね。 「概要文」を入力しない場合は本文の書き出し部分が概要文として表示されるようです。 で、スパイダーマン3部作で
    | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2007/12/18 11:25 PM |
    バベル
     『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのです
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/10/01 11:29 PM |
    mini review 07075「バベル」★★★★★★★☆☆☆
    解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督
    | サーカスな日々 | 2007/09/23 11:41 AM |
    バベル
    失いかけた夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコを旅するリチャードとスーザン。 山道を行くバスの中、事件は起こる。 どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を打ち抜いた。 言葉が通じない中で必死で救助を求める夫をよそに、事態は国際テロ事件へと発展してゆく。 なん
    | 象のロケット | 2007/07/12 8:32 PM |
    その声は届くのか?
    115「バベル」(メキシコ)  夫婦の絆を取り戻したいリチャードは妻のスーザンとモロッコを旅行していた。そして観光バスに乗っていた時、どこからか放たれた銃弾にスーザンは負傷する。撃ったのはヤギを守りながらジャッカルを追っ払っていたアフメッドとユセフの
    | CINECHANの映画感想 | 2007/07/01 11:50 PM |
    バベル/BABEL
    世界の片隅で偶然放たれた一発の銃弾が、孤独な魂たちをつなぎ合わせてゆく。 リチャードは、妻のスーザンとモロッコを旅をしていた。ある哀しい出来事で壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、アメリカからやって来たのだ。まだ幼い息子と娘はメキシコ人の子守りに託
    | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2007/06/30 9:55 PM |
    バベル(07・メキシコ)
    日本にいても、チエコは異邦人だった。 バベルの塔。天に届こうと建設しようとした人間たちは、神の怒りに触れ言語を分かたれた。 モロッコ、メキシコ、日本、アメリカ・・・ 彼らは理解しあえない。言語が異なるから? いや、言語が同じでも理解しあえない
    | no movie no life | 2007/06/30 4:56 PM |
    バベル
    バベル 163本目 上映時間 2時間23分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 エル・ファニング 評価 6点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写
    | メルブロ | 2007/06/30 4:03 PM |
    バベル
     子供の死がきっかけでギクシャクした夫婦関係を元に戻そうと、リチャード(ブラッド・ピット)はスーザン(ケイト・ブランシェット)をモロッコ旅行に連れ出します。しかし、そのツアーバスの中でスーザンは外からとんできた弾丸に被弾し、瀕死の重傷を負ってしまいます。
    | シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 | 2007/06/29 5:04 PM |
    バベル
    【BABEL:2007/04/28】04/28鑑賞製作国:アメリカPG-12監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、二階堂智、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/06/29 3:16 PM |
    『バベル』
    私たちは、いまだ、つながることができずにいる。     ■監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ■脚本 ギジェルモ・アリアガ ■キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子  □
    | 京の昼寝〜♪ | 2007/06/29 8:20 AM |
    「バベル」
    公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリ
    | やまたくの音吐朗々Diary | 2007/06/29 8:09 AM |
    #71.バベル
    モロッコを旅するアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)の乗ったバスに突然、一発の銃弾が放たれた。テロを政府が警戒し、国際問題にまで発展するが、実はその銃はとある現地の案内人に、旅行で狩猟に来た、とある日本人
    | レザボアCATs | 2007/06/29 1:12 AM |
    バベル(アメリカ)
    菊地凛子さんがスゴイらしい。。。ということで「バベル」を観ました。 ( → 公式HP  ) 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子 上映時間:143分  モロッコを旅行中のアメリ
    | 映画でココロの筋トレ | 2007/06/28 10:26 AM |
    コミュニケーションに悩んだ人じゃないと、この作品はわからない
    「バベル」  その夜、彼女と会う約束をしていたのですが、仕事が急に忙しくなり、事情があって家にまで仕事をお持ち帰り。そんな状況を知って、彼女は手料理を作って、持
    | 人生はお伽話もしくは映画のよう | 2007/06/28 9:14 AM |
    ★ 『バベル』
    2006年、  "BABEL". アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。
    | 映画の感想文日記 | 2007/06/28 5:37 AM |
    映画「バベル」
    原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてア
    | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/06/28 12:20 AM |
    BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ!
      言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。
    | 銅版画制作の日々 | 2007/06/27 11:53 PM |
    「バベル」みた。
    重い。非常に重たい。表面上だけ見てしまうと不愉快で不可解な印象しか残らない。正直なところ、白旗宣言。どれも、ひょっとしたらありえそうな光景なだけに、それぞれの登場人物の気持ちは分らなくはない。分らな
    | たいむのひとりごと | 2007/06/27 11:29 PM |
    【2007-62】バベル(BABEL)
    人気ブログランキングの順位は? それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベ
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/06/27 11:28 PM |
    話題作のはずの バベル 観てきました。
     公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
    | よしなしごと | 2007/06/27 10:24 PM |
    「バベル」(アメリカ 2006年)
    全てはモロッコで放たれた一発の銃弾がきっかけだった。 「バベル」(アメリカ 2006年)
    | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2007/06/27 8:33 PM |