[ 神童 ]音楽と愛情にあふれた映画 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ SMILE 人が人を愛する旅 ]スカパラの過酷な旅 | main | [ 長州ファイブ ]命をかけて、日本の近代化を築いた5人の志士たち >>
[ 神童 ]音楽と愛情にあふれた映画
0
    [ 神童 ]をシネマライズで鑑賞。

    この映画は、ピアノを習っているお子様やそのご父兄に
    注目されているようだ。朝早くの渋谷にもかかわらず、お上品そうなお子ちゃまと手塚理美が演じたうたのオカンのようなスノッブなお母様、そして娘と妻のために朝メシをコンビニまで買いに行く家族の思いのパシリなお父様でうめつくされる。

    日本初の本格クラシック映画ということもあって[ 神童 ]のキャストや演奏に、国際舞台で活躍するクラシック界の新鋭ピアニストや指揮者が参加している。そうなると、別に中学生のピアニストの物語というだけでなく、現役ピアニストの演奏も観られるのだから、注目されるのは当たり前だわな。
    神童-shindo しんどう
    コミックと異なり、主人公のうたが中学生で、かつ元、神童だったという設定に変更されている。コミックの面白さは、各登場人物のキャラを際立たせれば際立たせるほど、画としての魅力ができ、一つ一つの話を膨らませられるので、それにより長期連載やコミック全体に読みごたえがでてくる。

    しかし、こと映画になると、2時間で完結させるということもあり、各人のキャラよりもストーリーラインに重きをおかないと成立しない。そう考えるとうたを、どうみても小学生には見えない成海璃子が演じることになった時点で中学生になったのも、うたの「神童」としての歩みを映画にすると少々複雑なコミックのプロットをよりわかりやすくするのは当然だと思う。

    しかしだ。愛すべきうたのオカンの角がとれ、御子柴教授(串田和美)の世間ずれした人生観が、意外とまともな先生になってしまったのは非常に寂しい限りである。

    ひねくれもので、鼻っ柱が強いという母親ゆずりの性格を持つうた。人としては、他人と調和がとれないが、ピアノを奏でさせると人々を虜にさせる性格と相反したピアノの腕前は、冒頭のワオ(松山ケンイチ)と隣の洋服店の三島キク子(安藤玉恵)との喧嘩をとめるうたのピアノと、嫌がらせをする男子にボールをぶつけるうたという対比で見事に描かれている。

    一方ワオは、うたと対照的でピアノが大好きだが才能がからっきしない。原作では、うたの助けを借りて、ワオの成長の記録が描かれているが本作は、どちらかというと才能を持つもの、持たざるものという対比が強い。それゆえ、持たざるもののワオよりも、持ったがためのうたの苦悩のほうがシビアで重い。
    バスの中で一人っきりうたの姿は、[ 8mile ]のエミネムが演じた白人ラッパーのラビットがバスで一人外を眺めながらリリック(詩)を考えているシーンに似ている。アンダー気味のトーンで、孤独な内面を表現されている。

    うたが中学生になることで、ワオとの恋というのも描かれるのかと思っていたが、やはりそうとはならなかった。しかし、うたがワオを好きになった分だけワオは、賀茂川香音(貫地谷しほり)の伴奏やうたの奏でる音など音楽を通じて、うたのことを「大事な人」(こんな言葉がしっくりくるかも)として思うようになっていく。

    才能ある少女が頂点にのぼりつめながらも、ラストには奈落の底に突き落とされ地獄もみてしまうという哀しい結末にもかかわらず、美しく愛情あふれる雰囲気にさせられるのは音楽の力を大きいだろうが、ぼくには彼女を見守る愛のほうが強く感じられた。

    ワオの愛だし、天賦の才をうたに授けたピアノの墓場に眠る、亡き父(=ピアノ)の愛でもあるだろうし、そしてなによりも成瀬美香(手塚理美)の愛。決して、庶民派である商店街の人たちとは付き合わずにきた美香が、わおの両親、菊名久(柄本明)と菊名正子(キムラ緑子)の、「親が思っている以上に、子どもは強いんだ。戻れる場所にいてあげなさいよ」という言葉を聞いて、「うん」とうなずく。
    久と正子の言葉に説得力があるのは、ワオが音大受験時に、近所の苦情には矢面にたって息子の頑張る姿を陰から支えてきた姿が描かれているにほかならない。

    でも、いくらプロ並みの腕を持つピアニストとはいえ、これは少女のお話。そこは、甘酸っぱい青春のひとコマもきっちりと、萩生田宏治監督と脚本家の向井康介は表現する。ワオとうたが協奏する倉庫の外でひとり寂しげな少年の姿をおさめたワンショットは、心憎いぐらいの演出で、思わず「うまい」と言ってしまう。なんてたってこのシーンによって、フラレタ少年以上に10代の彼女が抱えなければならない「神童]としての重圧や病魔の深刻さが、ひしひしと伝わってくる。

    そんなに大きくうねりのあるようなお話ではない。恋愛映画として観るときっと後悔し、サクセスストーリーとしてみると裏切れたと思うはず。あえてたとえるなら、人生譚とよぶべきか。まあじっくりと感じさせてくれる映画なんです。それは、もしかしたらクラシック音楽を聴く感じかもしれません。一度聴いてみてください。

    P.S.安藤玉恵という女優はすごく気になる。なぜそんなに気になるかというと、出演しているのが個人的に注目している作品ばかりだから。[ ゆれる ]から始まり[ ストロベリーショートケイクス ][ 紀子の食卓 ][ 松ヶ根乱射事件 ][ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン ]・・・。そして現在公開中の[ 赤い文化住宅の初子 ]もしかり。出演している作品がどれも、いま注目されている監督ばかりなのだ。つまりは、それら注目の監督が安藤玉恵をいま注目しているのら。主役を喰うっていうことはないが、観ていると作品によって同じ女優なのかと疑いたくなるほど、雰囲気が違うのはたしか。要チェックですよ。
    そういやワオの入学試験の審査員の中に、原作者であるさそうあきらが登場していたということを今思い出したので、最後に記して今回は終わりとします。

    ■[ 神童 ]の公式サイト
    | - | 01:07 | comments(2) | trackbacks(39) |
    コメント
    咲太郎さんへ
    コメントありがとうございます。

    クラシックを知っている方と
    この映画の楽しみ方が、こんなにも
    違うのを咲太郎さんへレビューを読んで
    思い知らされました。
    勉強になりました。

    >映画を見ながらずーっと思ってたんですが
    >松山ケンイチって藤井 隆に似てませんか?

    たしかに、たしかに似ています。
    | アロハ坊主 | 2007/05/10 11:50 AM |
    こんばんは!
    TBありがとうございます。
    私は漫画を読んでいないので
    細かい違いなどが分かり、
    参考になりました。
    私もワオの両親の「子どもは親が思っている以上にに強い」という言葉は印象に残っています。
    ホントは八百屋を継がせたいのだが、夢も応援してあげたいという親の複雑な心を柄本明が上手く演じていたと思います。
    へえ、安藤玉恵さんて沢山出てるんですね。
    私もチェックしてみようと思います。
    | 咲太郎 | 2007/05/10 12:44 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/640727
    トラックバック
    【神童】わたしが「音楽」だから
    神童 監督: 萩生田宏治 出演: 成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、甲本雅裕、貫地谷しほり、柄本明 公開: 2007年4月 チャンネルNEC...
    | 映画@見取り八段 | 2009/10/19 5:43 PM |
    『神童』'07・日
    あらすじ音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と神童と呼ばれて育った13歳の天才ピアニスト成瀬うたが出会う。このところ母親の目を盗んでは、レッスンをさぼってばかりのうたは、愚直なまでにピアノに打ち込むワオを気に入り彼の実家である青果店に入り浸るように
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/10/30 6:51 AM |
    神童&キミ犯人&唐川マリン完投2勝目で連敗ストップ
    神童は先月にWOWOWでしてて本日の午後から鑑賞したのだけども 全体的に映像が暗く鑑賞する前に思ってたよりも少しガッカリだったね 内容は成海&松山がを通して交流が始まって互いに成長し展開されて 俺は原作の方を読んで無い状態で神童を鑑賞したけども満足
    | 別館ヒガシ日記 | 2008/05/03 8:48 PM |
    映画『神童』
    父親から譲り受けた宿命を背負い、「熱情」や「春の歌」そして竹本泰蔵が指揮するダイナミックな「ピアノ協奏曲第20番」などクラシックの珠玉の名曲たち・・ 水辺にたたずむ成瀬うた(成海璃子)、ボートに寝そべる菊名和音(松山ケンイチ)、女性のヒステリ−
    | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/04/26 2:11 AM |
    神童
    ★★★ 今年は天才少年(少女)ピアニストブームなのだろうか。この『神童』を始め、『僕のピアノコンチェルト』、『4分間のピアニスト』、『私の小さなピアニスト』、『ピアノの森』とまさにピアノ映画ラッシュである。 神童販売元:VAP,INC(VAP)(D)発売日
    | ケントのたそがれ劇場 | 2007/12/22 1:57 PM |
    神童:私は音楽だから 新宿武蔵野館
    タイトル:神童 監督:萩生田宏治 出演:成海璃子/松山ケンイチ/西島秀俊 製作:2007年日本 「ねぇあんた、ガンちゃん見なかった?」 貸しボートを借りて自然の音に耳を傾けていたワオ(松山ケンイチ)は見知らぬ少女に呼びかけられて戸惑った。 「ねぇ、ボートにの
    | 気ままに映画日記☆ | 2007/05/23 9:48 PM |
    神童 感想
    天才は天才ゆえに苦しみ、凡人は凡人ゆえに苦しむ。 久しぶりにコミックが原作の映画で「ユーちゃんと原作読んできた?」(=「原作を読んでないと話についていけませんよ」の意wブルーさんより借用w)じゃないものを見た気がします。一応この漫画は読んだことはあるけ
    | Ondul Blog ver.2.07 | 2007/05/23 9:27 AM |
    東京と大阪と安藤玉恵
    【5月15日特記】 最近この手のぼやき記事は書いてなかったのだが、やっぱり関西に帰ってきて映画を見るのが不便になったなあと時々思う。 今回なんで思ったかと言うと、東京では公開が始まっている『赤い文化住
    | trivialities | 2007/05/15 11:05 PM |
    神童(06・日)
    「松ケンが好きだ!」と言ったら「サンバ」のほうの松ケンと勘違いされましたが・・・松山ケンイチくんですよ。「デスノート」のL役で一挙にファンです。 さて、松ケン演ずる菊名ワオは音大・ピアノ科に入学すべく奮闘中の浪人生19歳。毎日毎日小さな商店を営む実家
    | no movie no life | 2007/05/15 3:36 PM |
    神童(映画館)
    大丈夫、あたしは音楽だから。
    | ひるめし。 | 2007/05/15 11:30 AM |
    神童
    雰囲気は、それなりに作られているのだけど、あまり、多くを語らない作品だったと思います。 音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と、神童と評されてきた13歳の天才ピアニスト、成瀬うたが、ある日、偶然に出会います。ピアニストとして成功させることを夢見て熱
    | 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/05/15 7:33 AM |
    『神童』
    感動度[:ハート:]            2007/04/21公開  (公式サイト) 上品さ [:かどまつ:][:かどまつ:][:かどまつ:]  満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】萩生田宏治 【脚本】向井康介 【原作】さそうあきら 『神童』(双葉社刊) 【時間】10
    | アンディの日記 シネマ版 | 2007/05/14 1:01 PM |
    映画「神童」を観て
     抱きしめたくなる愛おしい映画。
    | とみのひとりごと | 2007/05/14 8:31 AM |
    神童(試写会)
    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 神童相手にボヤく・・・・
    | カリスマ映画論 | 2007/05/13 9:54 PM |
    映画「神童」感想
    映画「神童」見て来ました(*・ω・)ノ 感想は続きから★
    | 自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪ | 2007/05/13 9:43 PM |
    「神童」映画館レビュー 映画鑑賞
    僕は初めて感じた、初めて知った。刺激的、衝撃的な映像だけが人の心を激しく動かすわけではなく、こんなにも寡黙な映像が、身を震えさせ、歩けなくなるほどのパワーを持っているとは。
    | 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2007/05/13 6:04 PM |
    『神童』舞台挨拶@シネ・リーブル池袋
    今回の舞台挨拶レポートは、マンガ原作の日本初の本格クラシック映画『神童』。あの『のだめカンタービレ』よりも先に撮影してたから、こちらがホントのクラシックブームのさきがけ午前中は仕事だったので松山ケンイチらオールキャストは見られず、萩生田宏治監督と成海
    | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2007/05/13 9:09 AM |
    神童〜大丈夫、あたしは音楽だから♪
    21日から始まった神童を観て来ましたが、ピアノや音楽をしている人にとっては音楽
    | piano lesson | 2007/05/12 10:07 PM |
    神童
    428クーポンで1000円で観れたぞ!マツケンがキュートな落ちこぼれを華麗に演じます(過大評価)
    | 八ちゃんの日常空間 | 2007/05/10 11:58 PM |
    【2007-58】神童
    「神童」と呼ばれた うた十三歳 落ちこぼれの音大生 ワオ十九歳 恋人でもない 兄妹でもない 音によって 心を通わせるふたり 言葉はいらない 魂が響きあうから 彼女の指先から 奇跡が生まれる やがて世界は 音楽で満たされる 『大丈夫
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/05/10 11:52 PM |
    「神童」:日本科学未来館前バス停付近の会話
    {/kaeru_en4/}日本科学未来館て、宇宙飛行士の毛利衛さんが館長なんだってな。 {/hiyo_en2/}そうそう。ここで科学にふれた子どもたちが未来の日本を背負っていくのよ。 {/kaeru_en4/}あそこの入口付近にたむろしている中学生たちの中にも将来宇宙飛行士になるやつが出
    | 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/05/10 10:35 PM |
    映画:神童 試写会
    神童 試写会(ニッショーホール) 「きこえてる?」「きこえてるよ、ヘタクソ」 窮屈な毎日をおくっているピアノの天才少女と音大志望のワオ(和音)の出会い。 原作は未読なのでなんだか展開がとっても唐突な気がしました。原作もこの調子だったのでしょうか
    | 駒吉の日記 | 2007/05/10 5:32 PM |
    神童
    映画「神童」の感想です
    | ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2007/05/10 1:39 PM |
    神童  Shindo
    世界は音楽で満ち溢れているさとうあきら原作のコミック「神童」の映画化作品。言葉を覚えるよりも早く楽譜が読め、ピアノが弾けるようになった13歳の成瀬うた。ピアノの才能に恵まれながらも、自分の才能をもてあましていた\"うた\"は、19歳の浪人の音大受験生
    | シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー | 2007/05/10 12:58 PM |
    神童/成海璃子、松山ケンイチ
    最近あまりコミックを読んでいない私なんですが、奇遇にもこの原作は持っているんですヨ、原作ファンなんです。連載が始まったのは10年くらい前だし何で今頃になって映画化?とビックリでしたけど、やっぱり「のだめ」あたりのクラシックブームの流れとかあるのかな?企
    | カノンな日々 | 2007/05/10 11:33 AM |
    神童
    童は童 神に委ねず 心育め   なるほど、モチーフはクラシック音楽かあ、ということで、テレビドラマですけど上野樹里と玉木宏が出てた「のだめカンタービレ」を想い起こしました。でも、最後まで観ると、ああモチーフは同じやけどチョイ違うねえ、そうはっきり
    | 空想俳人日記 | 2007/05/10 10:20 AM |
    映画 【神童】
    映画館にて「神童」 さそうあきらの同名コミックの映画化。 音大を目指し浪人中のワオ(松山ケンイチ)はピアノの才能に恵まれた13歳の少女うた(成海璃子)と出会う。 神に魅入られた者というのは幸せなのか、不幸なのか。『バッテリー』の原田巧もそうだったけれど
    | ミチの雑記帳 | 2007/05/10 9:52 AM |
    神童 @試写会
    神童  3/15(木)@ニッショーホール 監督:萩生田宏治 原作:さそうあきら 配給:ビターズ・エンド 出演:成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、西島秀俊、吉田日出子、柄本明 他 触れたら壊れてしまいそな思春期の女の子 そんなガラスの
    | シュフのきまぐれシネマ | 2007/05/10 9:09 AM |
    『 神童 』
    映画 『  神童 』   [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2007年4月21日公開】[ 上映劇場  ] 監督:萩生田宏治 脚本:向井康介 原作:さそうあきら 『神童』 【キャスト】 成海璃子 松山ケンイチ 手塚理美 甲本雅裕 串田和美 浅野和之 キムラ緑子
    | やっぱり邦画好き… | 2007/05/10 4:54 AM |
    映画dvdフラガールは福島県の炭鉱町再生の実話:常磐ハワイアンセンター:松雪泰子
    映画 dvd 「フラガールスタンダード・エディション」(出演: 松雪泰子, 豊川悦司 監督: 李相日)は、炭鉱町の福島県いわき市をフラダンスで再生させた実話。現在アマゾン・コムdvd ランキングで141位。レビュアー: バラの花「ハワイアンなんて誰も認めようとしなかっ
    | 映画 dvd 最新情報 | 2007/05/10 12:47 AM |
    魂の『熱情』(神童が神童を演じる映画)
    現在14歳の成海璃子、そのピュアで透明感のある自然体の演技から、神童という評価を受けている彼女が 正にピアノ界の神童成瀬うたを演じる『神童』を鑑賞(4月26日木曜)。 ? 私はピアノの音が好きだ。 ピアノの伴奏で歌うのが好きだ。 自分の歌に
    | 世界の中心で、愛をうたう | 2007/05/10 12:46 AM |
    「神童」映画感想
    クラシック音楽映画鑑賞キャンペーン中、という訳でもないけど、天才ピアニストと音楽
    | Wilderlandwandar | 2007/05/10 12:13 AM |
    「神童」自分の居場所を見つけた先にあった愛の協奏曲
    「神童」は19歳落ちこぼれピアニストの浪人生と13歳天才ピアニストの中学生との出会いから始まり、お互いのピアノを通じてそれぞれの場所を見つけていくストーリーである。音楽を1度でも触れた事がある人ならピアノの難しさと才能が必要な事がわかる作品であり、尚
    | オールマイティにコメンテート | 2007/05/09 11:10 PM |
    セクシーボイス アンド ロボ
    松山ケンイチ主演ドラマ 主題歌6/20発売みつきの新曲「ひとつだけ」
    | セクシーボイス アンド ロボ | 2007/05/09 9:54 PM |
    アカデミー賞について
    詳しくは......
    | アカデミー賞について | 2007/05/09 9:09 PM |
    成海璃子の水着
    成海璃子ファンのブログへ用こそ!成海璃子の水着姿の画像は結構ネットには公開されてます。あまりいかがわしいサイトへ行くとこわいですが、ここ
    | 成海璃子ファンのブログ♪ | 2007/05/09 3:28 PM |
    映画『神童』
    【4月22日特記】 映画『神童』を観てきた。萩生田宏治監督である。 前作の『帰郷』が素晴らしかったので、この映画も是非とも観ようと思った。『帰郷』は西島秀俊と片岡礼子が主演の、まさにあの年代の男女が主
    | trivialities | 2007/05/09 3:20 PM |
    [ 神童 ]
    今日のような日は、恋愛モノが一番似合うのでしょうが、最 近観たのは[ 愛の流刑地 ]に、[ みえない雲 ]ですが、感想 を書くには、片方はあまりに破廉恥極まる恋愛だし、もう片 方は社会派すぎてかなり重くて似合わない。 ・・・ということで今日は今年気になる作
    | アロハ坊主の日がな一日 | 2007/05/09 8:27 AM |
    ★★ 『神童』
    2006年。 ビターズ・エンド。  萩生田宏治監督。 さそうあきら原作。 成海璃子、松山ケンイチ、柄本明、キムラ緑子、モーガン・フ
    | 映画の感想文日記 | 2007/05/09 4:26 AM |