[ 悪夢探偵 ]ああ、いやだ。ああああ、いやだ。わけわかんない。 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ FM89.3(ヤクザ) ]アニキ、小沢仁志がDJになる | main | [ エレクション ]ワンカットにこだわる >>
[ 悪夢探偵 ]ああ、いやだ。ああああ、いやだ。わけわかんない。
0
    [ 悪夢探偵 ]を渋谷で鑑賞。
    塚本監督が手がけるエンターテインメントは、面白い。
    ハリウッドなど世界中の国からオファーが殺到したのも
    うなずける。

    ヒーローは事件解決に後ろ向きで、ヒーロー然としない。
    影があり、いつも「いやだ、いやだ、いやだあ」と嘆き、
    そしてどこか病んでいる。
    それでもこのダークヒーローは難事件を解決しちゃう。

    しかし僕はただ、うろたえるばかりだ。
    ああ、いやだ、いやだ。もういやだぁ、もうわけわかん
    ない。主人公影沼京一が悪夢探偵なら、ぼくは迷探偵ア
    ロハ坊主として、この作品の面白さを探っていくのだ。
    akumu<br />
tantei あくむたんてい
    キャリア組刑事から現場勤めになった霧島慶子(hitomi)は、
    謎めいた事件を担当する。探っていくと、この事件を解く
    鍵は夢にあると推測。そこで、他人の夢の中に入れる能力
    を持つ青年、悪夢探偵こと影沼京一(松田龍平)の存在を知
    った慶子は、彼に協力を求めることに。

    ほんと、いやだ、いやだ。わからない。
    映画では、夢オチというのがよくある。(この映画も一種
    の夢オチだけど。)しかし“夢”そのものに深く切り込ん
    で描いた作品は、これまであんまりなかったのでは。だっ
    て“夢”なんて、そもそもいったい何なのか。よくわから
    ない。

    “夢とは、願望の充足”だったり、“無意識の中に抑圧さ
    れていた意識(もの)が現れたものだ”と言われたりしてい
    るが、本当にそうなのか。

    ほんと、いやだ、いやだ。わからない。
    人は、生を喜びや幸せを感じながらも、つねに死へと向かっ
    ている。なんか矛盾していて、よくわからない。
    人間を突き動かす欲(欲動)もまたしかり。生きる快楽(性欲)
    を持ちながらも、自滅的で破壊的な行為を欲する。オースト
    リアの著名な精神分析医は、前者を生への欲動(エロス)と、
    後者を死への欲動(タナトス)と言ったらしい。

    本作では、塚本監督はこのよくわかんない夢と、タナトスと
    やらをうまく融合させている。
    無意識の中に抑圧されていた意識(もの)が現れたのが夢と解
    釈すれば、自殺願望者の被害者が抑圧していたものは、実は
    エロス(生への欲動)だったというオチは、非常に面白い。
    夢の中に入りこんで、その人を切り刻む0(ゼロ)(塚本晋也)
    が、一番このことを象徴している。身体は動かずほとんど半
    死状態なのに、夢の中では(姿は見えないが)獲物を襲う肉
    食獣のような存在としてあらわれる。襲うことこそ、生への
    欲求の高さを物語っている。

    いやだ、いやだ。よくわかんない。
    夢もわからなければ、死なんてもっとわからない。
    所詮は、死は生の対立でしか描けないのだから。
    かといって、生をよくわかっているのかというと、本当はよ
    くわからない。ある意味、生=現実で、人は何を持って「げん
    じつ」と認識するのか。
    見たもの、聞いたもの、触ったもの・・・・、やっぱ五感か。
    でもそれらはすべて頭の中で感じたことで、本当はそんなも
    の存在しないじゃないだろうか。

    塚本監督は、生と死、そして現実と夢・・・というこれら対
    立する世界は、実は非常に曖昧なものであるものだとメッセ
    ージしているようだ。

    夢で見たことが、現実の事件として起き、被害者に接触する
    0(ゼロ)は携帯の声で「いま、ふれました」という言葉を発して、
    接触したり、キャリア組から現場にきた霧島慶子は、現
    場の声をもっと自分の目で見たいという理由で現場を担当す
    る。
    それらも、リアルとはいえ、すべては頭の中で認識している
    ことではないのか。

    課長が「関谷(大杉漣)はこっちで、霧島と若宮はあっちから探
    ってみてや」この「こっち」と「あっち」も現実と夢(非現実)、生
    (この世)と死(あの世)のメタファーで、最終的には「あっち」
    から現実の世界にたどり着く。

    要はよくわからない話だからこそ、どうとでも料理はできる。
    それを塚本監督は、一見荒唐無稽な話にも見せながらも、実
    は緻密に、かつ監督のテーマ“都市と肉体”という観点を盛
    り込み、そしてわくわくする上質なエンターテイメントに仕
    上げているのだ。

    主人公、京一のトラウマも少し垣間見られ、次は彼の出自や
    この特殊能力を持つに至った背景も解き明かされることだろ
    う。次回作は、もっと難解になっていくのか。

    女優はhitomiぐらいのスタイルと顔立ちのアーティス
    トなのか。今度は演技はできるのか。
    また安藤忠信のような、甘いフェイスの若手俳優がまたちょ
    っとした切れ芸をやるのか。
    大杉漣はあの個性キャラでまた登場するのか。
    ・・・・・。
    これも考えだしたら、ああ、いやだ、いやだ。
    わからない。
    | 映画(日本) | 18:10 | comments(2) | trackbacks(20) |
    コメント
    カオリさんへ
    いつもありがとうございます。

    >あの悪夢探偵のキャラは面白いなあと思いました。

    龍平のあの後ろ向きなキャラはいいですね。
    結局、0(ゼロ)をどう倒したよくわかんないところもこれまた面白かった。次回が非常に待ち遠しい。
    そんな気分です。
    | アロハ坊主 | 2007/02/28 7:14 PM |
    こんばんは。あの悪夢探偵のキャラは面白いなあと思いました。hitomiはどうかなと思うんですが。続編、あると聞きましたが、本人は「ああ〜いやだああ」と言ってるんだから止めたら・・・なんて。あんなにダークなヒーロー?も珍しいですね。
    | カオリ | 2007/02/27 10:39 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/609390
    トラックバック
    ≪悪夢探偵≫(WOWOW@2008/01/12@018)
    悪夢探偵   公式HP   詳細@yahoo映画 ≪パプリカ≫ に続いて観たのは同じく「夢」関係の映画 いや〜、グロかったなぁ そして、眠るの怖くなるっつーの 設定はいいかなと思ったけど、サスペンスを気取りつつほとんどホラーだったのに納得いか
    | ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2008/02/06 3:45 PM |
    【無料映画】人間的ダークヒーローの誕生/ 「悪夢探偵」
    し・しまった。なんの情報もなしに観てしまった。先入観が待ったく無いと何が起きるのか楽しい。『悪夢探偵』というくらいだから江戸川乱歩の作品イメージで、明智小五郎みたいなも...
    | CARAMEL*PAPA | 2007/12/19 10:45 PM |
    悪夢探偵
     『ああ、 いやだ ああああ、 いやだ、 ああ いやだ。』  コチラの「悪夢探偵」は、今日1/13公開になった松田龍平主演のサスペンス・ホラー映画なのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪  PG-12指定の映画なのですが、それにしてはちょっとグロくて怖かっ
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/15 9:40 PM |
    「悪夢探偵」次回が楽しみ
    監督・脚本:塚本晋也出演:松田龍平、hitomi、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也江戸川乱歩の大ファンだったという塚本晋也監督がかねてから撮ってみたかった念願の探偵もの。人の夢の中に入って悪夢を取り除くことを生業にしている悪夢探偵が、猟奇殺人事件
    | 再出発日記 | 2007/03/25 1:18 PM |
    悪夢探偵(-_-)zzzああ、いやだ ああああ、いやだ・・・・
    ああ、いやだ ああああ、いやだ ああ、いやだ と呟いているのは“悪夢探偵”こと影沼京一(松田龍平)・・・・。少しやる気のないいやあ〜かなり生きることにもいやいや状態みたい。ある日そんな彼の元に、捜査の協力を求める刑事がやって来る エリート刑事の霧島慶
    | 銅版画制作の日々 | 2007/03/03 10:30 AM |
    映画/悪夢探偵
    映画「悪夢探偵」 監督 塚本晋也 出演 松田龍平、hitomi、安藤政信 大杉蓮、塚本晋也、原田芳雄
    |  サ バ ペ | 2007/03/01 7:35 PM |
    悪夢探偵
     もともとホラーがあまり好みではなく、時々しか観ることがありませんが、幸いなことに外れることはあまりありません。  たとえば一般的にはあまり
    | シネクリシェ | 2007/02/18 6:18 PM |
    「悪夢探偵」映画館レビュー 悪夢という名の夢
    今年の記念すべき第1回目の劇場映画鑑賞、まさに悪夢でした(ベタ(笑))ほんまでも正月早々からこんな映画メジャーで公開するプロデューサーの気が知れんな、、、ってプロデューサーも塚本さんなんかいっ!(笑)
    | 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2007/02/14 5:54 PM |
    #23.悪夢探偵
    龍平最高!!! 龍平最高!!!  龍平最高!!!いやぁ〜。面白いです。特に松田龍平!
    | レザボアCATs | 2007/02/14 7:15 AM |
    悪夢探偵(2006/日本/塚本晋也)
    【シネセゾン渋谷】 不可解な事件が2件続けて発生する。被害者はどちらも、ベッドの上で眠ったまま自らを切り刻み死んでいた。やがて、2人が死の直前に「0(ゼロ)」と表示される人物に電話していることが判明する。捜査に当たるキャリア組の女性刑事・霧島(hitomi
    | CINEMANIAX! | 2007/02/13 8:00 PM |
    悪夢探偵
    立て続けに起こった二つの自殺。一見関連性の無いように思われた二つの事件だったが、自殺の直前に『ゼロ』という謎の人物に電話していたという共通点があった。エリート刑事・霧島はこのゼロが暗示によって被害者を死に至らしめたと推測し、人の深層心理に入り込む
    | 5125年映画の旅 | 2007/02/13 6:50 AM |
    感想/悪夢探偵(試写)
    映像がおもしろいアクションスリラー『悪夢探偵』1月13日公開。人の夢の中に入れる男・影沼。しかし彼は自分の能力を好んでいない。そこに、謎の変死事件が相次ぐ。事件の鍵を握るのは夢であると考えた女性刑事が、影沼を訪ねるが、彼は夢に入る事を拒む。すでにシリー
    | APRIL FOOLS | 2007/02/12 10:47 PM |
    映画『悪夢探偵』
    【1月14日特記】 映画『悪夢探偵』を観てきた。今年1本目の映画。いやあ、年初からえらいもんを観てしまった。 塚本晋也監督の作品は予告編を見るたびに観たいと思うのだが、その実『ヒルコ/妖怪ハンター』し
    | trivialities | 2007/02/12 11:55 AM |
    悪夢探偵
    「悪夢探偵」 製作:2006年、日本 106分 PG-12指定 監督、脚本:塚本
    | 映画通の部屋 | 2007/02/12 11:21 AM |
    超後ろ向きなニューダーティヒーロー誕生!?
    「悪夢探偵」  他人の見方は人それぞれ。人のいいところばかりを見る人もいれば、悪いところばかり目につく人もいるようです。「あの人って、凄い!」といいところばかり
    | 人生はお伽話もしくは映画のよう | 2007/02/12 10:39 AM |
    悪夢探偵
    ★★★  乱歩風の古風でオドロオドロしいタイトルと、ちょっとユーモラスなポスター。これを塚本晋也監督がどのように調理するのかが楽しみだった。 塚本監督の作品を観るのは、『六月の蛇』以来なので、楽しみにしていたのだが、少し期待外れだったかもしれない。  
    | ケントのたそがれ劇場 | 2007/02/12 9:51 AM |
    悪夢探偵
    ああいやだ それでも生きてく この世界  ? 塚本晋也監督の「鉄男」を観たのは何年前だったでしょうか。もう15〜6年前ですかね。何が言いたいのかよく分からず、「ああ、いやだ。こんな映画はいやだ、いやだ」そう思った記憶があります。なのに、その後、3年
    | 空想俳人日記 | 2007/02/12 7:43 AM |
    悪夢探偵 07027
    悪夢探偵 NIGHTMARE DETECTIVE 2007年   塚本晋也 監督・脚本・撮影・美術松田龍平 hitomi 大杉漣 原田芳雄 塚本晋也 霧島、かっこえ〜!! 龍平ちゃん、もう、パパそっくり!! 塚本晋也 監督作品  ヴィタール ヒルコ 妖怪ハンター
    | 猫姫じゃ | 2007/02/12 1:26 AM |
    夢殺人
    21「悪夢探偵」(日本)  密室状態で絶命した少女。妻の隣で眠りながら首筋を刺し、死んだ男。自殺であるのは明らかだが、一見関係のないような二つの事件には繋がりがあった。被害者は死ぬ前に?0(ゼロ?と表示されている人物と最後に話しており、かつ悪夢にうなさ
    | CINECHANの映画感想 | 2007/02/12 1:17 AM |
    悪夢探偵@シネセゾン渋谷
    他人の夢に潜り込む能力を持つ主人公の影沼京一はアンチ・ヒロイズムに徹するが、彼のセリフには説得力があった。心を読むことにも長け、欺瞞を見抜き、うがった見方しかできないのは悲劇であるものの、小鼻にしわを寄せて「ああ嫌だ嫌だ」と皮肉屋のように、敬慕の的か
    | ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2007/02/11 8:06 PM |