[ 日本の自転車泥棒 ]走ることしか取り柄がない。だからオレは走り続ける・・。 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< [ DEATH NOTE デスノート the Last name 後編 ]観応えのある140分 | main | 師走シネマ(2006) >>
[ 日本の自転車泥棒 ]走ることしか取り柄がない。だからオレは走り続ける・・。
0
    [ 日本の自転車泥棒 ]@渋谷で鑑賞

    こんな邦画があってもいいんじゃないか―――。

    男がなぜそんなことするのか、理由はわからない。しかし
    男は釜石から池袋までひたすらチャリを漕ぎ続ける。極寒
    の東北をチャリが壊れては次のチャリを盗んで走り続ける。
    何の取り柄のない男が、ただただ必死な思いで走り続ける
    姿や形相に、なぜか胸を打たれしまう。
    jitenshadorobou The Bicycle Thief was Bad
    監督はCMディレクターの高橋忠和。本作が長編映画第1作
    目。チャリを漕ぎ続ける男を杉本哲太が演じる。似合う。
    本作は画がきれい。濃青の空に、哲太が被る毛糸の赤帽子
    が印象的だ。

    主人公の斎藤鉄男(杉本哲太)は、ほとんど話さない。発せ
    られる言葉は2言、3言のみ。道中、出会う女性にことある
    ごとに「意気地なし」「最低!」という卑下された言葉を投げ
    かけられる。元・競輪選手で、今は製鉄所で勤務。競輪を
    辞めた彼にとっては、毎日が苦痛の連続だったのだろう。
    彼から走ることをとったら何も残らない。

    それゆえに彼は職場を離れ、今の生活を捨てストイックな
    までに無我夢中で走り続ける。ゴールに近づくに従ってマ
    マチャリからレース用サイクリングと盗む自転車が機能的
    になっていくのが面白い。

    途中、宇都宮の競輪場に立ち寄り、そこで予想屋のオヤジ
    (原田芳雄)に出会う。鉄男が今までに出会った中で唯一の
    同性。彼から「漕ぎなさいよ、おもいっきり!」というエー
    ルをもらう。しかしゴールの池袋に着いたと同時に、自己
    崩壊ともとれる自転車の破壊が描かれている。

    そんな悲しい結末でも、鉄男のような生き方しかできない
    大人たちにとっては、この映画は応援メッセージのような
    気がする。だって、漕ぎ続けていた時の鉄男の顔には一点
    の迷いもなかったのだから。
    | 映画(日本) | 19:24 | comments(0) | trackbacks(4) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/593139
    トラックバック
    『 日本の自転車泥棒 』
    第19回東京国際映画祭 日本映画・ある視点 映画 『  日本の自転車泥棒 』   [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年12月01日公開】[ 上映劇場  ] 監督:高橋忠和  脚本:沢樹舞 【キャスト】 杉本哲太 藤田弓子 高野志穂 伊藤久美子 鈴康寛
    | やっぱり邦画好き… | 2007/05/04 4:20 PM |
    ★★「日本の自転車泥棒」杉本哲太、藤田弓子、原田知世、原田芳...
    41歳の鉄男は傷ついているらしい。その原因はどうも20年前にあるようだ。競輪選手として挫折があったようだが、彼の心の闇が漠然としていてグッと来なかった。私は忘れっぽいので、20年前のことを彼のように思い詰めることはないだろう。それが、どんなに辛くて大
    | こぶたのベイブウ映画日記 | 2007/01/20 6:43 AM |
    映画 『日本の自転車泥棒』
    チラシを見て思ったんだよね。世の中でこんなにも "赤い毛糸の帽子" が似合うのは、この人だけだろうって.....『日本の自転車泥棒』  2006年監督 : 高橋忠和主演 : 杉本哲太12月2日(土)に観に行きまして、初日だと思って行ったら、初日は1日(
    | Death & Live | 2007/01/09 11:26 PM |
    日本の自転車泥棒
    期待値:80%  杉本哲太主演のロードムービー。 岩手の釜石から池袋まで、チャリンコで走り続けます。
    | 週末映画! | 2007/01/09 8:49 AM |