[ ハチミツとクローバー ]片思いとは身勝手なものである | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ ラフ ROUGH ]男前すぎるよ、もこみち君 | main | 久しぶりに・・・ >>
[ ハチミツとクローバー ]片思いとは身勝手なものである
0
    [ ハチミツとクローバー ]@渋谷で鑑賞

    去年は[ NANA ]、今年は[ ハチクロ ]ブームで盛り上
    がった夏だった。

    本作は美大生5人「全員が片想い」という切ない恋愛模様を
    描いた作品。現在「コーラス」誌上で絶賛連載中、売上部数
    は累計480万部を突破し、第27回講談社漫画大賞を受賞し
    た、羽海野チカ原作の大人気コミックの映画化。

    本作で、スガシカオとスピッツが楽曲を提供しているのは、
    原作者の羽海野チカがこの作品を描き始める前にスピッツ
    のアルバム「ハチミツ」と、スガシカオの「clover」 を聴い
    ていたことによってコミックのタイトルが決めたかららし
    い。売れる映画は、エピソードも画になるねえ。

    監督は高田雅博。「KDDI」、サントリー「BOSS」など
    を手がける売れっ子のCMディレクターらしいが、初めて
    聞く名前だ。

    高田雅博監督が、このコミックのテーマを自分なりに理解し
    て撮っているのが、彼の演出に伺える。

    美大生5人「全員が片想い」という切ない恋愛模様。この大命
    題を、監督はまずアングルで魅せる。冒頭、花本研究会の集
    まりで陶芸科3年生の山田あゆみ(関めぐみ)が、建築科4年生
    真山巧(加瀬亮)を見つめる。あゆみ視線のアングルが、真山
    を見てわかるかわからぬかぐらいの微妙さでゆれる。

    続いて、建築科3年生の竹本(櫻井翔)が2階に上がり、絵を描
    く少女・油絵科1年生の花本はぐみ(蒼井優)を見つけ、これま
    た竹本視線のカメラが微妙にゆれる。

    「全員が片想い」という主人公たちの関係を、この繰り返しと
    いう形で監督は表したのだと思う。

    このあとにも、はぐが一心不乱に絵を描いている姿を横から
    見守る竹本と森田(伊勢谷友介)が交互に出てくるシーンや、
    ストーカーまがいで建築家の原田理佐(西田尚美)を尾行する
    真山を、追うあゆみという構図で繰り返し(つながり)を表す。

    高田監督のうまさは、これらの繰り返しを単調に見せずに、
    ギャグっぽく表したり、出会いのワンシーンとして一大イ
    ベントにして変化をつける。

    本作は間違いなく恋愛映画であるが、僕にとっては恋愛とい
    うより青春映画という色のほうが濃い。やっぱそれは、主人
    公たちに共通に感じる身勝手さにほかならない。彼らの身勝
    手さが、僕にはなつかしいことこの上ない。

    例えば、森田なんて典型的な輩である。8年も学校行きやがっ
    て。誰が授業料を払っていると思っているんだ。と30代の大
    人としては小言の7個や8個は言いたくぐらいである。

    オカマの藤原画廊がパトロンになって、個展まで開いてもら
    っているにもかかわらず、途中で友達たちと抜け出したり、
    TVの取材にも感情を押し殺さずに、厭な事にはストレート
    に行動として露にする。そんな森田の行動も、彼の生き方を
    考慮すると、百歩譲って許そう。

    美大生らしくない、美大生からもフツウにしか見えないと言
    われる、あの竹本はどうだ。彼もまた、びっくりすることに
    気持ちにストレートなのである。5人の中で、社会に一番順
    応していると思えたオトコが、実に身勝手。森田がTVでイ
    ンタビューを受けていると、「こんな時に、何しているんで
    すか」と激情にまかせて苦言を呈する。
    やっぱ若者は、こうでなくっちゃいけんのだよ。

    このなりふり構わぬ、自分の気持ちに正直な(身勝手きわま
    りない)行動が、森田を動かし、そして寺の境内で出会った
    修復士(中村獅童)の心を揺さぶるのだ。
    実はこれって、がむしゃらに作品づくりに打つ込むアーティ
    スト(芸術家)にも共通で持っている素養じゃないだろうか。

    本作を観て、不覚にも自分のしょっぱかった学生時代を思い
    出してしまったじゃないか。イマイチという声も多い作品だ
    が、ぼくはしっかりと創りこんだ映画と評価している。
    さすが、河原雅彦ポイントを押さえてますな。

    Hなシーンがないというだけで評価が低いのは、見方があま
    りに子どもっぽくすぎないか、おすぎさん。
    それだったら、辞書で「いんもう」という言葉を引いて、喜ん
    でいる小学生とそう変わりませんぜ。
    | - | 21:59 | comments(7) | trackbacks(29) |
    コメント
    miyukichiさんへ
    コメント&TBありがとさんです。

    蒼井優ちゃんは、役者ですね。
    毎回、作品によって全く異なる
    一面をちゃんと見せてくれますね。
    なかなかよかったんじゃないでしょうか。

    では、今後ともよろしくお願いします。
    | アロハ坊主 | 2007/01/28 7:05 PM |
     こんにちは♪
     TBどうもありがとうございました。
     よろしくお願いします◎

     ええ、まさに「青春」映画でしたね。
     恋も、自分探しも含めて、って意味で。
     私も学生時代の空気を思い出しました(笑)
     
     私もなかなか好きでしたよ、これ。
     はぐちゃんの存在感あってこそ、ではありましたけど。
     皆さん好演してたと思います^^
     
    | miyukichi | 2007/01/28 3:45 PM |
    jamsession123goさんへ
    いつもどーもです。

    ノスタルジックなりますね。この映画は。
    ぼくもなりすぎて、現実に戻るのに少し苦労
    しました。
    | アロハ坊主 | 2006/10/02 1:10 PM |
    こんにちは、jamsession123goです。
    ブログにTBありがとうございました。
    自分にもこんな時代があったな、なんてノスタルジックな気持ちにさせてくれる映画ですね。
    それだけでも満足できた映画です。
    | jamsession123go | 2006/09/29 8:44 PM |
    >Agehaさんへ
    いつもどーもです。

    Agehaさん相変わらずコミックは押さえていますね。
    いつも詳細にコメントを書いていただくので、
    うれしいですわ。
    そして、いつも原作を読みたくなる文章なんですよね。ということで今度マンキツ行って、読破しますわ!

    >ミチさんへ
    いつもどーもです。

    原作ファンにとっては、映画はどこかずれちゃうみたいですね。そんな人たちの感想を見て、原作を知らない僕は思いに耽るわけです。そこがまたいいかもしれませんね。
    | アロハ坊主 | 2006/09/15 10:50 AM |
    こんにちは♪
    TBありがとうございました。
    おすぎさんはそんな事言ってたんですか?
    それはハチクロワールドを全く分かってない人の言う言葉ですね〜。
    原作ファンにはキャラ設定に微妙な誤差を感じましたが、それでもおおむねハチクロワールドを理解してくださった作品作りなのが好感持てました。
    | ミチ | 2006/09/15 8:46 AM |
    この映画を最初見たときのレビューは
    ひどいもんでしたが、
    今原作のほうが最終回を迎えて
    もしもう一回見たら泣いちゃいそうです。

    ラストシーンに、はぐが絵筆をもったまま微笑む。
    ホント彼女にはそれがすべてなんだなと。
    ・・・恋愛もするけれど、
    彼女の頭はモノをつくることでいっぱい。
    もちろんたくさんの愛情につつまれて
    幸せな学生生活を送るのだけど、
    それもエネルギーになり、
    作品に反映されるのだろうけど、
    みんなが恋をしていたのに、
    彼女だけは
    恋だけに染まるタイプじゃなかったようで
    そのへんが実は映画にも出てたなと。
    | Ageha | 2006/09/14 11:17 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/545274
    トラックバック
    『ハチミツとクローバー』’06・日
    あらすじ浜美大に通う純朴青年、竹本(櫻井翔)。彼は花本研究室で知り合った森田(伊勢谷友介)真山(加瀬亮)、あゆ(関めぐみ)ら先輩美大生達と騒がしくも楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、花本先生(堺雅人)の姪のはぐみ(蒼井優)が入学してくる。竹本
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/02/21 11:05 PM |
    ハチミツとクローバー&貧乏男&BLEACH
    貧乏男は21個もサークル入る一美が借金を返済のため箱のり付け作業で 200万個以上は大変も友達を呼び達成も友達に日当5千円を払う事になり 初回を見たけども一美は人が良いと言うかタダのバカにしか見えない状態で BLEACHは石田&ペッシェが協力の様な漫
    | 別館ヒガシ日記 | 2008/01/17 8:47 PM |
    ハチミツとクローバー
     『恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい』  コチラの"ハチクロ"こと「ハチミツとクローバー」は、7/22公開になった羽海野チカ原作の人気少女マンガの映画化です。美大に通う男女5人が繰り広げる全員片想いの切なく甘酸っぱい青春ラブストーリーです
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/27 9:16 PM |
    DVD『ハチミツとクローバー 』
    ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) (2006/日本) 美大に通う竹本は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみに恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹
    | みかんのReading Diary♪ | 2007/07/01 4:40 PM |
    六太郎
    竹本が旅先で知り合った寺社修復士。18歳。貧しい家の出身で、中学校卒業と同時に働...
    | はちみつとクローバー=ハチクロとは何? | 2007/05/15 11:45 PM |
    蒼井優
    タレント名 蒼井優 フリガナ アオイユウ 蒼井優の本名は夏井優らしいです。蒼井優の裏ネタも話ます。
    | タレント情報@タレント(芸能人・グラビアアイドル)ウェブログ | 2007/04/07 12:21 PM |
    ハチミツとクローバー
    製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 116分 監督 高田雅博 原作 − 脚本 河原雅彦 、高田雅博 音楽 菅野よう子 出演 櫻井翔、伊勢谷友介、蒼井優、加瀬亮、関めぐみ (allcinema ONLINE) 解説: 幅広い世代の支持を得る、羽海野チカの同名
    | タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2007/01/31 9:26 AM |
    『ハチクロ』DVD
    そういえば12日(金)に『ハチミツとクローバー』の映画のDVDが、出ましたよね。 これもマンガを読んでいたので、どうしても観てみたくなって、映画館まで足を運んだ。 映画のほうは、美大を舞台にした恋の話になって
    | 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2007/01/29 8:51 PM |
    ハチミツとクローバー
     映画(DVD)「ハチミツとクローバー」         (高田雅博:監督/羽海野チカ:原作)    美大生たちの恋と青春。  私は原作を読んでいないんですが、  その青春具合が、なんだかすごく少女マンガっぽい。  いや、これ、よい意味で言ってるんですよ。
    | miyukichin’mu*me*mo* | 2007/01/27 11:04 PM |
    桜井翔の丸秘画像(照)
    桜井翔の丸秘画像をこの前、あるサイトでみつけました。なかなか彼っていい男ですね(照)ジャニーズも捨てたもんじゃないと思いました。
    | ようつべ | 2007/01/17 12:56 PM |
    ハチミツとクローバー
    ハチロク,もといハチクロ
    | Akira's VOICE | 2007/01/16 1:51 PM |
    ハチミツとクローバー
    何気ないことに喜びを分かち合い、たわいもないことで喧嘩した日々。 初めての恋、淡い恋、不器用な恋、終わらない恋、一途な恋…、片想いの楽しさと、みんなと笑い転げるキラキラした瞬間…。 美大を舞台に竹本、はぐ、森田、真山、あゆの5人の若者が繰り広げる青春
    | 象のロケット | 2007/01/07 5:45 PM |
    すぐに使える 片思い脱出のための7つの呪文♪
    女性が高確率で、男をオトせる女性版・禁断の
    | すぐに使える 片思い脱出のための7つの呪文♪ | 2006/12/24 6:03 PM |
    映画のご紹介(167) ハチミツとクローバー
    ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(167) ハチミツとクローバー-青春という言葉を口にするのは 簡単だが、描ききることは 難しい。 映画館で手にしたチラシの中央には、 「恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」 というキ
    | ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/09/29 8:43 PM |
    映画 ハチミツとクローバー
    キラキラとした切なさでいっぱいです。片想いってのが、成長途上の彼らにピッタリ。少し危うくて、限りなく純粋で、まっすぐです。
    | エリ好み★ | 2006/09/24 8:54 PM |
    「ハチミツとクローバー」鑑賞
    布団を変えたらぐっすり。 石塚です。
    | BIGLOBE平社員ブログ | 2006/09/18 10:24 PM |
    『ハチミツとクローバー』・試写会
    今日は某雑誌で当選した 『ハチミツとクローバー』の試写会に行ってきた。 (映画「ハチミツとクローバ
    | しましまシネマライフ! | 2006/09/17 11:12 PM |
    ハチミツとクローバー
     やはり蒼井優はうまい女優さんだと、いまさらながらに再認識した作品。  でも感想としてはそれくらい……。  『NANA』にしてもそうですが、
    | シネクリシェ | 2006/09/17 8:45 AM |
    ハチミツとクローバー
    【鑑賞】試写会 【公開日】2006年7月22日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】高田雅博 【出演】桜井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 【原作】羽海野チカ「ハチミツとクローバー」 浜美大に通う、竹本、はぐ、森田、真山、あゆの5人。ある日、純情
    | caramelの映画日記 | 2006/09/16 10:03 PM |
    【劇場鑑賞74】ハチミツとクローバー(honey and clover)
    人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 僕は、この日のこと、この日から始まったことの全てを忘れ決して忘れないだろ う 僕は、自分が彼女のために出来ることの少なさ、小ささに、愕然としていた 僕が彼女のために出来ること・・・
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/09/16 12:40 PM |
    ボクが彼女のためにできること
    165「ハチミツとクローバー」(日本)  浜美大に通う竹本、真山、あゆの3人は花本研究室で出会った仲間。ある日竹本は花本先生の家で、一心不乱に絵を描く少女はぐと出会う。彼女を見た瞬間恋に落ちてしまう竹本。その頃美大の有名8年生森田が放浪していた外国か
    | CINECHANの映画感想 | 2006/09/16 2:30 AM |
    「ハチミツとクローバー」
    公開初日にはりきって観ちゃいました。事前にネット予約までしてね。でも正解。次の回
    | ロコログ♪ | 2006/09/15 7:10 PM |
    連ドラにした方が映える物語。『ハチミツとクローバー』
    人気コミックを実写版として映画化した作品。美大生たちの恋愛を描いています。
    | 水曜日のシネマ日記 | 2006/09/15 12:50 PM |
    映画「ハチミツとクローバー」
    映画館にて「ハチミツとクローバー」 羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。 原作が大好き。「ハチクロ」といえば、胸キュン、片思いの切なさがキーワード。映画化でどこまであの空気感を出せうるだろう。 登場人物の誰もが片思い。いまどきの大
    | ミチの雑記帳 | 2006/09/15 8:43 AM |
    「ハチミツとクローバー」
     2006年/日本  監督/高田 雅博  出演/櫻井 翔      蒼井 優      伊勢谷 友介  原作が好きなので、ファンとしては楽しみ半分、不安半分といった心境でこの作品を観ました。私は原作のコメディ的な部分が好きなのですが、この映画では青春ラ
    | It's a wonderful cinema | 2006/09/15 1:31 AM |
    『ハチミツとクローバー』
    人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。     ■監督 高田雅博■脚本 河原雅彦・高田雅博■原作 羽海野チカ■キャスト 櫻井 翔、蒼井 優、伊勢谷友介、加瀬亮、関 めぐみ、西田尚美□オフィシャルサイト  『ハチミツとクローバー』 ある日のこ
    | 京の昼寝〜♪ | 2006/09/15 12:03 AM |
    「恋愛寫眞」のような映画。~「ハチミツとクローバー」~
    レディースデイの梅田ガーデンシネマ。10:10。 整理券を発行しますということだったんで 初日はやめたんですが、水曜日なんで30分まえには到着。 圧倒的に女性客だったんですが、ラブ☆コンよりも かなり年齢層が上。(笑)今回は安心して混じりました、ハハハ
    | ペパーミントの魔術師 | 2006/09/14 11:10 PM |
    ハチミツとクローバー
    土曜日に「八戸フォーラム」で観た映画、1本目は「東京フレンズ The Movie」でしたが、2本目に観たのがこの、「ハチミツとクローバー」。去年少女漫画を映画化した「NANA」が大ヒットしましたが、NANAに続くのはハチクロだ!とかいうニュースをちらほらと見
    | 欧風 | 2006/09/14 6:07 PM |
    【 ハチミツとクローバー 】
    美大に通う男女5人を描いた羽海野チカ原作の少女コミックを実写映画化。 少女マンガなんで原作は未読。原作読んでいるとついつい比べてしまうんだよね、思い入れが強いと文句も多くなるし。 大学生とは到底思えないほどの純愛が繰り広げられます、これが少女マンガ
    | もじゃ映画メモメモ | 2006/09/14 1:51 AM |