[ 日本沈没 ]暑苦しいからあっさりに | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
<< [ ミッドナイトムービー ]異端児がメジャーになる | main | [ 水の花 ]妹に殺意を抱いた姉 >>
[ 日本沈没 ]暑苦しいからあっさりに
0
    [ 日本沈没 ]@新宿で鑑賞

    本作は小松左京のベストセラーに目をつけ
    1973年、東宝が日本映画史上最高の5億円という巨額の投
    資を投じて映画化を実現した[ 日本沈没 ]のリメイク作
    品。監督は、2005年[ ローレライ ]で長編監督デビューを
    果たした樋口真嗣。日本全土が崩壊する話だけに、CGや特
    撮映像がハンパじゃない迫力。さすがである。今やメジャ
    ー映画には、欠かせない監督といえるだろう。

    パンフレットの最後のページに、キャストやスタッフ並び
    に協賛、協力会社が紹介されているが、あまりの文字の小
    ささに主人公の名前すら読めない状態である。これだけ見
    ても、本作の規模の大きさがわかるというものである。




    リメイクとは言え、今となってはもう非現実的なことでは
    ない。そうだからか。明らかに前作[ 日本沈没 ]を異な
    るところが目につく。その中でも目立つのが、キャスティ
    ング。

    前作は、内閣総理大臣の山本尚之に丹波哲郎。
    地球科学博士の田所雄介に小林桂樹、深海潜水艇のパイロ
    ット小野寺俊夫には藤岡弘、と日本を代表する暑苦しい俳
    優陣が爛々と見開いた眼光に、血管がくっきりと浮き出る
    ド迫力な演技で人間ドラマを描いていた。

    一方、本作は草なぎ剛を筆頭に、豊川悦司、及川光博、
    石坂浩二と見事なまでに前作とは真逆に位置するような
    薄く、落ち着きのある顔立ちが居並ぶ。

    余談だが、日本沈没の時期や可能性を議論する会議の中、
    トヨエツと石坂の新旧金田一耕助対決が見られるかと思
    っていたが、加藤武(金田一シリーズで警部役)演じる山
    城教授が絡んできて、実現はしなかった。しかし、この
    3人のショットはちょっと面白い。小野寺が稲垣だったら、
    まさに金田一揃いぶみだったのにと、よからぬことを考
    えたりもする。

    そしてもう1つ大きな違いは、地震(沈没)に対して、前
    作の登場人物たちは何一つ行動を起こさなかったのに対
    して、本作は手をこまねいてその日が来るのを待ってい
    るのではなく解決するための策を実行したということだ。

    前作をこの上なく愛していた樋口監督だけに、
    石坂浩二演じる山本総理大臣に「何もしないという選択」
    を語らせる。(この案は、総理が前作で選択した案だった)
    その案を日本は選択しないというのは、総理大臣の死によ
    って、強調して描いている。

    山本総理によって、バトンを渡された大地真央演じる文部
    科学大臣の鷹森沙織。本作は、このように思い引き継いで、
    事を成し遂げるというシーンが多い。
    田所博士の思いを成し遂げようと及川演じる結城が潜水し、
    亡くなった結城のために潜ることを決意した小野寺。

    あえてあっさり薄味の人達をキャストとして選んでいるの
    は、ココ一番という時にだけ心に秘めた思いを言葉より行
    動で表現した時に、きょーれつなインパクトを与えられる
    からではなかったのか。小野寺が、結城を誘い、玲子に告
    白し、母に逢って迷い続けた末に、胸に秘めた潜ろうと決
    意した行動にもそれは現れて、一気呵成に押し寄せる「日本
    沈没」の動きにも似ている。

    命をかけた総理から日本の運命を引継いだ鷹森沙織。愛す
    る人を守るために命をかけて潜水した小野寺から福田麻由
    子の将来を引継いだ阿部玲子(柴咲コウ)。女性が、未来
    を切り開く。この展開はどこかで見たと思ったら、根岸吉
    太郎監督の[ 雪に願うこと ]と同じなのだ。[ 日本沈没 ]
    の脚本家は[ 雪に願うこと ]も手がけた加藤正人だったの
    か。観終わって、そのことを確認して思わず納得した。

    樋口真嗣監督の友人が、目立たぬように出演していたが
    それでも目についてしまう。ガンダムの富野由悠季に、
    [ ローレライ ]の原作者福井晴敏。そういや明和電機
    の土佐信道はトヨエツの横で何度もアップになっていた。
    メジャー作品は、サブキャストでも楽しめる。
    | 映画(日本) | 17:09 | comments(15) | trackbacks(44) |
    コメント
    HARRYさんへ
    コメント&TBありがとうございます。

    これ、上映時に賛否両論だったんですね。
    その中で、HARRYさんは貴重な少数派ですよ。
    (ボクも、その少数派)

    邦画はあまり観ないということですが、最近面白いのでぜひぜひオススメです。

    | アロハ坊主 | 2007/09/26 10:03 AM |
    (*´∀`)こんにちは

    「トヨエツと石坂の新旧金田一耕助対決」とはマニアックな発想ですね(笑)
    流行りモノが苦手で邦画もあまり見なかったんですが、この大作はかなり面白くみれました。

    TBさせて頂きました<(_ _)>
    | HARRY | 2007/09/25 2:43 PM |
    冨田弘嗣さんへ
    いつもコメントありがとうございます。

    前作とは、沈没の理由も異なるし、総理や小野、田所などの役どころも違うし、存在しなかった鷹森という女性大臣も登場している。
    おっしゃる通り、リメイクでもなく原作とはかなりかけ離れた話しになっていますね。失礼しました。

    CGは人が入ってこそ、その迫力を感じるものかもしれませんね。でも重要文化財や日本を象徴する建物がつぶれいく様には見とれました。

    では、またよろしくお願いします。
    | アロハ坊主 | 2006/08/21 11:58 PM |
    トラックバック、ありがとうございます。本作はリメイクではありませんね。また、小松左京原作でもありません。「日本沈没」という名を借りた別作品です。1999年の公開を目指していたのですが、間に合わず、2006年という中途半端なことになった。確かにCGは素晴らしいけれど、美しいのはどうしてなんでしょう。まるで絵葉書みたいにじっとして。手作り感はなくなり、こういうパニックものがこれから席巻するのでしょうか。大魔神の新作も期待するのですが・・・CGの嵐にして、人っ気のない映像にはしてほしくないと思う一人です。
    読ませてもらい、ありがとうございました。  冨田弘嗣
    | 冨田弘嗣 | 2006/08/21 12:39 AM |
    hana_busa♂さんへ
    TB&コメントありがとうございます。

    あんまり褒めないでくださいね。勘違いしちゃいますから。hana_busa♂さんのもんじゃもイカシマスよ。笑っちゃいました。

    >日本以外全部沈没も気になってます。

    僕も、筒井原作の例の作品気になっています。藤岡弘、が出演するなんて見逃すわけにはいきませんね。
    | アロハ坊主 | 2006/08/20 12:58 AM |
    はじめまして。
    検索して訪問させて頂きました。
    アロハ坊主さんの豊富な知識からくる
    観察力や視点がとても秀逸で、興味深く
    記事を読ませて頂きました!
    日本以外全部沈没も気になってます。
    また訪問させて頂きます。
    | hana_busa♂ | 2006/08/19 12:34 PM |
    >まりさんへ
    どうもコメントありがとうございます。

    アメリカ映画では、見飽きた感のあるCGですが日本でもこれだけのことができるということでは、力作ですね。
    ぜひまた、CG系スペクタクル観てください。

    >映像秘宝館さんへ
    コメントありがとうございます。

    なかなか粋なお名前ですね。
    「秘宝館」好きの僕としては、目が止まってしまいました。
    監督は、本作では人が災害によって死に行く様をあまり描きたくなかったという思いがあったらしく、人が押し潰されるようなシーンはほとんどなかったですから。ちと盛り上がりませんでしたね。
    | アロハ坊主 | 2006/08/19 12:34 PM |
    トラバありがとうございます。 新作「日本沈没」は、特撮はいい出来でしたが…どうも内容的にいまいちでした。 恋愛映画を期待していたのではなく、沈没描写に期待していたのですが…。
    | 映像秘宝館 | 2006/08/18 1:39 AM |
    こんにちは。TBありがとうございました。
    レビュー、とても面白く拝読させていただきました。
    私は映画を見るのは好きですが、あまり詳しくないので、ひとつひとつ教わるように読みました。
    作品に関しては、私も楽しんで見ることができました。
    特に、CGが軽く見えない仕上がりになっているところが良かったです。
    | まり | 2006/08/17 11:50 PM |
    >yama_eighさんへ
    cocologの不安定なシステムが原因でしょうね。
    致し方ないですが、あきらめます。

    またコメント残します。

    >もじもじ猫さんへ
    いつもありがとうございます。

    この手の壮大スペクタクルドラマは、楽しまないとソンです。[ ローレライ ]で樋口監督はかなり苦渋をなめていると思いますから、同じ過ちは二度と起こさないと思っちょりました。前作よりは、かなり頑張っていると思います。

    >猫姫少佐現品限り
    いつもありがとうございます。

    猫姫嬢が、珍しく褒めているのがちょっとうれしいですね。ちょっと意外でした。このあっさりが物足りなさで伝わっている人には
    ちともったない事ですね。

    また、よろしくお願いします。


    | アロハ坊主 | 2006/08/17 11:32 PM |
    こんばんは!TBありがとうございました。
    金田一そろい踏み、見たかったですが、この映画は、おっしゃるように、ツヨポンの「あっさり薄味」が故の悲壮感、決意、翻意の重さという部分を理解できず、ちゃかすばかりのレビューに、怒りさえ感じています。
    一番重要なメッセージは、全部沈まなかったところにあると思っていますが、これさえも「沈没じゃない」という批判にしかなっていないですね。
    ま、あたしはいつも、皆さんと意見が食い違うことが多いので、良いんですケド、、、
    またよろしくお願いしますね。
    | 猫姫少佐現品限り | 2006/08/17 10:57 PM |
    こんにちは〜。
    好評が少ないのでうれしいです〜。
    友人が書いてましたが「ハリウッドだとちゃっちいCGやクサイ演出でも絶賛するくせに、日本映画にはウルサイ人多すぎ。楽しめたらいいじゃん」だと思うなぁ。
    ゴローちゃんも入れて金田一対決、で爆笑してしまいました。
    TBさせていただきます。
    | もじもじ猫 | 2006/08/17 10:11 PM |
    > yama_eighさんの
    > [ ゆれる ][ やわらかい生活 ]のレビューに
    > TBを何度か試みましたが、エラーになって
    > しまうんですよね。

    あー、そりゃすんません。ウチの cocolog、ここんとこ障害多いんですよ。一応確かめましたけど、いずれもコメント/TBを受けつける設定にはなってます。何が原因なんでしょ。

    実は僕の記事から他の人のブログにTBできないままのケースも2例あるんです。

    ま、お互い諦めるしかないですかね。
    | yama_eigh | 2006/08/17 12:38 AM |
    yama_eighさんへ
    どうもご無沙汰しております。

    yama_eighさんの
    [ ゆれる ][ やわらかい生活 ]のレビューに
    TBを何度か試みましたが、エラーになってしまうんですよね。

    不評の多いこの作品に、まさかコメントとTBを頂くとは夢にも思いませんでした。

    本作は、ボクの周りでも褒めているのは少ないですね。登場人物もクサナギとシバサキという若い2人だけでなく、ダイチに、トヨエツ、イシザカと描く人が多いので、もう一つ誰に感情移入したらよいか観客もわからないんでしょうね。

    ちょっと視点で変えたら、面白いと思うんですけどね。
    | アロハ坊主 | 2006/08/16 9:56 PM |
    ありゃりゃ、褒めてますね、アロハ坊主さん。
    客は入ってるんだけど、この映画褒める人少ないんですよね。我々「内輪」の中にもあまり見かけない(てなこと言いながら、僕も一応褒めてる人間のひとりなんですけど・・・)。

    で、暑苦しい顔とあっさり薄味の顔の対比とか、金田一耕助対決にちゃんと気づいているところとか、さすがアロハさんという感じなんですが、今回の記事で一番びっくりしたのは『雪に願うこと』に通じるという指摘!

    なるほど、そう来たか・・・。
    脚本家が同じであることには僕も気づいてましたが、共通点は見つけられませんでした。
    うーん、目からナマコが剥がれ落ちました。
    | yama_eigh | 2006/08/16 9:15 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/531790
    トラックバック
    日本沈没
     『いのちよりも大切なひとがいる。1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――』  コチラの「日本沈没」は、今週末7/15公開になる小松左京の同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきましたぁ〜♪実を言うとあんまり期待してなかったのですが、予想に反してかなり
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/01/10 9:06 PM |
    日本沈没
    これね、凄かったですよ! 自分の「アンチ流行モノ気質」を後悔させられた作品でした。 劇場で、このド迫力映像を感じたかったです!!!!( ̄□ ̄;)!! 日本沈没監督:樋口真嗣出演:草なぎ剛 , 柴咲コウ , 豊川悦司 , 大地真央
    | !!!HAPPY HARRY HAPPY !!! | 2007/09/25 2:28 PM |
    「日本沈没」 (2006年版)
    「てめえは馬鹿か、・・・・・・  いいか、よく聞け!・・・・・・   富士山の大噴火と共に、日本は一気呵成に沈んでいくんだ!」
    | 取手物語〜取手より愛をこめて | 2007/09/24 9:51 PM |
    福田麻由子 画像
    福田麻由子、天才子役はすでに女優の予感。。画像 ブログをチェック♪
    | グラビアアイドル タレント芸能情報 福田麻由子 画像 サイト内検索 | 2007/06/20 4:04 AM |
    「Little DJ 〜小さな恋の物語〜」福田麻由子(まゆこ 真由子)、神木隆之介(龍之介)
    「Little DJ 〜小さな恋の物語〜」福田麻由子(まゆこ 真由子)、神木隆之介(龍之介)13歳・神木隆之介(龍之介)と12歳の福田麻由子(まゆこ 真由子)が初恋…名子役同士の競演となるわけだが、子役のつぶれる時期といわれる成長期にチャンスを与...
    | 映画村 | 2007/06/19 2:34 PM |
    debt management
    たまに来ますのでよろしくお願いします。
    | debt management | 2006/09/27 6:07 AM |
    「日本沈没」
    草彅剛さん、柴咲コウさんが出演している「日本沈没」をだいぶ前になってしまいましたが、観てきました。
    | 明日は明日の風が吹く | 2006/09/24 9:33 AM |
    日本沈没 東宝的様式美は、パニックをラブストーリーに変えた。
    タイトル:日本沈没/東宝 ジャンル:切ないラブストーリー+パニック/2006年/135分 映画館:三番街シネマ1(614席) 鑑賞日時:2005年8月XX日 満席・売り切れ 私の満足度:65%  オススメ度:65% 今年の1月、京都東宝・スカラ座のさよなら上映でみた オリジナルの「日
    | もっきぃの映画館でみよう | 2006/09/18 10:50 PM |
    casino poker
    たまに来ますのでよろしくお願いします。
    | casino poker | 2006/09/13 5:47 AM |
    日本沈没
    「日本沈没」(2006) 「ローレライ」「亡国のイージス」を手がけた樋口真嗣監督の最新作は、小松左京原作の映画のリメイクだった。草彅剛、柴崎コウ主演、感動のラブストーリー超大作!!のはずが・・・。ひと夏のハッタリ話題作として、何年かあとにはキレイに記憶か
    | 泥海ニ爆ゼル | 2006/09/05 12:45 PM |
    33年前の日本沈没
    現在絶賛上映中の主草〓剛主演の「日本沈没」では無い。今を去る事33年前、昭和48年に封切られて一大ブームを巻き起こした、元祖「日本沈没」である。昨夜、日本映画専門チャンネルでやっていた。 最初「大昔の日本のパニック映画て、そんなん子供騙し...
    | しっとう?岩田亜矢那 | 2006/09/02 11:18 PM |
    日本沈没
    映画『日本沈没』を観た。 草彅剛、柴咲コウがダブル主演し、この夏話題の日本映画大作。監督は『ローレライ』の樋口真嗣、他の出演は豊川悦司、大地真央、及川光博など個性的な出演者も多く、21世紀らしい作品に仕上がっている。 日本SF小説の黎明期を代表する小松左
    | あ〜るの日記@ココログ | 2006/09/02 1:11 PM |
    真・映画日記(2)『日本沈没』
    (1から) 16時50分に映画館を出る。 TSUTAYA渋谷店でとある監督の短編作品を借りる。26日と27日で半額デーをやっているので210円で借りられた。 銀座に出て18時50分までDELLのパソコンレンタルで時間を潰す。 19時から喫茶店「ルノアール」の会議室で行われて
    | CHEAP THRILL | 2006/09/02 8:44 AM |
    日本沈没
     今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
    | ネタバレ映画館 | 2006/08/28 10:27 AM |
    日本沈没 (昭和48年・1973)
    日本沈没小松左京 橋本忍 森谷司郎 東宝 2003-09-25 沈む帝国、焼け...
    | Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters | 2006/08/27 10:49 AM |
    日本沈没(2006)
    三番街シネマ とても書きにくい映画を観た。私はすべてを書いているわけではないが、少しだけ書かせてもらいたい。  前作は未曾有の制作費1億円をかけた。興行収益は40億だった。もう30年以上前のことであ
    | 活動写真評論家人生 | 2006/08/21 12:33 AM |
    【劇場鑑賞71】日本沈没
    「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」 「守りたい人がいるんです。 奇跡は起きます。起してみせます!」 国土だけではなく、心まで失ってしまうのか? 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/08/21 12:15 AM |
    日本沈没
    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  日本が消える・・そのとき人の心は・・・  
    | カリスマ映画論 | 2006/08/20 11:59 PM |
    日本沈没
    出演者 【主演】草なぎ剛、柴咲コウ 【出演者】及川光博・福田麻由子 吉田日出子 柄本明 ・ 國村隼 石坂浩二(特別出演) / 豊川悦司 大地真央 スタッフ 【原作】小松左京(小学館刊) 【脚本】加藤正人 【監督】樋口真嗣 【特技統括/監督補】尾上克郎 【特技監督
    | FREQUENCE. | 2006/08/20 9:43 PM |
    日本沈没
    樋口監督の日本沈没 2006年夏 -すべて消える- Xデーは338.58日後? 武道館での試写会だったので コンディションは、私がいつも見ている 映画館とは比べ物にならない状況だったので 判断しにくいところもあるのだけど 想像してたよりは 出来はよくなかった
    | ALBEDO0.39 | 2006/08/20 8:32 PM |
    日本沈没(2006公開版)
    公開早々、あまり良い評判を聞かないこの映画。( ^ _ ^; ともかく観てみないとね。 地球科学博士・田所は海底プレートの急速な沈降により 日本列島が1年経たない内に沈没することを知る。 田所は懸命に日本の危機を訴えるが、政府の要人たちは聴く耳を持たない。
    | 映画、言いたい放題! | 2006/08/20 10:25 AM |
    「日本沈没」
    映像はすごいです!!   このごろの邦画もVFX(CG)は、 素晴らしい進歩ですね〜(^^)   …でも、、、 なんだか物足りないんです。
    | しんのすけの イッツマイライフ | 2006/08/19 10:37 PM |
    「日本沈没」(2006)
    「日本沈没」 リメイク作品の宿命として、観客の期待度、ハードルが高く、 誰が製作・監督しても満足することはないでしょう。 その点で言えば、昨年の「戦国自衛隊」に比べれば、概ね満足出来る内容である。 「ローレライ」公開前、フジテレビ・亀山プロデューサー
    | わたしの見た(モノ) | 2006/08/19 12:58 PM |
    『日本沈没』
    感動度[:ハート:][:ハート:]       06/07/15公開   (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]  満足度[:星:][:星:] 【監督】樋口真嗣 【脚本】加藤正人 【原作】小松左京(小学館刊) 【出演】 草?剛/柴咲コウ/及
    | アンディの日記 シネマ版 | 2006/08/18 5:54 PM |
    2006年の「日本沈没」
    注・物語に触れています。1973年版と2006年版「日本沈没」の大きな違いは33
    | 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2006/08/18 1:33 PM |
    日本沈没/試写会
    日本沈没   http://www.nc06.jp/ 製作:濱名一哉 監督:樋口真嗣    特技監督:神谷誠   特技統括/監督補:尾上克郎  原作:小松左京    脚本:成島出、加藤正人   音楽:岩代太郎 出演:  小野寺俊夫:草彅剛     阿部玲子(ハイパーレス
    | 如意宝珠 | 2006/08/18 9:25 AM |
    映画「 日本沈没 」鑑賞
    何処に丹波哲郎( 友情出演 )が出ていたのか?全く気が付きませんでした!'73年版「 日本沈没 」では、多くの国民を救おうと、必死に奔走する内閣総理大臣を熱演してくれましたが、まさか!故人としての写真1枚だけの出演とは・・・!( 苦笑 ) 「 私はガメラ
    | C級セールスマン講座 | 2006/08/18 8:09 AM |
    日本沈没
    日本は島国・単民族国家である。その日本に住む日本人にとって、考えたくもない究極の恐怖とは、おそらくこれ以外にないだろう。『国土がなくなる』 難民となっても、帰ることができるふるさとがないのだ。
    | 八ちゃんの日常空間 | 2006/08/18 6:05 AM |
    それは近い将来かもしれない・・・
    163「日本沈没」(日本)  地球科学博士の田所雄介は深海調査などで得られた結果から驚愕の真実を知る。海底プレートの急速な沈降で日本列島は1年以内に沈没するというもの。事態を重く受け止めた内閣総理大臣・山本尚之は鷹森沙織を危機管理担当大臣に任命する。
    | CINECHANの映画感想 | 2006/08/18 12:37 AM |
    シネマ日記 日本沈没
    洋画のパニック映画は、身近な所じゃないので「安心して」見ていられるのですが、邦画となると現実感が増し、不安を掻き立てられます。言うまでもなく、日本各地の被災シーンは、
    | skywave blog | 2006/08/18 12:06 AM |
    日本沈没 (2006) 135分
     ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとしなかっ
    | 極私的映画論+α | 2006/08/18 12:04 AM |
    「日本沈没」天災に襲われた時にできる事は何なのかを考えさせてくれた
    「日本沈没」は33年前に映画化された「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、この映画を通じて未来にありえる事と地震、津波、洪水など未曾有の事態をより考えさせてくれた作品でもある。
    | オールマイティにコメンテート | 2006/08/17 11:58 PM |
    ★日本沈没@品プリ AND グランドセントラルオイスターバー&レストラン:7/19LD
    1年ほど前から映画館に映画を見に行くことが好きになって、選り好みしながらも色々見
    | 映画とアートで☆ひとやすみひと休み | 2006/08/17 11:38 PM |
    日本沈没 06年151本目
    日本沈没          1973年版こちら 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSFなんだ
    | 猫姫じゃ | 2006/08/17 10:47 PM |
    『日本沈没』
     「ちょっとちょっとおみゃあ〜さん。この日本沈没って映画のポスター、たんとあるねぇ〜」  「本当にねぇ〜。北海道、東京、京都、大阪、九州・・・あれ?うちらの在所がないでいかんわ〜」  「そりゃいかんがね。うちらの在所は日本の中心。名古屋飛ばしたらそら
    | 映画大陸 | 2006/08/17 10:35 PM |
    「日本沈没」
    試写会にて。 何気なく行ったら、 監督と主題歌を歌うソンミンさんの挨拶付きでした。 どうりで手荷物チェックされるはずだ。 前作は、もしかしたら観てるかも、 ぐらいで、 原作は多分中学時代に読んでるはずですが (SFにはまっていた) すっかりお話は忘れてました
    | もじもじ猫日記 | 2006/08/17 10:11 PM |
    日本沈没/草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司
    現代の最新のCG技術を駆使してのリメイクなので娯楽大作としてのパニック映画と勝手に思い込んでいたんだけど、フタを開けてみればヒューマンドラマとしてとても見応えのある作品でした。そもそもこの物語にラブストーリーを加えるのってどうよ?と懐疑的だったんだけど
    | カノンな日々 | 2006/08/17 10:02 PM |
    映画:日本沈没 試写会
    日本沈没 試写会@イイノホール 「富士山の大噴火とともに日本は一気呵成に沈むんだ」 「ザ・コア」とか「デイ・アフター・トゥモロー」系?実は「日本沈没」よりも「日本以外全部沈没」の方に断然興味があるのですが、比較のために観てきました。 映像はちょ
    | 駒吉の日記 | 2006/08/17 4:33 PM |
    日本沈没
    公開:2006/07/15(07/17)監督:樋口真嗣原作:小松左京出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/08/17 11:18 AM |
    『日本沈没』
    ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって小松左京のベストセラーだよね。 日本列島が沈没・消滅すると言う タイトルそのままの物語。 確か1973年にも映画化されている。 「うん。でも時代
    | ラムの大通り | 2006/08/17 10:51 AM |
    日本沈没(2006年)
    タイトル 日本沈没 ---感想--- 1973年の作品「日本沈没」のリメイク。このところ大災害が多く、災害に関する関心が高まっているところですが、昨今の科学的知見、観測方法の進化を背景にシナリオの内容が更新されています。 この手の映画には付きものの自衛隊のほか
    | 勝手に映画評 | 2006/08/17 8:54 AM |
    日本沈没
    NHKホールでの試写会。 初めて入ったけど、かなり豪華。 ホールとしては大阪で屈指の規模と設備でしょう。 椅子もゆったりしていて、かなり観やすかった。 そして今回は全国5ヶ所同時試写会という事で、東京・日本武道館からの舞台挨拶生中継があった。 ミニラ
    | 日常の履歴 | 2006/08/17 6:27 AM |
    『日本沈没』・試写会
    今日は東宝のウェブサイトで当選した 『日本沈没』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
    | しましまシネマライフ! | 2006/08/17 2:13 AM |
    『日本沈没』完成披露試写会
    【5月29日特記】 「『日本沈没』日本全国縦断 完成披露プレミア試写会」@日本武道館に行ってきました。ま、仕事の一環として。 インドネシアで大地震があった翌日です。タイムリーと言うべきなのか不謹慎と言
    | trivialities | 2006/08/16 9:05 PM |