CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ インプリント ぼっけえ、きょうてえ ]ジャパニーズ・ホラー | main | 文月シネマ(2006) >>
[ やわらかい生活 ] バカ殿、最高やわ!
0
    [ やわらかい生活 ]@渋谷で鑑賞

    2003年、僕のおすすめ邦画は[ ヴァイブレータ ]だった。

    本作[ やわらかい生活 ]も、あの[ ヴァイブレータ ]
    廣木隆一監督×脚本荒井晴彦に、そして主演はもちろん寺
    島しのぶの強力チーム。見逃すわけにはまいりませぬ。

    今回、寺島しのぶが演じるのは一流大学企業、一流企業の
    総合職でバリバリのキャリアウーマンだった女性、橘優子。
    前作同様に、心に病を持っている。

    [ ヴァイブレータ ]では、行きずりではあるが、壊れた
    自分を支えてくれる男性との関係を寺島しのぶ演じる主人
    公の早川玲の視点で描いていた。しかし、本作は橘優子を
    中心に、彼女をとりまく男性たちを客観的な視点で見せて
    いる。だからなのか。映画に奥行きがある。

    冒頭から中盤まで、橘優子は非常に元気な女性で、つらい
    ことなんてこれっぽちもないような雰囲気を漂わせる。実
    は、彼女はソウ状態だったのだ。この時に出会う男たちは、
    心に病を持っていたり、変な趣味を持っていたりする人ば
    かり。建築家k(田口トモロヲ)は、趣味のいい痴漢だし、
    大学の同級生の議員本間(松岡俊介)はED。そしてチンピラ
    の安田(妻夫木聡)は、うつ病やくざ。彼らは、どこか優子
    と同じにおいがするのかもしれない。だからこそ、親しく
    なる。だからこそ、自分の弱み(本音)も素直に優子に話せ
    ちゃうのだろう。前半は、「やわらかさ」なんて微塵も感じ
    なかった。

    そして、中盤から終盤にトヨエツ演じるいとこの祥一が登
    場する。祥一の父(柄本明)が優子に「あとで、バカ殿に送ら
    せるから」と言った後、寺島しのぶと豊川悦司のアメ車の乗
    っているシーンは笑ってしまった。まさにこれはバカ殿やわ。
    そしてこの姿が、彼のノー天気ぶりを見事に表している。

    祥一のマイペースなノー天気ぶりは、今まで彼女が出逢った
    男たちとは、全くの正反対。今は祥一とは微妙な関係にある
    優子だったが、ソウ状態のため、2人ではしゃぎまくる。
    しかし、突然ウツ状態に。最初はびっくりするものの、それ
    でも、祥一は甲斐甲斐しく世話をする。あの祥一の姿を見た
    ら、女性なら“こんな男ならそばにいてほしい”とたぶん思
    うことだろう。男のぼくでも、ちょっと惚れてしまいそうだ。
    (本気じゃないが)

    少し群像劇っぽいストーリーだが、本当は祥一と優子の関係
    を際立たせるために、建築家kやうつ病やくざ、議員本間を
    登場させたのかと後半になってわかる。

    同じニオイをする人(仲間)と思うと、本音を話すが、
    好きな相手なら、どうでもいいことでも嘘をついてしまう。
    これも1つの対比だったのかも。

    ハタから見ると、たいしたことでもないが2人(いや祥一に)
    とっては非常に大切なことである。

    祥一が「縁日ですくった」といって優子の家に金魚を持ち帰る。
    実は、店で買ってきたのを優子は後で知ることになる。この
    あとで知るということで、優子は祥一の性格や思いを改めて
    わかるのである。このシーンは、ほんとうに心が暖まる。
    ここにきて、ようやく「やわらかない生活」の意味を知る。

    監督は、優子と男との二人の会話はほとんどがワンショット
    の長回し。優子に関わる男たちの関係は、今回一番大切なポ
    イント。上のようなエピソードも観客に伝わるか伝わらない
    か、空気を映し出せるかにかかっている。だからこそのショ
    ット。

    昔、いつかは忘れたがオトンが僕にぼそっと言ったことがある。
    「今まで頼っていた人たちがいなくなって始めて、これからは
    自分でやらなあかんと思うんや。そこには別に「ねばならない」
    はない。必然だから。なるようになるという考え方に近いかも
    しれない」。

    ウツ病の人には、「頑張れ!」という言葉が一番辛いと聞く。
    だからこそ「頑張らないでいいよ!」という言葉は心に響く。

    ラストは、つらい別れではなく優子の新しい人生のはじまり
    を予感させる、別れだったのだ。
    | - | 23:25 | comments(11) | trackbacks(27) |
    コメント
    miyukichiさんへ
    コメントありがとうございます。


    >>女性なら“こんな男ならそばにいてほしい”と
     たぶん思うことだろう。

    > ええ、まさにそのとおりです(笑)
    > あの優しさに、包まれたいですー。

    でも、現実は優しさだけでは生きていけないですよね。そこが男としては、せつないんですけど・・。
    そんなことを感じる今日このごろです・・・。
    | アロハ坊主 | 2007/08/25 2:32 PM |
     こんばんは♪
     TBどうもありがとうございました。

    >女性なら“こんな男ならそばにいてほしい”と
     たぶん思うことだろう。

     ええ、まさにそのとおりです(笑)
     あの優しさに、包まれたいですー。

     ラスト、私にはあまりにやりきれないものでした。
     あのあと優子が「新しい人生」をはじめていることを
     祈りたいです。
     
    | miyukichi | 2007/08/24 10:14 PM |
    kimion20002000さんへ
    いつもコメントありがとうございます。

    >この役を、こんなさまざまな表情で演技できるなんて、トヨエツすごいですよ。
    本当に、「LOFT」なんかより、こっちがいいよ(笑)

    変幻自在ですね。ノー天気が、嫌味ではなく癒されますね。ほんと「LOFT」なんかよりよっぽどですね。
    | アロハ坊主 | 2007/04/18 12:52 PM |
    TBありがとう。
    トヨエツのバカ殿すごくよかったねぇ。
    この役を、こんなさまざまな表情で演技できるなんて、トヨエツすごいですよ。
    本当に、「LOFT」なんかより、こっちがいいよ(笑)
    | kimion20002000 | 2007/04/16 10:57 PM |
    カオリさんへ
    コメント&TBありがとうございます。

    >恋人ではないけれど、その二人にしかわからない、男女の仲。奥深い映画だと思います。

    大人ならではのつきあいですね。
    ラスト、結ばれなかったのがちと残念ですね。
    | アロハ坊主 | 2006/09/10 10:47 AM |
    トヨエツの「バカ殿」ぶり、よかったですね〜
    あのクルマや、どう見てもおかしげな服装、尾崎豊の熱唱。

    恋人ではないけれど、その二人にしかわからない、男女の仲。奥深い映画だと思います。
    | カオリ | 2006/09/10 2:19 AM |
    こんにちは〜。
    こちらにもTBさせていただきます。
    祥一の車に目をつけたのは、私だけじゃなかったのねっ。
    あんな車、田舎でも東京でも、乗ってる時点で道をはずれてますよね。
    ウツに「がんばれ」はマジ禁句です。底なし沼のさらに深いトコに沈められる気分になります。
    | もじもじ猫 | 2006/08/17 10:22 PM |
    koyashikiさんへ
    どうもご無沙汰です。

    すみませんね。
    いろいろお気遣いいただいて。
    koyashikiさんの楽曲提供した群青いろの
    [ 鼻歌泥棒 ]観れなかったんですよね。
    今、かなり後悔しています。
    群青いろのサイトをチェックして、公開
    には必ず観ます。その時は、またレビューします。では、またよろしくです。
    | アロハ坊主 | 2006/08/16 9:41 PM |
    こんばんわ!!
    お久しぶりです。TB有り難うございますー。
    いや、実はですね。アロハ坊主さんの記事はタイムリーに読んでいたのですが、お忙しそうでしたし、なんだか書きそびれてしまっていたのでした。失礼しました。
    そしてアロハ坊主さんの記事読んでると「やっぱこの人、おれと似たような映画好きなのかなあ」(感性が似てるといいましょうか、アンテナが近いといいましょうか)とか思ったりします。勝手に僕が思ってるだけかも知れませんが(笑)。ポールハギス監督の『クラッシュ』とか、『嫌われ松子の一生』の記事も検索して読ませてもらったりして思いました。

    この映画についてはラスト、その意味に於いて僕とは違った感じ方をされているところが面白いですね。

    今度からはちゃんとリアルタイムに書き込みにきますね〜♪
    | koyashiki | 2006/08/16 3:14 AM |
    パピのママさんへ
    コメントありがとうございます。

    トヨエツって、祥一のようなヤサ男役をさせたら、
    日本では超える人はいないんじゃないでしょうか。
    [ やわらかい生活 ]でそれを証明してくれた気がします。
    [ 日本沈没 ]ではどんな役なのか。
    未見なので楽しみです。
    | アロハ坊主 | 2006/08/07 12:57 AM |
    こんばんは!、TB有難うございました。
    祥一=殿=トヨエツ、演技最高です。今まで余り好きな俳優さんではなかったのですが、見直しました。
    こんなふうに、優しい男性にお目にかかったことが無かったので、映画の話とは言え好きになりました。
    ラストがね!、殿も悩んでいたのね!。
    | パピのママ | 2006/08/05 10:42 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    やわらかい生活
     『それとな〜く幸せ』  コチラの「やわらかい生活」は、「ヴァイブレーター」の廣木隆一監督、寺島しのぶ主演が再びタッグを組んだヒューマン・ドラマです。  あたしは、「ヴァイブレーター」にずど〜んとヤラレちゃったので、本作も期待しちゃったのですが、ん
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/01/18 8:40 PM |
    『やわらかい生活』'05・日
    あらすじ一流大学卒→大手企業総合職と、キャリア街道を突き進んできた優子(寺島しのぶ)だが両親と親友の突然の死をきっかけに、うつ状態へ落ち込む。趣味のいい痴漢に出会い、東京の端っこ蒲田に越してきたことで、うつ病のやくざ元同級生でEDの議員、いとこ祥一が
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2007/10/24 10:04 PM |
    やわらかい生活 [Movie]
     映画 「やわらかい生活」     (廣木隆一:監督/      絲山秋子:原作「イッツ・オンリー・トーク」)  やわらかい生活 スペシャル・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る  昨日深夜に放映されていたのを観ました。  (その前
    | miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/22 10:31 PM |
    寺島しのぶ フランス人と挙式
    寺島がフランス人と挙式したね。 寺島しのぶの入籍記者会見時の動画だ。(youtu...
    | newsの星をめざして〜ジャニーズじゃないよ〜 | 2007/04/30 9:13 AM |
    mini review 07040「やわらかい生活」★★★★★★★☆☆☆
    カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 時間 : 126分 公開日 : 2006-06-10〜 監督 : 廣木隆一 出演 : 寺島しのぶ 豊川悦司 松岡俊介 田口トモロヲ 妻夫木聡 大森南朋 柄本明 肉親や恋人、友人を失い、すべてに無気力になり、
    | サーカスな日々 | 2007/04/11 12:54 PM |
    先生にはしつこいぐらいの質問が重要 【心療内科 カウンセリング@情報部屋】
    【心療内科 カウンセリング@情報部屋】心療内科の先生にはしっかり自分の意思を伝えることは重要です。心療内科の先生も一人一人の患者さんを完璧に把握しているわけではありません。Aさんは、昨年の夏にそれまで3年ほど通っていた病院から転院しました。前の病院で
    | 心療内科 カウンセリング@情報部屋 | 2007/03/23 1:22 AM |
    ★やわらかい生活
    「愛ルケ」コンビの豊川さんと寺島しのぶ主演 「やわらかい生活」のDVDをやっと観る。 豊川さんのスタイルが抜群にイイ。 笑顔もいっぱいでてくるし、豊川ファンは かぶりつきの作品だ。 寺島しのぶも、ナチュラルでいい。 「愛ルケ」のような究極の性
    | 月影の舞 | 2007/02/22 12:16 PM |
    心理テストってどうよ? 【心療内科 カウンセリング@情報部屋】
    【心療内科 カウンセリング@情報部屋】心理テスト強制ではありませんが、了解を得た上で行なうこともあります。心理テストは、患者様自身の性格傾向や考え方の特徴、落ち込んでいる度合いなどを客観的に捕らえて、今まで気づかなかった自分の部分(性格や心理状態)に
    | 心療内科 カウンセリング@情報部屋 | 2006/12/19 2:14 AM |
    やわらかい生活(~_~)寺島しのぶがいい!
    滋賀会館シネマホールにて《やわらかい生活》を鑑賞。京都で上映の際、観に行けなかったので・・・・。大津まで観に行った。原作は絲山秋子、「沖で待つ」と言う作品で第134回芥川賞受賞した39歳の若手作家そして主演は寺島しのぶ33歳孤独で自然体、魅力的なヒロ
    | 銅版画制作の日々 | 2006/11/12 3:05 PM |
    『 やわらかい生活 』
     公式サイト 映画 『 やわらかい生活  』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【6月10日ロ−ドショー】[上映劇場 ] 監 督:廣木隆一 脚 本:荒井晴彦 原 作:絲山秋子  『イッツ・オンリー・トーク』 [ キャスト ]  
    | やっぱり邦画好き… | 2006/09/14 1:50 PM |
    「やわらかい生活」を観た!
    渋谷のシネ・アミューズという映画館で、寺原しのぶ主演の「やわらかい生活」を観ました。東急本店の前にある初めて行った映画館ですが、比較的小規模で椅子もよく、しかも観やすいなかなかいい映画館でした。寺島しのぶ主演の映画は、数年前に、「赤目四十八滝心中未遂
    | とんとん・にっき | 2006/09/13 7:29 PM |
    やわらかい生活(06・日)
    原作が、絲山秋子と知って俄然見たくなった。 こないだ「沖で待つ」で芥川賞を取った作家。この小説は読んでいたが他の作品は知らない。 エンド・クレジットを見て、デビュー作「イッツ・オンリー・トーク」の映画化とわかった。 優子(寺島しのぶ)は早稲田大学を
    | no movie no life | 2006/09/10 2:16 AM |
    映画「やわらかい生活」
    30歳過ぎて独身、躁鬱女性の柔らかくない都会の片隅での生活、身に降りかかる不幸に嘘で対抗する、そんな彼女に優しい嘘の得意な男が現れる。 優子(寺島しのぶ)は大企業総合職のキャリアだったが、両親を火事で亡くしたのを阪神大震災と嘘をつき、同僚だった
    | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/08/19 11:22 AM |
    「やわらかい生活」
    蒲田といえばユザワヤでしょう と思っていたら、ぼんやりと後ろを走り抜ける自転車のカゴにユザワヤの紙袋が。 そうきましたか。 優子の周りには死がいっぱい。 みなし子になって親友も失ってオトコも失った。 ココロのバランスが崩れても仕方が無い、 というよりも、
    | もじもじ猫日記 | 2006/08/17 10:22 PM |
    やわらかい生活
             やわらかい生活(2006年、松竹映画) http://www.yawarakai-seikatsu.com/ 監督:廣木隆一  原作:絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」 出演:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、大森南朋、他        
    | ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2006/08/14 11:10 PM |
    やわらかい生活
    「やわらかい生活」(2005) 「ヴァイブレータ」で高い評価を受けた廣木隆一監督と女優の寺島しのぶ。今回は、現代の女性像を異なった視点から切り取る。豊川悦司、田口トモロヲ、松岡俊介、妻夫木聡なども出演。原作は絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」。 京都
    | 泥海ニ爆ゼル | 2006/08/10 10:56 PM |
    やわらかい生活
    2005年製作 2006年6月10日 劇場初公開 公式サイト: http://www.yawarakai-seikatsu.com/ 渋谷シネアミューズ・ウエスト 2006年6月21日(水)1時15分の回 ゴウ先生総合ランキング: B-   画質 (ビスタ): B+   音質 (ドルビーデジタル・ステ
    | 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/08/06 4:40 PM |
    やわらかい生活
    魅力的なニューヒロイン"橘優子"の難役に挑んだのは、『ヴァイブレータ』で各賞を総なめし、『大停電の夜に』など出演作が目白押しの演技派女優寺島しのぶ。35歳、男なし、金なし、仕事なし... だけれど、孤独を受け入れ、自然体で生きている、新しい女性像を見事
    | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/08/05 10:43 PM |
    やわらかい生活@シネ・アミューズ
    阪神淡路大震災で両親を亡くしたといい、地下鉄サリン事件では恋人を、ニューヨーク9.11事件では友人を失った35歳独身無職の橘優子。出会い系サイトで知り合った建築家kと合意の上で痴漢プレイをした。それがおこなわれた場末の映画館のある鎌田を気に入り、彼女はそこ
    | ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2006/08/05 12:10 PM |
    やわらかい生活/寺島しのぶ、豊川悦司
    『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督と寺島しのぶさんのコンビに、今回は共演に豊川悦司さんを迎えての第二弾。出演は他にも松岡俊介さん、田口トモロヲさん、妻夫木聡さん、柄本明さん、大森南朋さんとワタシ的には豪華な面々が勢揃い。しかも劇場予告編を観ていて気付い
    | カノンな日々 | 2006/08/05 7:17 AM |
    【劇場鑑賞69】やわらかい生活
    橘優子、35歳、蒲田で一人暮らし。 可笑しくて、愛しくて、じんわり心にしみる。 暖かな幸福感に包まれる物語。 それとな〜く幸せ
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/08/05 1:19 AM |
    やわらかい生活/廣木隆一
     もう部屋にテレビというものを置かなくなって何年経つのでしょう。その理由もいくつ
    | 航  海  記 | 2006/08/03 12:39 AM |
    映画 「やわらかい生活」
    映画 「やわらかい生活」 を第6回東京フィルメックスの有楽町朝日ホールにて。
    | ようこそMr.G | 2006/08/02 11:40 PM |
    やわらかい生活
    35歳孤独で自然体、魅力的なニューヒロイン”橘優子”に、女性の共感の声! リアルな新しい女性像、女性の生き方を描いた映画が誕生しました! (オフィシャルサイトより) この類の映画紹介からほんわかした作品をイメージしていたのだが 実際はかなり重く私
    | 龍眼日記 Longan Diary | 2006/08/02 11:23 PM |
    やわらかい生活:きゅうくつだね、体も心も大人になっちゃって キネカ大森
    トヨエツと寺島しのぶのこの映画。期待できそうだなって見に行ったらずっぽりはまりました。 橘優子(寺島しのぶ)35才独身。一流大学を出て一流企業のキャリアウーマンだった。 両親が阪神大震災で亡くなってから、調子が悪くなって躁うつ病で1年間入院した。 こん
    | 気ままに映画日記☆ | 2006/08/01 11:46 PM |
    やわらかい生活(2005/日本/廣木隆一)
    【シネアミューズ@渋谷】 一流大学から大手企業の総合職とキャリア街道を突き進み、仕事もプライベートも気を張りつめてがんばってきた橘優子(寺島しのぶ)。しかし、両親と親友の突然の死をきっかけにうつ状態へと落ち込んでしまう。以来、躁鬱病を抱えて入退院を
    | CINEMANIAX! | 2006/08/01 10:56 PM |
    やわらかい生活
    この映画、しっくり来なかった。 純情きらりの笛姉ちゃんこと寺島しのぶさんは良かったです、だいぶんカバーしてました。でも・・・・ 躁うつ病の描き方が、ちょっとどうなんだろうというので、しのぶさんに関してさえ、ちょっと??というところがあった。 ばかり
    | しぇんて的風来坊ブログ | 2006/08/01 9:24 PM |