[ タイヨウのうた ]YUIは生きる喜びを歌いあげる | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ドラマコンプレックス[ 59番目のプロポーズ ] | main | [ ゲット・リッチ オア ダイ・トライン ]9発の銃弾を浴びた男 >>
[ タイヨウのうた ]YUIは生きる喜びを歌いあげる
0
    [ タイヨウのうた ]@渋谷で鑑賞

    本作は、TBSのタイアップでテレビドラマ化されるらしい。
    何やら、「世界の中心で愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」
    に続く“純愛三部作”の完結編。ドラマは、沢尻エリカと
    山田孝之。

    [ タイヨウのうた ]は、他の2作品(「世界の中心で愛をさけ
    ぶ」「いま、会いにゆきます」)のように、原作はなく、映画の
    ために作られたオリジナル。それに、主人公を演じたYUIは、
    アコースティックギター1本で、路上ライブをやってきたミ
    ュージシャン。可愛いし、演技もそこそこうまい沢尻エリカ
    は、無難にはこなすでしょうが、どこまで映画オリジナルに
    迫れるかでしょうな。ギターが無理なら、歌唱力でカバーし
    かないでしょう。

    太陽のうた
    主人公の16歳、女の子雨音薫(YUI)は、太陽の光にあたれな
    いXP(色素性乾皮症)という病気で、昼は寝て、夜に活動する
    生活を送っている。彼女は、歌うことが大好きで、夜になる
    といつもの公園で弾き語りをしている。

    そんな彼女の密かな楽しみは、夜明け近くに、サーフィンを
    しに海へと向かうオトコの子を、自分の部屋の窓から眺める
    こと。彼の名は、孝治(塚本高史)。ある夜、いつものように
    公園でギターを弾く薫の前を、孝治が通りすぎた。衝動を抑
    えきれない薫は、突然の愛の告白をする。

    先ほども触れたが、パンフレットを読むまでは、現実でもYUI
    がギター1本、路上で、あぐらをかいて歌をうたっていたなん
    て全く知らなかった。透明感のある顔立ちや声からは、温室育
    ちのお嬢ちゃんのようなにしか見えない。YUIのバックグラウ
    ンドを知ると、主人公の雨音薫には、彼女しか考えられない。
    それに彼女が歌う主題歌「Good-bye days」が、これまたラスト
    で聴かせるのだ。

    監督は、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの制作プロダクションROBOT
    所属の小泉徳宏。彼はまだ25歳のヤングマン。

    本作は、25歳で作ったとはとても思えないほど丁寧な仕上がり
    である。

    普通の暮らしができない雨音薫は、小さい時から接している
    のはオトン(岸谷五朗)とオカン(麻木久仁子)、そして親友の
    松前美咲(通山愛里)の3人だけ。だから、異性に話しかける
    とか、告白するとかの表現なんてわからない。そんな時に、
    孝治(塚本高史)と出会う。その末の、モーレツタックルに、
    モーレツプロフィール紹介。

    薫が、家からいつも見ている、彼が立ち寄るバス停。停留所
    のポールが邪魔で彼の顔が見えないから、夜中に一人で行っ
    てポールを5メートルほど動かすシーンは、男性から見ても
    とても可愛らしかった。


    モーレツに歌の好きな女の子がモーレツなサーフィン馬鹿の
    男の子にひかれるのは、自分と同じようにモーレツに好きな
    ことに熱中している姿に共感したからこそ。だから、孝治は
    サーフィンが上手いのではなくへたくそなほうがいいのだ。

    本作は、キャラの作り込みだけでなく、反復を多く用いてい
    る。例えば、アラーム、時間、2人が告白する場所(踏切)。
    病に冒されている主人公・薫には、限られた時間しかないこ
    とを示唆するモチーフを反復し、

    薫のオトンが「今度、歌っている所を見に行こうかな」という
    と、薫は「来たら、殺すから」と怒鳴り、薫の病気を知らない
    孝治が薫を明け方まで連れまわした時に美咲が言った「あんた、
    薫を殺す気!」というセリフでも、「死」をイメージする言葉
    (殺す)を反復している。

    そういう状況の中で、薫は懸命に一瞬でも生を輝かせようと
    する。そのモチーフは、ひまわり(人が集まった路上ライブ
    の壁画と棺の中)。そしてこれも反復である。なかなか見ご
    たえがある。

    サーフィンをする孝治を見守る薫とその親子。薫はもちろん
    太陽に当たらぬようにボディ・スーツを着ている。薫の姿を
    見たオトンは開き直ったような口調で薫にあることを言う。
    しかし、薫は、その言葉を一蹴する。このシーンは、やっぱ
    ウルッときた。

    間近にせまる死の中で、薫に生きる喜びを伝えるのは歌だっ
    た。そして、彼女を愛した人たちは、その歌を聞くことで、
    いつまでも心の中に彼女が居続けるのだ。

    さて沢尻エリカは、その喜びを歌でどこまで視聴者に伝え
    ることができるのだろうか。
    | - | 21:14 | comments(2) | trackbacks(21) |
    コメント
    Agehaさんへ
    いつもコメントありがとうございます。

    Agehaさんのおっしゃるとおりですね。
    演技力の拙さは、僕はほとんど感じませんでした。たぶん、歌による生命力が
    ずっと伝わってきたからでしょうね。

    なかなかよかったっす
    | アロハ坊主 | 2006/07/15 5:28 PM |
    子供がちらっと言うてたのは
    「どうやら、口パクで柴咲コウの歌う主題歌が
    かぶるらしいよ」
    ・・おいおい。お願いだからウソだと言ってくれ〜。

    この映画はYUIそのものがデビューするまでと
    幾分かぶるので、
    演じるというよりは、薫を生きる・・という
    言い方をしてました。
    で、歌うシーンはサイコー。
    演技力を問われるとつたないものがありますが、
    その分歌で自分の内面を十分表現してたと思うし、
    何より、彼女を守り、愛する周りの人たちが
    役を通り越して、彼女を支えていたような気がします。
    | Ageha | 2006/07/13 11:11 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/514664
    トラックバック
    『タイヨウのうた』06・日
    あらすじ太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。そんなある日、彼女は孝治(塚本高史)という青年と出会い急速に親しくなっていくが・・・。感想数多く難病
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/04/07 10:00 PM |
    ≪タイヨウのうた≫(WOWOW@2008/01/04@009)
    タイヨウのうた   公式HP   詳細@yahoo映画 去年のうちにWOWOWで録画していたこの作品を鑑賞 初鑑賞だったがとても良かった XPって言う病気の事も初めて知ったし まぁ、何てったって“YUI”のかわいさ・素朴さその魅力にやられた〜 演技はまだ
    | ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2008/01/29 5:03 PM |
    タイヨウのうた
     『彼女は、タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。』  6/17公開の「タイヨウのうた」の試写会に行ってきました♪涙腺の弱いあたしはやっぱりかなり(T-T) ウルウルきちゃいましたよ〜。でも、雨音薫(YUI)と藤代孝治(塚本高史)の淡いラブストーリ
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/01/26 7:06 PM |
    YUI は タイヨウのうた が人気沸騰でしたが・・・YUI の新曲 CHE.R.RY は初登場ランキング2位
    YUIさんといえば「タイヨウのうた」というくらい知名度があがったのが映画「タイヨウのうた」ですね。YUIさんの歌声は「天使の琴声」とよばれているらしいです。たしかにYUIさんの歌声は聞いていて落ち着く感じがしますね。シンガーソングライターのYUIさんは、曲を作..
    | 芸能 新聞 タレント ウェブログ★芸能 プロダクション タレント ウェブログ | 2007/03/24 11:49 PM |
    タイヨウのうた 07069
    タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ〜、、、こ
    | 猫姫じゃ | 2007/03/20 3:00 PM |
    【邦画】タイヨウのうた
    A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37) 『評論』 「世
    | ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/12/26 1:42 PM |
    『 タイヨウのうた 』
     公式サイト 映画 『 タイヨウのうた 』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年夏ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:小泉徳宏 脚 本:坂東賢治 原 作:坂東賢治  [ キャスト ] YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五
    | やっぱり邦画好き… | 2006/09/14 1:17 PM |
    タイヨウのうた
    http://www.taiyonouta.jp/最寄りの映画館で鑑賞。こんな病気が有ったんですね。全国色素性乾皮症連絡会 公式ホームページ最近、病気を題材にした映画が多い中、これは比較的明るく、最後まで生きてやろうという気持ちがい
    | 勝弘ブログ | 2006/08/15 10:52 PM |
    「タイヨウのうた」
    (2006年・ROBOT/監督:小泉 徳宏) 早朝、高台にある家の窓から、遠くのバス停を眺めている少女の姿から映画は始まる。 やがてバス停
    | お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 | 2006/07/25 12:22 AM |
    タイヨウのうた
    「タイヨウのうた」(2006) 新人歌手のYUIを主演に起用し、話題をさらった作品。関西では残念ながら上映は終わってしまいましたが、今度は沢尻エリカ主演でテレビドラマ化(7/14(金)〜)されています。 上映が終わったのに、誰も席を立とうとしなかった
    | 泥海ニ爆ゼル | 2006/07/24 5:41 PM |
    「タイヨウのうた」遅ればせながら・・・。
     ドラマも放映しているタイヨウのうたの映画版を見てきました。病気者と言えば最近は1リットルの涙が記憶に新しく、かつドラマ版は僕的には最高傑作と思っていますが、タイヨウのうたはどうでしょうか。。。
    | よしなしごと | 2006/07/24 12:38 AM |
    タイヨウのうた−(映画:2006年98本目)−
    監督:小泉徳宏 出演:YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子、通山愛里 評価:92点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた・・・。 ラストで薫(YUI)の歌う「Good-bye days」が流れだしたきには鳥肌が立つような感動が押し寄せて
    | デコ親父はいつも減量中 | 2006/07/21 10:03 PM |
    【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun)
    大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/07/17 2:13 PM |
    タイヨウのうた
    ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動。 だけど,お涙頂戴の場面も幾つかあって少し興醒め。 良い映画なのに,そこだけ残念。
    | Akira's VOICE | 2006/07/15 3:17 PM |
    YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』
     のびやかと素直さがいい。それは、主演であるYUIとYUIの歌、そしてこの映画を演出している弱冠25歳の監督の手腕についても言えることで、未熟さ、拙さはあっても、ヘンな気取りや押し付けがましさがなくて、さっぱりとして清清しい。それは、主人公が好きになった男の
    | 海から始まる!? | 2006/07/15 7:09 AM |
    タイヨウのうた・オンライン試写会にて。
    太陽の光にあたることができないXPと言う病気を抱えた少女 雨音薫は、いつも部屋の窓から見下ろすバス停で サーフィン仲間とはしゃいでる少年孝治を見つめていた。 夜しか外にでることができない薫は 路上ライヴへと出かけた先で偶然彼を見かけ 一気にしどろもどろの畳
    | ペパーミントの魔術師 | 2006/07/14 1:45 PM |
    そして彼女は歌を残して・・・
    129「タイヨウのうた」(日本)  この作品の予告編はもうかなり前から観ており、YUIが歌う「Good-bye days」も耳に残り、この曲を聴けば、胸がジーンときてしまう。  この頃の純愛映画と呼ばれるものには男女どちらかが不治の病だったりすることが多い。これも「
    | CINECHANの映画感想 | 2006/07/14 12:00 AM |
    タイヨウのうた(この思い歌として光ある世界に届けたい)
    「タイヨウのうた」は海辺で暮らす少女が太陽の紫外線を浴びると死んでしまうXP(色素性乾皮症)の神経病を抱えながらも歌を路上で歌い、好きになった彼氏と親友と両親に囲まれながら生きたストーリーである。この病気と共に考えながら観る映画として何ができるのか?
    | オールマイティにコメンテート | 2006/07/13 11:32 PM |
    もうひとつの「いじわるな神様がくれたもの」◆『タイヨウのうた』
    5月30日(火)試写会・プレシネ60にて 太陽の光に当たることが出来ないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた16歳の少女・雨音薫(YUI)は、学校にも行けず、昼と夜が逆転した孤独な生活を送っていた。そんな薫の生きがいは、歌を歌うことだった。誰も居ない深夜の駅
    | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2006/07/13 11:30 PM |
    映画:タイヨウのうた 試写会
    タイヨウのうた 試写会@新宿明治安田生命ホール 「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ」 「GOAL!(駒吉レビュー )」と並んでめちゃめちゃ試写会が多い本作、こんなに試写会だらけで大丈夫なんでしょうか。本日、350席くらいのホールは6割くらいだっ
    | 駒吉の日記 | 2006/07/13 6:21 PM |
    タイヨウのうた
    映画「タイヨウのうた」の感想です
    | ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2006/07/13 1:14 AM |