CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ 花よりもなほ ]新しさと昔らしさ | main | ドラマコンプレックス[ 59番目のプロポーズ ] >>
[ ステイ STAY ]ブルックリン橋
0
    映画[ ステイ STAY ]@恵比寿で鑑賞

    またもや、迷路に入り込んでしまった。謎解き映画は、
    ご勘弁を!と思いながらも、ついつい興味という触手が
    動いて、観ることに。

    最後には、謎をおおよそ明かしてくれるものの、いつも
    のようにすべては解決されない。劇場で観ると、意外な
    カタチでネタアカシがされる。そのネタは意外と簡単だ
    ったので、少々物足りなさを感じてしまうが・・・。

    本作は[ チョコレート ][ ネバーランド ]のマーク・フォー
    スター監督と[ 25時 ][ トロイ ]の脚本家デイヴィット・ベ
    ニオフが手がけた作品。

    stay

    ブルックリン橋の上で、走行中の自動車の前輪が火花を散
    らしていきなりクラッシュ。次のシーンでは、炎上する車
    を前に、暗闇にポツンと一人のオトコが立っている。彼は、
    サム(ユアン・マクレガー)の患者であり未来を予言できる
    ヘンリー(ライアン・ゴズリング)。やがて彼は歩き出し、
    次第に顔がぐしゃりと変形し、精神科医サムの顔へとつな
    がる。これは映画の冒頭のシーン。サムの夢から、物語は
    始まるのだ。

    すべては、サムを主人公として物語は展開していくようだ
    が、実はこれは完璧なミスリードだったのだ。

    サムとヘンリーのほかに、主だった人物としてこのサムも
    元患者で、彼と同棲しているガールフレンドかつ画家にナ
    オミ・ワッツ演じるライラという女性がいる。
    手首に自殺未遂の傷跡を残した彼女だがサムに対して、非
    常に献身的に振舞う。彼女には、あったかさと安らぎがある。
    それも、ラストにはその理由がわかるようになっている。

    「自分とはいったい何者なんだろう?」
    現代人が常々感じている思いを抱きながら、ぜひ観てちょ
    んまげ。

    映像文法を無視したショットに、同じシーンが何度も繰り
    返されたり、ユアン・マクレガーの奇妙なパンツ。
    観なくてもいいけれど、観たくなる。
    | 映画レビュー | 20:55 | comments(2) | trackbacks(16) |
    コメント
    冨田弘嗣さんへ
    いつもコメントありがとうございました。

    >こんなに難しく撮る必要があるのか。それだけが印象に残りました。  

    明らかに、ちょっとしたアイデアから作られた映画のような気がします。答えをきくと、なるほどとは
    僕も思いますが、それ以上には広がらないですね。

    演技派のユアン・マクレガーもナオミ・ワッツ
    が、人寄せパンダになっている。つらい。つらすぎる。

    | アロハ坊主 | 2006/08/02 5:08 PM |
    トラックバック、ありがとうございます。
    難しく撮られた映画ですね。リピーターを期待している観がありました。こんなに大スターが競って出いるのだから、全国公開したい作品ですが、内容をみると、なるほどと思います。
    こんなに難しく撮る必要があるのか。それだけが印象に残りました。  冨田弘嗣
    | 冨田弘嗣 | 2006/08/02 12:24 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    ステイ
    ★★★☆  この作品は、オープニングとエンディングが、メビウスの輪のように捻れて繋がってゆく。そしてエンディング直前の5分間がこの映画の全てとも言えるだろう。 ステイ (ベストヒット・セレクション)販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジ
    | ケントのたそがれ劇場 | 2008/02/17 7:57 PM |
    ステイ
     『この映画の謎は、頭で考えても決して解けない。』  コチラの「ステイ」は、6/3公開になったイリュージョン・スリラーだそうです。現実と虚構の境界が曖昧で観ていると不安な気持ちになってしまう映画ですね。確かに頭で考えても解けない謎がある映画なんですね
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/01/27 6:56 PM |
    mini review 07016「ステイ STAY」★★★★★★☆☆☆☆
    カテゴリ : スリラー/サスペンス 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 101分 公開日 : 2006-06-03〜 監督 : マーク・フォースター 出演 : ユアン・マクレガー ナオミ・ワッツ ライアン・ゴズリング ケイト・バートン ボブ・ホスキ
    | サーカスな日々 | 2007/01/25 3:37 PM |
    「ステイ」
    ユアン・マクレガー主演。 幸薄系女優、ナオミ・ワッツも出ています。
    | ひらりん的映画ブログ | 2006/12/08 1:39 AM |
    【洋画】ステイ
    A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36) 『評論』 ユア
    | ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/10/17 3:40 PM |
    liam
    かねこさん2周半お疲れ様でした。
    | liam | 2006/09/15 5:15 AM |
    black jack card game
    たまに来ますのでよろしくお願いします。
    | black jack card game | 2006/09/13 10:58 AM |
    ステイ (Stay)
    監督 マーク・フォースター 主演 ユアン・マクレガー 2005年 アメリカ映画 101分 サスペンス 採点★★★ ネタバレしないで書けるほどお利巧さんではないので、未見の方はご注意を。 【ストーリー】 ニューヨークの精神科医サムの前に現れたミステリアスな患者ヘンリー
    | Subterranean サブタレイニアン | 2006/09/09 1:29 AM |
    ステイ
    梅田ガーデンシネマ 観たい観たいと思って、結局は上映が終わった作品が何本あったこか。おそらく何百という本数だろう。その中で、私の人生、価値観、仕事を変えてしまうような作品があったかもしれないのに、私
    | 活動写真評論家人生 | 2006/08/02 12:19 AM |
    STAY
    21歳の誕生日に自殺すると予告して姿を消したヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)。 そんな彼を救おうと必死で追いかける精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)。 2人のコンタクトは偶然ではなかった・・・。 ラストシーンであぁ、このヒトたち
    | 龍眼日記 Longan Diary | 2006/07/17 12:33 AM |
    ステイ
    Stay Director:Mark Forster Cast:Ewan McGreger, Naomi Watts, Ryan Goslying ☆ネタバレあり 説明のつかない不思議な感覚と映像に満ちた迷宮のような映画。未だ困惑中・・・。
    | knockin' on heaven's door | 2006/07/15 12:07 AM |
    ステイ
    「ステイ」 STAY/製作:2005年、アメリカ 101分 監督:マーク・フォー
    | 映画通の部屋 | 2006/07/14 8:08 PM |
    『STAY』
    ナオミ・ワッツ、好きな女優さんです。『リング』で来日した際、インタビューさせてもらいました。小柄で親しみやすい感じなのに、確実に「キレイ」。ハイヒールはいたままソファの上でアグラかいたのには驚いたけど、彼女がやると上品。このとき生で見て以来、好きです
    | моя комната 〜まやこむなた〜 | 2006/07/13 1:18 PM |
    現実はどこにあるのか?
    134「STAY ステイ」(アメリカ)  冒頭自動車事故から始まる。そして燃え盛る車を後にして歩いていく青年。彼はヘンリー・レサム。精神科医サムが病気のために休んでいるベス・リーヴィの代わりに診察を請け負った患者。サムが最初にヘンリーと会った日、ヘンリー
    | CINECHANの映画感想 | 2006/07/11 11:53 PM |
    ステイ〜STAY
    巨大迷路に入り込んだように、進めば進むほど迷い後戻りも出来ない。 出口は果たしてあるのだろうか…(ネタバレあり。ご注意を{/hand_iine/}) クラッシュしたシーンから始まり、またラストでそこのシーンに繋がっていくあたりは、オスカーを取った「クラッシュ」を彷
    | シャーロットの涙 | 2006/07/11 10:14 PM |
    【 ステイ 】
    精神科医のもとに前任のセラピストから引き継いだ一人の患者が現れる。ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ主演のサスペンス・スリラー。 途中でいくら考えても答えが見つからないんですよ。いろんな伏線があったり、結末を暗示させるものまであるんだけどね。真相を
    | もじゃ映画メモメモ | 2006/07/11 2:01 AM |