[ TWO LOVE 〜二つの愛の物語〜 ]ハマショーで愛を語りまショー | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 水無月シネマ(2006) | main | [ ULTRAVIOLET ウルトラヴァイオレット ]ジョヴォヴィッチのかっこよさと妙な演出 >>
[ TWO LOVE 〜二つの愛の物語〜 ]ハマショーで愛を語りまショー
0
    [ TWO LOVE 〜二つの愛の物語 ]@渋谷で鑑賞

    かなり昔。
    たしか高校時代だったと思う。浜田省吾ばかり聴いていた。
    「WASTED TEARS」のバラード集なら「もうひとつの土曜日」だ
    が、当時は「J.BOY」だった。今でもたまに聴いてみる。今
    から思えば、10代の若造が30代の恋心がなんでわかる
    ねん。

    昔の歌は、その曲を聴くと、友達が好きな子にコクッた話
    や、友達と喧嘩して一人泣いた時、下校時に、テープで彼
    女と一緒に聴いていた時など当時の甘酸っぱいシーンが一
    緒によみがえってくる。だから、今でも聴きなおす。
    そして今聴いても、ちょっとときめく。
    two love LOVE TWO
    [ TWO LOVE 〜二つの愛の物語 ]は、浜ショーの
    「I am a father」「Thank you」の2つの楽曲をもとに作ら
    れたショートストーリー。
    トゥーラブ 浜田省吾の映画
    「I am a father」のショートストーリーは、タイトルは
    「キャッチボール」。新潟で単身赴任のオトンと、休日に
    一緒にキャッチボールをしようと息子(小学生の兄と弟)
    たちが電車に乗ってやってくるまでのストーリー。
    新潟に向かう道中で、息子たちにもいろいろな事件がお
    き、時を同じくして、休日にもかかわらずオトンにも、
    出社しなければならない事件が起きる。オトンとムスコ
    たちは、念願のキャッチボールができるのか。

    オトンは、時任三郎しかいないという浜田省吾の希望か
    ら、浜ショー直々に時任にオファーをしたらしい。家
    族を想い、家族のために一生懸命働くオトンを時任三郎
    が熱演。浜ショーも、ちょい役出演。(浜ショーは20年
    近くたった今でも、グラサンに長髪というその風貌は
    健在である。バケモノか浜ショーは)

    もう一つの楽曲「Thank you」のショートストーリーは、タ
    イトルは「君といた道」。河原大吾(森田直幸)のいる中学
    校に一人の少女・木原真琴(柳生みゆ)が転校してくる。
    少年と少女のひと夏の出会いを描いた作品。もともとは
    20歳の少年と少女を描いたビデオクリップが完成されて
    いて、その5年前をこの映画で描き出すという構成になっ
    ている。

    「キャッチボール」は、TVの“はじめてのおつかい”のよう
    な道中失敗しながらも、子供がなんとかオトウチャンのい
    る町までたどりつくロードムービー的な面白さと家族のた
    めに、汗をかきかき、頭を下げ下げして働くオトウチャン
    の姿を同時進行で、省略法を使いながら効率的にかつ変化
    をもたせ描き、最後までアキが来ない。

    「君といた道」は出会いから別れまで15歳の少年目線なので、
    シーンや描写に変化が少なく、非常に単調な構成(実はこ
    れが計算だった)。その後、20歳になって2人が出会ってか
    らのシーンで、(曲をバックに)ミュージッククリップら
    しくスピーディーな展開で構成し、観ている僕らの気持ち
    を高揚させ盛り上げる。とびきりではなく、ほどほどのカ
    ワイを持った少年・少女のキャスティングもいい。男らし
    さ、女らしさを持った20歳の2人とのギャップが成長した
    後が見えるようで、インパクトあり。

    映画単体で観たときは「キャッチボール」のほうが断然面白い。
    曲と映画がはまっていたのは、後者の「君といた道」って感じ。

    「君といた道」は、少年がプールに飛び込み声こそ聞こえない
    が「馬鹿やろー」と叫んでいるこっぱずかしいシーンもあるが、
    なんかこれがハマショーでしょって感じでいい。

    “愛”というテーマで統一性はあるものの、演出面ではあき
    らに異なり、ショートムービーながら意外に楽しめる。
    あくまで曲をベースにしているので、それほどの目新しさは
    ない。興味があれば、ぜひ見比べほしい。
    | 映画(ショート) | 21:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/508697
    トラックバック
    浜田省吾劇場!!!【MONEY】--ライブお宝映像
    浜田省吾お宝映像【MONEY】です!!これもかっこ良いですね〜!!ん〜渋いっ!!!ではではたっぷりどうぞ!!!
    | 浜田省吾たっぷり | 2007/03/05 12:10 PM |