[ 立喰師列伝 ] くだらぬことに、情熱を | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< パンチ | main | [ CRYING FIST クライング・フィスト ]オンナの笑顔に、オトコの未来がある >>
[ 立喰師列伝 ] くだらぬことに、情熱を
0
    [ 立喰師列伝 ] @渋谷で鑑賞。

    [ 立喰師列伝 ]。なんとも風変わりなタイトルである。
    この作品は、押井守監督が25年以上前から創造し、構想し
    てきたまさにライフワーク的存在。

    立ち食い屋やファーストフードにふらりとあらわれ、無銭
    飲食を働く立ち喰いのプロ。それが立喰師である。
     
    [ 立喰師列伝 ]パンフレット
    戦後から現在までの日本の変遷を語るのに、庶民に一番身
    近であり、日本を象徴する文化が立喰いフード=ファース
    トフードなのだろう。その立食い屋を狙う“立喰師”とい
    う無銭飲食のプロを設定し、時代の移り変わりを、店の変
    遷や立喰師のキャラで現しているのだ。

    例えば・・・
    外資系ハンバーガーチェーンを無差別に襲撃し、外食産業
    界をパニックに追い込んだ立喰師の“ハンバーガーの哲”。
    安くで、早くに調理するファーストフードのシステムに注
    目して「ハンバーガーを100個」注文する。

    昭和40年代、中小の地方都市に出没し、激昂した店主や客
    に袋叩きにされた“哭きの犬丸”は、学生運動隆盛の時代
    におこった、内ゲバや総括をモチーフに描かれている。

    そして、終戦直後の闇市の立ち喰い蕎麦屋に出現したのは、
    天本秀世のような風貌と丸い丼に浮かぶ卵を見て「いい景
    色だ・・」とつぶやく伝説の立喰師?月見の銀二?。彼は、
    先に紹介した“ハンバーガーの哲”とは対照的に、立ち喰
    い蕎麦屋にスローライフな時間を求めた時代として登場し
    ている。

    ある1つのことに焦点を絞って、それを定点観測的に追っ
    て描くのは、よくあるパターン。、しかし、“立ち食い”
    という誰もが目にしているが、取り上げられにくい、ニ
    ッチでディープで、そしてくだらないようなジャンルを
    きみょーで、きょーれつな、そしてどことなく高尚な語
    り口と展開するのがいかにも監督らしい。

    登場する立喰師も誰にひとりとして、まともそうな人は
    いない。それもそのはずである。川井憲次、寺田克也、
    鈴木敏夫など。立喰師のほとんどが、現在のアニメ界を
    引っ張っている人たちばかり。実に個性派キャラだ。

    またくだらなさは、俗にいう「3次元パタパタアニメ」や
    デフォルメな顔の表情などバカっぽい映像として表現に
    も定着させているのは、さすがクリエイターである。

    このようにこの作品は、押井監督が撮りたかった映画で
    あることが映像や演出といろんなところに現れている。

    業績は二の次で、まずは作りたかった。そんな印象を感
    じる。押井監督フリークなら、楽しめるだろうが大半の
    人には、楽しめないそんなおタクな映画です。
    | - | 19:07 | comments(2) | trackbacks(21) |
    コメント
    HIROMIC WORLDさんへ
    いつもどーもです。

    HIROMIC WORLDさん、この手の話が好きなんですね。いいですね。僕もあの押井監督の能書きを垂れ方と安っぽいアニメのアンバランスが非常に好きです。気が合いますね。
    | アロハ坊主 | 2006/05/09 1:06 AM |
    アロハ坊主さん、こんばんわ。
    TBありがとうございました。
    私が観た上映回でも押井監督ファンが大半だったようです。ちょっと周囲から取り残された感もありましたが、結構楽しめました。
    私にはこの手の笑いの方が合うのかも?
    | HIROMIC WORLD | 2006/05/07 8:05 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/470812
    トラックバック
    立喰師列伝
    何を隠そう、私は押井作品が好きだ。 大好きかもぉ♪(^^) この作品、映画館で観たかったけど 仕事か何かで重なって観にいけなかったのよね。 DVDで鑑賞。 立喰師。 それは飲食店にふらりと現れ、 薀蓄、説教、話術、奇行など様々な手段を用いて店員を圧倒
    | 映画、言いたい放題! | 2007/02/13 2:45 AM |
    立喰師列伝
     割と大作が続いてちょっともたれて来たので、原点に返り『立喰師列伝』を見る。何度目かは忘れた。
    | 黄昏ミニヨン想録堂 | 2007/01/06 8:59 PM |
    立ち食い食堂
    「かもめ食堂」 「立喰師列伝」
    | Akira's VOICE | 2006/11/13 11:11 AM |
    立喰師列伝 DVD
    「攻殻機動隊」や「イノセンス」の押井守が自身の小説を自ら脚本・監督を 担当して映画化した「立喰師列伝」は、昭和の東京下町を舞台に伝説の立喰師と 店のおやじ達との真剣勝負を実写と3DCGアニメを融合させて描いたアニメーション。 元々はタイムボカン・シリーズや
    | 噂の情報屋 | 2006/07/05 8:12 PM |
    立喰師列伝
    押井守の中では戦争も安保闘争も何もかも終わった事、では無いのだな。 妄想感想いきます。
    | オイラの妄想感想日記 | 2006/06/29 9:00 AM |
    立喰師列伝
    (ピーーー)ランドは宇宙一著作権にうるさい集団です。
    | 映画をささえに生きる | 2006/06/23 9:16 AM |
    『立喰師列伝』
    実験的。 まず浮かんだのはその言葉だった。 押井監督くらいになると、こういう作品を映画で作れるんだなあ。 監督本人があちこちで語っているように、立喰師たちの歴史は古い。そもそものはじまりはおあそびのモブらしいが、その時代をあきらは知らない。 私と立
    | てぃーちゃーのプライベート | 2006/06/15 8:26 PM |
    「立喰師列伝」みた。
    やっと地元での公開になったので早速(地元)初日で鑑賞。時刻にして21時50分。「22時からのレイトショーだというのに、なんだこの混雑は!恐るべし立喰師!!」と思いきや、21時55分からの「海猿」目当てのカップルがほとんどだった(^^;)と
    | たいむのひとりごと | 2006/05/15 8:03 AM |
    映画 『立喰師列伝』
    立喰師列伝  評価:3.5  場所:シネクイント(渋谷) 他  入場料:1800円(一般)  開演:15:20/17:35/19:50     毎週金曜日 最終回(19:50)上映終了後、トークイベント開催中     押井守監督+ゲスト     5/19(金)  川井憲次(作曲家)
    | アニメって本当に面白いですね。 | 2006/05/14 3:09 AM |
    立喰師列伝
    本日の1本目は「立喰師列伝」 押井守監督作。アニメーションと実写の組み合わせで描
    | HIROMIC WORLD | 2006/05/07 8:00 PM |
    立喰師列伝
    やばい。ヤツは立食いのプロだ…! お薦め度:.★★★★☆. 押井「立食い」と「犬」好きですか…そうですか。(苦笑)この作品を何か勘違いして観に行ってしまった人には悪いのですが
    | PICO*THEATRE | 2006/05/07 4:10 PM |
    「立喰師列伝」
    ナレーション多すぎ! しかも、1エピソードに必ず1回ある、「〜が、しかし」というフレーズだけが頭に残ってる。 難解な言い回しを聞いていると、理解しようという自分と諦めて席を立とうと思う自分がせめぎあっていた。押井守監督作品は、「うる星やつら ビュー
    | the borderland | 2006/05/02 1:01 AM |
    立喰師列伝
    ナビオTOHOプレックス もう・・・どう言っていいかわからぬモノを観させてくれた。言えないし、書け
    | 映画評論家人生 | 2006/05/01 8:03 PM |
    立喰師列伝:やばい、かきわりがしゃべってる シネクイント
    予告編を見てなんてあやしい映画だと思いました。見てみたらもっとあやしくて面白かったけど、これは見る人を選ぶ映画です。 お金を持たず飲食をし、特殊な技(ゴト、シノギ)でお金を払わずにすませる立喰師と呼ばれる人達がいた。この人達は終戦後、東京オリンピ
    | 気ままに映画日記☆ | 2006/05/01 1:37 AM |
    立喰師列伝
    食べるの好きですし(苦笑)題材が面白そうだったので、 立喰いそば屋に入る感覚でフラっと劇場に足を運びました。 押井守監督の映画ってそういえばゼンゼン観た事なかったです。 「イノセンス」も「攻殻機動隊」も観てないし。。 で、どうなんでしょう?ファン
    | It's a Wonderful Life | 2006/04/30 9:19 PM |
    【劇場鑑賞35】立喰師列伝
    「月見。・・・蕎麦で。」
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/04/30 5:20 PM |
    「月見の銀二」から60年
    83「立喰師列伝」(日本)  戦後廃墟と化した東京の片隅、闇市の中にある立喰いそば屋。まもなく店を閉めようかというとき男が現れる。「つきみ・・そばで」。後に「月見の銀二」と呼ばれる立喰師であった。それから時代が流れ、何人もの立喰師たちが現れる。彼らの
    | CINECHANの映画感想 | 2006/04/30 12:46 PM |
    立喰師列伝
    久々のシネマライズは改装しててなんだか綺麗になってました。今回、突発的に行こうと思ってインターネットでリザーブシートを予約しといたんですが(通常の入場客よりも早くに入れるんです。便利だし楽なんですよ、コレ)いや〜、予約しといて正解でした!押井監督の新
    | まったりでいこう〜 | 2006/04/30 7:57 AM |
    押井守ワールドですわ〜「立喰師列伝」
    別に監督のファンではないのですが 驚愕の 「スーパーライヴメーション」というのが 気になって 押井守監督の「立喰師列伝」を観てきました。 虚構の戦後史 歴史の闇にその名を刻んだ あらゆる飲食店を戦慄させた 伝説の仕事師<立喰師>達の物語 大まかな作品イメー
    | bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/04/30 2:39 AM |
    立喰師列伝(2006/日本/監督:押井守)
    【シネクイント@渋谷】“立喰師”――それは、己の全知全能を懸けて言葉巧みに無銭飲食を繰り返し、飲食店主たちを震撼させる流浪の仕業師たち。敗戦直後の東京。混沌とした闇市の立喰い蕎麦屋に一人の男が現われた。「つきみ。そばで」。何やらただならぬ雰囲気を漂わ
    | のら猫の日記 | 2006/04/30 2:27 AM |
    立喰師列伝
    60年前、敗戦により廃墟のようになった東京。復興しようとする東京の片隅に始まった立喰い蕎麦屋。そこに現れたのは伝説の「立喰師、月見の銀二」...。そして、現代の日本。「立喰師」たちの新たな標的となったのは、ファーストフード店。私たちの食生活を変えたファ
    | 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/04/29 9:22 PM |