[ ナイト・ウォッチ ]ヘタレ、闇の監視人 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ パパラッチ ]メルギブソンのリベンジマッチだ | main | [ アメリカ、家族のいる風景 ]オンナがオトコに手をさしのべる >>
[ ナイト・ウォッチ ]ヘタレ、闇の監視人
0
    [ ナイト・ウォッチ ]@新宿で鑑賞。

    この映画は、僕のツボにはまった。
    エンターテイメント系ムービーで久々に面白さを堪能した。
    この映画で、そこまで思う人もそういないと思うが。

    [ NOCHNOI DOZOR ナイトウォッチ ]パンフレット
    人間でありながら、特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”と呼ばれる種族がいる。彼らは“光”と“闇”の両勢力に別れ、かつて世界は両軍の熾烈な戦争が続いてた。だが、キリのない争いを終わらせるために、彼らはお互いを監視する協定を結ぶ。人間社会で闇にまぎれて悪事を働くヴァンパイアたち。そういった闇を監視する光の者を“ナイト・ウォッチ(闇の監視人)”、一方、光の異種を監視する闇の者を“デイ・ウォッチ(光の監視人)”とし、両者のデリケートなバランスの上で守られていた。しかし今、“偉大なる異種”が現れ、このバランスが崩れ人類に危機が訪れようとしている・・。


    映画の序盤は、何が起こっているのかまったくわからない。妻に逃げられた結婚したばかりの男、アントン・ゴロデツキーが、呪術使いのおばさんのところにやってきて、元・妻が身ごもっている胎児を流産させようとするというとんでもないシーンからはじまる。また彼はなかば、酩酊状態で周りの
    身の回りに何がおこなっているかさえわからない。観客の視点=アントンの視点になっている。

    しかし、ストーリーがすすむごとに次第に彼が主人公で、彼が“異種の人間”だとわかってくる。観客も、暗中模索状態だったのが、次第に霧が晴れるようにわかっていくことでより(アントン)に同調していくのだろう。

    本作は、まさにロシア版「マトリックス」。映画好きが観れば、明らかにパクリやないかといわれるシーンは多い。主人公アントン(コンスタンチン・ハベンスキー)の地下鉄でのシーンやウォッチャーたちは皆サングラスかけているのは[ マトリックス ]と同じだし、アントンが血を欲するシーンはまさに[ ブレイド ]そのもの。

    このアントンは、[ マトリックス ]のキアヌが演じたネオのような強さがなく、へたれなのだ。バンパイアーたちに向かっていくが、必ずやられてしまう。それと、光と闇ともに知り合いがいて、お互いの気持ちを理解していてその間でちょっと苦しんでもいる。いわば、中間管理職みたいな立場である。異種で人間離れはしているものの、できそこないの人間くささがある。よわっちいのは、ナイト・ウォッチの研修期間中だかららしいが・・・・。

    この他にもアントンは“災いを招く乙女”の災いの元を探るために、乙女のナザロワの家に出向くはめになったりと彼の前には次々と試練が待ち構えているのだ。

    このシリーズは第3弾まで続くようだが、本作はまさにその序章である。アントンが、自ら犯した過ちのため“ナイト・ウォッチ(闇の監視人)”から“デイ・ウォッチ(光の監視人)”になってしまうまでを描いている。

    “ナイト・ウォッチ(闇の監視人)”と“デイ・ウォッチ(光の監視人)”のリーダーがつるんでいるのも、訳ありで興味がひかれる。左に極端にはしると、いつしか右につながっているという政治思想に似ている。本作は、もう謎だらけだ。もう第2章を観るしかない。

    唯一、嫌だったのは、光と影の両リーダーたちが、予言書やゲームなどで、今後の展開を先読みするのだが、それがすべてその通りに運んでしまうことだ。ここはもっと可能性が欲しかったところだ。まあ、だからこそ第2章は、楽しみだ。
    | 映画レビュー | 18:46 | comments(10) | trackbacks(42) |
    コメント
    チシャネコさんへ
    コメントありがとうございます。

    はっきりいってぼくもよくわかんない。
    でも、こういうのはいきおいですよ。
    シリーズというのであれば、次回に期待です。

    では、今後ともよろしゅうに。
    | アロハ坊主 | 2006/08/29 10:52 AM |
    惚れこみ様の溢れんばかりの感想を読んで、
    ボロクソに言われているネット評に凹んでいた
    ところだったので安心しました。

    よくわからんがひたすら好きな映画でした。
    ビデオだったので、次回作が来たら(来るのか
    なぁ)是非映画館で見ようと思っていますが、
    家庭用のテレビで見ても映像とストーリーの濃さ、
    もといくどさにへとへとになったので、4倍くらい
    疲れそうな危機感は否定できません。
    | チシャネコ | 2006/08/28 10:56 PM |
    cultyさんへ
    わざわざコメントありがとうございます。

    >私の方のブログは貧弱なものでお恥ずかしいので、こちらにトラバすることは控えることに・・・。
    実際この作品に関しては、どこにもトラバしていないのが事実です。(笑)

    何をおっしゃいますやら。
    残念ですが、では他の作品でのTBをお待ちしております。では、またまた。

    | アロハ坊主 | 2006/04/25 10:32 AM |
    TBありがとうございました。
    この作品は純粋に楽しめました。
    早く次回作が待ち遠しいくらいです。

    アロハ坊主さん、
    私の方のブログは貧弱なものでお恥ずかしいので、こちらにトラバすることは控えることに・・・。
    実際この作品に関しては、どこにもトラバしていないのが事実です。(笑)

    またよろしくお願いいたします。

    アロハさんの冷静なレビューは毎回楽しみにしております。
    | culty | 2006/04/23 1:24 PM |
    よろ川長TOMさんへ
    どうもコメントありがとうございます。

    なんか、批判的なレビューが多いですよね。
    本作は、ほんと謎だらけでオープニングと捉えれば次回作以降が楽しみだと思うんですけど。これ1作で、ダメと決め付けるには時期尚早って感じですね。


    | アロハ坊主 | 2006/04/16 12:22 PM |
    たましょくさんへ
    いつもありがとうございます。

    この映画は、映像もストーリーもちとわかりにくかったですね。ついていくのがやっとって感じで・・。まあ、でもまだ始まったばかりですので次回作を観てから判断してもいいかもしれませんよ。
    | アロハ坊主 | 2006/04/16 12:15 PM |
    隣の評論家さんへ
    いつもありがとうございます。

    >この作品で1つ気になった点がありまして。セリフはずっと英語だったのに、ラストの方でロシア語?に変わったように思えたのは私の勘違いでしょうか?

    ありましたね。実は、そのシーンあんまり意識していなかったんですよね。たぶん、光の世界は英語で、闇の世界はロシア語ってそんな感覚で観ていたと思います。隣の評論家さんと僕の考えているシーンが違うかもしれませんが・・・。あってますかね?


    | アロハ坊主 | 2006/04/16 12:13 PM |
    トラバありがとうございました。
    正直な話、ボロクソに書かれておられる映画ブロガーが多い中気持ちいいほどの惚れ込みように嬉しくなりました。
    数少ない?支持派として次回作にも期待しましょうね。
    今度ともよろしくです。
    | よろ川長TOM | 2006/04/15 10:40 PM |
     TBありがとうございますm(_ _)m

     正直、かなり辛かったです。いや、寝てしま
    ったので、何も偉そうなことは言えないものの
    お話も頭に入らず、字幕も英語と日本語が同時
    に表示されることのストレスが…。

     レンタルされたら、反省も踏まえて再チェッ
    クしたいと思ってます。
    | たましょく | 2006/04/15 9:53 PM |
    アロハ坊主さん、こんにちわ。
    TBありがとうござました。この作品は、けなしている人が多くて、少し淋しく思っていたところでした(笑)。
    ところで。この作品で1つ気になった点がありまして。セリフはずっと英語だったのに、ラストの方でロシア語?に変わったように思えたのは私の勘違いでしょうか?もし勘違いではなく、アロハ坊主さんなりに解釈があるようでしたら、お聞かせ願えないでしょうかっ。
    | 隣の評論家 | 2006/04/15 7:17 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/462366
    トラックバック
    ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR
    昔も一度見ましたが、斬新な映像と説明不足なストーリー展開だったこの作品が、今回ようやく意味がわかるようになりました^;(2回目だからかな)序盤の蜘蛛の足の赤ちゃん人形みたいなのはいいですよね、雰囲気あるある、こういうのは好き。 双方とも監視をする
    | いやいやえん | 2012/05/03 9:47 AM |
    ナイト・ウォッチ
     『ロシア版マトリックス』なる触れ込み、且つ露西亜国内ではそれなりに高い評価を受けている事が気になり、先日続編である『デイ・ウォッ...
    | 黄昏ミニヨン想録堂 | 2008/07/11 9:16 AM |
    ナイト・ウォッチ/НОЧНОЙ ДОЗОР
     『光(DAY)vs.闇(NIGHT)のダーク・ファンタジー3部作の第1章が始まる。』  4/1公開のコチラの映画ですが、試写会で観て来ました。実を言うとこの映画は煽られ過ぎて1周しちゃって、もう!んな事言ってどうせ大した事ないんじゃないの?なんて思っちゃってまし
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/02/18 8:42 PM |
    『ナイト・ウォッチ』’04・ロシア
    あらすじ舞台は現代のモスクワ。“異種(アザーズ)”と呼ばれる特殊な超能力に目覚めた種族がいる。彼らは“光”と“闇”の両勢力に別れ、かつて世界は両軍の熾烈な戦争が続いていたが、彼らはお互いを監視する協定を結ぶ。人間社会で闇にまぎれて悪事を働くヴァンパイ
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/09/28 12:05 AM |
    bran
    かねこさん2周半お疲れ様でした。
    | bran | 2006/09/15 1:42 AM |
    black jack card game
    たまに来ますのでよろしくお願いします。
    | black jack card game | 2006/09/13 10:58 AM |
    映画評 『ナイト・ウォッチ』 ティムール・ベクマンベトフ監督
    「光と闇」の歴史的死闘を描くベストセラー小説を原作とした、いまどきのロシアが放つSFホラー大作映画。 なんか、ロシアの映画もここまで西側最新映画っぽく出来るんです! という技術的アピールとともに、今のロシアが野趣に満ちた文芸先進国であることを伝えよ
    | ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 | 2006/08/23 1:51 AM |
    ロシアのマトリックス? DVD評:ナイト・ウォッチ
    「ナイト・ウォッチ」のDVDが早くも発売され、僕もロシア版 マトリックスという宣伝文句に惹かれて購入した。
    | よろずおしゃべり堂 | 2006/07/26 10:20 PM |
    ナイト・ウォッチ
    月曜日は海の日で祝日でしたが、月曜日は基本的に仕事があるので、午前中から出社。 早めに仕事を終えていたので、夕方には家に戻って夜は借りてきていたDVDを見ていました。 ナイト・ウォッチ (公式サイト。ページを開いたとたんにトレイラーが始まって音楽
    | バイヤーKENの全力疾走「商売日記」 | 2006/07/18 6:40 AM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (Nochnoi Dozor)
    監督 ティムール・ベクマンベトフ 主演 コンスタンチン・ハベンスキー 2004年 ロシア映画 115分 ファンタジー 採点★★★ ロシアといえば、『レッド・ブル』。愚痴を聞かされているかのようなイントネーションのロシア語が飛び交うサウナを飛び出し、雪原の中フンドシ
    | Subterranean サブタレイニアン | 2006/07/17 10:19 AM |
    「ナイト・ウォッチ」レビュー
    「ナイト・ウォッチ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2004年/ロシア *出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ、ヴィクトル・ヴェルズビツキー、他 *監督:ティムール・ベクマ
    | 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/07/15 2:33 AM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
    出演者:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ 監督:ティムール・ベクマンベトフ 光と闇の両軍による激しい戦争が続くなか、戦いの無益さに気づいた光の王ゲッサーと闇の将軍ザヴロンは、休戦協定を
    | 幸せになりたい女課長28歳。 | 2006/07/14 1:12 AM |
    【映画】 ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR ★  
    ストーリー: 特殊な超能力を持つ“異種”に生まれついた人間は、 能力に目覚めた時に、光につくか闇につくかを自分で選ぶ。 そして光の戦士は“ナイト・ウォッチ”として闇の異種の行動を監視し、 闇の戦士は“デイ・ウォッチ”として光の異種を監視するのだ。 予知能
    | 徒然なるままに・・・ | 2006/04/30 11:33 AM |
    ナイト・ウォッチ
    予告編を見て絶対に見たいなと思っていた『ナイト・ウォッチ』をやっと見ることが出来ました。今週だけMOVIXでレイトショー上映です。 セルゲイ・ルキヤネンコのベストセラー小説の3部作の内の第1章を映画化し、ロシアで興行収入ナンバーワンの大ヒットを記録し
    | Alice in Wonderland | 2006/04/25 3:57 PM |
    古典の設定も、ビジュアルで魅せる●ナイト・ウォッチ
    ロシア熱狂の映画。 光と闇の対決話。 ロシア製、3部作の第1作目。 2作目は撮影終了で、公開待ち。 3作目は、アメリカで撮影して、全編英語になる予定。
    | Prism Viewpoints | 2006/04/20 1:55 PM |
    【 ナイト・ウォッチ / NOCHNOI DOZOR 】
    ロシア国内で大ヒットした光と闇の戦いを描くダーク・ファンタジー、3部作の第1弾。ロシア映画って言えば『チェブラーシカ』だよなやっぱ。 なかなか凝った映像はいいんだけど、ちょっと観づらいことも。本編は英語字幕が出るが、その文字に効果が付いてる!すげー。
    | もじゃ映画メモメモ | 2006/04/19 10:11 PM |
    ナイト・ウォッチ
    光の戦士と闇の戦士との協定を巡る小競り合いを描くロシア映画。 映像、カメラワークなどかなりマトリックスに影響を受けているのではとも思える作りに感じた。なんだか3部作の最初の話らしい。だからこの映画完結しているようで、完結していない終わり方。 まあ、内容
    | TeTの映画メモ帳 | 2006/04/19 7:44 AM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  映像革命とは言いがたい  
    | カリスマ映画論 | 2006/04/18 10:21 PM |
    ナイト・ウォッチちゃん?@お台場シネマメディアージュ
    お台場唯一の映画館、メディアージュで独占公開されている作品が最近いくつかあります...
    | それでえいがな | 2006/04/18 2:55 PM |
    ナイト・ウォッチ
    光〈DAY〉vs闇〈NIGHT〉 ロシア製「マトリックス」と言う触れ込みでしたが
    | cinema mix box | 2006/04/17 1:38 AM |
    『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』
    映像世界にワクワク。 “異種”であるアントンは光の側の戦士として、闇側を監視する“ナイト・ウォッチ”の任務を行っていた。『コンスタンティン』 や 『アンダーワールド』 的な世界観も好きだし、ダークファンタジー映像は軒並み大好きなので、このロシア産のダ
    | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2006/04/17 1:21 AM |
    『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』
    早くも今年のロシア映画第二弾!ロシアのネットを観るのは私の日課だが、2年位前にやたらよく見る広告があった・・「闇の番人」との文字と共に。TVか映画だろうなと思っていたら、今日観たまさにこれがそうだったのだ。よく考えれば『ナイト・ウォッチ』は英語で”夜
    | моя комната (私の部屋) | 2006/04/17 12:22 AM |
    ナイト・ウォッチ−(映画:今年52本目)−
    監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ、 マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ 評価:65点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 光の世界と闇の世界が入り乱れる
    | デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) | 2006/04/17 12:22 AM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
    公開:2006/04/01(2006.4.1鑑賞)監督:ティムール・ベクマンベトフ原作:セルゲイ・ルキヤネンコ出演:コンスタンチン・ハベンスキー    ウラジーミル・メニショフ    マリア・ポロシナ    ガリーナ・チューニナ    ヴィクトル・ヴェルズビツキー  
    | 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/04/16 10:52 PM |
    ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR(2004/ロシア/監督:ティムール・ベクマンベトフ)
    【新宿オデヲン座】世界はかつて、光の勢力と闇の勢力との間で激戦を続け、破滅の危機にあった。やがて戦いの無益さに気付いた両者は、1000年前に休戦協定を結ぶ。以来、特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”に目覚めた人間は、光につくか闇につくか、それぞれ本人の
    | のら猫の日記 | 2006/04/16 7:52 PM |
    ナイト・ウォッチ
    「ナイト・ウォッチ」をMOVIX橿原にて鑑賞。 1992年、モスクワ。妻(マリア・ミロノーワ)に逃げられたアントン(コンスタンチン・ハベンスキー)は呪術使いの元へ行き、そこで彼は自
    | 雑記のーと Ver.2 | 2006/04/16 7:02 PM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
       光と闇の均衡が崩れる時を目撃してきました。  ソビエト連邦のモスクワ・・・  特殊な能力を持つ、異種として生まれてきた人間は、その能力に気付いた時に、光の勢力=ナイト・ウォッチ(闇の異種の行動を監視)につくか、闇の勢力=デイ・ウォ
    | とにかく、映画好きなもので。 | 2006/04/16 4:34 PM |
    '06-0028 『ナイト・ウォッチ』
    なんだろう主人公に魅力を感じない映画って本当に辛いな^_^; 『マトリックス』を超える映像革命っていうのは誇大広告でしょう ある意味『キルビル』並みのパクリ映画ですよ 冒頭のシーンなんて誰が見ても『マトリックス』でしょう なのに派手なアクションがあるわけ
    | 闇に歌えば | 2006/04/16 3:57 PM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR(映画館)
    CAST:コンスタンチン・ハベンスキー/ウラジーミル・メニショフ/マリア・ポロシナ/ガリーナ・チューニナ/ヴィクトル・ヴェルズビツキー 他 ■ロシア産 115分 この映画ジャンルは何になるんでしょう? ホラーファンタジー?ですか? とりあえず独創的な特殊映像が
    | ひるめし。 | 2006/04/16 12:45 PM |
    光と闇の1000年戦争
    71「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」(ロシア)  人間ではあるが、特殊な能力を持ち、「異種」と呼ばれる者たち。彼らは「光」と「闇」に別れ、激しい争いを続けていた。滅亡の危機を防ぐため光の帝王ゲッサーと闇の帝王ザヴロンは休戦の協定を結ぶ。以後100
    | CINECHANの映画感想 | 2006/04/16 11:56 AM |
    ナイト・ウォッチ NIGHT WATCH
    コンスタンティン・カベンスキー主演 ロシア ファンタジー映画 ユアン・マクレガー の同名ナイト・ウォッチではありません 東京ファンタジック映画祭で話題になったロシア映画3部作の1作目 配給会社のアメリカ20世紀FOX社が 残虐なシーンがあるので 公開を何故か
    | travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/04/16 9:39 AM |
    露流ブーム到来なのか?
    先々週末「大統領のカウントダウン」、先週末「ナイト・ウォッチ」と2週連続でロシ
    | 映画コンサルタント日記 | 2006/04/16 1:30 AM |
    映画「ナイト・ウォッチ」
    ロシア映画「ナイト・ウォッチ」の試写会に行った。 私の正直な感想はズボリ! 「
    | いもロックフェスティバル | 2006/04/16 12:31 AM |
    ナイト・ウォッチ
    ★本日の金言豆★ セルゲイ・ルキヤネンコの原作小説は「Night Watch」「Day Watch」「Dusk(たそがれ) Watch」の3部作。 2006年4月1日公開  ロシア映画ですよ、ロシア!いやあ〜私も不勉
    | 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 | 2006/04/16 12:18 AM |
    ナイト・ウォッチ【NIGHT WATCH】
    ○ナイト・ウォッチ【NIGHT WATCH/NOCHNOY DOZOR】 ○2004ロシア/115min/FOX/公開2006/04/01 ○ファンタジー/サスペンス/ホラー ○personal preference■■■□□□ イントロダクション 激しく争っていた光と闇の勢力が、1000年前に休戦協定を結び、お互いを監
    | Big Screen | 2006/04/15 10:50 PM |
    『ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR』圧倒される映像、独特の空気...
    なんだこれは!! 圧倒される映像、体感したことのない独特のリズムと空気感。ハリウッドのマンネリズムに真っ向から挑戦するのは芸術大国ロシアの映像ルネサンス!!
    | よろ川長TOMのオススメ座CINEMA | 2006/04/15 10:37 PM |
    ナイト・ウォッチ
    この映画のチラシには、 「マトリックスを超える映像革命」と書いてありましたので どんなすごいものを見せてくれるのだろうとワクワクして見てました。   確かにすごいです!!
    | しんのすけの イッツマイライフ | 2006/04/15 10:11 PM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
    「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」 評価 ★★☆☆☆ (1.5) 『あらすじ』  アザーズと呼ばれる能力者たちは、かつて地上で「光」と「闇」に軍勢に分かれ激しい戦いを繰り広 げていた。しかし、終わりのない戦いは軍勢を疲弊させる。この戦いの
    | 何を書くんだろー | 2006/04/15 9:53 PM |
    寒い国からやってきたダークネス
    如何にも低予算、と云った映画。劇中で繰り返し流れるセンチメンタルな音楽の使い方含め、何だか日本のSFものを観ている気分に。
    | 下弦の憂鬱 | 2006/04/15 9:32 PM |
    どこら辺がマトリックスを超えたの?:「ナイト・ウォッチ」
    結構楽しみにしていたんだよな~...この映画。 .........&#63896; 「マトリックスを引き合いに出すくらいなんだから、 面白いに違いない&#63913;」 と勝手に判断した私が悪いのか...&#63912;&#63897; この映画が「ロード・オブ・ザ・リング/
    | この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/04/15 8:28 PM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR 上映時間 1時間55分 監督 ティムール・ベクマンベトフ 出演 コンスタンチン・ハベンスキー ウラジーミル・メニショフ マリア・ポロシナ  ヴィクトル・ヴェルズビツキー 評価 4点(10点満点)  ロシア映画を始めて見た。
    | メルブロ | 2006/04/15 8:26 PM |
    ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
    「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」 製作:2004年、ロシア 11
    | 映画通の部屋 | 2006/04/15 7:14 PM |