[ 僕のニューヨークライフ ]人生ってこんなものか? | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ ジャーヘッド ]からっぽゆえに、何でも入る | main | [ アサルト13 要塞警察 ]へたれのイーサンどこへやら >>
[ 僕のニューヨークライフ ]人生ってこんなものか?
0
    [ 僕のニューヨークライフ ]@恵比寿ガーデンプレイス
    で鑑賞。

    毎年、ウディ・アレン作品を観るので、もうそんな時期な
    のかと思ってしまう(そういっても毎年2月に上映するわけ
    ではないのだが)。

    本作のパンフレットも前作[ メリンダとメリンダ ]同様
    に個性的で可愛い。なんで、メインビジュアルがなぜリン
    ゴなのか、わからないが・・。
    [ anything else ぼくのニューヨークライフ ]パンフレット


    第60回ヴェネチア映画祭のオープニングを飾り、観客を大
    いに湧かせた話題作。ニューヨークと恋そして憂鬱という
    毎度お馴染みのウディのモチーフを私小説の味わいを持つ
    一人称のスタイルで編み上げながら、人生の岐路に立たさ
    れたひとりの青年の成長と旅立ちを、温かなまなざしでみ
    つめたラブ・コメディ。

    マンハッタンに住む若手コメディ作家のジェリー(ジェイ
    ソン・ビッグス)は、同棲中の恋人アマンダ(クリスティ
    ーナ・リッチ)の気まぐれな性格に悩まされていた。そん
    な中、ジェリーに次々と問題が降りかかる。

    主人公のジェリーは、周囲のやることにNOといえない性格。
    だから、行きつけの精神科医が無口で頼りなくても、通い
    続けるし、わがままな恋人アマンダには振り回されっぱなし。

    クリスティーナはちょっとした幼児体型ではあるが、フェ
    ロモン漂う色気を感じる。

    悩み多きジェリーに唯一、古いジョークや書籍の名言を引
    用して、アドバイスをくれるのが作家兼学校教師のドーベ
    ル(ウディ・アレン)。役に立つこと(「仕事は夢に意味を与
    え、セックスは夢を長続きさせる」)から、どうでもいいこ
    と(「僕はオナニー派だ。昨夜アパートに帰って3Pをやる想
    像をした。僕とマリリン・モンローとソフィア・ローレン」)
    まで。実は、どちらもジェリーにとっては、意味深い言葉
    である。どちらの言葉も、彼女に振り回されることを揶揄
    しているのだ。


    聞いてか聞かずか、ますますジェリーの身に災難がふりか
    かる。アマンダの母ポーラ(ストカッド・チャニング)が自
    分の家に越してくることになったのだ。この母が、アマン
    ダに輪をかけてわがまま。執筆活動も手につかない。
    その上、セックスレスのアマンダの浮気発覚など、ジェリ
    ーは窮地に立たされることに。

    そんなある日、ドーベルが「僕らは不穏な時代を生きてる」
    「くれぐれも用心しろ。強制収容所の悲劇がまた繰り返され
    る」と、ジェリーに説いてくる。
    そして、「長い人生で頼れるのは自分だけだ」と軍放出品シ
    ョップへ誘い、ジェリーに無理やり「ロシア軍が放出した
    ライフル」などをサバイバル用品一式を買い与える。

    ここらへんくだり、9.11の影による漠然とした不安が実体
    化した光景のようである。ウディはニューヨーカーの今を
    的確に描いている。

    これにより、ジェリーは“にわか武装”を試み、周囲との
    衝突やその後も再び災難にも見舞われるが、ドーベルから
    申し出のあった「ニューヨークを出て、ロスへ行こう」とい
    う言葉に触発され、行動派な人間への生まれ変わることに。

    しばらくしてジェリーは、気づくはず。学ぶことが多かっ
    たのは、ドーベルではなくアマンダだったってことを。
    ドーベルは、若いジェリーを見守っていただけなのだ。

    この映画を観て、最初に思ったのだが、主人公自身が狂言
    回し的に、画面の向こうにいる観客へナレーターとして語
    ってみせるスタイルは、
    あのウディ出世作[ アニー・ホール ]とくりそつではな
    いか。

    本作は、監督にとってターニングポイントに位置づけられ
    るのか。そう考えると、次回作は本作以上に楽しみになって
    きた。
    | 映画パンフ | 17:54 | - | trackbacks(18) |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/423864
    トラックバック
    僕のニューヨークライフ
     『ちょっと真面目で、ちょっとエッチなピースフル・コメディ』  コチラの「僕のニューヨークライフ」は、ウディ・アレン監督によるタイトル通りニューヨークを舞台に繰り広げられるPG-12指定のラブ・コメディです。  公開時にチラシにイラストを描いたリリー・
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/06/19 8:35 PM |
    『僕のニューヨークライフ』'03・米
    あらすじマンハッタンに住む若手コメディ作家のジェリー(ジェイソン・ビッグス)は、同棲中の恋人アマンダ(クリスティーナ・リッチ)の気まぐれな性格に悩まされていた・・・。感想ウディ・アレン監督の作品です。日本では、この後に作られた『メリンダとメリンダ』の
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2007/11/30 11:53 PM |
    僕のニューヨークライフ
    「僕のニューヨークライフ」★★★★ (盛岡フォーラム1)20
    | いつか深夜特急に乗って | 2006/09/12 5:58 AM |
    僕のニューヨークライフ
    原題: Anything Else (2003) 2006年1月21日 日本初公開 公式サイト: http://www.ny-life.jp/ 飯田橋ギンレイホール 2006年4月26日(水)10時00分からの回 ゴウ先生ランキング: B
    | 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/05/06 10:40 AM |
    僕のニューヨークライフ
     ジェイソン・ビッグスにウディ・アレンが乗り移ったような・・・背後霊の仕業か?と思うほど、喋り方がそっくり!
    | ネタバレ映画館 | 2006/05/05 12:05 AM |
    僕のニューヨーク・ライフ
    ご贔屓ウッディ・アレンの最新公開作をいつもの恵比寿ガーデンシネマにて 鑑賞。 ★「僕のニューヨーク・ライフ」 2003年アメリカ 監督:ウッディ・アレン 出演:ウッディ・アレン    ジェイソン・ビッグス    クリスティーナ・リッチ    ダニー・デビー
    | cinema capsule | 2006/03/26 6:25 PM |
    「僕のニューヨークライフ」 Anything Else
    日本では去年公開された「さよなら、さよならハリウッド」(2002)と「メリンダとメリンダ」(2004)の間に製作されたこの映画、ウディ・アレンらしく、いつもながらにニューヨークを舞台に、ノスタルジックなジャズのナンバーが流れ、都会に住む男女間のやり取りを中心に
    | 俺の明日はどっちだ | 2006/03/13 9:52 PM |
    映画/anything else...あ...はい
    映画「僕のニューヨークライフ」 監督 ウディアレン 出演 ウディ・アレン ジェイソン・ビッグス クリスティーナ・リッチ ダニー・デヴィート ストッカード・チャニング
    | サバペ | 2006/03/05 6:31 PM |
    「そんなものさ」では片付けられない生活
    36「僕のニューヨークライフ」(アメリカ)  主人公のジェリー・フォークは21歳の新進コメディ作家。ニューヨーク生まれのニューヨーク育ち。わりに売れているコメディ作家だが、最近は悩むことばかり。一緒に住んでいる恋人、女優のアマンダとはこの半年セックス
    | CINECHANの映画感想 | 2006/02/23 11:05 PM |
    anything else
    ウッディアレン監督の最新劇場公開作ですが、毎度ながら彼の作品が日本に入ってくるのは数年遅れ、ファンの頭を悩ますこの時差は何なんでしょう!?いつも思います。2003年のヴェネチア映画祭の上映作品です(汗) ともあれ待ちわびているファンにはたまらない至福の
    | No Cinema No Life | 2006/02/22 10:47 AM |
    僕のニューヨークライフ
    恥ずかしながらアレン映画をほとんど観たことのないわたし・・・ 1本目が重い映画だったので2本目は軽い気持ちで観ることが出来ました。 アメリカン・パイのジェイソン・ビックスはな何だか同じようなキャラで違和感がなかったし、不思議ちゃんのクリスティーナ・リ
    | Alice in Wonderland | 2006/02/21 1:57 PM |
    僕のニューヨークライフ
    おそらく今年最後であろう、試写会に行ってきましたよ〜。今年は試写会結構観たな〜、何作品ぐらい観たかな。多すぎて分かりません(^_^;)。感想は全部ここに書いてるので、後で数えてみよう。 今回観たのは、「僕のニューヨークライフ」。ウディ・アレン監督の作品
    | 欧風 | 2006/02/21 12:20 AM |
    「僕のニューヨークライフ」
    イル・バッフォーネでランチの後は、恵比寿ガーデンシネマにてウディ・アレン監督作品
    | ロコログ♪ | 2006/02/20 11:47 AM |
    『僕のニューヨークライフ』
    愉快な奴らのミョーな人間模様が楽しい。 マンハッタンに住む21歳のコメディ作家ジェリーは、同棲する恋人アマンダのことで悩んでいた。そして、先輩である変人ドーベルにアドバイスを受ける。近頃のウディ・アレン作品には大きな満足というものがないんだけど、おも
    | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2006/02/20 10:55 AM |
    僕のニューヨークライフ
    期待値:69%  ウディ・アレンの最新作。 アメリカン・パイのあの男の子がでてますねー。 予告編:ホ
    | 週末に!この映画! | 2006/02/19 9:48 PM |
    「僕のニューヨークライフ」
    「僕のニューヨークライフ」九段会館で鑑賞 ウディ・アレンの最新作。と言うことで軽く見られる作品。NYに住む劇作家の青年が恋に悩みその恋人に振り回されるコメディ。ゲラゲラ笑うものではなく。クスッって感じが会話の中から見つかります。たぶん外人さんなんだと
    | てんびんthe LIFE | 2006/02/19 6:04 PM |
    僕のニューヨークライフ
    米&仏&和&英合作 監督:ウディ・アレン 出演:ジェイソン・ビッグス     クリスティナ・リッチ      ウディ・アレン     ダニー・デヴィート マンハッタンに住む新進コメディ作家ジェリーは女優の卵アマンダと互いに一目 惚れの恋に落ち同棲を
    | Saturday In The Park | 2006/02/19 12:31 AM |
    【映画】僕のニューヨークライフ
    "Anything Else" 2003年アメリカ監督)ウディ・アレン出演)ウディ・アレン ジェイソン・ビッグス クリスティーナ・リッチ ダニー・デヴィート ストッカード・チャニング満足度)★★★★ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて 我儘な彼女アマ
    | セルロイドの英雄 | 2006/02/18 9:13 PM |