[ 僕と未来とブエノスアイレス ]未来を探る手がかりは、過去にあり | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと ]素直になって、相手に歩み寄ること | main | 睦月シネマ(2006) >>
[ 僕と未来とブエノスアイレス ]未来を探る手がかりは、過去にあり
0
    [ 僕と未来とブエノスアイレス ]@銀座テアトルシネマ
    で鑑賞。第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞審査員特別大
    賞&最優秀男優賞のダブル受賞作品。

    アルゼンチンの下町にあるガレリア(商店街)を舞台にし
    た青年とその父の、切なくて暖かい物語。
    [ 僕と未来とブエノスアイレス lost embrace ]パンフレット画像
    舞台はブエノスアイレスのアーケード商店街(ガレリア)。
    そこに暮らす人たちはイタリア、韓国、リトアニア、ポ
    ーランドとルーツはそれぞれ異なるが人情派のアルゼン
    チン庶民ばかり。母とふたり、ランジェリーショップを
    営む、主人公のアリエルは、町には愛着を感じるものの、
    祖父母の母国ポーランドのパスポートをとってヨーロッ
    パへ移住しようと考えている。そんな矢先に、母と二人
    の息子を置き去りにした、父が30年ぶりに戻ってくるこ
    とに。はたしてアリエルと父の関係はどうなるのだろう
    か?

    何をやりたいわけでもなく、何かになりたいわけでもな
    いモラトリアムのアリエル。母のショップを手伝いして
    いるわけでもなく、仕事に従事しているわけでもないす
    ねっかじり。

    そんな彼が、この場所から逃げるように祖父母の祖国ポ
    ーランド国籍を取りたいという。アルゼンチンでは、経
    済危機が起こってからはそういう人たちが増えたらしい。
    映画ではそんなアルゼンチンの社会情勢をアリエルに反
    映させていた。

    自分というものに自信が持てず、何かを変えれば、自分
    も未来も変わるだろう。という幻想なのだろう。こんな
    ところは日本の若者も通じるのではないだろうか。これ
    といってやりたいことを持っているでもないのに、高校
    や大学を卒業したら「留学だ」なんてー考える人たちの多
    いこと。

    父親を嫌っていたモラトリアムなアリエルも、父親が自
    分の元から去った意外な理由を知り、考えを改めまとも
    になる。親子の関係をやり直し、彼はポーランド国籍を
    取るのを辞め、ブエノスアイレイスでしっかりと生きて
    いくことにする。

    この映画のメッセージは、つまり過去を探ることが未来
    を探す手がかりである。ということだったのだ。

    オープニングのアリエル青年のナレーションと動きのあ
    るカメラワークで、商店街に住む人々を紹介していく演
    出が非常に面白かった。手持ちカメラによる撮影は、人
    々の一瞬一瞬の表情を捉え、日常のライブ感を感じられ
    る仕上がりになっていた。

    しかし、個性的な人たちが集まっている商店街を舞台に
    しているわりに、アリエル青年の家族を中心に描きすぎ
    たため、周囲の人たちのキャラクターがいまいち目立た
    なかったのが悔やまれる。
    | 映画レビュー | 17:11 | comments(0) | trackbacks(6) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/409818
    トラックバック
    『僕と未来とブエノスアイレス』’04・アルゼンチン・仏・伊・西
    あらすじアルゼンチンのブエノスアイレス。30歳のアリエルは、小さなガレリア(商店街)で母の営むランジェリーショップを手伝っている。先の見えない未来から抜け出すため、ヨーロッパに行く為にアリエルは、祖母の故郷であるポーランド人になろうとするが・・・。感
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/12/07 12:06 AM |
    僕と未来とブエノスアイレス
    2003年 アルゼンチン・スペイン・仏・伊 2006年1月公開 原題:El Ab
    | 銀の森のゴブリン | 2006/08/31 11:06 PM |
    僕と未来とブエノスアイレス
    銀熊ダブル賞です。アルゼンチン、フランス、イタリア、スペイン合作映画「僕と未来
    | ○o。.1日いっぽん映画三昧.。o ○ | 2006/08/15 11:34 PM |
    『僕と未来とブエノスアイレス』
    "南米のウディ・アレン"と評されるのも納得。 コミカルでほのぼの。とても私好みの作風。 アルゼンチンのブエノスアイレス、ユダヤ系青年アリエルと下町の小さなガレリア(アーケード商店街)に暮らす人々の物語。世界のあちらこちらに移住せざるを得なかったユダ
    | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2006/02/25 7:10 PM |
    僕と未来とブエノスアイレス
    映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの僕と未来とブエノスアイレス情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。
    | □film-navi〔フィルムナビ〕 | 2006/02/11 7:05 PM |
    僕と未来とブエノスアイレス
    グレート・ビギンに引き続き、レイトで観てきました。同じ映画館だったので非常にラクチンでした。先着50名様にワインをプレゼントということでしっかりいただきましたよ(笑)ミニボトルだろうとばかり思っていたのにもらってみると、通常の大きさ!いやはや吃驚です
    | まったりでいこう〜 | 2006/01/31 10:20 PM |