[ ある子供 ]自分の力で大切なモノを見つける | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ ロード・オブ・ウォー ]ダークスーツを身にまとった武器商人 | main | [ スクールデイズ school daze ]学生服の山本太郎、まだまだ健在 >>
[ ある子供 ]自分の力で大切なモノを見つける
0
    [ ある子供 ]@恵比寿で鑑賞。
    2005年カンヌ国際映画祭パルムドール大賞受賞。

    前作[ 息子のまなざし ]に引き続きジャン=ピエール&
    リュック・ダルデンヌ監督は[ ある子供 ]でもきょうび
    の若者の姿を見事に描き出した。

    「ある若者」ではなく「ある子供」というタイトルは、若
    者の行動や考えの稚拙さを的確に表していると思う。
    [ ある子ども ]のパンフレット

    定職につかない20歳の青年ブリュノ(ジェレミー・レニエ)
    は18歳の恋人ソニア(デボラ・フランソワ)との間に赤ちゃ
    んをもうけるが、金ほしさに自分の子を売ろうとする。こ
    のことで、恋人との間に深い溝ができてしまう。はたして
    彼はソニアとの愛を取り戻せることができるのか。

    冒頭、ソニアが病院で産んだばかりの赤ん坊を抱いてアパ
    ートへ帰ってくるところが描かれている。このシーンが一
    瞬なんのことかわからなかったが、実は同棲相手のブリュ
    ノがお金のために部屋を又貸ししていたのだ。貧しさを表
    す一シーンだったのだ。

    知人の女性の話によると、やぬを得ない事情で堕ろすこと
    になってもお腹にいる赤ちゃんには人一倍愛着がわくようだ。
    この話を聞いて、自分の体から産み出すということができ
    ない男には、男と女には子供に対する愛情に歴然とした大
    きな差があるように思えた(個人差だろうけど)。生まれて
    くる子供も、男にとっては本当にわが子かどうかわからん
    あやふやさもあるしね(笑)。主人公ブリュノも自分の子供
    を抱いても、落ち着きがなくうれしいという感情も出さな
    い。父親としての実感がないのがよくわかる。

    時よりみせる二人のじゃれあいは、まさに大人ではない子
    どもの幼なさを漂わせる。このシーンが、物語によりリア
    リティを感じさせる。

    カメラは冒頭こそソニアだったが、途中から常に主人公ブ
    リュノによりそっている。彼の言動を漏らさぬように。
    彼は間違っては、傷つく。これを繰り返す。観ている僕は
    途中から説教したくなるぐらい間違う。それでも彼はまた
    間違って、心にも体にも傷を負う。

    この映画が他の作品と違うのは、そんなブリュノを説教す
    る大人が全く出てこないことだろう。そして、彼は最後に
    ようやく大切なものを見つけるのだ。自分の力で。
    | 映画レビュー | 18:13 | comments(6) | trackbacks(54) |
    コメント
    マダム・クニコさんへ
    TB&コメントありがとうございます。

    >大人を登場させないことで、逆に大人(社会)への批判を込めているのでは?

    なるほど。そこには頼ることができないっことですね。その現実は感じますね。
    | アロハ坊主 | 2006/01/28 10:10 PM |
    >彼は間違っては、傷つく。これを繰り返す。観ている僕は途中から説教したくなるぐらい間違う。それでも彼はまた間違って、心にも体にも傷を負う。

    そうです。キズを負うことで、少しずつ大人になっていくんですね。
    大人を登場させないことで、逆に大人(社会)への批判を込めているのでは?
    | マダム・クニコ | 2006/01/26 11:37 PM |
    Kenさんへ
    いつもどうもです。

    タイトルはKenさん同様ひかれましたね。

    >この主人公、無軌道な行動を繰り返していましたがなぜか嫌悪感は持ちませんでした。

    この反応は僕も似ていますが、世の中は
    逆みたいですよ。途中で席を立って帰ったって人はいるし、予告を観ただけで嫌悪感を感じ行くかどうか迷うというという人もいるぐらいですから。この違いは、男女によっても違うし、子供がいるかどうかによっても異なります。

    立場や役割が違うと、映画を観ての印象が、同じ人間でもこんなに変わるんです。


    | アロハ坊主 | 2006/01/14 7:54 PM |
    アロハ坊主さん、こんにちは!
    TBさせて頂きました。
    「子供」というのは赤ん坊、ブリュノ、そしてソニアも全部含めて「子供」なんですね。実際に映画を観て、僕もこの題名に唸りました。
    この主人公、無軌道な行動を繰り返していましたがなぜか嫌悪感は持ちませんでした。これもやはり悪気のない子供の行動、として観ていたからなのかもしれません・・・。
    | Ken | 2006/01/14 2:32 PM |
    sabuさんへ
    コメント&TBいつもありがとうございます。
    かなり感情入ってしまいましたねえ。

    同じような人は、sabuさんの周りにもいると思いますよ。
    子供を売らないまでも、連絡もなしに仕事を休む人だったり、
    待ち合わせで平気で遅れてきて謝らない人だったり。
    そんなことをすると、周りの人に迷惑かかるとかどう思うか
    まで想像ができないヒトは、この主人公の予備軍みたいな
    ものだと思います。

    そういう人たちは、ブリュノのように痛い目に逢わないと
    わからないかもしれませんね。
    あと、自分のお腹を痛めて産む女性とそれをただ見
    守るだけの男とでは、愛おしさやつながり、そして責任と
    いう差はデカイと思います。

    それでは、来年もよろしくです。


    | アロハ坊主 | 2005/12/29 12:39 AM |
    あまりに淡々と進むので、最初のうちは眠ってしまいそうでやばかったです。
    しかし、話が進むにつれ、おいおい、それはないでしょう、憤りさえ感じるようになりました。
    正直、不快この上ない内容でしたが、ここまで不快にさせること自体、すごい作品なのかもしれないですね。
    | sabu | 2005/12/29 12:27 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    ある子供
     『痛みを知ること、 やさしくなること。』  コチラの「ある子供」は、2005年カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したPG-12指定のヒューマン・サスペンスです。監督のダルデンヌ兄弟のパルムドール受賞は「ロゼッタ」に続いて2度目で、それは史上5組目だそうです。
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/09 8:14 PM |
    映画:ある子供(★★★☆☆)
    2005年、ベルギー&フランス。 「ある子供」(★★★☆☆) 監督: ジャン・ピエール・ダルデンヌ、 リュック・ダルデンヌ。 一夜の宿にも困る貧乏カップルに、赤ちゃんが出来る。 手持ちの物を売っては、 その日の生活をやりくりする日々が続くが、
    | 新・ぴゅあの部屋 | 2007/02/17 11:18 PM |
    ある子供&イゴールの約束&ロゼッタ
    ベルギー映画監督のダルデンヌ兄弟特集、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た不思議な感覚の映画だよね、・・かたくなだけど、リアルに必死に生きていく・・ 映画『ロゼッタ(1999)』 原題:Rosetta キャンプ場のトレーラーハウスで母親と暮らすロゼッタ(エミ
    | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/12/08 1:39 AM |
    『ある子供』(ダルデンヌ兄弟)
    個人的に映画は娯楽に過ぎません。かつてのゴダールやアラン・レネに代表される、ヨーロッパの晦渋極まりない映画も嫌いではありませんが、わざわざ劇場まで足を運んで観る以上、むやみやたらと小難しい映画を観ようとは思いません。2時間をワクワク・ハラハラ・ドキ
    | 香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎 | 2006/12/07 3:55 PM |
    「ある子供」
     ある子供 「ある子供」 ★★★★ L'enfant、The Child (2005年ベルギー/フランス) 監督:ジャン・ピエール・ダルデンヌ / リュック・ダルデンヌ 脚本:ジャン・ピエール・ダルデンヌ / リュック・ダルデ
    | NUMB | 2006/11/02 9:32 AM |
    『ある子供』’05・ベルギー・仏
    あらすじ定職には就かず、仲間とともに盗みを働いてその日暮らしをしているブリュノ(ジェレミー・レニエ)。恋人ソニア(デボラ・フランソワ)との間に子供が産まれた。だが、ブリュノは子供を売ってしまった・・・。感想カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した映画。
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/10/03 10:53 PM |
    『ある子供』
    ある子供 2005年 カンヌ映画祭 パルムドール大賞受賞作品 監督:ダルデンヌ兄弟 CAST:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ 他 若い少女ソニアに男の子が産まれる。父親は恋人のブリュノ。ブリュノは盗品などを売りさばき生活をしている。二人で市
    | **Sweet Days** | 2006/09/23 8:43 AM |
    DEAR WENDY ディア・ウェンディ(DVD)
    正義の名のもとに、僕たちは銃を持つ。 CAST:ジェイミー・ベル/ビル・プルマン/マイケル・アンガラノ/クリス・オーウェン/アリソン・ピル 他 ■デンマーク/フランス/ドイツ/イギリス産 105分 昔「世にも奇妙な物語」でこの映画の登場人物みたいに銃を持ったら、
    | ひるめし。 | 2006/08/28 8:23 PM |
    ある子供
    「ある子供」 2005年 仏/白(ベルギー) ★★★ フランスのどこかの町。 男の子を産んだ、少女ソニアは、何度電話しても連絡が取れない彼氏ドリュノを 賢明に捜します。彼氏のドリュノは ニート。 暇は沢山ある筈なのに 見舞いにも 来てくれなかった
    | とんとん亭 | 2006/07/29 8:02 AM |
    ある子供
     以前書いた映画「息子のまなざし」のダルデンヌ兄弟の映画「ある子供」 この作品は2005年度のカンヌ映画祭パルムドール大賞に輝いた。 ベルギーを舞台にした映画だが、ベルギーでは若年者の失業率が20% を越えているという社会的背景
    | 悩み事解決コラム | 2006/07/13 9:28 PM |
    「ある子供」
    名画座にて。 ソニアが赤ん坊を抱いて部屋に戻ると、 そこはブリュノが勝手に貸し出していた。 部屋を空けるのは、わずか一週間のことだというのに。 ブリュノはチンピラともいえない、 不良が歳を重ねただけのつまらない犯罪者だ。 子供に盗みをやらせて上前をはねた
    | もじもじ猫日記 | 2006/05/24 9:45 PM |
    『ある子供』ヨーロッパの現実
    監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ(2005年 ベルギー・フランス作品)男も女も二十歳を過ぎた頃だろうか、男は正業を持たず窃盗品の売買でその日暮らし。女は子供を生んだばかりだが、男とまだじゃれていたいお年頃。精神年齢的に子供過ぎるこの二人。
    | 再出発日記 | 2006/04/13 11:26 PM |
    映画「ある子供 L'Enfant 」を観る
    18歳のソニア(デボラ・フランソワ)と20歳のブリュノ(ジェレミー・レニエ)に息子が生まれる。病院から戻ったソニアは、定職もなく怪しい商売でその日暮しをしているブリュノにまじめに働くよう頼む。。。 2005年カンヌ国際映画祭パルムドール賞に輝いたベルギーの
    | 酒焼け☆わんわん | 2006/03/26 2:12 PM |
    【映画】 ある子供 ★★★☆
    ストーリー: 定職につかず、少年たちを使って盗みを働き、 盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ。 ある日、ブリュノの子どもを出産した18歳の恋人ソニアが、 病院から退院してくる。 子どもを見ても何の実感も感じないブリュノ。 盗品を売った金でド
    | 徒然なるままに・・・ | 2006/02/19 10:27 AM |
    映画:「ある子供」の感想
    注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。主人公のブリュノはひどい奴です。恋人が入院中なのをいいことに、
    | Mr.Ericの感じたままで | 2006/02/09 10:11 PM |
    ある子供:生きることの重さを冷徹に描く作品
    ★原題:L'enfant ★監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ(200...
    | 「朱雀門」という方法・第2章 | 2006/02/09 10:09 PM |
    「ある子供」 高級ベビーカーを買ったけど
    社会人になって、働きにでれば、“大人”になれると思ってました。 親もとから離れて、一人暮らしすれば、“大人”になれると思ってました。 結婚すれば、“大人”になれると思ってました。 なんら変わることなく、こんな“大人”でもいいのかと思いながら、過ごす毎日
    | 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 | 2006/02/05 5:25 PM |
    『ある子供』〜ヒップ・ブレイクスルー〜
    『ある子供』公式サイト 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ出演:ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワほか   【あらすじ】(goo映画より)定職につかず、少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ。あ
    | Swing des Spoutniks | 2006/02/04 1:15 PM |
    「ある子供」 高級ベビーカーを買ったけど
    社会人になって、働きにでれば、“大人”になれると思ってました。 親もとから離れて、一人暮らしすれば、“大人”になれると思ってました。 結婚すれば、“大人”になれると思ってました。 なんら変わることなく、こんな“大人”でもいいのかと思いながら、過ごす毎日
    | 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 | 2006/02/03 7:21 PM |
    ある子供
    かなりの高評価のこの映画を関西での上映の初日に見に行きました。 驚いたのはこの映画よりも『B型の彼氏』が満員になっていたことです。 ある子供もほとんど満員くらいお客が入っていたのですが、この映画館の客層の良さには驚きました。自由席だけどみんな席を詰め
    | Alice in Wonderland | 2006/01/30 1:03 PM |
    『ある子供』
    恵比寿にて。 05年度カンヌパルムドール受賞作品。 子供を躊躇なく売ったりするという、主人公の幼じみた行為に、何の怒りも苛立ちも覚えなかった自分自身に腹が立った。
    | Re:逃源郷 | 2006/01/28 6:48 PM |
    「ある子供」
    「L' Enfant」...aka 「The Child」2005 ベルギー/フランス 2005年度カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作品(リュック・ダルデンヌ/ジャン・ピエール・ダルデンヌ) 監督はリュック・ダルデンヌ、ジャン・ピエール・ダルデンヌ(ロゼッタ/1999)で、レオン・ミショ
    | ヨーロッパ映画を観よう! | 2006/01/27 7:46 PM |
    ある子供/亀裂の効果
     日本の若者にも通じる、大人になりきれない”子供”を、ドキュメンタリータッチで描いた力作。カメラアングルと移動撮影、音声、小道具などを効果的に用いて、深読みのできる作品に仕上げてある。スリリングな先の読めない展開もすばらしい。 ある子供 (ネタバレ注意
    | マダム・クニコの映画解体新書 | 2006/01/26 10:20 PM |
    ある子供
    昨年、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したベルギーとフランスの合作映画。 ダルデンヌ兄弟の作品を観るのは、『ロゼッタ』、『息子のまなざし』に続いて3作目。 どんな境遇にある人も受け入れようとする心の許容範囲の広さと視線の温かさを感じる映画だった。 <STOR
    | toe@cinematiclife | 2006/01/21 12:38 AM |
    ある子供
    今まで新年の目標なんて掲げたことないんだけど 今年は、目標を作ってみた。 その一つが、劇場に足を運んで、たくさんの映画を見ること。 昨年は、あんまり映画館に行かなかったから。
    | h | 2006/01/20 12:50 AM |
    ある子供
    2005年/ベルギー・フランス/95分/ 監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ/ジェレミー・スガール/オリヴィエ・グルメ/ファブリツィオ・ロンジョーネ /ステファーヌ・ビソ/ミレーユ・バイ/ア
    | No Need To Argue | 2006/01/17 11:30 PM |
    ある子供
    2005年/ベルギー・フランス/95分/ 監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ/ジェレミー・スガール/オリヴィエ・グルメ/ファブリツィオ・ロンジョーネ /ステファーヌ・ビソ/ミレーユ・バイ/ア
    | No Need To Argue | 2006/01/17 11:29 PM |
    「ある子供」  何とか生き抜いてくれ 滋味豊かな料理のような映画だ
    彼は本当に子供なのだ(考えてみれば俺だって子供だったよ)。子供なのに仕事も住む場所もない。母はどこかの男を連れ込んでいる。どう生きていいのか分からない。 ただ!素晴らしいことは、素敵な恋人がいて赤ちゃんが出来たのだ。 ソニアは有頂天だが彼にはも
    | 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/01/14 4:32 PM |
    【映画】ある子供
    "L'Enfant"2005年ベルギー/フランス監督)ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ出演)ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワ ジェレミー・スガール満足度)★★★★ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて 生まれたばかりの赤ん坊を連れて退院し
    | セルロイドの英雄 | 2006/01/14 1:08 PM |
    映画『ある子供』を観て
    人気blogランキングへ原題:L‘enfant(ベルギー/フランス)上映時間:95分監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ出演:ジェレミー・レニエ(ブリューノ)、デボラ・フランソワ(ソニア)、ジェレミー・スガール(スティーブ)、ステファーヌ・ピソ
    | KINTYRE’SPARADISE | 2006/01/14 12:26 AM |
    「ある子供」(2)  ソニアの場合
    18歳で初産。安産とはいえひとり病院で産むのは心細かったろう。ブリュノは病院にも来ないし退院を迎えにも来ない。たったひとり、赤ちゃんを抱いて退院。アパートに帰ると自分の部屋はブリュノがカップルに一週間の契約で貸してしまっているから入れない。退院して泊
    | 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/01/13 11:28 PM |
    ある子供
     これほどまでにどうしようもないというかだらしないというか、救いようのない若者を赤裸々に描いた作品も他にないのではないでしょうか。  定職に
    | シネクリシェ | 2006/01/13 7:23 AM |
    ある子供
    「ある子供」、それはもちろん映画の主人公である20才のブリュノのことだ。そしてまた、ブリュノ個人だけではなく、極めて一般的な意味においての彼、彼女たち「浮遊する子供」(やや古い言い回しだ)のことだ。 20歳で子供? 多分この年齢設定がこの映画のキモだと思
    | EiGACAN!-Movie Comment | 2006/01/10 8:48 PM |
    「ある子供」ハリウッドの対極
    「ある子供」★★★★ ベルギー=フランス、2005年 リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督 定職につかず、盗みを働き、 その日暮らしをしている 20歳の青年ブリュノ 彼は18歳の恋人が 生んだ子供さえも 売り払ってしまう。 人は自分の居場所を探して
    | soramove | 2006/01/09 4:07 PM |
    【生命力】 「ある子供」 / ジャン=ピエール・ダルデンヌ , リュック・ダルデンヌ
    社会のどこにも居場所がない者たち  ベルギー東部に位置する労働者の街、スラン。鉄と石炭に恵まれた鉱山、ムーズ河の肥沃な流れは、良質な工業製品を生産する基盤だった。ベルギーを支える資本の源は、この豊かな天然資源に加え、イタリア、スペイン、トルコからの
    | Augustrait | 2006/01/08 6:09 PM |
    ある子供
    雑誌フィガロ主催の試写会のシネマの休日で観た映画。 無知で間抜けな子供男と、大人になりきれない女の間に子供が生まれたところから物語が始まる。 主人公たちのあまりのバカっぷりに、胸糞が悪くなる。 実際途中で退席する客もいた。 その場の面白お
    | 【東京印象時間】 〜麻布十番・神楽坂・人形町〜 | 2006/01/06 11:15 PM |
    「ある子供」
    年の瀬にきて、凄い映画を見てしまった。 監督ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ。カンヌパルムドール。
    | MIWOのレタスなLOGBOOK | 2006/01/05 4:29 PM |
    『ある子供』 L'Enfant
    徹底したそのリアリズムに引き込まれて。 緊迫感とやるせなさの後に訪れる温かさは格別。 出産した赤ん坊ジミーを連れて、ソニアはブリュノと住むアパートに戻ったが・・。物語は突如始まり、説明的な場面や台詞がないまま時間軸に沿って展開していく。そして、私た
    | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2006/01/05 2:24 PM |
    「ある子供」のリアリズム
    「ある子供」を見ていて、ネオ・リアリスムなんて古い言葉を思い出した。 第二次大戦
    | Days of Books, Films | 2006/01/03 11:44 AM |
    映画覚書「ある子供」
    ある子供L'enfant 『ある子供』は「癒着」の映画であると思いました。全くの個人と個人が接触すること、つまり他者と接触すること(互いに肌を触れ合わせるということであったりする
    | マボロシノミズウミ | 2005/12/29 11:54 PM |
    『ある子供』
    『ある子供』 この映画は東京では恵比寿ガーデンシネマで公開されており、クリスマス一色のこの時期、一人で恵比寿ガーデンプレイスを訪れるのは勇気がいることでしたが、どうしてもこの映画を見たかったので一人で見てきました。(あれっ、この文章、どこかで読んだぞ
    | 地球が回ればフィルムも回る | 2005/12/29 7:58 PM |
    『ある子供』
    『ある子供』 この映画は東京では恵比寿ガーデンシネマで公開されており、クリスマス一色のこの時期、一人で恵比寿ガーデンプレイスを訪れるのは勇気がいることでしたが、どうしてもこの映画を見たかったので一人で見てきました。(あれっ、この文章、どこかで読んだぞ
    | 地球が回ればフィルムも回る | 2005/12/29 7:58 PM |
    「ある子供」
    ベルギー、フランス 冬の日本海のような、重苦しい空気感。 出産した喜び一杯に退院してくる母親の気持ちをよそに、 その後の父親の愚行を予感させるような、雲の厚い空。 金欲しさに、若い父親は産後間もない自分の子供を売ってしまう。 その様があまりにも淡々と
    | 映画感想文 | 2005/12/29 12:25 AM |
    映画: ある子供
    邦題:ある子供 原題:L'Enfant 英題:The Child 監督:ジャン=
    | Pocket Warmer | 2005/12/24 11:55 AM |
    ある子供@恵比寿ガーデンシネマ
    適材適所に充てるキャスティング。日本で公開されたダルデンヌ兄弟の4作品全てに、オリヴィエ・グルメは出演している。分厚い眼鏡と屈強な体つき、それは紛うことなく彼だとすぐに分かるのだが、主人公ブリュノを演じたジェレミー・レニエが「イゴールの約束」のイゴー
    | ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2005/12/22 11:53 PM |
    ある子供
     こんばんわ。まず初めに今日は、お礼を言いたいと思います。  いつも、ブログランキングをポチッとしてくれるとてもお優しい方、本当にアリガトウございます!!!トモゾウ本当に感謝
    | トモゾウのオススメ!!映画情報 | 2005/12/22 9:17 PM |
    ある子供
    ある子供  2005/ベルギー  ★★★★★ 監督 リュック・ダルデンヌ / ジャン・ピエール・ダルデンヌ 出演 ジェレミー・レニエ / デボラ・フランソワ ■あらすじ■  まだ若い二人・ブリュノとソニア(ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ)の間に
    | Cinema-Absolutism | 2005/12/22 6:29 PM |
    『ある子供』@恵比寿ガーデンシネマ
                            原題:L'Enfant監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ出演:ジェレミー・レニエ    デボラ・フランソワ    ジェレミー・スガール
    | 映画観たり本読んだり呼吸したり | 2005/12/22 4:11 PM |
    子供と子供が子供を作る 「ある子供」
    評価:70点 ある子供 カンヌ国際映画祭でパルムドールをとった作品。 圧倒的な描写力で見せるのはいいのですが、ラストが上手く読み取れず・・・ ということで、この評価となりました。 ああいうラストは苦手なんですよね。 以下、かなりネタバレあり さて
    | 平気の平左 | 2005/12/22 1:07 PM |
    ある子供 L' ENFANT/ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、オリヴィエ・グルメ
    最初にこの作品の劇場予告編を目にしたときはちょっと重苦しそうな印象があって、特に観たいとは思わなかったのだけど、その後、何度か目にしていくうち、次第に興味を持つようになっていったところ、先日のBSフジ「映画大王」でこの作品の紹介、監督インタビューを見ち
    | カノンな日々 | 2005/12/22 12:22 PM |
    :*ある子供*
       ***STORY***                2005年  ベルギー=フランス これといった定職につかず、自分より年下の少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らし をしている20歳の青年ブリュノ(ジェレミー・レニエ)。 ある日、ブリ
    | Cartouche | 2005/12/22 10:14 AM |
    ある子供
    【映画的カリスマ指数】★★★★☆  人肌の温もりが人間の心を救い出す
    | カリスマ映画論 | 2005/12/22 2:20 AM |
    ある子供(2005/ベルギー=仏/監督:リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ)
    【恵比寿ガーデンシネマ】 定職につかず、少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ(ジェレミー・レニエ)。ある日、ブリュノの子どもを出産した18歳の恋人ソニア(デボラ・フランソワ)が病院から退院してくる。子どもを見
    | のら猫の日記 | 2005/12/22 12:51 AM |
    ある子供
    ネタバレありです。 仲間と盗みをしながら、行き当たりばったりな生活を続けるブリュノ。恋人のソニアとの間に子どもができる のですが、ブリュノは父親になったという自覚がなく、お金のために子どもを売ってしまいます。そのことにショックを受け倒れるソニアの姿
    | 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2005/12/22 12:46 AM |