CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ あらしのよるに ]あっしら、友情というより純愛でやんすね | main | [ ポビーとディンガン ]奇跡をおこす子どもたち >>
[ TAKESHIS´ ]夢の中へ
0
    北野武監督作品[ TAKESHIS´ ]@渋谷で鑑賞。
    もう記憶が薄れそうなので、書き留めることに。

    眠っているときの夢って、あれだけ支離滅裂なのに不思議
    に思わずに受け入れてしまうんだろう。中学生の時つきあ
    っていた彼女が、大学時代の彼女となぜか友達だったり。
    職場の同僚が、高校の先生だったり。つながるはずがない
    んだけど、それほど驚くこともなく話はたんたんと進んで
    いく。

    すべては夢の中なので、本人の既知な情報を再構築し、ス
    トーリーを作っている。事実ありえないかつ突拍子もない
    設定だけど、自分ではそれがなんだかお馴染みさんなので
    ある。

    映画[ TAKESHIS´ ]もそんなかんじ。
    元愛人が、いつのまにかプロデューサーだったり。マネジャ
    ーが、タクシーの運転手だったりしても全然不思議じゃない。
    [ takeshis ]北野武もしくはビートたけしの顔写真
    たけしの頭の中というだけあって、殿らしさが盛りだくさん。
    その一つが、やはり「お笑い」テイストだろう。それも「夢
    の中」という設定に、ちゃんと馴染むテイストで作りこまれ
    ている。

    お笑いのアンジャッシュような、違うシチュエーションなの
    に会話が微妙に成立してしまう「心のすれ違い」をキーとし
    たコント仕立て設定や主人公たけしのボケを引き立てるため
    の岸本加世子のツッコミなど。

    特に岸本加代子のツッコミは、ダウンタウンの松本が同じネ
    タでボケたおすがごとく、冒頭からラストまでえんえんひっ
    ぱる。

    しかし、受ける印象が無機質で、全然面白くない。
    夢を見ているたけし目線で描かれているので、感情がフラッ
    トであえて喜怒哀楽を受けないような演出を仕上げている
    のではと思う。

    この映画を観終わると、明らかに寝起きのボケたような頭の
    不鮮明さを感じてしまうのは僕だけだろうか。北野武の「夢
    の中へ」というのが、監督の狙いなら案外狙い通りに描けて
    いるのではと思ってしまった。

    映画のせいか、もしくは観てからかなりの期間たつせいか、
    画をあまり覚えていないんだけど。いまさらながら、まさか
    黒澤明監督の[ 夢 ]へのオマージュとかじゃないだろうな。
    と余計なことも考えしまう。
    | - | 11:41 | comments(3) | trackbacks(10) |
    コメント
    koyashikiさんへ
    いつもどうもです。
    ちょっと観すぎですね。
    仕事もしないで、映画行ってますから(笑)

    構成のズタズタさに、たけし自身かなり楽しんで作って
    たんだろうなというのが見受けられますね。
    もう1回観ると、印象も違うでしょうけど。

    >これからもアロハ坊主さんのレビュー楽しみにしてます!
    ありがとうございます。ちょくちょくkoyashikiさんのサイトにはお邪魔しています。あの[失踪日記]ちょっと読んでみたくなりました。


    yama_eighさんへ
    いつもおおきにです。
    文章からは、低く見えてしまいますか。
    ただよく掴めなかっただけで、作品はらしさが出て好きですよ。

    | アロハ坊主 | 2005/12/19 11:12 AM |
    あら? 意外に評価低いですね。

    僕は結構高く評価してるし、画も脳裏にまざまざと浮かびます。

    この辺の感じ方の違い、面白いですねえ。
    | yama_eigh | 2005/12/19 10:46 AM |
    TB有り難う御座いましたー!!

    アロハ坊主さんこんにちは。小屋敷です。
    それにしても本当にいっぱい映画観てますね〜。毎日じゃないんですか?たまにコピーライターになるとプロフィールには書いてありましたけど映画のライターなのでは?おっとっと、個人的な話が過ぎましたね、失礼!(笑)

    『映画のせいか、もしくは観てからかなりの期間たつせいか、
    画をあまり覚えていないんだけど。』

    そうなんですよー。多分そこもたけしの狙いだったようにも思えたりするんですよね。映画を観たのに画を覚えてない。というか画を覚えれない。筋道を立てて構成されてるような映画じゃなくて、構造自体がズタズタにバラバラにされてるから、きっと観る側は覚えれないんだと思います。たけしが「おれはおれなりの映画への挑戦だ」と言ったのも頷けますよね♪

    これからもアロハ坊主さんのレビュー楽しみにしてます!
    ぼくは借りてばっかであんまり新作は観に行けないので、あんまりコメント参加出来なくてすいません(笑)
    | koyashiki | 2005/12/18 4:36 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    TAKESHIS'
     ”たけし”が”たけし”に出会う。  スーパースターのビートたけしと、彼にそっくりなしがないコンビニ店員の役者志望の北野。  彼らが出会うところから、この映画はスタートするのですが。。。  昨日いよいよ公開されましたねっ。  と言うワケで、今日観て
    | ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/06/02 8:35 PM |
    夢と現実〜「TAKESHIS’」
    今「TAKESHIS’」を見た。
    | 取手物語〜取手より愛をこめて | 2006/11/16 10:24 PM |
    映画「TAKESHIS’」★★★
    >映画「TAKESHIS’」★★★ 行ってきました、渋谷の映画館に。 水曜日のレディースデイだったので、割かし女性が多かったかも。 残念ながらパンフは売り切れていました。 こちらの映画、先輩役者さんの上妻コウさん も出演されています。 冒
    | AI-z「出田直正(nao)の一日。」 | 2006/08/05 1:38 AM |
    『TAKESHIS’』ジャパンプレミア(舞台挨拶付き)/東京国際フォーラム
    TAKESHIS’/東京国際フォーラム・ホールC/19:00〜 監督:北野武 出演:ビートたけし、京野ことみ、大杉蓮、岸本加世子、     寺島進、渡部哲、美輪明宏、六平直政、ビートきよし     津田寛治、石橋保、松村邦洋、内山信二 <簡単あらすじ> 大
    | 『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』 | 2005/12/26 9:00 PM |
    TAKESHIS'
    今年のカンヌで、この映画のポスターが出たと聞いたときに、「おぉ〜、見なくては(@@)」と思い、ヴェニスでサプライズ上映された時にゃ〜、「難解、難解」と言われたのを聞いて「見たいわ〜」の思いを強くしたアマノジャクな私です(^-^;)/ でね、どんなツマラ
    | toe@cinematiclife | 2005/12/23 1:18 AM |
    Takeshis'ホントに賛否両論だった。
    こんばんは。11/23に映画「Takeshis'」を見に行って、この映画が賛否両論を生む理由が分かったような気がします。
    | くだらないことに愛を込めて・・・blog | 2005/12/19 11:44 PM |
    『 TAKESHIS’  』
    映画 『 TAKESHIS’  』  [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日 本   【11月5日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:北野 武? 脚 本: 〃   [ キャスト ] ビートたけし 北野 武 京野ことみ? 岸本加世子? 大杉漣? 寺
    | やっぱり邦画好き… | 2005/12/18 8:54 PM |
    【映画】 TAKESHIS’ ★★★
    ストーリー: 大物タレントとして日々忙しく過ごしているビートたけしは、 いわゆるセレブな大スターだ。 一方、そんなたけしと外見がそっくりの北野は、しがないコンビニ店員。 売れない役者としてオーディションを受けまくっているものの、 受かったためしがない。 あ
    | 徒然なるままに・・・ | 2005/12/18 5:52 PM |
    『TAKESHI'S』を観て来ました!
     2005年11月15日 『TAKESHI'S』観賞レビュー! TAKESHI'S 第62回ベネチア国際映画祭コンペティション部門 正式出品作品 2005年11月5日(土) 全国松竹系ほかロードショー 配給:松竹/オフィス北野 不純物ゼロ、500%の体感"TAK
    | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2005/12/18 4:08 PM |
    TAKESHIS'
     ヴェネチア国際映画祭で拍手喝采だったというこの映画。ひょっとすると『ハウルの動く城』に登場する“荒地の魔女”の本物を見たという驚きが原因だったのかもしれない。  現実と夢・妄想とが交差して、大物俳優ビートたけしとオーディションに落ちまくっているコン
    | ネタバレ映画館 | 2005/12/18 1:24 PM |