[ そして、ひと粒のひかり ]17歳の自分をふと思う | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< マンガ[ 愛すべき娘たち ]映画を観てるようだった | main | [ マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾 ]負け組VS勝ち組 >>
[ そして、ひと粒のひかり ]17歳の自分をふと思う
0
    [ そして、ひと粒のひかり ]。「サンダンス国際映画
    祭 観客賞」など世界24部門で数々の賞を受賞。
    この映画も、少女が主人公。
    南米コロンビアに田舎に祖母、母、姉そして姉の乳飲み児の
    5人で住む17歳のマリア。マリアは家計を支えるためにバラ
    園での労働を余儀なくされている。それでいて、たえず家族
    とは衝突している。

    また、愛してもいないボーイフレンド・ホアンの彼女を演
    じるのも辟易し、不満を抱えた毎日をすごしている。そん
    なとき、農園での些細なトラブルで仕事を辞めてしまう。
    それに追い討ちをかけるように新たな心配事が彼女を襲う。
    愛してもいないホアンの子を妊娠してしまうのだ。

    さらに家族との衝突が激しくなり、彼女は外の世界に対す
    る憧れと多額の報酬にこころを動かされ、コカインの運び
    屋(ミュール)の仕事を引き受ける。方法は、60粒ものコ
    カインをゴム袋に詰めた粒を飲み込んで運ぶのだ(聞くだ
    けで喉が詰まりそう)。
    切迫した状況の中で、マリアは自分の進むべき道をちゃん
    と見つけられるのだろうか。
    [ そしてひと粒のひかり ]のプレス
    前に観た[ 旅するジーンズと16歳の夏 ]は、くじけ
    そうになったら深い絆で結ばれた仲間が助けてくれたが、
    今回はちがう。唯一親友と呼べるのは、農園の職場が同
    じだったブランカ(イェニー・パオラ・ヴェガ)だが、
    いつもは、マリアがブランカの姉さん的存在なので、こ
    れまた良き相談相手にもならないのだ。
    余談だが、また二人はよく似ている。マリアがふっくらす
    るとブランカになる。

    マリア役のカターナ・サンディノ・モレノは目を非常に印
    象的。強い意志が感じられる。
    コロンビアでは、親や姉への反抗的な態度や自己中心的な
    行動のようだったが、アメリカに渡ってからは、他人のた
    めの自己責任(犠牲)が目覚めてくる。まさに大人への成
    長過程が表れているようだった。

    今回、妊娠というのはひとつのキーだとは思った。
    コロンビアでの劣悪な教育環境や母親としての成長。
    現状から外の世界へ飛び出すきっかけになっている。
    それを後押しするような役割のルーシーの姉も登場している。

    また、ドキュメンタリーを思わせる手持ちカメラの撮影や
    マリアの目線を思わすアングルなどは緊張感を効果的に高
    めていたと思う。特に、コカインをゴムに詰め込むシーン
    や空港で税関職員に呼び止められ検査されているシーンは、
    観ている僕もちょっとハラハラし通しだった。

    この映画は17歳の少女が世界と対峙しているかのようなス
    ケール感を感じる。そのスケールの大きさに臆病にならず
    前向きに突き進む少女の姿は、観ていて気持ちがいい。


    自分が17歳の時は、毎日何を考えたんだろう。
    こういう映画を観ると、ふと思ってしまう。
    たぶん、好きな子と話しする口実と髪型の決まり具合と晩
    ごはんの献立かな。スケールちっちゃいなあ。
    | 映画レビュー | 06:58 | comments(14) | trackbacks(47) |
    コメント
    kimion20002000さんへ
    いつもどーもです。

    >空港で不審に思われたときはハラハラしましたね。妊婦へのX線照射ができないとき、なるほどと。犯罪に、味方しているわけではないけど(笑)

    あのシーンは、ハラハラさせながらも、ちゃんと次への展開がわかるうまい仕掛けでしたね。あれは観客誰もが、味方してましたよ。(笑)
    | アロハ坊主 | 2006/04/17 1:41 AM |
    TBありがとう。
    空港で不審に思われたときはハラハラしましたね。
    妊婦へのX線照射ができないとき、なるほどと。
    犯罪に、味方しているわけではないけど(笑)
    | kimion20002000 | 2006/04/15 10:31 PM |
    sabuさんへ
    いつもおおきにです。
    そうそう、マリアの気持ちになっちゃいますよね。

    >気持ちの整理がついて感想upしたら、TBさせていただきます。
    もしかしたらこの手の映画は、気持ちを落ち着ける前に
    一気に書き上げたほうが、いいかもしれませんよ。
    勢いですよ。勢い。
    | アロハ坊主 | 2005/12/05 12:22 AM |
    やっと観てきました。
    生計を立てるためとはいえ、ミュールを選択してしまうなんて、なんだか痛い話です。
    飲み込んだ麻薬のことを思うと、観ている間中、お腹がきになってずっと手をあてていました。
    気持ちの整理がついて感想upしたら、TBさせていただきます。
    | sabu | 2005/12/04 9:00 PM |
    朱雀門 さんへ
    コメント&TBありがとうございます。
    ドキュメンタリーっぽかったので、
    余計にマリアの辛さを痛感しますよね。
    あの女性の強さは、一人じゃない、子供を宿している
    ということも大きかったのでしょう。
    そういう意味では、人間をちゃんと描いた映画でも
    ありますね。
    | アロハ坊主 | 2005/12/03 9:39 PM |
    こんばんは
    観ていて辛くなるシーンが非常に多かったです。
    コロンビアの現状はよく分からないですが、生まれ育った国であってもそこを捨ててアメリカへ・・・と考える人は少なくないのでしょうね。
    マリアがアメリカに留まる決意をするラストには、女性の強さを感じました。
    | 朱雀門 | 2005/12/03 8:50 PM |
    bakabrosさんへ
    TB&コメントありがとうございます。
    これは、身につまされますよね。
    17歳の時の自分と比べたりもして。
    bakabrosさんのおっしゃるように、女優はほんと
    将来楽しみだし、監督も次回作が気になります。
    いろんな人に観てほしい映画ですね。
    | アロハ坊主 | 2005/11/24 2:00 AM |
    TBさせて頂きました。
    自分がもしコロンビアに生まれていたら、同じ事をするのかと思うと本当に恐ろしいです。
    “面白い”とは言いづらいけど、映画としてとてもいい出来だとも思います。この監督と女優さんはこれから楽しみです。
    | bakabros | 2005/11/24 1:41 AM |
    イッチーさんへ
    こちらこそTB&コメントありがとうございます。
    少しドキュメンタリーっぽかったので、余計に
    身をつまされましたね。

    クルド人の子供の話で[ 亀も空を飛ぶ ]という
    映画もあります。この映画もいろいろ考えちゃいますので
    もし機会があればどうぞ。
    もう上映終わっているかもしれませんが。
    その時はごめんなさい。DVDでぜひどうぞ。

    http://blog.alohabouz.jp/?eid=350123/
    | アロハ坊主 | 2005/11/23 11:16 AM |
    TBありがとうございます。

    コレを見て貧困の苦しさを強く感じました。

    そして日本は、自分はなんて恵まれている
    のだろうと感じました。
    | イッチー | 2005/11/23 10:10 AM |
    かえるさんへ
    いつもコメント&TBありがとうございます。
    ほんといい映画でしたね。

    マリアに比べると、ボクらの17歳はなんて
    ちっぽけですね(笑)。

    ちっぽけ、ばんざーい。

    | アロハ坊主 | 2005/11/13 11:28 AM |
    とてもすばらしい心に響く作品でしたね。
    私が17歳の時はお小遣いほしさに昼食のパン代を節約してみたり。せこっ。恋やおしゃれのことばかりヘラヘラ考えたり・・・。

    | かえる | 2005/11/13 2:29 AM |
    zattchiさんへ
    コメントありがとうございます。
    ほんとドキュメンタリーっぽい作り込みでした。
    その分、マリアの一挙手一投足にハラハラドキドキでした。
    | アロハ坊主 | 2005/11/06 11:43 PM |
    TBありがとうございます
    ラストシーンは本当によかったです
    すべてを理解しあえた・・・
    ドキュメンタリーのようなつくりが、コロンビアの現状を伝えていました
    | zattchi | 2005/11/06 11:17 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/342776
    トラックバック
    真・映画日記『そして、ひと粒のひかり』
    5月9日(水)◆436日目◆ いやあ、『バベル』以来、すっかり中南米の映画に熱くなってしまった。 また上映中の映画で前売券を持っているのがアルゼンチン映画『ボンボン』だったり、 5月末だか6月からオリバー・ストーンのカストロの映画がある。 さらには、キュ
    |            | 2007/05/12 7:54 PM |
    そして、ひと粒のひかり
    年末からラテンの世界にはまっている。 ガキの頃から音楽といえば、寒い国。NY最高...
    | DJアンアンのアンチエイジング日記 | 2007/01/23 12:24 PM |
    そして、ひと粒のひかり
    コロンビアの田舎町。 17歳のマリアは一家の生活を支えるためにバラ農園で働いていたが、上司とトラブルを起こし仕事をクビに…。 途方にくれていた彼女に舞い込んだ仕事、それは麻薬を飲み込んで密輸する運び屋“ミュール”の仕事だった…。 実話社会派クライム・サ
    | 象のロケット | 2006/12/22 9:46 PM |
    『そして、ひと粒のひかり』(☆☆☆☆☆)
    痛い映画でした。 『そして、ひと粒のひかり』 コロンビアの田舎町に住む17歳の少女マリア。 家族のために、カーネーション農園で働き、単調な毎日を送っています。 マリアの住む小さな町には、他に仕事はありません。 マリアが小さな喧嘩をしてカーネーション農
    | ど風呂グ | 2006/10/24 11:59 PM |
    映画『そして、ひと粒のひかり』
    原題:Maria Full of Grace ひと粒どころではない、24時間絶食して大きめの繭ほどの麻薬の詰まったゴム袋を50粒以上飲みこんでコロンビアからニューヨーク・・少女の成長の物語 マリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はコロンビアの田舎町のバラ園の仕
    | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/10/07 2:26 AM |
    『そして、ひと粒のひかり』’04・米・コロンビア
    あらすじ コロンビアの緑あふれる丘の狭間にある小さな田舎町。17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はバラ農園に農園で働いていたが、トラブルで仕事を辞めてしまう。そんな中、倦怠期の恋人ホアンの子を妊娠してしまう。お金が必要なマリアは、知人から
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/10/06 10:04 PM |
    「そして、ひと粒のひかり」
    2004年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされてた作品。 主演はコロンビア出身のカタリーナ・サンディノ・モレノ。 なんか、麻薬の運び屋の話で、きな臭いけど・・・ そういえば最近、前コロンビア大使の長男が殺人事件の指名手配されてたね・・・ まッ・
    | ひらりん的映画ブログ | 2006/10/02 2:47 AM |
    そして、ひと粒のひかり
    ご無沙汰しております。 8月中は、とある事情の為にブログ更新はおろか、コメント&トラバ返しも遅れるかと思われます。 ホント申し訳ないです。 今、ある事にハマっておりまして、寝る間も惜しんでそれをしてるんです。 9月に入ったら、きっと落ち着くのではな
    | 39☆SMASH | 2006/08/17 11:19 PM |
    そして、ひと粒のひかり(DVD)
    運命はわたしが決めるのを待っている。 CAST:カタリーナ・サンディノ・モレノ/イェニー・パオラ・ヴェガ/ジョン・アレックス・トロ 他 ■アメリカ/コロンビア産 101分 主役のカタリーナ・サンディノ・モレノさんはこれが映画デビュー作、それでいてアカデミー賞ノ
    | ひるめし。 | 2006/07/10 8:50 PM |
    そして、ひと粒のひかり
    「そして、ひと粒のひかり」 2005年 米/コロンビア ★★★★ 南米のコロンビア。 コロンビアといえば、コカインの原産地。 予告で観たものと違い 淡々として 少々、物足りなかったかも。 ドラッグが絡むと 際どい人間の悪の部分が浮き彫りになる筈だ
    | とんとん亭 | 2006/06/03 12:24 AM |
    そして、ひと粒のひかり
     麻薬を体内に仕込み、飛行機に乗り、密輸する少女の物語。  南米コロンビアで、お金を稼ぎ家族を養う少女マリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はバラ農園で単調な仕事に従事する17歳。  ちょっとした事で仕事を失ってしまったマリアは、恋
    | とにかく、映画好きなもので。 | 2006/04/15 6:49 PM |
    NO.140「そして、ひと粒のひかり」(米・コロンビア/ジョシュア・マーストン監督)
    21世紀のマリアは、国家を超えて、 自立しようとする。 キャスティングの妙味というのは、よく語られることだ。ことに、それが、主役のキャスティングであり、しかも、名だたる俳優ではなく、新人のオーディションであったとしたら。 観終わったあとは、観客は、その
    | サーカスな日々 | 2006/04/15 1:02 AM |
    『そして、ひと粒のひかり』
    ★★★★★原題:『 Maria Full of Grace 』=慈悲にあふれた
    | mimiaエーガ日記 | 2006/03/30 2:12 PM |
    映画「そして、ひと粒のひかり(MARIA FULL OF GRACE)」を観る
    南米コロンビアの田舎町に住む17歳のマリアが「ドラッグミュール」(麻薬を胃の中に飲み込み密輸する運び屋)という過酷な仕事を引き受け・・・なかなり壮絶な物語。 コロンビアと言えば、「バルデラマ」と「コーヒー」と「麻薬」ぐらいのイメージしかありません。
    | 酒焼け☆わんわん | 2006/02/19 6:37 PM |
    FUN the Academy Special … 『そして、一粒のひかり』
    『FUN the Sunnyday』
    | FUN×5 〜五つの楽(fun)を探して〜 | 2006/02/07 12:43 AM |
    そして、ひと粒のひかり
    破れれば死んでしまうゴム袋を大量に飲み込んで麻薬を密輸する。日本に住んでいるととうてい想像できない世界です。更に驚くのが、その運び屋は社会のはみ出し者というわけではなく、普通の人々が生きていくためのやむを得ぬ選択として行っているんです。物語自体はフィ
    | 映画をささえに生きる | 2006/02/06 8:23 PM |
    『そして、ひと粒の光』
    昨日『そして、ひと粒の光』を観た。 画像の「MARIA FULL OF GRACE」が原題。 南米コロンビアを舞台とした17歳の女性をヒロインとした映画だが、コロンビアの映画など初めてであったし、テーマがテーマだけに心ときめかせてスクリーンの前に座った。 その内容の熾烈
    | 工房通信 悠悠 | 2005/12/15 10:50 PM |
    そして、ひと粒のひかり(新映画日記転用)
    あまりにもデータというかネットでの感想が少ないため、 見にいくかどうかずっと迷ってましたが、 たまやんさんのブログの感想と映画生活 のクチコミ掲示板を見て、最終日の今日見てきました。 南米の作品は、「シティオブゴッド」や「天国の口、終わりの楽園。」
    | 「しつこく」もろもろ日記 | 2005/12/14 10:42 AM |
    そして、ひと粒のひかり
     南米からは時々思いがけない名作が出現します。 『セントラル・ステーション』もその好例ですが、この作品もまたそのタイトルのようにきらりと光る
    | シネクリシェ | 2005/12/14 5:50 AM |
    「そして、ひと粒のひかり」
    アメリカ、コロンビア ゴム容器に包んだ麻薬を飲み込みお腹にためて、コロンビアからNYまで運ぶ。 容器が破れると麻薬が流出して、死に至る。 そんなリスクを負わないと生計が立てられないような社会情勢に視点をおく という見方もあるだろうけれど、 同じ女性と
    | 映画感想文 | 2005/12/07 11:32 PM |
    そして、ひと粒のひかり MARIA FULL OF GRACE
    そして、ひと粒のひかりオフィシャルサイト 世界各地の映画祭にて堂々の46部門ノミネート、24部門受賞!  コロンビアの田舎町、いつも家族との衝突が絶えず、不満を抱えて毎日を過ごす17歳の少女マリア。大金に誘われて“ドラッグミュール”(麻薬を胃の
    | BLOG×PROCESS5 | 2005/12/07 12:04 AM |
    そして、ひと粒のひかり
    いい映画はやはりシンプルだ。あざとい手法を使うこともなく、過度に説明的になることもなく、ただただそのコトとヒトを見つめ続ける。そして何より俳優が自然だ。 この「そして、ひと粒のひかり」は、すでにかなり評価も高く、あちこちの映画祭で賞の山を築いている
    | EiGACAN!-Movie Comment | 2005/12/06 12:30 PM |
    明るい未来を示唆するタイトル◆『そして、ひと粒のひかり』
    12月2日(金)名演小劇場にて コロンビアの小さな田舎町。17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)は、毎朝夜明け前に家を出てバラ農園に行き、恐ろしく単調な刺抜きの仕事をしていた。女ばかりの家族はマリアの収入を当てに生活をしていて、彼女は不満を抱
    | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2005/12/06 8:10 AM |
    そして、ひと粒のひかり:相互依存のかたち/絶望の中に宿す希望
    ★原題:Maria Full of Grace★監督:ジョシュア・マーストン(2004年 アメリカ・コロンビア作品)京都シネマにて鑑賞。★あらすじ(京都シネマのサイトより引用)コロンビアの田舎町、いつも家族との衝突が絶えず、不満を抱えて毎日を過ごす17歳の少女マリア(
    | 朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」 | 2005/12/03 6:58 PM |
    そして、ひと粒のひかり〜少女の旅立ち
    面白く、楽しく、ワハハと気軽に見る映画もあれば、 リアルな現実に、こころ苦しい映画もある。 映画「そして、ひと粒のひかり」は後者の映画。 舞台は南米のコロンビア。 映画ではたいてい、麻薬がらみの 国として登場するが。 田舎町に住む17歳の女の子、
    | Osaka-cinema-cafe | 2005/12/03 6:23 AM |
    『そして、ひと粒のひかり』試写会。
    26日(月) 会場:渋谷シネセゾン レイトショーの『クロ高』を休館して、上映した模様。 ひさひさに自分が当たりました(笑) 『そして、ひと粒のひかり』(10/15(土)より渋谷シネ・アミューズにて公開) http://www.soshite-1tsubu.jp/ 2004年/アメリカ・コロン
    | シネマ de スイート(ブログ版) | 2005/12/01 3:33 AM |
    そして、ひと粒のひかり
    主演のカタリーナ・サンディノ・モレノの演技が素晴らしい。数々の苦痛を背負い成長していく姿には誰もが心をとらわれると思います。
    | ★☆★ Cinema Diary ★☆★ | 2005/11/29 11:39 PM |
    『そして、ひと粒のひかり』〜Duty than Hope〜
    『そして、ひと粒のひかり』公式サイト 監督:ジョシュア・マーストン出演:カタリーナ・サンディノ・モレノほか   【あらすじ】(goo映画より)17歳のマリアは生花を商品にするための加工作業をしている。乳児を抱える姉をはじめ、女ばかりの家族はマリアの収
    | Swing des Spoutniks | 2005/11/29 7:47 AM |
    「そして、ひと粒のひかり」
    「そして、ひと粒のひかり」 製作:2004年、アメリカ=コロンビア MARIA
    | 映画通の部屋 | 2005/11/27 1:35 PM |
    そして、ひと粒のひかり
    11月中旬、渋谷シネアミューズにて。前日に、TV朝日の虎の門のこちとら自腹じゃのコーナーで、井筒監督がこの作品を絶賛していたせいか、夕方までの回は全て売り切れで、夜の最後
    | Re:逃源郷 | 2005/11/25 12:51 AM |
    「そして、ひと粒のひかり」
    シネアミューズにて「そして、ひと粒のひかり」鑑賞。 原題「MARIA FULL OF GRACE」Based on 1,000 true stories. 世界中の女性達に捧げる“21世紀のマリア”真実の物語。 試写会に当選したものの阪神優勝のXデーと重なってしまった為に観られず、という記事を読んでい
    | 試写会帰りに | 2005/11/24 12:55 AM |
    映画「そして、ひと粒のひかり」
    映画「そして、ひと粒のひかり」を見た。 南米の映画で多くの国で多数の受賞している映画である。多数の賞をもらっているからというミーハーな気持ちで映画館に見に行った。 花農
    | 躁鬱病患者の放浪日記 | 2005/11/23 8:15 AM |
    そして、ひと粒のひかり
     ブツをそんなにいっぱい飲みこんだら、お腹こわしちゃうって・・・  【ネタバレあり】  バラの刺を削ぎ落とす単調な仕事。ボーイフレンドとの仲もだらだらとしたもの。家計も苦しく、給料のほとんどを家に入れている。主人公はまだまだ善悪の判断もつかないような1
    | ネタバレ映画館 | 2005/11/15 10:59 PM |
    この映画がヒットしている理由 『そして、ひと粒のひかり』
     見落としていたロードショー作品を何本か観に行ってきました。封切りからあまり日にちが経っていないのに、悲しいくらいお客さんの入りの悪い作品があったりして……。まあ、よくあることとはいえ、大丈夫なのかなあ、××××・×××(配給会社の名前は伏せておきま
    | 海から始まる!? | 2005/11/14 11:29 AM |
    『そして、ひと粒のひかり』
    マリアに祈りを捧げたくなるほどにステキな作品。 真実が詰め込まれた誠実さに心打たれる。 スリルある展開に釘付けになった後、やわらかな感動に包まれて。 原題の「MARIA FULL OF GRACE」は祈りの言葉の一つ。 "恵み満る聖母マリア" "めでたし聖寵満ち満て
    | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2005/11/13 2:26 AM |
    そして、ひと粒のひかり
    ★本日の金言豆★ 100円≒2000コロンビアペソ(2005年10月)
    | 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 | 2005/11/08 5:14 PM |
    [Review] そして、ひと粒のひかり (11/07)
    まずは邦題に拍手。聖母マリアを連想させる原題\"Maria Full of Grace\"からの脱却を試みた大胆な発想と物語の内容に則したキーワードの挿入、そして句読点さえ用いた詩的なスタイリング。原題以上によいと思える邦題など普通はありえないので、このタイトルを考え
    | ホーム - gwinさんのブログ - アカデミー賞サイト オスカーノユクエ | 2005/11/07 8:34 PM |
    そして、ひと粒のひかり
    本年度アカデミー賞 主演女優賞ノミネート ベルリン国際映画祭 主演女優賞 新人監督賞 サンダンス国際映画祭 観客賞・・・・etc 多数受賞 という割りに、地味〜に上映されているのが残念なこの一作。 私は、カタリーナ・サンディノ・モレノがオスカーにノミネートさ
    | toe@cinematiclife | 2005/11/06 11:17 PM |
    「そして、ひと粒のひかり」試写会
    「そして、ひと粒のひかり」 監督・脚本 ジョシュア・マーストン CAST カタリーナ・サンディノ・モレノ・・・ story  コロンビアの田舎町に住むマリア、17歳。彼女は花農園仕事で一家の家計を支えている。しかし、妊娠をしてしまい仕事を終われるはめに・・・そ
    | ミチミチ | 2005/11/06 11:16 PM |
    そして、ひと粒のひかり(2004/アメリカ=コロンビア/卒・:ジョシュア・マーストン)
    【シネアミューズ@渋谷】 本日はサービスディということもあってか、シネアミューズは満席。例によってほとんど前知識ナシ、フィーリングで選んだ映画だが、これはアタリの予感。 コロンビアの片田舎で暮らす17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)は、花農
    | のら猫の日記 | 2005/11/06 10:42 PM |
    「そして、ひと粒のひかり」
    [:映画:] 「そして、ひと粒のひかり」 渋谷・シネアミューズに行ったのは初めて。 だいたい映画は必要がなければ銀座でしか観ないので。 銀座や六本木の、設備の整った綺麗で大きな映画館に慣れると、アミューズの小さな芝居小屋みたいなむき出しの天井とか、休憩
    | That's the Way Life Goes | 2005/11/06 12:51 PM |
    そして、ひと粒のひかり
    そして、ひと粒のひかり  2005/コロンビア  ★★★★★ 監督 ジョシュア・マーストン 出演 カタリーナ・サンディノ・モレノ / イェニー・バオラ・ヴェガ / ジョン・アレックス・トロー ■あらすじ■  コロンビア、花農園で働くマリアは、酷い待遇に
    | Cinema-Absolutism | 2005/11/06 1:53 AM |
    そして、ひと粒のひかり
    コロンビアの田舎町に住むマリアは、17歳にして、家族の経済を担う貴重な働き手。しかし、家族との衝突が絶えず、恋人との関係にも満足できず、職場でも上司と上手くいかず、不満を抱えた生活をしています。ある日、愛情を持てずにいる彼氏との子を妊娠していることに気
    | 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2005/11/06 12:50 AM |
    『そして、ひと粒のひかり』レビュー/麻薬と赤ちゃん
    スペイン映画に詳しく、私と映画の嗜好が似ている友人から、「アカデミー主演女優賞に無名ながらノミネートされた、コロンビアの女優の映画が公開されたよ」と、本作『そして、ひと粒のひかり』のことを聞いて、渋谷の劇場に行ってみた。 (これ、スペイン映画ではない
    | 西欧かぶれのエンタメ日記 | 2005/11/05 11:48 PM |
    そして、ひと粒のひかり−映画を見たで(今年136本目)−
    監督:ジョシュア・マーストン 出演:カタリーナ・サンディノ・モレノ、イェニー・パオラ・ヴェガ、ジョン・アレックス・トロ 評価:95点(100点満点) 公式サイト なんという強烈な求心力を持つ映画だろう。 大して期待もせずに見はじめた
    | デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) | 2005/11/05 9:00 PM |
    ブログ村・村長の新着ブログ一気読み 11/5
    にほんブログ村に新規登録してくださった参加メンバーの方のプロフィール一覧です。 それぞれのブロガーがブログ村の中で新しいブログ仲間と出会って、みんなが豊かで楽しく感動的な人生を送ることができれば、にほんは明るくなる。暖かくなる。 こんな気持ちで日々、
    | にほんブログ村BLOG | 2005/11/05 3:44 PM |
    『そして、ひと粒のひかり』
    -----この映画のヒロインを演じたカタリーナ・S・モレノって、 新人なのにアカデミー主演女優賞にノミネートされたんだって? 「コロンビア人としてもコロンビア映画としてもこれは初めて。 確かに魅力的な女性だった」 -----映画はどうだったの? 「2004年サンダンス
    | ラムの大通り | 2005/11/05 2:11 PM |