映画《ランド・オブ・ザ・デッド》ゾンビだって進化する | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 性そしてインタビューについて考える《愛についてのキンゼイ・レポート》 | main | [ 南極日誌 ]怖がらせないでくれ >>
映画《ランド・オブ・ザ・デッド》ゾンビだって進化する
0
    映画ジャンルで唯一苦手としているホラー&スプラッター。ガキの時は、怖いもの見たさで「ギャー!ギャー!」言いながら見ていたのだが。大人になっていくと、その怖さと気持ち悪さが食傷気味になり、足が遠のいていった。

    しかし、今回の『ランド・オブ・ザ・デッド』はホラー界の神様的存在のジョージ・A・ロメロが脚本・監督を手がけているだけに見ておきたかった。かと言って、一度も「ゾンビ」映画を見たことがない。チョー初心者なのである。
    ランド・オブ・座・デッドのパンフレット
    観る前は、最初から最期まで「ゾンビonly」で退屈かな思っていたが、これが意外や意外おもしろい。

    人間たちは、ゾンビが街に入ってこられないようにしていた小都市を築いていた。その中でも裕福な者たちは、完全なセキュリティに守られた超高層タワーに暮らしていた。そんな都市の支配者の命令で、ゾンビが溢れる危険地域から贅沢な食糧や物資(酒やたばこ)などを調達していた傭兵が、クーデターを起こすことに・・。

    単なる「人間VSゾンビ」ではなく「人間VS人間VSゾンビ」の三つ巴の戦いで、目が離せない。それに今回のゾンビは武器を使う。つまり進化していたのだ。この進化ぶりが、武器だけでなく随所であらわれる。それも見所。

    傭兵が超高層タワーへ向けてミサイルを放とうとするシーンは「9.11」テロを想起させる。社会政治的な風潮を反映させるロメロらしい演出。気持ち悪いだけと侮ってはいけませんな。

    ゾンビが人間のへそピアスを喰いちぎったり、口から手をつっこんだりと残虐シーンはあるものの、短いカットで見せていくので初心者でも安心して観られるのでは。
    | 映画レビュー | 22:56 | comments(2) | trackbacks(17) |
    コメント
    健太郎さんへ
    コメント&TBどうもです。
    この映画は、よかったですね。
    ロメオ監督作品をちゃんと観たのは、
    はじめてだったですが僕も大満足でした。
    | アロハ坊主 | 2005/10/30 12:11 AM |
    遅くなってしまいましたがTBありがとうございました。
    私この作品が2005年劇場観賞100本目だったのですが、この作品が100本目で悔いはありません。
    ゾンビよりも醜い人間の欲が描かれていたのは流石本家ゾンビのロメオ監督だし、スプラッターシーンが微妙にちゃちいのも流石本家ゾンビでした。
    大好きです。
    | 健太郎 | 2005/10/29 11:19 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/282896
    トラックバック
    ランド・オブ・ザ・デッドって怖いの?
    ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。お友達のLanceさんが「〜オブ ザ デッド」を追求するってことなのでボクも「ランド・オブ・ザ・デッド」観ました。 あらすじ:ある日突然、死者が甦り人間を襲った。襲われた者はゾンビとなり増殖し、人間はご
    | ホラー映画って呪怨が怖いの? | 2008/01/05 1:59 PM |
    ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット
    ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット 監督:ジョージ・A・ロメロ 出演:サイモン・ベイカー、デニス・ホッパー、アーシア・アルジェント、    ロバート・ジョイ、ジョン・レグイザモ、トム・サヴィーニ、    サイモン・ペッグ、エドガー・ラ
    | 獅子の手帳 | 2006/10/27 10:48 PM |
    DVD『ランド・オブ・ザ・デッド』★★・・・
    【DVD】これからは考えるゾンビの時代です・・・『ランド・オブ・ザ・デッド』ディレクターズ・カット 制作年度/国;'05/米  ジャンル;アクション・ホラー  上映時間;97分   映像特典;ゾンビができるまで/大虐殺のシーン/視覚効果・完全映像との比較   
    | ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ | 2006/05/11 11:26 AM |
    動物王国では無くてですね。
    最近まともに映画を観てないな、と思いつつ「ランド・オブ・ザ・デッド」をレンタルする。 今回のゾンビ達は知能を持ち始めたゾンビ達。 しかし「持ち始めた」という表現が微妙すぎて、ストーリーや怖さにイマイチ反映されてなかったね。 ジョージ・A・ロメロがムツゴ
    | 四十八願のこうする!ブログアドバンスジェネレーション | 2006/04/22 6:30 AM |
    「ランド・オブ・ザ・デッド」
    この映画、ホラー界のアカデミー賞、第32回サターン賞にもノミネートされてるんだって。 監督はゾンビものと言えば・・・ジョージ・A・ロメロ。 
    | ひらりん的映画ブログ | 2006/02/22 3:01 AM |
    [映画] ジョージ・A・ロメロと言えば、やっぱりアレですね。
    ぞんび〜。ゾンビ。zombie Read more...
    | ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】 | 2006/02/15 1:14 AM |
    ランド・オブ・ザ・デッド 06年23本目
    ランド・オブ・ザ・デッド 良いです。良いんだケド、中盤のストーリーがね、、、最初と最後は、良いんだケド、、、 大まかなストーリーは、オッケーですyo。怒れるゾンビ、進化形。でもね、人間社会の確執は、似合わないような気がする。ぁ、それと、主役のサイモン・
    | 猫姫じゃ | 2006/02/08 4:40 PM |
    『ランド・オブ・ザ・デット』2005年100本目
    生ける屍。滅び行く人間達… 『ランド・オブ・ザ・デット』 元祖ゾンビのジョージ・A・ロメオの最新ゾンビ映画。 昨年『ドーン・オブ・ザ・デット』を観て以来ゾンビものに今更ですがはまってしまい、観たくて観たくてたまりませんでした。 粗筋。 ゾンビが増
    | 映画とJ-POPの日々 | 2005/10/29 11:17 PM |
    ランド・オブ・ザ・デッド
    第196回 ★★☆(劇場) 「ゾンビ」(1978)の冒頭にこんな台詞がある。 「死者が地上を歩くとき、人間同士の殺し合いは無益だ」  ゾンビの生みの親であるジョージ・A・ロメロは「ゾンビ」=「生ける屍」を題材に時代を反映した隠喩を表現してきた
    | まつさんの映画伝道師 | 2005/09/14 8:05 AM |
    「ランド・オブ・ザ・デッド」(劇場鑑賞)
    お勧め度:★★★★★ タイトル:ランド・オブ・ザ・デッド ジャンル:ホラー 製作年:2005年 製作国:カナダ=アメリカ=フランス 配給:UIP映画 監督:ジョージ・A・ロメロ 出演:サイモン・ベイカー :デニス・ホッパー :アーシア・アルジェント :ジョン・レ
    | DONNIEDARKO'S BLOG | 2005/09/13 5:00 PM |
    ランド・オブ・ザ・デッド
    LAND OF THE DEAD 監督:ジョージ・A・ロメロ 音楽:ラインホルト・ヘイル&ジョニー・クリメック 主演:サイモン・ベイカー、デニス・ホッパー、アーシア・アルジェント、ジョン・レグイザモ、トム・サビーニ 2005年 アメリカ・カナダ・フランス映画 怖く
    | サウンドトラック秘宝館 | 2005/09/13 6:05 AM |
    「セクソシスト〜デヴィル・ミュージックVol.1」WHITEZOMBIE
    俺はあるバンドに属している。 バンド名を黒鉄ゾンビオーケストラという。 付けた理由は、俺を含めたメンバーがゾンビ好きだからに他ならない。 と言っても、俺はゾンビ映画なら何でも観てるという訳でなく、 あくまで、ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ(DAWN OF
    | 君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮) | 2005/09/12 9:39 PM |
    ランド・オブ・ザ・デッド
    本日2本目は「ランド・オブ・ザ・デッド」です。 迷いましたが、ゾンビ映画の一人者であるジョージ・A・ロメロ監督の作品のため鑑賞することに。 とは言っても昔の「ゾンビ」は観たことありませんが。   評判が良さそうで、少し期待をしていたのですがイマイチ
    | ★☆★ Cinema Diary ★☆★ | 2005/09/11 9:03 PM |
    ランド・オブ・ザ・デッド
    基本的にホラー映画は好きでないのけれど、唯一の例外が「ゾンビ」もの。この類の映画には当然ながら「むしゃむしゃ」シーンが付きものだが、それ自体が好きなわけではない。不気味な存在にじわじわと追われ、小さな世界に閉じこもる閉塞的な状況。たぶん、この部分が好
    | 中野系 | 2005/09/11 7:26 PM |
    「ランド・オブ・ザ・デッド」
    感激!感無量!嗚呼〜幸せ! 巨匠、ロメロ大先生の作品を劇場で観れて幸せ! はらわたを抉り出し、手足を引きちぎり、内臓を貪り食うゾンビたち・・・。 理性・知性が全くなさそうで、実は現実的に行動派だったりするゾンビたち・・・。 夜空の花火を見上げるゾンビ
    | 雑板屋 | 2005/09/10 2:14 AM |
    ランド・オブ・ザ・デッド
     亜流ゾンビ映画の進出が目覚しくなり、元祖ゾンビ監督が怒りとともに立ちあがった!  ゾンビ3部作を世に送り、ゾンビものに関してはやりつくしてしまったかのようなロメロ監督だったが、社会派の要素と学習する能力を備えている進化したゾンビを新たに作りあげました
    | ネタバレ映画館 | 2005/09/09 11:56 PM |
    映画館「ランド・オブ・ザ・デッド」
    ゾンビ映画の第一人者ジョージ・A・ロメロ監督の作品。 ゾンビ映画といえば、死人が蘇りゾンビ化してしまった人間を生きている人間が襲われるのを防ぐために殺していくといったお馴染のストーリーがある。はっきりいって、この流れ以外のものは無いのではないかとい
    | ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2005/09/09 11:23 PM |