映画化については、ひとつ条件あり《東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜》 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [ 運命じゃない人 ]知らない人が、一番幸せ | main | OKURAのアロハシャツ(ブルーにピンクの桜柄) >>
映画化については、ひとつ条件あり《東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜》
0
    小説[ 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 ]@吉祥寺でサイン会。

    先週の日曜日、リリーフランキーさんのサインに行ってきた。
    30男で、リリーさんにサインをお願いするなんてボクだけだろうと思いきや、
    本当にボクだけだった。ちょっとこっぱずかしかった。

    普段なら、待ってまでサインを欲しいとは思わないが今回だけは行ってしまった。「ぎんなん坊主」のイラストが欲しかったのと、ひとつぜひ聞きたかったことがあったからだ。
    リリー・フランキーさんの描いた「ぎんなん坊主」
    これが「ぎんなん坊主」。

    で、話の続きであるが、その聞きたかったこととは、「もしこの本が映画化されるとして、誰に監督をお願いしたいか」ということ。
    多分、インタビューでいろいろ聞かれているとは思っていたが、リリーさんなら嫌がらずに応えてくれるだろうと思ったし、これを映画にするには脚本が難しそうなので、私が考えている以上の答えが期待できそうだったので、ぜひ著者であるリリーさんに聞いてみたかった。

    やはり、待ってましたとばかり本当にいろいろと答えが帰ってきた。「監督は誰でもOK。脚本も誰でもいいけど、書くとなるとかなり難しいと思う。ボクに脚本がきてもやりますよ。ただ、唯一注文をつけるとしたら、エンディングに流す曲はボクの指定するものに。」
    私も、すかさず「どんな曲ですか?」とお聞きした。
    すると、リリーさんまたまた待ってましたとばかりに
    「それは、上映になってからのお楽しみ。本を書いているとき、いつもBGMでこの曲を流してたのよ。」
    ボクは、そのとき思いつかなかったがサイン会からの帰宅途中に、ある2曲が脳裏をよぎった(でも本を読んでいたら誰でも考える曲である)。まあこれは、ボクの中で楽しみにとっておこう。監督には、犬童さん・篠原さん・李さんがいいのではと勝手に思っている。これも同じようにおいておこう。その日がくるまで。

    そして、ようやくボクは今日『東京タワー』を読み終え、テレもなく、ここまでオカンを愛しているリリーさんに、ボクは気ハズかしさより逆にすがすがしさを感じてしまった。どんな人にも家族があり、そして幸せは、ほんと身近にあることを改めて思わせてくれた
    心暖まる一冊でした。
    | | 18:16 | comments(17) | trackbacks(27) |
    コメント
    love_trainさんへ
    どうもおおきにです。

    >フジテレビやったね…
    そうなんすよね〜。監督は[ 県庁の星 ]
    の西谷弘。脚本はたしか久世光彦。遺作ですよ。[ 県庁の星 ]そこそこよかったので、
    ちと注目しております。

    Agehaさんへ
    いつもコメントどうもです。

    僕も楽しみにしちょります。
    キャストより監督・脚本がなかなかよさげなので。たぶん、リリーさんもちょっと出演するんでしょうね。
    | アロハ坊主 | 2006/06/12 12:07 AM |
    別の記事でTBしてどうも。
    ドラマ版も劇場版もどうなるかわかりませんが
    とても楽しみです。

    BGMすごく気になりますね。
    | Ageha | 2006/06/11 4:37 PM |
    フジテレビやったね…

    古い記事にコメントつけてごめんなさい。でもね、でもね、私も絶対映画だと思ったんだよ。私も犬童監督希望だった。でも、蓋を開けたらドラマにだったよ〜。しかもフジだぜ。まあ、見ちゃうんだけどね、とても残念だわ。スクリーンなら絶対行ったのに。フジのことだから、もしかしてこれは映画の複線(笑)?
    | love_train | 2006/06/07 8:23 PM |
    blueさんへ
    コメント&TBありがとうございます。

    泣いちゃいましたか?
    よかことです。ぼくも泣いちゃいましたから。
    | アロハ坊主 | 2006/05/23 12:54 AM |
    初めまして。
    TBさせていただきました。
    涙が出てとまりませんでした。
    親ってありがたいもんですよね・・孝行できるうちにしておこうと思います。
    | blue | 2006/05/20 3:45 PM |
    ミチさんへ
    こちらにもコメントありがとうございます。
    この本を映像にするには難しいそうですね。

    もしやるとしたら、多分リリーさんご自身で
    監督はやらなくても脚本は書くのではないでしょうか。そんな気がします。映画になったら
    僕も観ますけどね。
    | アロハ坊主 | 2006/02/10 8:25 PM |
    こんにちは♪
    サイン会で直接リリーさんとお話になったんですね〜。
    羨ましい!
    私としてはこんなステキな作品はそっと心にしまいたいので、映画化はそれほど望んでいません。
    もちろん映画化されたら見に行きますけどね(笑)
    | ミチ | 2006/02/09 9:04 AM |
    ロコさんへ
    コメントありがとうございます。
    ほんと、この書籍は来ましたね。
    リリーさん、次回機会があればぜひ行ってください。
    ロウニャク男女問わず、誰にでもやさしく接して
    くれますから。
    TBしますのでよろしくです。
    | アロハ坊主 | 2005/11/06 1:06 AM |
    発売されてすぐに「東京タワー」買ったのに、やっと読みました。涙涙…
    サイン会、終わってから横浜でもやっていた事を知り、大変悔しい思いをしました。
    次回、何かリリーさんの新作が出るときにはサイン会の有無をしっかりチェックしなくちゃ!
    | ロコ | 2005/11/05 5:18 PM |
    snowflower_001さんへ
    TB&コメントありがとうございます。
    リリー兄さんは、売れていない時に、
    イラストより文章を磨くこと
    にかなり専念したと思います。

    だから、あれだけギャップのある
    モノが作り出せるのでしょう。

    たまりまセブンですな。


    | アロハ坊主 | 2005/10/28 8:36 PM |
    こちらにもTBさせていただきます。
    リリー・フランキーが何者なのかゼンゼン知らずに
    友達に勧められるまま、この本を読みました。
    いやぁ、ヨカッタです。
    その後、リリーさんの「エロバカ・エッセイ」を本屋で立ち読みして、これが同じ著者?ってまたオドロキました(笑)。
    どちらも、好きですけど。
    | snowflower_001 | 2005/10/28 8:13 PM |
    chantamaさんへ
    コメント&TBありがとさんです。
    リリー兄さんは、気遣いのある
    いいアンちゃんでした。

    サイン会行かなかったのは、
    もったいないことしましたね。
    さきほど「コネタ帳」拝見しました。
    いいネーミングですね。コネタは持っているのと
    持っていないとでは、大違いです。いつかは役立ちます。
    では、また伺います。
    | アロハ坊主 | 2005/10/26 10:53 PM |
    貴重なリリーさんネタありがとうございます。
    ご本人にインタビューなんて全く羨ましい限り!
    私もサイン会行きたかった(泣)
    リリーさんのおバカエッセイのファンだったもんで、
    毛色の違う今回はなんとなく敬遠しちゃってたんです。
    で、読み終わった頃には、サイン会も終わってる。。。
    TBさせていただきますね。こちらにも遊びにきてくださいな。
    | chantama | 2005/10/26 10:39 PM |
    モカ子さんへ

    どうもです。
    モカ子さんのブログもボクの大好きなジャンルを思いっきり突っ走っていて1つ1つ見入ってしまいます。
    「ぎんなん坊主」は、そうなんです。ほんとは節目勝ちなのですが、これはまっすぐですよね。リリーさん、ほんとは久しぶりに描くので半分くらい忘れてはったんですよ(笑)。《東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜》はぜひ読んでください。もし映画化なったあかつきに、ぜひご意見ください。では、その日まで。



    | アロハ坊主 | 2005/08/03 10:48 PM |
    こんばんは。
    TBありがとうございます!!
    アロハ坊主さんのブログ、おもしろいですね。
    読みごたえがあります。
    それに、「ぎんなん坊主」!
    前向いて、笑ってるじゃありませんか!
    たしか、この子は、いつも下を向いて笑うキャラだったような・・・。
    プレミアやわ。
    映画のエンディングの曲って、何気に重要ですよね。
    映画の印象を最後の最後に決定づけるみたいな。
    「人には家族があり、幸せはほんと身近にある」
    私は、まだ本が読めてないのですが
    そんなふうに思わせてくれる曲なんでしょうか。
    映画化に期待です。
    | サキ緒とモカ子 | 2005/08/03 10:00 PM |
    samyuさんへ
    どうもコメントありがとさんです。
    そうでしょう。気になるでしょう。
    ぼくは、あの洋曲か、あの演歌かと思っちょります。
    | アロハ坊主 | 2005/08/02 11:21 PM |
    アロハ坊主様、
    TBありがとうございました。
    本を書かれてるときのBGM、とても気になりました。
    | samyu | 2005/08/02 11:01 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/239802
    トラックバック
    210万部を超える大ベストセラー、待望の映画化。いよいよ4月14日全国劇場にて公開!
    210万部を超える大ベストセラー、待望の映画化。いよいよ4月14日全国劇場にて公開!
    | けんけんのおもしろ日記 | 2007/04/12 6:48 PM |
    「蟲師」 “不思議な存在”鎮める旅
    漆原友紀の人気コミックを『AKIRA』の大友克洋監督が映像化。迫力のビジュアルと研ぎ澄まされたサウンドで、これまでの大友作品とは一味違った、懐かしい日本の世界に引き込まれる。 タイトルの“蟲師”とは、“蟲”を鎮める役割を担った人のこと。“蟲”とは、人
    | オダギリジョー プロフィール@オダギリジョー出演CM ドラマ 映画紹介 | 2007/04/08 9:40 PM |
    『インターネット隙間産業』気持ち悪いほど カンタンに稼げます♪
    昨日の「華麗なる家族」おもしろかったぁ(~~このあとの展開すごく気になるよね☆高炉建つのかな~?昨日インフォトップである商材を購入しました。「1日 2万円確実入金宝マニアルSP」というモノです。この商材のよいところは、すぐに入金が確認できるところです。実
    | 主婦★エリナの毎日がドキドキだわぁ | 2007/01/22 5:09 PM |
    ドラマ「東京タワー」
    放送延期となりましたが、遂にオンエア。
    | 多数に埋もれる日記 | 2006/11/22 12:09 PM |
    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー ¥1,575 それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に 突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。 ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために 上京した
    | Happy☆day's | 2006/11/20 7:04 PM |
    ドラマ【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】
    「放送まで、あと3日」「あと2日」「あと1日」「ついに放送」…… ……あのカウントダウン方式の番宣は勘弁してほしかったね。スペースシャトルの打ち上げじゃないんだから。 ドラマ自体はとても良かった。オカ
    | ぱんどら日記 | 2006/11/20 2:17 PM |
    東京タワーか通天閣か
    Q: 東京タワーですか?通天閣ですか? A: 相当ネタに困ってるようですね(笑) Q: 時事ネタってことで(苦笑)
    | 好き好き大好き! | 2006/11/19 5:28 AM |
    田中裕子のプロフィール
    田中裕子(たなかゆうこ)本名・澤田 裕子。1955年4月29日生まれ。女優。夫は歌手・俳優の沢田研二。大阪府池田市出身。北海道札幌西高等学校卒業、藤女子短期大学中途退学を経て明治大学文学部演劇学科卒業。明大在学中の1975年に文学座に入り、女優活...
    | 田中さんのブログ〜田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや〜 | 2006/11/15 10:43 PM |
    後半がなあ、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」、リリー・フランキー
    今年の本屋大賞のリリー・フランキーさんの泣けるという噂の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を読んでみた。 本が好き・・・ | 本屋大賞 2006発表!〜簡単な紹介〜 よく知らないのですが、最後のリリー・フランキーさんの略歴を見ると、どうも自伝的
    | 本が好き・・・ | 2006/11/14 6:29 AM |
    リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】
    たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところにポスター。「ご
    | ぱんどら日記 | 2006/11/04 12:19 PM |
    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン<リリー・フランキー>−(本:2006年85冊目)−
    扶桑社 (2005/6/28) ASIN: 4594049664 評価:93点 (ネタバレあります) たまらんね。 どこでもかしこでも絶賛の嵐だが、そりゃこれだけ愛情に溢れた本を読まされたら涙せずにはいられない。 ボロボロと泣きながら読み終えた後、早く大阪のオカンに電話しなく
    | デコ親父はいつも減量中 | 2006/09/06 11:16 PM |
    ALWAYS 三丁目の大泉洋はどうでしょう?!
    アハハハハ~。 なんだかとんでもないタイトルになりましたが、 要は「東京タワー」の話がしたかったわけで。 リリーフランキーさんの「東京タワー」が いよいよテレビドラマになるそうで、 配役が大泉洋さんで、オカンが田中裕子さんだとか。 (・・オトンはだれ?)
    | ペパーミントの魔術師 | 2006/06/11 4:34 PM |
    東京タワー、やっぱし映画化決定。
    久々「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てたってのもありーの、 リリーさんの「東京タワー」のエントリにTBいただいたのもありーので またワイドショーネタで申し訳ないんだけど。 リリーフランキーさんの「東京タワー」が ボクがオダギリジョー、オカンが樹木希林、オトンが
    | ペパーミントの魔術師 | 2006/06/11 4:32 PM |
    「東京タワー」
    「東京タワー」〜ボクとオカンと時々オトン〜     リリー・フランキー 先日息子のお土産を差し上げに行った先でお借りすることができ、読了。 電話で先方から「東京タワー読
    | 誰もが十字架を背負っている | 2006/05/20 3:41 PM |
    『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』・本
    東京タワー オカンとボクと、時々、オカン リリー・フランキー           扶桑社 (2005
    | しましまシネマライフ! | 2006/05/16 12:32 AM |
    『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン』読みました…(・_;)
    本屋さんが選んだ一番売りたい本第1位ということで読んでみました。 あまり本を読まず、続かない僕ですが1週間ほどで読み切れました。最後の方はもう涙涙で枕を濡らしました。 これってリリーさんの実話?ですよね(?_?) めちゃめちゃ純粋でかわいらしいお母さんで
    | MUsiC sPAce anD TRF | 2006/04/23 1:23 AM |
    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
    あいあい。どもども。みなさまいかがお過ごし? ところで、みなさま最近ハマってる事...
    | アメリカデザイン日記 ver2.0 typeMT | 2006/02/10 4:11 PM |
    「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」リリー・フランキー
    {/book/}「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」リリー・フランキー★★★★ 私の知っているリリー・フランキーは、ナンシー関との対談で面白いこと言う人だったり、イラストレーターだったり、テレビ番組の構成をやっている人。いかにも業界人っぽい人なのか
    | ミチの雑記帳 | 2006/02/09 9:02 AM |
    「東京タワー」リリーリンク
    『東京タワー──オカンとボクと、時々、オトン』。 あまりに号泣してしまったので特設リンクページをつくりました。  ↓ 特設リンク
    | 泣ける映画と本のblog | 2006/01/26 6:36 AM |
    リリー・フランキー 『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』
    興味があった。 あれだけいろんな人が薦める本を、やっぱり読んでみようと思った。 手に取って、帯に記された沢山の方のコメントを読んで、ますます読みたくなった。 読んで正解だった。 サイコーだよ。リリー・フランキー! 笑って、泣いて、笑って、泣いて、泣いて
    | エイガnoHANASHI | 2005/11/25 2:14 AM |
    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    私は外出の多い営業職です。 そのせいか、本を読んでいる大半の場所は電車と喫茶店です。 今日、自宅で読んでいなかったことを心底後悔する1冊に出会いました。 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 価格: ¥ 1,575 売り上げランキング: 214 お
    | イイオンナの為の「本ジャンキー」道 | 2005/11/12 1:57 AM |
    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
     泣いた。ページをめくる度に涙が自ずとこぼれてきた。しばらくの間泣いていた。書かれているのはリリーさんの「オカン」だが僕は自分の「お母さん」とオーバラップさせていた。リリーさんの「オカン」の事で泣いていたのか、自分の「お母さん」を思い浮かべて泣いたの
    | 自身を語る | 2005/11/05 10:50 AM |
    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    友達のEちゃんから、リリー・フランキーの『東京タワー』を、「面白いから、とにかく読んでっ」と半ば強引に渡された。んなこと言われてもなぁ・・・。リリー・フランキーって、そもそも何者よあまり期待せずに読み始めたら、これがケッコウ泣けました。著者リリーさん
    | まったりインドア系 | 2005/10/28 8:08 PM |
    東京タワー&東京タワー
    左)東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 著:リリー・フランキー もうね、最初っから泣く気満々でページをめくりました。 周りからは良い噂しか聞こえてこないので期待十分で読み始める。 今までの経験からして、過度な期待は大抵裏切られ 「な〜
    | コネタ帳。 | 2005/10/26 10:40 PM |
    『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』リリー・フランキー
    本の帯やサイトに載ってる感想で読んだように、泣けました。悲しいとか切ないとか深い...
    | easy-going☆books | 2005/09/20 9:16 PM |
    リリーフランキー「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
    遅ればせながらですが。号泣により途中で読むのを中断した。出張の飛行機の中で読ん
    | ベランダ生活 ♪ | 2005/09/19 9:31 PM |
    ちょっと立ち止まりながら。
    今の『ボク』が書く、数行にふと止まり、 しばし、読む時間までも止めてしまう。
    | 毎日ビタミン | 2005/08/02 10:58 PM |