CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< #山口周さんをインタビューしました【 君は生き延びることができるか? withコロナで求められる働き方とは 】 | main | #doda編集長に取材しました 【転職しやすい職種や仕事の選び方を「doda編集長」から聞いた】 >>
映画【 精神 】知らぬうちに相手にカーテンを作っていないか
0
    映画【 精神 】をUNEXTで鑑賞。
    音楽なし、テロップなし、モザイクなしの独自の手法(観察映画)にこだわり、ドキュメンタリーを撮り続けている想田和弘監督。本作は、観察映画【 選挙 】に続く第二弾。岡山県にある「こらーる岡山」という精神病院(診療所)に通う患者さんや、そこで働くスタッフ、そして主治医の山本先生の日常の様子を切り取った作品。

    大学病院などだと、絶対に許可が降りないし、まず撮れなかっただろう。なにせ診察中もそうだし、患者さんが病気を発症した原因を赤裸々に話しているときも、離れ離れになった子どもの写真を見せるときも、すべてモザイクなしで、映し出している。実際、撮影を承諾した後で、「カットしてほしい」と言ってくる出演者も少なくなかったとか。そのたびに、監督は手紙を書いたり、わざわざニューヨーク(監督はニューヨーク在住)から日本に会いに来て説得をしたという。
    精神 想田和弘監督

    JUGEMテーマ:映画



    モヤモヤしていた。不快というわけではないが、得体の知れない異物感がある。監督はタブーなことに挑戦しているのに、僕はそれがピンとこないのだ。

    前半は、幻聴が聞こえて、しばらく公園で野宿していた春菜風の女性しかり、二人の子どもと離れ離れで暮らす女性しかり。クライマックスのように身につまされるような、衝撃的な話がつづく。それから後半に進んでいくにしたがって患者さんが、とても個性的だったり、健常者にしか見えないほど普通の人が登場してくる。

    そのなかで、ある患者さんが、想田監督に「当事者(精神障害者)から健常者にカーテン(偏見)を作っていることもある。ぼくは、それを取り除くために、戦ってきた」と言った。これを聞いて、ハッとした。

    なるほど、これだったのかも。これがモヤモヤしていた正体だったのだ。メディアなどで観たり、聞いたりしていたステレオタイプの精神障害者に、登場してくれる患者を当てはめて観ていたのだ。偏見というのか勝手なバイアスである。だから、患者さんの個性をおざなりにして、いろんな人が出てきても、スルーして観てしまっていたのだ。

    「こらーる岡山」の経営者でもある山本医師が、障害者手帳を持つべきかどうか悩んでいる患者に話す一言が、全てを物語っているように思う。「下駄をはこうが、革靴をはこうが、あなたはあなたに変わりがない」と。ラストに登場した、健康保険証も免許書も持たない(といいいながらバイクに乗る)患者さんのシーンは、監督からのぼくたちへの挑戦状のような気がしてきた。

    P.S.
    もう1つ、個人的に心ひかれたのは、「人薬(ひとぐすり)」をモットーに長年、精神障害者の社会復帰推進にも尽力しいてきた山本昌知先生である。医師として病気を治すことを役割としているため、本来はキャリアコンサルタントと専門領域が全く異なるが、それでも大切にされている「本人の話に耳を傾ける」という姿勢は非常に学ぶべきものがある。

    診察では、患者さんの相談にも、のらりくらりと対応しているように見えるが、実はしっかりとクライアントの悩みに耳を傾け、最後に本人の意思を必ず確認する。「お前はどうしたいんじゃ」と。患者さんが権力を握る親や周りの意見に流されそうになるときでも、患者の主体性を引き出し、本人の行動を後押ししていく。クライアントの「自己理解」そして「意思決定」を支援するキャリアカウンセラーに通ずるものがあった。
    | 映画(おすすめ) | 22:10 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする