【 愛の渦 】SEXの先に何を求める!? | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< Kyousei Life | main | 残り9ヵ月 >>
【 愛の渦 】SEXの先に何を求める!?
0
    映画【 愛の渦 】@新宿テアトルで鑑賞。

    久しぶりに訪れた新宿テアトルは、それはそれはとても綺麗に改装されていた。
    “着衣時間が全編の中で、たった18分半。日本映画史上、最も「ハダカなドラマ」”という惹句からも想像できるように、この映画は都会の一室で営まれる、ある乱交パーティの一夜を描いた作品である。予想通り男性客が多く、さらに祝日ということもあり、客席はほぼ満席状態。
    あいのうず
    愛の渦


    パンフレットでも紹介されているように、ニート、女子大生、フリーター、営業、保育士など、普段の生活では交わることがほとんどない男女が、一糸まとわぬ姿で、まぐあい合う。

    社会において、日本人(人間)は「本音と建前」を使い分けて、様々な役割を担い生きている。そんな社会から開放され、好きなHを貪り続けたいと、男たちや女たちは集まったにもかかわらず、こうした乱交パーティーにおいて、逆によりそれが浮き彫りになってくる。途中から闖入してくるカップル(柄本時生、信江勇)の不毛な愛のやりとりは、「本音と建前」で生きている私たち日本人の滑稽さを象徴しているとも読み取れる。

    一見、会話の中に入れず、終始俯き続けている男(池松壮亮)と女(門脇麦)。Hが好きで、でも自分に対して自信がもてない女子大生と、他者と言葉を交わす共通言語を持ち合わせていないニートでは、同じ状況ではあっても、やはり似て、非なるものなのだ。

    仕事でも、クラブ活動でも、コンパでもない。非日常な集まりにもかかわらず、そこに描かれているのは格差社会なのだ。パーティ後に女性(門脇麦)の残酷な告白を受けて、返す男(池松壮亮)のセリフが無駄なあがきのようで、とても切ない。秘密クラブの店員である窪塚洋介のスマートフォンの映し出される赤ちゃんの写真と嫁からのメッセージ。このワンシーンに、未来の見えないニート男(池松壮亮)の将来を重ね合わせたくなってくる。

    あなたは、SEXの先に何を求める!?
    | 映画(日本) | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1019238
    トラックバック