映画[ 酔いがさめたら、うちに帰ろう ]来週はシラフで家族と会うのです | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画パンフレット | main | 映画パンフレットって、買いますか? >>
映画[ 酔いがさめたら、うちに帰ろう ]来週はシラフで家族と会うのです
0
    映画[ 酔いがさめたら、うちに帰ろう ]を鑑賞。

    戦場カメラマンの鴨志田穣の自伝的小説を映画化。[ 毎日かあさん ]でおなじみの人気漫画家サイバラさんの元夫である彼は、世界各国での過酷な現実に目を向けられず、帰国後もお酒に逃げる日々を過ごし、次第にアルコール依存症となる。本作は、彼が入院したアルコール病棟での一風変わった患者や個性的な医者との交流と、治癒率が極めて低いアルコール依存症を克服するために、彼を支えた家族との絆を描いたヒューマンドラマ。主演は浅野忠信。主人公の元妻役を永作博美が演じる。

    よいがさめたら、うちにかえろう
    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです

    今度こそやめると誓いながら、今日も深酒を重ねる戦場カメラマンの塚原安行(浅野忠信)は、吐血し救急車で病院に運ばれる。アルコール依存症が原因で、漫画家の妻・由紀(永作博美)とは離婚していた。そんな安行を母の弘子(香山美子)は治療のために入院させる。精神科を経てアルコール病棟に移った 安行を由紀と子どもたちが見舞う。家族の支えや入院仲間との交流で少しずつ快方に向かっていると思われたが、安行の体はすでに別の病に冒されていた。(gooより)

    相乗効果を狙ってか、たまたまかち合ってしまったのか、よくわからないが、肝っ玉かあさんサイバラ女史が描いた[ 毎日かあさん ]とほぼ時期を同じくにして上映された本作。テーマや書き手が違うので、内容は異なります。登場するキャラクターも[ 毎日かあさん ]で読むのとは、どこか似て非なるものだったりします。西原作品の愛読者である僕からすれば、違和感このうえないが、自分を律しきれない大人の男を、ここまで肯定的に描かれると、それは無理もないことなのかもしれません。[ 毎日かあさん ]のアナザーストーリーと考えれば、この作品は一見する価値は大いにあります。

    風変わりなキャラとして登場するアルコール病棟の入院患者が、不謹慎な言い方だが観ていて楽しくなる。原作は未見だが、このユニークな描写は、元カメラマンによる鴨志田さんの観察眼によるものだろう。シリアスに描くこともできただろうが、彼いはく「もっと入院していたかった」というくらい、住み心地がよかった病棟だ。しかし食事配膳や、会議運営がうまくこなせずに、イラだつ塚原の言動には、アルコール依存患者の現実が垣間みてとれる。食事配膳など考えれば、小学生でもできることがままならないというのは、きわめて深刻な状況なのだ。

    アルコール依存患者を診察する衣田医師(高田聖子)もとても個性的で、本作では重要な役割を果たしている。どんな事が起きても、動じることなく、冷静に、ときには、教え聞かせるように説教をする。まるでオカンと子どもの会話である。塚原にとって、女医は落ち着いて話せる唯一の相談相手だったであろう。塚原と彼女の間で、少しずつ築かれる信頼の絆が、半ば壊れかけていた家族のもとへ彼を向かわせる、きっかけになったようにも思えてくる。それほど衣田医師には大きな存在感があった。

    本作では、元妻役の永作博美がよかったという票が多いが、僕はやはり主役の浅野忠信を推したい。[ 乱暴と待機 ][ 鈍獣 ]など、彼は奇行に走る役柄が多いが、浅野忠信はそうした役を生き生きとして演じている。鴨志田にそのものとまではいかないが、ろくでなしだけど、なぜか許せる男としての魅力を今回浅野忠信は醸し出していた。あの独り言のようなボソボソっとしゃべる自然なセリフ回しが、過剰な行動をする役柄には合っているようだ。GW公開の[ 映画★赤塚不二夫 ]も楽しみだ。

    浅野忠信ファンには、本作はオススメします。サイバラファンにもぜひ観てほしい一作。これを観れば[ 毎日かあさん ]だけではわからなかった元夫の心情が多面的には見えて、面白い。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです
    | - | 03:08 | comments(0) | trackbacks(4) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1005111
    トラックバック
    酔いがさめたら、うちに帰ろう。
    酔いがさめたら、うちに帰ろう。'10:日本◆監督:東陽一「風音」◆出演:浅野忠信、永作博美、市川実日子、利重剛、藤岡洋介◆STORY◆今度こそやめると誓いながら、今日も深酒を重ねる ...
    | C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2011/06/01 11:54 AM |
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』 毎日かあさん、時々とうさん
     自分が、恋人が、肉親が、難病に侵されて余命いくばくもないことが判ってしまったら、あなたはどうする?  そんなテーマの作品が毎年続々と作られている。園子温監督が余命モノと名付けたこのジャンルは...
    | 映画のブログ | 2011/02/18 1:39 AM |
    酔いがさめたら、うちに帰ろう。
    酒を飲んでは吐血して救急車で運ばれる戦場カメラマンの塚原安行。 在宅での治療は望めないと感じた、元妻で売れっ子の漫画家・由紀と塚原の母親は、安行をアルコール依存症の専門病院へ入院させる。 豪快な女医や同じ病を抱える入院患者との交流、家族の愛情に支えら
    | 象のロケット | 2011/02/16 7:51 AM |
    映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
    【12月20日特記】 映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』を観てきた。 近年作品がやたらと映画化されている漫画家・西原理恵子だが、今回は彼女の漫画が原作なのではなく、彼女の元夫、戦場カメラマン・鴨志
    | trivialities | 2011/02/15 11:17 PM |