サッカーアジアカップ 日本VSオーストラリア戦 決勝 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ アブラクサスの祭 ]悩める坊さんの教えとは・・ | main | 睦月シネマ(2011) >>
サッカーアジアカップ 日本VSオーストラリア戦 決勝
0
    日本代表、アジアカップ優勝です!李忠成、ナイスゴールです!見直しました!練習でもあんなきれいなボレーシュートできないだろうっていうくらい、お手本のようなシュートでした。

    オーストラリアに勝ったというのが何よりも日本の成長を物語っていますが、中身においてもまさに互角でしたね。その点に置いても、日本は今後も期待できるんじゃないでしょうか。
    しかし、まあ日本のゴール。さぞかしオーストラリア国民は、怒り狂ってるでしょうね。なぜあんな所で、日本選手をフリーさせるんだって。ある意味、日本を舐めてるなーって思ったもんです。

    でも、繰り返し流れるゴールシーンを見ていますと、李選手についていた豪州のデフェンダーがニアーにいましたね。長友はオーストラリアの選手と競り合いながらのセンターリングでしたから、李のいるファーまでの届かないと判断したのでしょう。

    解説者の松木安による「今まで長友からニアに早いセンターリングが上がっており、それで豪州のミスを誘ったんだ」という見方もできるでしょう。そもそもですね、豪州のDFが皆ボールウォッチャーになって李のポジションを認識していなかったのが、一番の勝因だったというのは確かです。
    豪州のDFに正しい判断をさせなかった日本のスピーディーな攻撃が、功を奏したってことだと思います。それだけ日本のレベルが確実に上がっているんですよ。期待していいんじゃないですか。

    しかし、つまらんダジャレばかりを言うおっさんだと思っていましたが、松木安太郎、伊達に読売ベルディの監督は勤めてませんねえ。さすがするどい視点です。

    アジアカップのMVPは本田選手に決まりましたが・・・、個人的には長友選手じゃないかと思うくらい、攻守にわたり彼は活躍していました。ほんとに、センターリングうまくなりましたね。ワールドカップの頃は、スタミナはあってもゴール前へボールを供給することなんて、ほとんどできませんでしたから。海外に行って、彼が一番著しい成長を遂げているんじゃないですかー。

    オーストラリアはケーヒルやキューウェルなど、ベテラン勢が多く、若手主体の日本にとっては延長戦になれば、優勢かなと思っていましたが、やはり後半からオーストラリアは勢いが急速に衰えてきました。ケーヒルと今野との体格差・身長差による危ういシーンは、ありましたが・・・香川に代わって、この試合に先発メンバーで入った藤本を下げて、DFの岩政大樹を投入。
    一見、はじめての組み合わせですが、たぶんこのシステムは練習でも試していたんでしょう。ザッケローニ監督の大胆な采配により、見事に守備陣は安定しました。さすが「カテナチオ!」。今大会の最後の試合を0点で抑えられたのは、イタリア人監督のザッケローニの面目躍如といったところでしょう。

    個々でみると、もう少し力を発揮できるんじゃないかという選手もいますが、李といい、細貝といい、伊野波といい試合ごとにゴールデンボーイが現れて、今後が楽しみなチームです。また、怪我で離脱していった仲間たちのユニフォームを着て(あえて目立つように逆に着ていた)、優勝をみんなで祝う日本代表の姿をみて、同じ日本人としてちょっと誇りに感じました。何はともあれ、日本代表優勝おめでとー。


    P.S. 後半、岩政選手投入によるMF長友という初の布陣は、読売新聞の記事によると、長友がフィールド上のメンバーたちと相談してザッケローニ監督に申し出て生まれたシステムのようです。長友自身もたぶん攻撃面でかなり手応えがあったのでしょう。勝利のためにひとつになった日本チームには、未知の可能性を感じます。
    | サッカー | 03:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1003932
    トラックバック